初心者さんへの狼心得(のようなもの)

狼は最初に打ち合わせをする・・・
「誰が(どちらが)騙りやりましょうか?」
「自分騙り苦手なので潜伏で」

けど、ここに落とし穴がある。
狼陣営が作戦を決めるうえで、そして初心者さんが見落としやすい注意点を。

1.「想定LWは誰がやるのか?」=騙り役?潜伏役?

  • ”騙りが苦手だから潜伏したい”→こういう初心者さんは多い。
  • だが、”騙りが最後まで生存するほうが普通は難しい”
(破綻のリスクは常につきまとう、仕事終了後にケア吊りを食らうリスクもある)
  • つまり、12Bだと狼は2人しかいないので、「潜伏役がLW」になりやすい!
  • LWは、最終日にそれまでの情報をすべてかき集め、相手を殴って競り勝つ必要がある!

  • ということで慣れよう!村では、初心者さんには騙り役をひとまずおすすめ。
(そのために夜時間を長くとっているのもありますが)
  • もちろん、LWをやってみたい!という気概のある初心者さんも大歓迎ですよ!

2.「自分たちの代わりに誰を吊らせるか?」

  • 12Bだとしたら、5吊で2狼。つまり、「4回の吊り逃れが必要」
(正確には、「3回吊り逃れ+狐を吊る」ことが必要。17Aは同様に4回+狐吊り)
  • こういう視点は、案外見落としがち。吊らせる候補は一人だけでは足りない!常にイメージしろ!
  • そこに導けるように、噛み先、噛み順、そして残す相手を考えろ!そして発言で誘導しろ!
  • たとえば真占いではなく狂占いを先に噛む作戦は、そういう趣旨だ!

2-1.「最後に吊る相手を特に意識しろ!」

  • 最後の最後で吊られれば、すべてが台無し!
  • 噛み順もこれを逆算して考えないと、相手を叩く理屈に苦しくなるぞ!
  • 「誰を最後のSG(スケープゴート)にするのか?」も大事だが、「そのSGを吊ってくれそうな人は誰か?」も大事!
  • この2つが最終日に残るように作戦を組み立てろ!
(用意周到すぎても、逆に怪しまれることもあるけどな!)

3.「真占い視点でいつ詰んでしまうか」を見極めること!(グレーコントロール=グレコン)

  • 初心者さんは案外「○圧殺」の怖さがわからない!
  • 真占いから●がでなくても、〇出す→グレー吊る→〇出す→グレー吊るの繰り返しで、最後詰んでしまう!
  • そのためにも、「狩は生存か?」「グレーをどれだけ残すか?」「いつ占いチャレするか?」を考えろ!
  • 序盤の「狩目狙いの噛み」は、その準備作業と心得よ!

4.「身内はかばうな!切り捨てろ!」

  • これが意外と大事!
  • 初心者さんにありがちなミスは、相方が吊られそうになっているときにかばってしまうこと。
  • 特に投票結果で自分だけが違ってしまうと、もう狼がスケスケで目も当てられない事態に!
  • 村の総意が相方吊りに向かいそうなときは、遠慮なく切り捨てて、ラインを悟らせるな!