※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

糖尿病と糖質制限

身近な人が糖尿病になっているというお話を聞きませんか。
食べすぎや肥満、運動不足によって血糖値があがり、すい臓から出るインスリンの量が減ったり、効き目が低下したりして病気になります。
糖尿病予防のためにカロリー制限をしている方もいると思います。
カロリーを制限しても、ごはんやパン、糖質が多いものの割合が多ければ、血糖値は上がります。
食事制限というのはつらく、なかなか続かないと思います。
カロリーを極端に減らしたり、1種類の低カロリー食品を食べ続けるのは、挫折する人が多いです。
糖質制限食は、満足できる量を食べれるので、ストレスなく続けられます。
糖尿病を予防に関心がある方は、糖質を減らしましょう。
インスリンには、血糖値を下げる働きのほか、余ったブドウ糖を中性脂肪にかえてしまうのです。
いちばんやりやすい方法は、朝、昼、晩の食事のうち1回、米やパンなどの主食をとらないことです。
すべて炭水化物をとらないのは体に良くないし、日本人の食生活にはあっていません。
また、高血圧の方にも効果があるようですね。
メタボになっている人は、ごはんや甘い物の摂り過ぎです。
糖尿病と高血圧が同時にある患者さんも多いと聞きます。
メタボになると、インスリンの持つ糖をエネルギーとして使わせる作用が、うまく働かなくなるのです。
肥満の人は、食事の内容も変えてみると、つらい思いをしなくても、健康になれますよ。
私の友人のお父様は糖尿病が悪化して、5年間も入院していました。
遺伝もあるようなので、両親が糖尿病の方は、食事をバランスよく取り、糖質制限をしましょうね。手湿疹に効く薬