他の勢力


                
          
  


マッシリア




「優雅。高潔。誇り。」





背景

The Greeks formed their colony at Massilia around 600BC. Coming from Phocaea, they intended to harvest the region’s resources, and conduct trade from Massilia’s natural harbour.

By the beginning of the 4th century BC, the former trading post had blossomed into one of the busiest ports in the Mediterranean, its tendrils even reaching up into Gaul along the Rhone and Durance rivers. Massilia is run as an oligarchy, an assembly headed by noble families. The population are a hybrid of Greek settlers, Gallic locals and others pulled to the city by trade.

Despite a level of cultural integration, some Gallic tribes still see the city as a prize. Carthage, too, wants to control or destroy their trading rival. Both want Massilia’s great wealth for themselves, and will stop at nothing to take it.

Massilia is a state of skilled traders and eloquent diplomats, but being somewhat conservative, the populace is less tolerant of foreign cultures within its boundaries. In battle, her warriors demonstrate a blend of Gallic and Greek martial techniques and armaments.



概要

ガリアに存在するギリシア勢力
回りは皆敵、特にアルウェニの南下が怖い。ローマは媚びへつらっている間は優しいが、ラスボス化必須
とにかく器用貧乏な兵力バランス。精鋭がいないので、大国との戦いは常に犠牲が伴う
蛮族とギリシアが共存している愉しい国家
全ては、安くてうまいマッシリアホプリタイと、マッシリア騎兵の運用にかかっている
ドM向けでもないが刺激的なプレイを楽しめる。マッシリア愛してるよ



シングルプレイ

プロヴァンスを統一するのがまず最初の課題
当面の敵は雑魚蛮族である
安価なケルト散兵を大量雇用、レヴィホプリタイは不必要
最初からいるホプリタイと将軍ホプリタイをとにかく大切に使っていく。主力はチューロススピアーで、投げ槍を投げきって敵を削ることが大切

イタリア半島の根本は押さえると確実にローマに喧嘩を売られる。開けておいて、貴重な貿易相手とする
西地中海沿岸に拡大していくとやがて強大化したイベリアとぶつかることになる
まだ下ろしやすい相手なので、沿岸を重視して落としていく

マッシリア騎兵はとても便利なので常に六部隊ほど持っておくとよい
イベリア系は投げ槍剣兵がメインであるので、なるべく蛮族系兵士をぶつけて囮にし、こちらもチューロスの投げ槍で数を減らし、こちらの主力部隊が損耗しないようにする
主力のマッシリアホプリタイは最後に戦闘に参加させる。とても薄い戦列でも投げ槍を受けてなければ守りきれるので、薄く、広範囲を守らせ、早めに騎兵を後ろに回して包囲せん滅してしまおう

西地中海沿岸を落とす頃には一大勢力になれているはずである
カルタゴ、アルウェニ、そしてローマとの戦争が見えてくる頃だ
健闘を祈る