「詰み計算」

「詰み」とは?

  • (真)占い視点で、「確定人外+残り吊数で怪しいところの全吊りが可能になること」です!
  • つまり、『”(真)占いの未吊の●+(真)占いのグレー”<=”残り吊数”』 になること。
  • 翌日真占い生存が確定しているとき(例:真狩生存)には、”真占いの未吊りの●&グレー””+一人”<=”残り吊数”』になります!

※ただし実際には、狂・狐が加わるため、吊り順番を考慮する必要があります!
※霊や狩なども真確定しない場合もあるので、「真前提ならば詰み」の場合と「そこまで考慮しても完全に詰み」の場合があります!

  • 村陣営は、「占いを決め打ちすること」は重要なことですが、それだけではいけません!
  • 最低でも「真視点詰み」、できれば「全視点詰み」を目指すと、安定した進行を取ることができます!

グレコン(グレーコントロール)

  • 狼は、「詰み」にならないように、噛み先・吊り先を考えなければいけません!
  • これを、「グレコン(グレーコントロール)」と呼びます!
  • そのためには、「あと何人グレーを噛む余裕があるか」を考えることが必要です!
  • グレーを噛んで「詰み」になるなら、「その前に占いチャレ、役職or○噛みが必要」になります!

重要なポイント!

「常に残り吊数、残りグレー数を意識すること」!
「ちゃんと数えて、把握すること」!
が、初心者脱出のもっとも重要なポイントです!

その際、「吊り→占い→噛みで一人ずつ、最大3人減ること」を意識すること!


詰みの状況

残り人数 残り吊数  真占の●+真占のグレー(対抗占い含む、他の真役職除く) 
 5or6   2    2で詰み(翌日真生存なら3で詰み)
 7or8   3    3で詰み(翌日真生存なら4で詰み)
 9or10   4    4で詰み(翌日真生存なら5で詰み)

例:残り7人、真占い+●+グレーが5人の状況
→グレーからの吊りが決まったとしたら、グレー吊り→グレー占い→グレー噛みになると、合計でグレーが3人減る。
→残り5人で、真占い+●+グレー2人になる
→残り3吊りで、●とグレー2人を全部吊ってしまえば村の勝ち
→つまり、「グレーを噛むと翌日の残り5人時点で真視点詰む可能性大」!

つまり、「詰まないためには占いチャレもしくは役職・○噛みが必要」!
もしくは、信用勝負で真ラインをつぶしてしまえ!

狼のグレー噛みの目安


目安:真のグレーは、噛めてせいぜい2人まで!

例:12人村、2-1で真狂ー真の展開の時

COなしグレー=配役-1(第一)-役職CO数 (12人村で2-1なら、真視点グレーが8人)
COありグレー=役職CO数-真人数 (霊真ならグレー1人(対抗占い)、霊偽ならグレー2人(対抗占い+霊))

2日目に1人占うので、さらにグレーは△1人
→12人村の2-1(霊真)ならば、真占い視点、「対抗+グレー7人」がグレー数です。

そこに、「吊り→占い→噛みで一人ずつグレーが減って」いきます。

全部、グレーを噛んで、占いから○が出続けると・・・
2日目 残り吊数:5 グレー:8人(対抗+グレー7人)
3日目 残り吊数:4 グレー:5人(対抗+グレー4人) ←4日目まで真占いの生存が確定すれば、この時点ですでに詰み
4日目 残り吊数:3 グレー:2人(対抗+グレー1人) ←グレー全吊可能

→つまり12人村だと、「真占いのグレーを2人噛んだら、すでに詰んでいる」ことになってしまいます!

よって、狼としては「霊能などの役職(確定○)や真占いの○を噛んで詰む日を引き延ばす」ことが必要になります!
(12Bを想定しての例ですが、17Aなどの配役でも同じ話が言えるので、時間があれば考えてみてください!)