優しいゴルファーのフェアウェイキープの良識


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あきれて当然の話ですが、先日、お天気には恵まれませんでしたが、なじみの新聞でも紹介されていたゴルフコースに愛用のクラブ持参で遊びに行きました。
日本での人気スポーツのひとつがゴルフです。私にとっての娯楽で関心が高いのはゴルフです。でも、費用が掛かるのが問題です。生まれ変わったらプロゴルファーになりたいです。最近はゴルファーのモラルの低下が気になります。
しかし、なかなか思うようなスイングが当日に出来ません。
スイングのトレーニングは毎日庭で欠かさず素振りしているのにわかりません。
よくあるパターンは、なぜかスライスが多くなってしまいます。体力不足なのでしょうか。メンタル面の影響でしょうか。
ゴルフに詳しい人の中には、左の壁が崩れているという声も聞きます。ですが、正直のところ正解なのかはよくわかりません。
ゴルファーとして、希望としては、今度は旅行を兼ねてあこがれのまじめにゴルフスイングの理論的なところから本当に勉強したほうが長期的にはよいと思います。遠くないうちにやってみます。でも、フォームの改善は大変です。時間を作ってやってみます。
機会があれば今度はドライブがてらあこがれの秋田 南秋田カントリークラブに消費税が上がる前に家族には内緒でに出かけてみようかな。