total -
today -
yesterday -
online -


公式情報

  • 基本的に、公式Webサイトやテレビで発表された情報を記載。任天堂からのお知らせも含みます。
    • 雑誌の情報は(たとえ有料であっても)あてにしないものとみなします。
  • アニメ情報は参考程度にとどめます。

概略

2013年1月

6日頃

  • 公式サイトやTVCMなどで「ポケットモンスターから1月8日に大事なお知らせ」という告知が発表される。

8日

  • 日本時間20時よりインターネットプレゼンテーション「Pokémon Direct 2013.1.8」にて『ポケットモンスター X・Y』を全世界同時発表。
  • シリーズ初の世界同時発売予定(一部地域を除く。具体的には日本・北米・欧州・オーストラリア。後に韓国も追加)
  • プロモーションビデオ公開。
  • 新しい主人公男女の姿・冒険の舞台のビジュアルだけ公開。これまでの作品とは全く違う場所の模様。
    • モデルはフランス・パリ近辺[エッフェル塔(プリズムタワー)やヴェルサイユ宮殿(パルファム宮殿)を思わせる建造物などから推測]
  • 人物・ポケモンのグラフィックは、ドット絵から立体的かつアニメ風の作画に。
  • 最初のポケモン・ハリマロン(草)、フォッコ(炎)、ケロマツ(水)の姿(公式イラストも)・6ヶ国語(実質4種類)の名前公開。
  • 伝説のポケモン2体の姿だけ公開。
  • その他PVに登場したポケモン(登場順):
    • コイキング、ゴルーグ、ゴンベ、キルリア、バオップ、ミネズミ、ピカチュウ、ヒトモシ、コダック、マニューラ、タブンネ、コジョフー、ミニリュウ

9日

15日


2月

15日

  • 新ポケモン「ニンフィア」の姿(公式イラストも)・名前・高さ・重さ公開。イーブイの新しい進化系。
    • 海外版公式サイトでも同じ情報および5ヶ国語(実質3種類)の名前公開。
    • 英語など:Sylveon ドイツ語:Feelinara フランス語:Nymphali
  • ニンフィアの戦闘映像公開(22秒)。「きりふだ」「スピードスター」などの技を使う。(※技名は推測)

4月

7日

  • 同日放送の「ポケモンスマッシュ!」にて、世界初最新情報が公開。各国公式サイトでも同じ情報が公開。
  • 謎の新ポケモン(メガミュウツーY)のイラスト公開。白と薄紫の体色。ミュウツーの面影を持つ。
  • 新ポケモン(メガミュウツーY)の戦闘映像公開(31秒)。「シャドーボール」「エナジーボール」「サイコカッター」「ふぶき」などの技を使う。(※技名は推測)

18日

  • ポケモン映画の予告編に上記の新ポケモン(メガミュウツーY)が登場。映画公式サイトには「ミュウツーの覚醒した姿」と書かれる。

5月

14日

  • 海外版公式サイト更新。
  • 冒険の舞台「Kalos Region(カロス地方)」、中心となる街「Lumiose City(ミアレシティ)」公開。
    • ドイツ語:Die Kalos-Region / Illumina City フランス語:La Région de Kalos / Illumis
    • イタリア語:La regione di Kalos / Liminopoli スペイン語:La Region de Kalos / Ciudad Luminalia
  • カロス地方の全体マップ公開。星形のような不思議な形をしている。
    • 地形のモデルはフランスとその周辺諸国の一部(ルクセンブルグ・モナコ・ベルギー、スイス、およびイタリア)か。
    • ミアレシティは街のシンボルとなる高い塔を中心に、石畳の道路が放射線状に伸びている。(間違いなくパリがモデル)
  • 新ポケモン「Helioptile(エリキテル)」「Fletchling(ヤヤコマ)」「Pancham(ヤンチャム)」「Gogoat(ゴーゴート)」の名前・姿(公式イラストも)・タイプ・高さ・重さ公開。
    • 上記は英語・イタリア語・スペイン語名。
    • ドイツ語:Eguana / Dartiri / Pam-Pam / Chevrumm
    • フランス語:Galvaran / Passerouge / Pandespiègle / Chevroum
  • 新技「Parabolic Charge(パラボラチャージ)」「Parting Shot(すてゼリフ)」公開。
    • パラボラチャージ=相手、味方の複数にダメージ。ダメージの半分だけ自分のHP回復。
    • すてゼリフ=相手のポケモンの能力を下げつつ、控えの味方ポケモンと交代。
  • 新主人公男女の公式イラスト公開。見た目を3タイプから選べる。
  • さらなるゲーム画面公開。
  • 新プロモーションビデオ公開(1分13秒)。

15日


6月

11日

  • 日本時間23時より「Nintendo Direct@E3 2013」実施。プレゼンテーション映像内で新情報公開。(動画の0分55秒頃から)
  • 18番目のタイプ「フェアリー」を公開。『金・銀』以来14年ぶりの新タイプ追加。
    • 該当者はニンフィアの他、プリン・サーナイト・マリルなど。
      • ニンフィアは「フェアリー」単独、プリン・サーナイト・マリルは「既存タイプ+フェアリー」の複合タイプとなる。
    • 「ドラゴンタイプに効果抜群」の相性。
    • 新技「ムーンフォース」「ようせいのかぜ」公開。
  • 動画内にて、新ポケモン「ビビヨン」「オンバーン」公開。
    • ビビヨン:紫色の蝶/蛾のような容姿
    • オンバーン:コウモリのような容姿。新技「ばくおんぱ」を使う。
  • 新しい遊び「ポケパルレ」公開。
    • タッチスクリーンを使って、ポケモンをなでたり、お菓子を与えたりして、絆を深めることができる。
    • 小型・大型不問。
    • プレイヤーが同じしぐさをすると、ポケモンが喜ぶことも。
    • ピカチュウはおなじみの電子音ではなく、アニメと同じ大谷育江さんの声。
  • ゼルネアス・イベルタルの戦闘動画公開。
  • 発売日は2013年10月12日(土)・全世界同時発売予定、と発表。

12日

  • 海外版公式サイト更新。上記情報の他、新ポケモン「オンバーン」、「ビビヨン」の名前・姿(公式イラストも)・タイプ・高さ・重さ公開
    • オンバーン(英:Noivern 独:UHaFnir 仏:Bruyverne):飛行・ドラゴン 
    • ビビヨン(英・独:Vivillon 仏:Prismillon):虫・飛行 
  • E3開催に合わせて、石原恒和氏(株式会社ポケモン)、増田順一氏(ゲームフリーク)による『X・Y』のデペロッパー・ディスカッション実施。約60分間のプレゼンテーション・約30分間の質疑応答。
    • セーブデータは1つ。(従来通り)
    • フェアリータイプはドラゴンタイプに対抗するため用意された。
    • 1匹1匹のポケモンをゲームフリークのアートディレクター・杉森建氏の公式イラストのように表現すべく、アートデザインチームが設定画を作り、3Dモデリングを行った。
    • 8方向に移動可能。スライドパッドを使うと、ローラースケートでフリーに動ける。
    • ゴーゴートのみならず、サイホーンにも乗れる。(9番道路)
    • 増田、石原両氏がカロス地方のモデルがフランスであることを認める。今作のテーマが「美しさ」であり、それを表現するためにフランスを選んだ、とのこと。
  • 日本版公式サイト更新。
  • 商品情報 更新。
  • 新しい動画『ポケットモンスター X・Y』プロモーションビデオ2 を公開。
  • ポケモン> 新しいポケモン を更新。
  • バトル を公開。
  • ゲームシステム を公開。
  • 通信機能 を公開。
    • 「プレイヤーサーチシステム」、略して「PSS」! を公開。
      • 冒険をしながら、いつでも他のプレイヤーとつながって、コミュニケーションを楽しむことができる。近くにいるプレイヤーだけでなく、Wi-Fiに接続している世界中のユーザーとつながることが可能。また、それまでに一度も通信をしたことのない相手とも、すぐに通信することができる。
  • 海外版公式サイトも同様の情報更新。韓国版公式サイト公開。
  • ニンテンドー3DSダウンロードソフト「いつの間に交換日記」において、同日付で石原氏、増田氏からの特別な日記配信。(当月中であれば、後日でも受信可能だった模様)

14日

  • 海外版公式サイト更新。
  • 始まりの街「Vaniville Town(アサメタウン)」、最初のジムがある街「Santalune City(ハクダンシティ)」公開。
    • アサメタウン=独:Escissia 仏:Bourg Croquis 伊:Borgo Bozzetto 西:Pueblo Boceto
    • ハクダンシティ=独:Nouvaria City 仏:Neuvartault 伊:Novartopoli 西:Ciudad Novarte
  • 新キャラクター「Alexa(パンジー)」公開。ハクダンシティのジムリーダー・ビオラ(後述)の姉。
    • 独:Alba 仏・西・伊:Alexia
  • 新ポケモン「Litleo(シシコ)」「Flabébé(フラベベ)」の名前・姿(公式イラストも)・タイプ・高さ・重さ公開。
  • 新技「Noble Roar(おたけび)」「Fairy Wind(ようせいのかぜ)」公開。
    • おたけび=相手の攻撃、特攻を下げることがある。
  • 新ポケモン「Scatterbug(コフキムシ)」「Spewpa(コフーライ)」の名前・姿(公式イラストも)・タイプ・高さ・重さ公開。どちらもビビヨンの進化前。
  • 主人公の友達「Shauna(サナ)」「Tierno(ティエルノ)」「Trevor(トロバ)」、「Serena(セレナ)/Calem(カルム)」公開。
    • セレナ/カルムはゲーム開始時に選ばなかった性別の主人公。男の子の主人公を選ぶとセレナが、女の子を選ぶとカルムが友達の1人となる。
      • サナ=独・仏:Sannah 伊:Shana 西:Xana
      • ティエルノ=独・仏・伊:Tierno 西:Beni
      • トロバ=独・仏・伊・西:Trovato
      • セレナ=独・仏・伊・西:Serena
      • カルム=独:仏:Kalem 伊:Calem 西:Kalm
  • ハクダンシティのジムリーダー「Viola(ビオラ)」公開。プロのポケモンカメラマン。
    • 独:Viola 仏:Violette 伊:Violetta 西:Violeta
  • 新プロモーションビデオ公開。

15日

  • 日本版公式サイト更新。
  • 『ポケットモンスター』とは? を更新。ポケモンは進化して、新たな姿に! を公開。
  • ポケモン> 新しいポケモン を更新。
  • ストーリー>冒険の舞台は、「カロス地方」! を更新。
    • 「始まりの街、アサメタウン」と、「ハクダンシティ」の情報を公開。
      • アサメタウンは主人公が引っ越してきた街。家の前にはサイホーンの姿が見え、隣の家には、セレナ(カルム)が住んでいる。
      • ハクダンシティは大きな噴水がシンボルのきれいな街で、ローラースケートで軽快に駆け抜ける人がいる。ポケモンセンターやフレンドリィショップ、ポケモンジムがある。
  • 登場人物 を更新。
    • 友だち を公開。
      • アサメタウンに引っ越した主人公は、サナ、ティエルノ、トロバ、セレナ(カルム)の4人の友達と出会い、最初のポケモンを選び、ポケモン図鑑を受け取って、冒険へと旅立つ。
    • ジムリーダー を公開。
      • ハクダンシティのジムリーダー「ビオラ」はポケモン専門の写真家でもある。
      • ジムは細い糸の張り巡らされたクモの巣のような構造。専門は虫タイプか。
      • ビオラの姉「パンジー」はミアレシティにある出版社に勤めるジャーナリスト。取材のために、世界各地を飛び回っている。2013年7月18日(木)放送のアニメに先行登場。
  • ゲームシステム> かわいがって絆を深める、「ポケパルレ」! を更新。イラストが追加されている。

16日

  • 同日放送の「ポケモンスマッシュ!」にて、増田順一氏が(本作より日本語の)ポケモン名が(最大)6文字になることを明言。
    • ヤンチャムの仏語名が12文字であるため、欧米版は(最大)12文字になる模様。

7月

1日

4日

  • 『ポケットモンスター X』または『ポケットモンスター Y』のダウンロード版があらかじめ入った、オリジナルニンテンドー3DS LL「ポケットモンスター X パック ゼルネアス・イベルタル ブルー」「ポケットモンスター Y パック 」「ポケットモンスター X パック プレミアムゴールド」「ポケットモンスター Y パック プレミアムゴールド」が、10月12日(土)に発売されると発表。価格は各22,800円(税込)。
    • 「ゼルネアス・イベルタル ブルー」のボディカラーは青。表面にはゼルネアス・イベルタルのイラストが、裏面にはハリマロン・フォッコ・ケロマツ(以下御三家)のシルエットが描かれている。
    • 「プレミアムゴールド」はポケモンセンター限定モデル。ボディカラーは金色。表面にはゼルネアスと御三家、裏面にはイベルタルと御三家のシルエットが描かれている。
  • また、予約開始日が8月10日(土)と正式に発表された。
  • 日本版公式サイト更新。
  • 動画 を更新。「『ポケットモンスター X・Y』プロモーションビデオ3」を公開。(3分2秒)
    • 新しい戦闘BGMが初公開。
    • 他には主人公の性別・雰囲気の選択、序盤の冒険、スカイバトルや群れバトルの紹介など。
  • フランス・パリで開催の「ジャパンエキスポ2013」任天堂ブースにて、増田順一氏のメッセージビデオを公開。
    • カロス地方のモチーフがフランスであること、実際にフランスの各地を訪れたことなどを語っていた。
      • 具体的には、パリ、アヴィニョン、アルル、マルセイユ、ニース、エズ、モン・サン=ミッシェル、ヴェルサイユ宮殿、ロワール城、リヨン、ランス、カルナック列石。
    • その動画内で、鋼・ゴーストタイプの新ポケモン「ヒトツキ」を公開。

5日

  • 欧米版公式サイト更新。
  • 新ポケモン「Honedge(ヒトツキ)」の名前・姿(公式イラストも)・タイプ・高さ・重さ公開。
    • 人が使っていた剣に古代の魂が宿った、という設定。技「つるぎのまい」を使う。

11日

13日

  • 『劇場版ポケットモンスター べストウイッシュ』上映前の『X・Y』(+ニンテンドー3DS LL ゼルネアス・イベルタル ブルー)劇場限定CM公開。CM内で新ポケモン「オーロット」、新技「グロウパンチ」(フォッコが使用)確認。
  • 日本版公式サイト欧米版公式サイト更新。
    • 海外版では、下記の情報に加え、新ポケモンたちの分類の各国語訳も公開。
  • ポケットモンスターとは? を更新。
  • ポケモン>伝説のポケモン 更新。ゼルネアスイベルタルの分類・タイプ・特性公開。
    • 新技「ジオコントロール(ゼルネアス専用)」「デスウイング(イベルタル専用)」、新特性「フェアリーオーラ」「ダークオーラ」も公開。
  • ポケモン> 新しいポケモン を更新。
    • 新ポケモン・「ゴロンダ」「マーイーカ」「カラマネロ」「ペロッパフ」 「シュシュプ」「ヒトツキ」の名前・分類・タイプ・特性・高さ・重さ公開。
    • ゴロンダはヤンチャムの進化系。マーイーカはカラマネロに進化する。
    • ペロッパフは『X』のみ、シュシュプは『Y』のみに出現。
    • 新技「ひっくりかえす(悪タイプ)」「ドレインキッス(フェアリータイプ)」、新特性「スイートベール」も公開。
  • 登場人物 を更新。
    • ジムリーダー を更新。「ザクロ」「シトロン」を公開。
      • ザクロは自転車レースやボルダリングなど、スポーツの得意なジムリーダー。
        • 英:Grant 独・仏・伊・西:Lino
      • シトロンはサイエンスに興味を持ち、新たな発明をすることに情熱を燃やすジムリーダー。その妹「ユリーカ」は兄のことをよく理解している、しっかりもの。
        • シトロン=英:Clemont 独:Citro 仏・伊・西:Lem
        • ユリーカ=英:Bonnie 独:Heureka 仏・伊・西:Clem
    • プラターヌ博士 を公開。
      • カロス地方でポケモンの研究をしている博士。主人公やその友だちに、ポケモンを託して、冒険に出るきっかけを作った人物。主人公にポケモン勝負を挑んでくることも。
        • 英:Professor Sycamore 独:Professor Platan 仏:Le professeur Platane 伊:Il Professor Platan 西:Profesor Ciprés
    • 謎の組織、フレア団 を公開。
      • カロス地方のさまざまな街で見かける、赤いスーツに身を包んだ集団。他のトレーナーやポケモンがどうなっても、自分たちがハッピーになればいいという、自分勝手な考え方を持っているよう。お金儲けを企んだりもしているが、その真の目的は…?
        • 英・独・西:Team Flare 仏:La Team Flare 伊:Il Team Flare
  • バトル>『ポケットモンスター X・Y』では、新たな進化をするポケモンも! を公開。
    • これまでには発見されていない方法で進化するポケモンがいる模様。例として、ヤンチャム→ゴロンダ、マーイーカ→カラマネロ、を紹介。
  • ゲームシステム 更新。
    • ポケモングローバルリンクがリニューアル! を公開。
      • ポケモングローバルリンクにゲームシンクをすると、それまでの自分の日々の冒険の記録が、タイムラインとして記録され、ひと目でわかるようになる。このタイムラインは、ほかのプレイヤーでも見ることができるように公開設定をしたり、一部のSNSサイトに情報を共有(シェア)したりすることができる。
    • 撮影スポットで記念の1枚を撮影! を公開。
      • 見晴らしの良い場所では、素敵な写真を撮影できる。ただ写真を撮影するだけでなく、本格的なカメラのように、絞りやピント、ホワイトバランスなどを調整して、凝った1枚を撮ることも可能。撮影した写真は、SDカードに保存されるため、自分のパソコンなどで見ることもできる。また、PGLのトップページに飾ることが出来る。
  • 通信機能>いつでも世界中とつながる、「PSS」を使いこなそう! を公開。
    • 対戦・交換の他、「バトルスポット」「ミラクルこうかん」「ハッピーサイン」「GTS」「ゲームシンク」「O(オー)パワー」などといった機能がある。
      • 「ホロキャスター」は、すれ違ったプレイヤーの情報や、公式大会のお知らせなどの『ポケットモンスター X・Y』に関するお知らせを受け取ることのできる機能。ゲームを遊んでいないときでも、スリープ状態にしておけば、「すれちがい通信」や「いつの間に通信」を使って、最新の情報を手に入れることができる。また、ゲーム中に友だちや博士などから、メッセージを受け取ることのできる機能も。
      • 「バトルスポット」は、インターネット通信を使って世界中のプレイヤーと対戦することのできる機能。前作のGBU・ランダムマッチと似たような感じ。
      • 本作からGTSは、まだポケモン図鑑に登録されていないポケモンでも、交換でもらうことができるようになった。
      • 「ミラクルこうかん」は、自分のポケモンを1匹選んで交換に出すと、すぐに世界中の誰かのポケモンと交換される、新しい形のポケモン交換。自分のポケモンがどのポケモンと交換されるかは、実際にポケモンがやって来るまでわからない。
      • 「Oパワー」とは、冒険を有利に進めることのできる特殊な力で、さまざまな種類のものがある。前作のデルパワーと似たような感じ。
      • 「ハッピーサイン」は自分のハッピーな気持ちやできごとを、他のプレイヤーへ送ることができる機能。
  • 2013年8月17日(土)・18日(日)に東京ビッグサイトで開催予定のイベント「ポケモンゲームショー」の概要発表。本作を世界で初めて体験できるコーナー、本ゲームソフトの予約受付などが予定されている。
  • ポケモンセンターでの予約特典「ポケットモンスター X パック プレミアムゴールド」「ポケットモンスター Y パック プレミアムゴールド」の販売場所・販売方法を公開。
    • ポケセン予約特典は以下の通り。(本体同梱版も対象。組み合わせ問わず)
      • 『ポケットモンスター X』には「ゼルネアス」、『ポケットモンスター Y』には「イベルタル」の、コロコロオリジナル ポケプラ ミニ
      • それぞれのソフトに、ポケモンセンター限定、オリジナルデザインのA4サイズクリアファイル。
      • 2本同時に購入(予約)すると、『ポケットモンスター X・Y』ワールドアートブックをプレゼント。
        • 開発秘話や公式イラストなど新作ゲームの世界観を満喫できる内容のほか、『ポケットモンスター X・Y』の音楽が数曲入ったCDも付属した豪華なブックレット。表紙を飾るイラストは、ゲームフリークの描き下ろし。
      • 10月6日(日)までの予約で、配送料が無料。
    • 「~ゼルネアス・イベルタル ブルー」は全国のTVゲーム取扱店のみでの販売。(ポケモンセンターでの取扱予定なし)
  • PGLより正式にアナウンス。『ポケットモンスター X』『ポケットモンスター Y』版「ポケモングローバルリンク」オープンのご案内

16日

  • 『ブラック2・ホワイト2』最後のWi-Fi大会「2013 Global Showdown」の参加・ランキング掲載者を対象に、本作におけるインターネット大会のテスト大会に、参加する権利を提供することが発表される。
    • 同大会に参加したメンバーIDで期日までに『ポケットモンスター X・Y』版PGLにログインし、『X・Y』の「ゲームシンクIDコード」を登録(=ゲームソフトの登録)する必要がある。

21日

  • 同日放送の「ポケモンスマッシュ!」にて、出演者が実際に操作しての、フィールド散策・野生ポケモン戦・ポケモン捕獲;といったゲームプレイ映像がテレビ初公開。
    • この時プレイしていたフィールドは、おそらく2番道路とアズール湾。
  • また、10月17日(木)放送開始予定のアニメ「ポケットモンスター XY」のキービジュアル(ポスター)第1弾・本編映像の一部も世界初公開。
    • キービジュアル(ポスター)登場キャラクター:サトシ、ピカチュウ、ハリマロン、フォッコ、ケロマツ、プラターヌ博士。これ以外の主要キャラクターは、この時点では発表されず。

22日

26日

31日

  • 任天堂ホームページにて公式サイトオープン。3DS版ニンテンドーeショップでも紹介ページ開設。(この時点では動画集のみ)
  • 本作(+ニンテンドー3DS LL ゼルネアス・イベルタル ブルー)の劇場用CMがインターネット上で公開。(1分0秒)

8月

2日

9日

  • ポケモンセンターオーサカで本作を予約した全員に、店舗内のどこかにある「殿堂ルーム」の入室チケットをプレゼントすることを発表(1本につき1枚。本体同梱版も含む)。
    • 11月1日(金)~11月30日(土)には「殿堂ルーム」で記念撮影ができる。入室条件は「ゲーム内でバッジを4個以上集めている」。
    • 12月1日(日)~12月31日(火)には「殿堂ルーム」でポケモンセンタースタッフとバトルができる。入室条件は「ゲーム内で殿堂入りしている」。レギュレーションは後日公開。
    • 入室できるのは、チケット1枚につきどちらかの期間で1回のみ。(チケットは殿堂ルーム入室時に回収)
  • 日本版公式サイト欧米版公式サイト韓国版公式サイト更新。
  • ポケモン> 新しいポケモン を更新。
    • 新ポケモン「デデンネ」「ホルビー」「メェークル」の名前・分類・タイプ・特性・高さ・重さ公開。
    • メェークルはゴーゴートの進化前。勿論、背中に乗ることもできる。
    • 新技「ほっぺすりすり(電気タイプ)」、新特性「ほおぶくろ」も公開。
  • ポケモン> メガシンカポケモン を公開。カロス地方でしか確認されていない現象、とのこと。
    • メガミュウツー」「メガルカリオ」「メガバシャーモ」公開。
    • メガミュウツーは、映画にも登場した「ミュウツーの覚醒した姿」。
    • バシャーモをメガシンカさせるために必要な道具・メガストーン「バシャーモナイト」は、『ポケットモンスター X・Y』のゲーム中では手に入れることができない。期間限定でメガストーンを持ったアチャモがインターネットで配信される。プレゼント期間は2013年10月12日(土)~2014年1月15日(水)。
  • バトル>あのポケモンの正体がついに判明。それは、「メガシンカ」を遂げたミュウツー!? を公開。
    • これまで、進化することのできる回数は、ポケモンごとに限度が決まっていた。しかしメガシンカは、その限度を超えた、さらなる進化。秘めたパワーを一時的に解放し、通常の進化ではありえない力を発揮する。
    • 通常の進化と異なり、バトルの間にのみ発生。メガシンカをしたポケモンは、バトルが終了すると元に戻るが、バトル中に元に戻ることはない。また、一度のバトルでメガシンカできるポケモンは、1匹のみ。
    • 能力が上がるだけでなく、高さ・重さ・タイプや特性が変わるものもいる。
    • すべてのポケモンができるわけではなく、一部のポケモンだけが、特定の条件を満たしたときにできる。その条件の1つが、「メガストーン」と呼ばれる道具を使うこと。「メガストーン」はカロス地方のどこかに人知れず隠されているものがある模様。「ルカリオナイト」「バシャーモナイト」が確認。
  • 登場人物>ジムリーダー を更新。「コルニ」 を公開。
    • メガシンカのカギを握るジムリーダー。ポケモンの強さを引き出して、より高みを目指そうと頑張っている女の子。ジムリーダーとしてだけでなくローラースケーターとしての一面も持っている。
      • 英:Korrina 独:Connie 仏:Cornélia 伊:Ornella 西:Corelia
    • コルニがいるジムのある「シャラシティ」は、美しい景色の広がる海辺の街。同シティには、「マスタータワー」と呼ばれる、メガシンカに関係する建物がある。
      • シャラシティ=英:Shalour City 独:Yantara City 仏:Yantreizh 伊:Yantaropoli 西:Ciudad Yantra
      • マスタータワー=英:Tower of Mastery 独:Turm der Erkenntnis 仏:Tour Maîtrise 伊:Torre Maestra 西:Torre Maestra (冠詞省略) モデルは「モン・サン=ミッシェル」か。
  • ゲームシステム>ポケモンを特訓だ! 新たなポケモンの育て方、「スパトレ」! を公開。
    • バトルやイベントなどの特定のシーンを除けば、いつでもニンテンドー3DSの下画面から選ぶことができる。「PSS」・「ポケパルレ」も同様。
    • トレーニングの1つ、「スーパートレーニング」は、ポケモンの形をした巨大なバルーンロボを相手にして、互いのゴール目がけてシュートしあうトレーニング。
    • 他にもサンドバッグを使って手軽にポケモンを鍛える「ベーストレーニング」もある。
    • 成長するのはポケモンの「きそポイント」。「ガンバロメーター」と呼ばれる画面内のグラフを見れば、ポケモンの能力や育ち具合が一目でわかる。
  • ポケモン映画公式サイトにて、映画に関連したスペシャルクイズ公開。全問正解してキーワードを入力すると、ミュウツー覚醒の真実が明らかになる。

10日

11日

  • ポケモンワールドチャンピオンシップス2013のオープニングセレモニーにて、増田氏がガルーラもメガシンカすることを発表。
    子供ガルーラがおなかの袋から出て一緒に参戦。「メガガルーラ」の特性は「おやこあい」。(時々?)2回攻撃をする。

12日

17日

  • 東京ビッグサイトにて「Pokémon Game Show」開催 (18日も)。
    • 本作の体験版(イベント用)が世界初公開。フィールド散策・野生ポケモンとの戦闘・トレーナー戦・ポケパルレなどが体験できるが、一部の機能は制限。体験版の最後はプラターヌ博士からLv.100のミュウツーをもらい、博士とバトル。ミュウツーのメガシンカを目撃できる。
      • 『X』体験版は男主人公、『Y』体験版は女主人公でプレイ。手持ちは御三家いずれか、エリキテル、ニンフィア。
      • 最初の方でパンジーに出会い、プラターヌ博士に会いに行くよう言われる。
      • 道中の噴水付近にメェークルがいて、接近すると乗ることができる。
      • 道中、セレナorカルム、サナと戦える。時間制限があり、一定時間が経つと、博士の所へ行って終了。
      • 博士の手持ちは、クロバット、シャンデラ、カイリュー。
      • ポケパルレで使うポケモンのお菓子は「ポフレ」と言うらしい。
      • 戦闘時の下画面デザインは前作より変更。コマンド位置は変わらない。
  • 本作の発売を記念して、シリーズの原点となる最初の作品『ポケットモンスター 赤・緑』の世界を初めて描く、オリジナルアニメーション『ポケットモンスター THE ORIGIN(ジ・オリジン)』の放送が決定
    • 10月2日(水)にテレビ東京系列で、19時から特別番組として放送予定。
    • 製作は、OLM・Production I.G・XEBEC。現行テレビシリーズとは別物。

18日

  • 同日放送の「ポケモンスマッシュ!」にて、上記のイベント限定体験版を出演者が実際にプレイ。ミュウツーがメガシンカする瞬間をテレビ初公開。

22日

27日

30日

  • 高島屋各店でポケットモンスター X・Y』の体験イベントを開催することを発表。
    • 2013年8月31日(土)・9月1日(日) 日本橋タカシマヤ
    • 2013年9月7日(土)・8日(日) 岡山タカシマヤ 米子タカシマヤ
    • 2013年9月14日(土)~16日(月・祝) 京都タカシマヤ
    • 2013年9月21日(土)~23日(月・祝) 玉川タカシマヤ 新宿タカシマヤ
    • 2013年9月28日(土)・29日(日) 高崎タカシマヤ
    • 2013年10月5日(土)・6日(日) 岐阜タカシマヤ
  • ポケセン予約特典の1つ、「ワールドアートブック」の内容公開。A4サイズ。CDに収録される本作の音楽は3曲。
  • 本作の攻略本発売決定を公開。関連商品も参照。

9月

3日

  • PGLにて「『ポケットモンスター X・Y』インターネットテスト大会についてのご報告」を公開。同テスト大会の参加権利を『2013 Global Showdown』でのランキングにランクインしたメンバーに提供、と告知していたが、別途、一定数の参加者を後日追加募集する、とのこと。また、開催時期は年末年始頃の予定。

4日

  • 日本時間20時よりインターネットプレゼンテーション「Pokémon Direct 2013.9.4」を実施。任天堂の岩田聡社長、株式会社ポケモンの石原恒和氏、ゲームフリークの増田順一氏による鼎談形式@株式会社ポケモン (東京・六本木)。
    • まず『ポケットモンスター』シリーズの歴史と、通信形態の変遷を振り返った。
  • 動画内で本作に連動したニンテンドー3DSダウンロードソフト『ポケモンバンク』を発表 (詳細は後述)。
    • 2013年12月25日(水)配信開始。利用料は500円/年間。ただし配信開始時から一定期間は無料。
  • さらに『ポケモンバンク』購入で追加でダウンロードできるアプリケーション『ポケムーバー』も発表。こちらは『ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』と連動する。
  • 本作で最初のポケモン(以下御三家)を渡すのは博士ではなく友人たちであること、博士からは『赤・緑』の初代御三家=フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメのうちいずれかを貰える、ということを発表。
    • テキストから察するに、トロバとティエルノは既にポケモンを所持。主人公・サナ・セレナ/カルムが新たに御三家を貰う。
    • 初代御三家の進化系フシギバナ・リザードン・カメックスもメガシンカする。
    • 主人公が左腕につけている黒い腕輪の名前が「メガリング」であると発表。「メガリング」はポケモンが持っているメガストーンと共鳴する。共鳴にはポケモンとトレーナーの絆が重要。
  • 日本版公式サイト欧米版公式サイト更新。
  • ゲームシステム>大切なポケモンたちと、いつまでも一緒に。『ポケモンバンク』、サービス開始決定! を公開。
    • オンラインストレージのように、インターネット上でポケモンを預ける。最大100ボックス・3000匹まで預けられる。
    • 複数の『X・Y』から預けることができる。形態(パッケージorダウンロード)は問わない。
    • 1台のゲーム機でたくさんのポケモンを、簡単に移動させられる。
    • 検索機能でたくさんのポケモンの中から、目当てのポケモンを簡単に見つけられる。
    • 『ポケムーバー』は、『ポケモンバンク』で設置したインターネット上の自分専用のボックスに、『ポケットモンスターブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』のポケモンを転送できるアプリ。ニンテンドー3DSのスロットに、『ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』のゲームソフトを入れた状態で、『ポケムーバー』を使えば、ポケモンを転送することができる。
    • ボックスに転送したポケモンは、『ポケモンバンク』を使って『ポケットモンスター X・Y』に連れてくることもできる。一度『ポケムーバー』で預けると、元のソフトに戻すことはできない。
    • 配信開始日から2014年1月31日(金)までの期間に、『ポケモンバンク』をダウンロードして、30日間の利用券をソフト内から無料で取得できる。この利用券を使うことで、『ポケモンバンク』を無料で体験することが可能。
  • 欧米版公式サイトでは、メガフシギバナ/リザードン/カメックスの情報公開。また、「ゼルネアス・イベルタル ブルー」と同じデザインのニンテンドー3DS XLが9月27日(金)に欧米豪で発売されることも発表。
    • 色は赤と青。『ポケットモンスター X』または『ポケットモンスター Y』のゲームソフトは同梱されていない。
  • 任天堂ホームページにて、本作ソフト詳細を公開。

5日

  • TVCM放映開始。新ポケモン→新タイプ→メガシンカ→マスタータワー (とカメラ看板)→ポケパルレ→オーロット(とウソッキー)の群れ→イベルタル・ゼルネアスが技を出す映像。最後にアチャモ配信の告知。

6日

  • 日本全国にあるマクドナルドの「マックでDS」で本作のコンテンツがスタート [9月6日(金)5:00~19日(木)19:59]。
    • 本作の情報が見られる「『ポケモン X・Y』メガスクープ」と、新登場ポケモンのクイズに挑戦する「『ポケモン X・Y』わくわくクイズ」が期間中、DS本体のみで楽しめる。
  • サントラCDのボーナストラックが、オリジナルアニメ『ポケットモンスター ジ・オリジン』で使われる一部のBGM5曲、および『ポケットモンスター 赤・緑』で使用されていたその原曲5曲、であると発表。
    • 『~ジ・オリジン』からの収録曲は、ゲームフリークサウンドチーム・景山将太氏(『ポケットモンスター X・Y』サウンドディレクター)がアレンジを担当した。
  • オリジナルアニメ『ポケットモンスター ジ・オリジン』の最新情報更新。一部のキャスト公開。いずれも現行テレビシリーズとは異なる声優。
  • 公式サイトの「ポケモンバンク」の項目にて、画像に誤りがあったため、お詫びと訂正+正しい画像を表示し直し。
    • 「ジバコイル」の性別が「♀」と表示されていたが、正しくは「性別不明」。現在は正しい画像が表示されている。
    • 欧米版公式では、9月13日頃まで修正されていなかった。

8日

  • 同日放送の「ポケモンスマッシュ!」にて、スパトレの映像公開。ポケモン形のバルーンロボに向かってボールをシュートするトレーニング「ついびシュート! レアコイル」Lv.2をプレイ。因みにとくこうが+8上がっていた。
    • 更に次回予告では、(御三家の)進化した姿やアニメ新シリーズ、メガミュウツーに関する新事実が明かされる、と告知。

9日

13日

  • 日本版公式サイト欧米版公式サイト更新。
  • ポケモン>パートナー候補となる3匹 を更新。
  • ポケモン>新しいポケモン を更新。
    • 新ポケモン「トリミアン」「ニャオニクス」「チゴラス」「アマルス」「カエンジシ」を公開。
      • 新特性「ファーコート」「がんじょうあご」「フリーズスキン」、新技「つぶらなひとみ」も公開。
      • トリミアンはトリミングすることにより、体毛の形が変わる。トリミングによって変わる姿はさまざまな種類があり、何度もトリミングをしていると、選べる姿も増えていく。トリミング後、何日も放置していると元のボサボサな姿に戻ってしまう。
      • ニャオニクスはオスとメスでは姿が異なり、覚える技も異なる。
      • チゴラス・アマルスは化石から復元するポケモン。
      • カエンジシはシシコの進化系。オスとメスでは姿が異なり、オスはメスよりたてがみが多い。
    • フラベベ 更新。生息している場所によって色が異なる。スクリーンショットでは、赤・青・黄色を確認。
  • ポケモン>伝説のポケモン を更新。ゼルネアスイベルタルのイラスト追加。
  • ポケモン>メガシンカポケモン を更新。
    • メガミュウツーX」「メガミュウツーY」「メガガブリアス」「メガフシギバナ」「メガリザードン」「メガカメックス」を公開。今までに公開されたメガミュウツーは「Y」の方。
      • メガミュウツーXはメガシンカすることで「かくとうタイプ」が加わる。特性は「ふくつのこころ」に。
      • メガガブリアスの特性は「すなのちから」。メガフシギバナは「あついしぼう」。メガリザードンは「ひでり」。メガカメックスは「メガランチャー」。
      • 新特性「メガランチャー」も公開。「みずのはどう」など、「はどう(波動)」の技の威力が高くなる。
  • ストーリー>フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメが仲間に! そして、メガシンカした姿を大公開! を公開。
    • 3匹のうちから1匹を、プラターヌ博士から託される。
  • 登場人物 を更新。
    • フレア団>フレア団を操る、5人の科学者 を公開。紫色の髪のコレア、オレンジ色の髪のアケビ、緑色の髪のバラ、青色の髪のモミジの4人組の女性たちと、赤いゴーグルの男・クセロシキ。
      • コレア=英:Celosia 独:Calluna 仏:Cyane 伊:Cytisia 西:Caléndula
      • アケビ=英・独:Aliana 仏:Ancolie 伊:Akebia 西:Amapola
      • バラ=英:Bryony 独・西:Begonia 仏:Brasénie 伊:Bromelia
      • モミジ=英:Mable 独:Magnolia 仏:Myosotis 伊:Martynia 西:Melia
      • クセロシキ=英:Xerosic 独:Xeros 仏:Xanthin 伊:Xante 西:Xero
        • 上記のとおり、イニシャルがC・A・B・M・X;で統一されている。
    • その他の登場人物>カルネ を公開。華やかな衣装に身を包んだ、カロス地方が誇る大女優。 ポケモントレーナーとしての顔も持っており、実力のあるトレーナーには興味を示すこともあるよう。
      • 英・独・伊:Diantha 仏:Dianthéa 西:Dianta
  • バトル を更新。
    • 新タイプ「フェアリー」登場! を更新。イラスト1点と「新タイプ相性表を大公開!」追加。
      • フェアリータイプの相性・攻撃側=バツグン:格闘・ドラゴン・悪 いまひとつ:毒・鋼・炎 効果なし:なし
      • フェアリータイプの相性・防御側=バツグン:毒・鋼 いまひとつ:格闘・虫・悪 効果なし:ドラゴン
      • 鋼タイプの受けるダメージ相性=ゴースト・悪タイプがいまひとつ→「ふつう」に変更。
    • ミュウツー、今明らかになるもう1つの姿! を公開。
      • どちらの姿になるかは持つメガストーンで決まる。「ミュウツナイトX」でメガシンカした場合はメガミュウツーXに、「ミュウツナイトY」でメガシンカした場合はメガミュウツーYになる。バージョンによって手に入るメガストーンが異なる。
    • メガシンカの秘密に迫る! を公開。
      • ポケモンがメガシンカするための条件は、2つ。主人公が左腕に着けている、不思議な石が埋め込まれた黒い腕輪「メガリング」と、ポケモンが持っている「メガストーン」が共鳴すること。そしてもう1つは、トレーナーとポケモンの強い絆。
      • メガリングに埋め込まれている不思議な石は、「キーストーン」と呼ばれており、これがメガストーンと共鳴する。カロス地方には、主人公のような腕輪ではなく、別の形でキーストーンを身に着けているトレーナーもいる模様。
  • ゲームシステム を更新。
  • 商品情報 更新。プレイ人数は1~4人。
  • PGLよりアナウンス更新。『ポケットモンスター X』『ポケットモンスター Y』版「ポケモングローバルリンク」オープンのご案内
    • プレオープンは2013年10月12日(土)。正式スタートは同年10月中の予定。
    • レーティングバトルでは、これまでのシングル・ダブル・トリプル・ローテーションバトルに加えて、新たに「スペシャルバトル」というルールができる。「スペシャルバトル」はシーズンごとにレギュレーションが変わる。
    • レーティングバトルの「シーズン1(12月下旬まで開催予定)」は今作で新登場するポケモンだけが利用可能なレギュレーションで開催。

14日

15日

16日

  • 韓国版公式サイト更新。新しいタイプ相性表、御三家進化系、5人の科学者、カルネなど。

18日

19日

  • TVアニメ新シリーズ「ポケットモンスター XY」のサイトが正式オープン。概要・初回のストーリー・主要キャラ・キャスト・スタッフ・主題歌などを公開。
    • 予告内でミアレシティのジムがある塔の名称が「プリズムタワー」であることが判明。

20日

21日

23日

25日

  • ニンテンドーeショップに3Dスクリーンショット付きの詳細情報公開。

26日

27日

29日

  • 同日放送の「ポケモンスマッシュ!」最終回にて、本作バトルディレクター・森本茂樹氏(ゲームフリーク)とゲストの桃瀬美咲さんが、本作のエキシビションマッチを披露。メガバシャーモとメガデンリュウなどを使ったダブルバトルを展開した。

10月

2日

  • テレビ東京系にて特別アニメ「ポケットモンスター ジ・オリジン」を放送。番組内で本作の新情報も公開。
    • アニメ内で「メガリザードンX」が初登場し、その後『X』と『Y』で違うメガシンカをすることが説明された。
  • 日本版公式サイト欧米版公式サイト韓国版公式サイト更新。
  • ポケモン>メガシンカポケモン を更新。「メガリザードンX」「メガリザードンY」を公開。以前公開された姿は「Y」の方。
    • 『X』で手に入る「リザードナイトX」によってメガリザードンXに、『Y』で手に入る「リザードナイトY」によってメガリザードンYにメガシンカする。
    • メガリザードンXは体色が黒く、炎が青くなり、タイプは「ほのお・ドラゴン」、特性も「かたいツメ」に変化。
    • 新特性「かたいツメ」も公開。直接攻撃の威力が上がる。
    • 両メガリザードンの映像公開(52秒)。
  • また、株式会社ポケモンによると、本作の予約本数が126万本を突破したとのこと。過去の3DSソフトの中で史上最高(数字はメディアクリエイト調べ。「ニンテンドー3DS ダウンロード版セットパック」は含まず)。
  • YouTubeでオープニング映像(男の子Ver.と女の子Ver.)を公開。PV集も参照。

4日

6日

  • 同日放送の「ポケモンゲット☆TV」初回にて、「ポケモンXYのココがスゴイ!」という本作の紹介番組を放映。また、別コーナーで「フラフラダンス」「みやぶる」といった技を使う映像も放映された。

7日

8日

9日

10日

11日



4gamerの記事

「ポケモンストア アミュプラザ鹿児島店」が本日オープン。限定のぬいぐるみも
「ポケモンセンタートウキョー」が2014年12月に浜松町から池袋へ移転
「ポケモン X・Y」,全国のポケモンセンターで「ボールのもようのビビヨン」をプレゼント。8月1日から
ポケモンの公式サイトにポケモン“ヤドン”の特集ページがオープン
ポケモンがトミカに! コラボグッズ「ポケモンドリームトミカ」が全国のポケモンセンターで7月19日より先行販売
「ポケモン X・Y」のプリントシール機が本日から全国の映画館で順次稼働
「Pokémon the movie XY展」ピカチュウカフェのメニューや限定グッズを公開
TVアニメ「ポケモン XY」「妖怪ウォッチ」がキッズステーションで集中放送
イベント「ピカチュウ大量発生チュウ!」が,横浜みなとみらいにて8月に開催
ポケモン,「ポケモンたなばたまつり」実施。色ちがいジラーチをプレゼント


その他

増田部長のめざめるパワー Director's Columns/『X・Y』関連リンク






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー | リンク元 | トラックバック