ゴルフの先生のパンチショットと大野


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビックリさせるかもしれませんが、先週の金曜日に、お天気も良かったので新しく出来た新聞でも紹介されていたゴルフコースに愛用のクラブ持参で出向きました。
日本中がゴルフブームに沸いています。若手プロゴルファーの人気が理由でしょうか。石川遼プロや宮里藍プロのせいでしょうか。いつまでも楽しめるスポーツの中では、ゴルフが一番好きです。でも、費用が掛かるのが問題です。暇さえあればゴルフの練習です。生まれ変わったらプロゴルファーになりたいです。どうしてこんなに楽しいのか不思議なくらいです。暇さえあればスイングの練習です。最近はゴルファーのモラルの低下が気になります。
我ながら悔しいのは、当日はなかなか思うようなスイングが出来ないのが悩みです。
実際、へたくそなりに余裕があれば今度は宿泊旅行であこがれのゴルフスイングのトレーニングは毎日庭で欠かさず素振りを繰り返しているのにわかりません。
私の場合、なぜかスライスが増えてしまいます。スタミナ不足なのでしょうか。
顔なじみの人の中には、レッスンプロにつくべきだというアドバイスを受けることもあります。自分ではよくわかりません。
ゴルフ・スイングの理論的なところからかなり勉強したほうが良いと考えています。でも、フォームの改良は大変です。ヒマを見つけてやってみます。
希望としては、今度はあこがれの栃木 南栃木ゴルフ倶楽部(永野ゴルフ倶楽部)に飛行機で私よりも上手のお友達と一緒に行きたいです。