「狩人の達人」への道!(第一歩編・その1)

狩人の特徴!

☆よくある基本的な役回りの特徴は、他のwikiを参考にして下さい(おい

1.護衛先を決めなければならないため、 「内訳把握と真目の見極め」が村人よりもさらに重要 になります

2.要求される 立ち回りは、狐のそれと似通ってきます

=「吊られたくない・占われたくない・噛まれたくない」

  • 「吊られたくない」 狐:あきらめたらそこでゲーム終了ですよ 狩:占いとか噛まれたい放題やし
  • 「占われたくない」 狐:呪殺されますやん 狩:○もらったら噛まれるし
  • 「噛まれたくない」 狐:狼に捕捉されたら誘導されまっせ 狩:死にますし
☆狼は狩人・狐を常に”噛み先候補”として探しています
→”護衛先を探している・考えている”ようなそぶりを見せないように!

3.COのタイミングが難しいです

  • 「COによるデメリット」が結構大きいです。
  • 狩の存在が明らかになると、狼は狩噛みの後、自分のペースで役職を噛めることになります
  • 真占いの寿命は、最速であと1回しか結果を開示できません(狩→占いと噛まれる)
  • 占いや霊は初日(もしくは3日目朝)にCOすればいいのと違い、狩が難しいといわれるゆえんです

4.護衛成功時、護衛先は「非狼(○)」が確定します

  • 「少なくとも狼ではない」(占いや霊の○と同じ)←狼は狼を噛むことができない
  • ただし「狐噛み」の平和と誤認しないように。(狩人からもメッセージ上区別はつきません)

5.グレー狼・狐の吊り逃れ騙りに利用されやすいです

  • グレーからでは占・霊COなんか、まず信じてもらえません。
  • となると人外は、「ゲームの途中でCOしても許される役職」を吊り逃れのために騙り用意していることになる。
  • つまり潜伏狼・狐は普通狩COの準備をしている!
  • ということで、潜伏人外との信用勝負も視野に入れる必要がある。
  • ただし占・霊とは異なり、「直ちに対抗COすることが正解とは限らない」
  • また、狂人の狩騙りは一般的に悪手とされているのでご注意を

護衛の考え方

考えられるのは2通り!

1.噛まれたら困るところ

2.平和を出すために狼が噛みそうなところ


1.噛まれたら困るところ

  • 基本、「一番噛まれたら困るところは真占い」
  • 「真目占い」を護衛しておけば大きくは間違えない
  • ただし、ピンポイントで「この人が噛まれたら困る」という状況は存在する。
   パンダ吊りのとき=霊能護衛 =〇と●の両出されで、”吊って色を見る”ことが目的
   占いの真偽不明で霊能軸に進行が展開するとき(3-1、4-1など)
-デメリット-
  • 当然護衛先の周辺は噛まれたい放題
  • 護衛先を予測されると、平和が出る可能性が低くなる(吊数を増やせない)
-一般的な護衛の優先順位-
占い真目→→→真霊能→共有→確定○→暫定○→→→完グレ

2.平和を出すために狼が噛みそうなところ

  • 吊数を増やしたいとき
  • 明らかな真目など、誰が見ても本命に狩人が張りついているだろうと思うとき
  • ”変態護衛”=本来護衛するべきところを「あえて外して」グレーなどを護衛
-デメリット-
  • 結果本命を噛まれたら、そのあとCOしても信用ゼロ

狩人COのタイミング(めやす)

~超初心者向け~

1.進行役や周りの人から「 狩人COを促された時
  • 適切なタイミングでCOを促す人は、村目&進行がわかっている人
  • ただし人外に騙されないよう、自分で考えて出れるようになること!
2.人外から●を当てられた時は、序盤(2,3日目)ならばCOしないほうが無難です(ただし賛否両論ある)

~慣れてきた人向け~

☆判断基準はたった一つ!
「噛まれる デメリットよりも CO(して情報を落とす) メリットのほうが大きい とき」

  • 自分がCOすることで「詰みが確定」するとき
  • (真視点の)「グレーを狭めることが有用」と判断できるとき(LW濃厚など、狼や狐が対抗COしづらい状況の時)
  • 「自分の護衛先が死亡」しているとき =狩視点で呪殺確定(周りは噛み合わせと区別がつかない)
  • 護衛成功時の護衛先の非狼情報が重要な時
  • 人外が狩COしてきたとき(終盤なら即COです→序盤なら状況によります)
  • (人外の対抗COをあぶりだしたいとき)←そのほうが内訳考察をやりやすい場合です。(LWのときなど)
  • 自分に吊り指定がきたとき(●出されの段階では直ちにはCOしないほうがいい場合多い)
 →ただしここは、今は早い段階でも狩COするべき、という意見も多い
 →「狼・狐に使わなければいけない吊数を、真役職のムダ吊りに使いたくない」