プロゴルファーのクラブヘッドに対して反論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

告白です。先日、お天気もまずまずだったのでたまに出かける新聞でも紹介されていたゴルフの練習場に愛用のクラブ持参でひとりで行って来たのです。
これまでやったスポーツで関心が高いのはゴルフです。でも、お小遣いが減るのが問題です。暇さえあればゴルフの練習です。生まれ変わったらプロゴルファーになりたいです。最近はマナーの悪いゴルファーが多いのが気になります。
しかし、残念なのは満足にイメージどおりのショットを打てないことです。
実際、スイングの練習は毎日欠かさず素振りしているのに不思議です。
私の場合、たまにフックもするのですが、どうしてもスライスが増えてしまいます。集中力が途切れてしまいます。
ゴルファーに多い教え魔の中には、せっかちにスイングしているという感想も聞きます。けれど、よく理解できません。
ゴルフ・スイングのセオリーをかなり考え直したほうが自分のためになるでしょう。先延ばしせずに試してみます。いっそのことレッスンプロにつこうかなあ。基本のゴルフフォームをマスターしたいです。
余裕があれば来年には旅行を兼ねて海外 カパルア・プランテーションに新幹線を使って行ってみたいです。