最終日論~殴り合いに競り勝て!(編集中)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(現在編集中・・・)

人狼の華、最終日。残り3人もしくは4人。しかし観戦から、「沈黙の最終日」と皮肉られたことはありませんか?
最終日に何を話していいのかわからない、そんな人も多いはず。

1.「自分が吊られたら100%勝ちはない」

最終日だけは、 絶対に自分が吊られるわけにはいきません

2.やるべきことは実はシンプルかつ明確。「LWを吊ること」

村ならば、 「誰がLWかを探す」
狼ならば、 「誰かをLWに仕立て上げる」

では、どうやったらLWを吊れるのか?
必要なことは、「第三者に」「こいつがLWだ」と納得させることです。

最終日なぜこの組み合わせになった?(=なぜ自分は残された?)
理由は、「消極的な場合」と「積極的な場合」があります。
「消極的な場合」・・・ほかに優先すべき噛み先・吊り先の結果、自分が残ってしまったケースです。
たとえば占い・役職・確定○などです。その結果、「気づいたら最後にこの組み合わせになっていた」

「積極的な場合」・・・”あなたを最後に吊るべく、残されています”
しかもあなたに投票しそうな人までセットで残されていたら、最悪です。
なんとかして、状況をひっくり返さないといけません。