霊能COのタイミング

霊能の特徴!

1.残り狼数を(狼以外で)唯一知っている存在
  • 「LWなのかどうか」が、進行の中で最も重要な情報提供です
2.「自らで真を証明することができない役職」
  • 共有、狩、猫、占いとは違い、自力では証明する手段がありません
  • 噛まれずに残っても、終盤に「ケア」で吊られることもありますが、泣かない。
3.人外が様子見ながら、あわよくばで乗っ取りを狙ってくる
  • 単独COの場合でも、欠けの可能性は頭の片隅に置いておきましょう
  • とはいえ吊余裕的にケアがやりにくいことも多く、偽くさいと思っていても、吊りタイミングを逃がすと乗っ取りが決まりやすいです
4.複数COが出てきたら、霊ロラされやすい
  • 2.3.の特徴から、霊が複数出てきたら真偽がつけにくいのも事実。
  • そのため、「人外と引き換えに全部吊っちゃえ」となりやすい
  • 「ボロ雑巾」と呼ばれるゆえんです
  • けど、人外を道連れに吊られることも、霊能のお仕事の一つです

5.しかし共有がない配役構成だと、単独COは「進行役」に(11A、12Bなど)
  • 虫のいい話ですねw
  • ただそれが、少人数村での霊能の宿命です
  • 共有ありの村だと、霊能は「比較的気楽」です

6.霊能は噛まれることも仕事
  • 「自ら真を証明できない」ので、「噛まれ真」の扱いぐらいでいい位置づけです
  • 霊能が出す色が重要な局面以外は、真占いのほうが噛まれたら困ります


立ち回り方

  • その特徴ゆえ、「周りから疑われないように振る舞うこと」が無難です。
  • ただし「周りが疑いにくい状況」については、「その時々の流やり廃り」があります。
  • また人数配役によっても、「いいとされるタイミング」は変わります。
  • 「どのタイミングがいい・悪いではなく」、「各タイミングのメリット・デメリット」を理解することが大切です!

初心者向け・初日の立ち回り方

1.グレラン展開=COするのが無難
  1-1.○進行のとき
  1-2.●が出たが、●出されが役職CCOしたとき
2.●吊り展開=潜伏するのが無難
3.自分に●出され=必ずCCOすること
4.対抗が出た場合=必ずCOしましょう
   (ただし人外が2人以上COした場合には、潜伏する手もあり)

-潜伏のデメリット-
  • 噛まれた場合、村視点の内訳が歪むことになる
  →露出して噛まれることも仕事の一つ

COのタイミング

タイミング早い順番から、考えられるCOのタイミングは以下の通りになります。

1.初日(2日目)朝イチ
2.占いから朝イチで●が出ないことを確認したとき
3.占いの○進行を確認したとき
4.吊られそうなとき(グレラン等)
5.3日目朝イチ
6.霊結果で●が出た日の朝イチ

  • 1.~3.+4.=初日CO、5.~6.=「潜伏」
  • 後ろになればなるほど、「人外が様子見ながらCOをしやすくなる」タイミングです。

-早いタイミングのメリット-
  • グレランの時にグレーの範囲を狭め、人外の内訳を絞りやすくする
  • 対抗人外の作戦の幅が狭まる
 →・臨機応変にCO、という作戦がとりづらくなる
  ・単独COになったときに、終盤での偽ケアの吊りがされにくくなる

  • 潜伏噛まれの事故を回避

-早いタイミングのデメリット-
  • 噛まれやすい(占い護衛が基本になる場合)
  • 人外の作戦が早期COに傾けば、基本霊ロラになり情報が落ちにくくなる
  • 逆に、様子見ででてくる人外をあぶりだしにくくなる


COタイミングの流行り廃り

現在(2013/5)のるる鯖では、2.が主流とされています。

筆者がデビューしたて(2012/1~3)のころは、3.がセオリーとされていました。
2.で出たら早すぎる、と怒られたものです。

誰か強い人が、2.で出るほうがいいと言い出して、流行が動いたのでしょうか・・・?
時代の流れですね。