他の勢力


                
          
  


アルウェルニ




「確信。尊厳。力。」





背景

アルウェルニ族は古くから栄えてきたケルト人の一氏族であり、ガリア中部で最も強力な部族の1つです。侵入し略奪する単純な蛮族とは比較にならないほど複雑で洗練された文化を持ち、ゲルゴウィア台地の近郊にあったネモッソスを中心地としていました。

彼らの社会には厳格な階層が存在し、王と族長たちによって支配されますが、ドルイドには特別の地位が与えられています。部族における指導者としての名声と権力は、血統と同じく彼の戦士としての能力を求めています。

アルウェルニ族の軍勢は大部分を歩兵が占めています。彼らは投槍を多用し、優れたリーダー(例えばオーススウォーンや槍持ちの貴族のような)に率いられて破壊的な威力の突撃を敢行します。こういったリーダーは戦いの場によって認められるものであり、闘士として常に闘争の只中にいることを証明するのです。

部族の多くの問題について、建前としては王と族長たちが取り組みますが、実際のところ開戦と和平を含む重要な政治的決定はドルイドの意思によってです。ケルトの多神教は精霊崇拝と混淆しており、主な神は神殿で、より小さく家庭内を守護するような神は家の中でそれぞれ礼拝されます。これらの信仰はガリア内の異なる部族を結び付けている大きな要素のひとつです。

ガリアの部族は紀元前390年にローマに大挙して侵入し、紀元前279年にはトラキア、マケドニア、イリュリアに押し寄せてエーゲ海沿岸を荒らし回りました。海を渡ったブリタニアに住む部族も、おそらくケルトを統べる王に支配される運命にあるでしょう。そしていずれは南に向かい、増大するローマの脅威を打ち砕かねばなりません。

彼らには際立った手工芸の技術があり、アルウェルニ族の職人が持つガリアの有名な金細工などの専門技術により大きな収入を得ることができます。戦いにおいては、馬とともに暮らして馬術を知り尽くした騎兵を擁し、王と族長の闘志とカリスマが彼らを恐るべき戦士に仕立て上げます。その実力が他の蛮族からの敬意を彼らにもたらす理由となっています。



文明ボーナス

戦士社会: 近隣諸国と戦闘を行うことで社会的秩序+1

ガリア人の馬術: ガリア騎兵新兵の経験値+1



老練の族長

党内抗争: ケルト文化の存在による社会的秩序(最大で-1)

部族の覇権主義: 全ての蛮族文明との外交ボーナス

ガリア人の職人: すべての工業用建物からの富+10%