他の勢力


                
          
  


マッサゲタイ




「熟練。誇り。権力。」





背景

マッサゲタイは勇猛な遊牧民部族であり、かつてアケメネス朝ペルシアの創建者であるキュロス大王とその軍を粉砕した歴史で知られています。彼らは故郷であるステップから急襲して定住民と遊牧民を問わず一掃し、戦利品を奪った後は素早く移動して新しい勝利と新しい征服地に向かいます。騎手としての彼らの強さはずば抜けており、達成できないことはほとんど何もありませんでした。

歴史的には、ヘロドトスは様々な遊牧民族の由来について誤認していた可能性があります。彼はこれらの人々をマッサゲタイと呼びましたが、その意味は「大ゲタイ」であり、ゲタイ人はダキアの一部族でスキタイでも遊牧民族でもありません。ヘロドトスはまた彼らの居住地がカスピ海の向こうであるとも述べ、スキタイ人に類似しているが彼ら自身の風習や習慣を持っていると書いています。特に言及したのは奇妙な葬儀の習慣に関してであり、名誉ある男が死ぬとその肉を周囲の人間が調理して食するのです。これが幸福な最後の迎え方であるとされ、病死した場合はそのまま地中に埋められるため、不幸な死だと考えられているのです。

マッサゲタイは熟達した侵略者であり、本拠であるステップからは多くの兵士を得ることができます。彼らの牧畜の生活様式はより多くの家畜を得ることが利益につながり、隷属を嫌うために領地を守るためになら激しく戦います。外交は可能ですが、遊牧民を嫌う東方人には反目しており、彼らを宥めるのは簡単ではないでしょう。