I‐All~花粉症患者の戦い~ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはⅠ-All~花粉症患者の戦い~のルールをまとめるページです
この下に箇条書きでルールを書いていきます


  • 1対1の対戦形式で行う。
  • フィールドは縦3つにわかれており、一番後ろがアイテムゾーン、中央が植林ゾーン、一番前が花粉ゾーン。
  • アイテムゾーンの右隣にデッキを置く。
  • フィールドの左隣には灰ゾーンが存在している。
  • 植林ゾーンの右隣にはダンプゾーンが存在している。
  • アイテムゾーンにはアイテムカードを5枚置くことができる。
  • 植林ゾーンには植物カードを5枚でも置いてよい。
  • 花粉ゾーンには植物カードを1枚置くことができる。
  • ターン制。
  • 初めに7枚ドローし、手札にある植物カードを花粉ゾーンにセットする。
  • 先攻後攻をじゃんけんで決め、ゲーム開始時に「Let's!I-All!」と宣言し、セットしたカードをめくる。
  • 1ターンはドローステップ→オープンステップ→植林ステップ→バトルステップ→エンドステップにわかれている。
  • 先攻のプレイヤーは攻撃を行えない。
  • ドローステップでは自分のデッキからカードを1枚ドローする。
  • オープンステップでは灰ゾーンのカードを1枚表にできる。
  • 植林ステップでは植林ゾーンに植物カードを植えることができる。ただし植えることができるのは1ターンに一度のみ。
  • さらに植林ステップでは1ターンに1度だけ花粉ゾーンの植物を成長させることができる。
  • アイテムカードは相手のターンでも発動可能なタイミングで発動しても良い。
  • バトルステップでは自分の花粉ゾーンにある植物カードと相手の花粉ゾーンにある植物カードでバトルを行える。
  • バトルは植物カードのPPが高いほうが勝利する。
  • バトルを仕掛けたプレイヤーは攻撃宣言時にトリガーチェックを行い、トリガーを引いたら発動し手札に加える。なかった場合も手札に加える。
  • バトルを仕掛けた方のプレイヤーが勝利した場合、敗北したプレイヤーはデッキの上のカードを確認、トリガーがあった場合はトリガーを発動し灰ゾーンへ置く。なかった場合はそのまま灰ゾーンへ。
  • バトルを仕掛けられたプレイヤーは植林ゾーンの植物カードでブーストを行える。
  • ガードを行うと、ブーストに使った植物カードのPPの半分だけ自分の植物カードのPPをバトルステップ終了時まで上げ、ブーストに使った植物をダンプする。
  • さらにバトルステップでは自分の植林ゾーンの植物と相手の植林ゾーンの植物でバトルを行うこともできる。
  • 植林ゾーンの植物のバトルではトリガーチェックは行わない。
  • 植林ゾーンの植物のバトルで負けた植物カードはダンプゾーンに置く。
  • 灰ゾーンにカードが7枚溜まったら敗北。