ガイアの番人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長所 短所
・茂みでいつでもステルス状態になれ、回復も速まる
・目潰しマークからの範囲攻撃で更に撹乱できる
・CTが短く中断させられにくい高威力範囲攻撃ult
・ステルス対策をされると戦い辛くなる
・追撃や離脱は苦手
・最大MPが上がると却って燃費が悪くなる

バックグラウンド

かつて偉大なる森の精霊に仕えていたローレライ。
だが彼女らが守り続けてきた大切な森が、自分の妹と仲間の裏切りにより壊滅の危機にさらされると、
イセリアルの審議会は彼女を糾弾した。以来、彼女は独りハラドンをさすらう身となった。

概要

視界コントロールや回復力操作で敵を翻弄するトリッキーなメイジ。上級者向け。
敵の視界を制限するデバフを与える事が出来るのはローレライだけである。
また芝生を生成するガーデンメーカーも特徴的で、魔法型ヒーローでは唯一、自分自身をステルス化できる固有スキルである。
攻撃スキルは種植えつけによるマーク戦法が主軸となっており、種で相手を撹乱しつつ、油断した敵には葉飛ばしでスタン、ビームで大ダメージと、
メイジらしく範囲攻撃スキルが中心でありながら、対単体戦闘力も十分に確保されている。
また自身のHPMP回復向上、敵のHPMP回復低下も出来るため、持久戦に最適化されたキャラクターと言える。
ただし欠点としてはパッシブスキルで火力が上がらない、逃げる敵には有効な攻撃がしにくい面がある。
独特な機能を持つスキルをどう活用し、どのように敵を惑わすかが課題となる、かなり頭脳派向けのヒーローと言える。
詳細はこちら(前半。後半はジョンブラー)http://www.youtube.com/watch?v=6zISOKG8GkU

自分で使う場合

本ヒーローを使う場合は茂み内で細かく動き回れるようにバーチャルパッドの使用が推奨される。
預言者の水などステルス対策を行われやすい遺跡は苦手であり、裂け目向き。

追撃は苦手なヒーローであるため、敵を深追いし過ぎないよう気を付ける必要がある。
1対1で敵ヒーローと対峙した時は、まず芝生に潜んで敵の出方を伺おう。
敵が射程内まで近づいたら、種飛ばしで即座に敵の視界を奪い、隙があれば葉飛ばしで足を止めて一方的に通常攻撃やビームを叩き込む。
そして敵の視界が戻ったら再び芝生に隠れてしまうのがローレライの基本戦術。
特に相手にスタン持ちが多い場合は芝生の上で戦おう。芝生の上ならスタンを受けた際に自動でスニーク状態になることが出来るため、ハメ殺しを受けにくい。
HPMP回復力における優位性があるため、上手く立ち回れば有利な戦いとなるだろう。
スキルの特性上、敵との早期決着を狙うのは分が悪いため、かなりの忍耐力が必要となる。

因みに種の目潰し効果はドラゴンには無効だが、氷原の言霊には有効である。

スキル振りはレベル1~3で各基本スキルを1ずつ取得し、以降ビーム>シード>メーカー>リーフがオススメ。

  • オススメ装備例
タレントはメイジメイン、サポートサブがオススメ。
プレイヤースキルは凍傷フロストボルトやブリンクがオススメ。
魔導版は凍傷や余波の他には、策士、影のどちらかを利用して拠点防衛能力を高めたいところ。

持久型
テンペストブーツ…ただしブーツを捨てるのも手。
サイシオンのキャンディー…移動速度とHP回復の強化。
ラバウランの聖石…茂みで出待ちされた際に役立つと思われる。CTも縮む。
フロストリング…終盤の激しいMP消耗を補う。CTも縮むので便利。
傲慢のマント…防御減少効果は勿論、HPとMPの回復も嬉しい。
ボーンフレームワンド…実際にはここが防具枠になる場合が多い。

持久型
サイシオンのキャンディー
傲慢のマント
ボーンフレームワンド
モンクの知恵
ブラッドマスク
ダークウィンドのマント

敵として登場した場合

ローレライの力の半分は芝生で成り立っていると言っても過言ではなく、預言者の水や保護の杖の使用が最も有効な対策となる。
また種→葉っぱ→ビームのコンボも防具なしでは瞬殺されるほどの威力になるので真正面から突っ込んでいかない方が良い。
コンボの起点となる種は射程10mであるため、なるべくこの間合いに入らないよう注意し、もし種が飛んできた場合は無理せずすぐ逃げよう。
レイザーリーフは弾速の概念があるためしっかり避けることが必要。
ビームキャノンは沈黙やトーントでは止まらない。距離を取って避けるかスタンで中断させる他、至近距離なら脇に回り込むとよい。
預言者の水などの潜伏看破効果、また地面指定での範囲攻撃が無い場合、姿を消されて主導権を握れないので相手をするだけ時間の無駄である。
預言者の水を飲んでいる場合、コンボに注意しつつ距離を詰めて叩き潰そう。
またローレライは多くの時間をハイドで過ごしているので、ミニマップはこまめに確認しよう。

  • オススメ対策
預言者の水…ステルス対策がかなり有用。
保護の杖…同上。

ステータス

   HP MP 攻撃 攻速 攻範 移動 防御 魔防 HP回復 MP回復
初期 . . . . . ./s ./s
成長 + + +. +. - - +. +. +./s +./s
限界 1650 1043 96.60 0.84 8.00 4.25 44.80 45.88 3.16/s 4.86/s
2014/1/31泥確認

スキル

名前 効果
レイザーリーフ 指定地点に向けて葉っぱを左右対象に2つ同時に発射して引き戻し(各葉っぱに発射時・引き戻し時それぞれ別に、計4つの攻撃判定があるが、最大2ヒットしかしない)、当たった敵全てに1ヒット当たり60/90/120/150+魔60%のダメージを与える。2枚の葉っぱが同時に当たった敵には3秒間スローを与え、またその敵がコラプションシードを受けていた場合はスローと重複して2秒間スタンする。射程11m。消費MP70/90/110/130。CT11/11/11/11秒。
コラプションシード 敵単体へ必中の種をやや低速で発射する。当たった敵は5秒間、自分の周囲狭い範囲以外の視界を全て失い(次第に視界は広がる。ミニマップも影響を受ける)、味方も被弾者の減少した状態の視界しか得られなくなる。また毎秒25/35/45/55+魔15%ダメージを受け、更にHP・MP回復が半減する。傲慢のマントやファーネームのユニーク効果は乗らない。またシードの効果を受けている敵が死ぬかビームキャノンに当たった場合、爆発して周囲の敵に60/100/140/180+魔55%のダメージを与える。射程10m。CT15/14/13/12秒。消費MPは最大MPの8%。
ガーデンメーカー 芝生を以下の2通りの方法で生成できるようになる。芝生自体は視界を阻まず、ハイド状態にもなれないが、術者に限り芝生の中にいる間HP・MP回復がそれぞれ1/2/3/4上がり、更に芝生の中で1秒以上攻撃をせず、攻撃ターゲット指定移動もしないでいる限りステルス状態になる。芝生は30秒間残存するが、同時に2/3/4/5つまでしか存在できない。
パッシブ:敵や中立ユニットを倒すと、その地点に芝生が発生する。芝生が限界数に達している場合、すでに存在する芝生が時間経過で自然消滅するまで新たな芝生は発生しない。
アクティブ:指定地点に芝生を生成する。既に芝生が限界数に達している場合も生成でき、最も古い芝生が即消滅する。消費MPは最大MPの10%。射程10m。CT24/22/20/18秒。
ビームキャノン ビームを持続的に照射し、直線範囲内の敵に0.4秒?間隔で70/95/120+魔45%ダメージを与える。更にシードを受けている敵に当たった場合はシードが効果を失う代わりに即爆発し、追加ダメージを与える。照射中に方向調節することが可能で、MP切れ又はスキルボタン再タップ、スタンで中断される。(沈黙やトーントでは中断されないが、沈黙ではキャンセル、トーントではキャンセルと方向調節ができなくなる。)ジャイアントには無効。傲慢のマントやファーネームのユニーク効果は乗る。消費MPは毎秒最大MPの8%。射程13m。CTは発射を開始した瞬間から26/22/18秒。



他のヒーローとの相性

相性が良いヒーロー(戦いやすいヒーロー)
ヒーロー 概要
アイアンガード 歩いてしか近づくことができないのでコンボを決めやすい。

相性が悪いヒーロー(戦いにくいヒーロー)
ヒーロー 概要
アントガード ステルス状態を看破してくる。
ゴブリンスカウト
デスブリンガー ステルス状態でもスキルを当ててくる。
死の預言者 芝生の上で待機して炙り出そうとする。
病魔の牙 全てのスキルがステルス中でも当たる。テイルで無理やり芝生から出そうとする。
添付ファイル