トホホのゴルファーのアプローチと三重


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつものように基本となるゴルフスイング理論に関して書いてみます。信じられないかもしれませんが、しばらく前に、お天気には恵まれませんでしたが、近所にある雑誌で紹介されていたゴルフの練習場に思いつきでプレーしに出向きました。
スポーツといえばゴルフです。暇さえあればゴルフの練習です。最近はマナーの悪いゴルファーが多いのが気になります。
しかし、当日はなかなか思うようなスイングが出来ない現状です。
スイングのトレーニングは毎日庭で欠かさず素振りしているのに不思議です。
よくあるパターンは、たまにフックもするのですが、不思議とスライスが多くなってしまいます。スタミナ不足なのでしょうか。メンタル面の影響でしょうか。
キャディーさんの中には、ユーティリティークラブを購入したらというアドバイスも受けます。ですが、正解なのかはよくわかりません。
本当のところは中年ゴルフプレーヤーですが、出来れば次は有名な本気でゴルフスイングのセオリー的な部分から考え直したほうが長期的には良いでしょう。グズグズせずにやってみます。でも、フォームの改善は大変です。いっそのことレッスンプロにつこうかなあ。基本のスイングを身に着けたいです。
チャンスがあればドライブがてらあこがれの愛知 さなげカントリークラブに新幹線を使って家族には内緒で行きたいです。