悩めるゴルファーのスタンスと豊川


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ようこそゴルフスイングのワンダーランドへ。今日もゴルフというスポーツの理論に関して書いてみます。お付き合いください。迷いましたが、先週の日曜日に、お天気には恵まれませんでしたが、新聞でも紹介されていた近所のゴルフコースにまたもや愛用のクラブ持参でハンデが上のゴルフの友人と一緒に行って来たのです。
いつまでも楽しめるスポーツで関心が高いのはゴルフです。暇さえあればゴルフの練習です。どうしてこんなに楽しいのか不思議なくらいです。自分でもよく続くものだと感心します。最近はマナーの悪いゴルファーが多いのが気になります。
悔しいのは、当日はなかなかリラックスできずに、思いどおりのプレーが出来ない状況です。
実はメンタルの弱い単なるサンデーゴルファーですが、夢かもしれませんが今度はドライブがてら真剣にゴルフスイングのトレーニングは毎日欠かさず素振りを繰り返しているのにわかりません。
よく経験するのは、前半は調子が良くても後半に崩れてしまうことが多いのです。体力不足なのでしょうか。メンタル面の影響でしょうか。
アドバイス好きの人の中には、日ごろの疲れが出ているのではという意見も言われます。けれど、よく理解できません。
ゴルフ・スイングのセオリー的な部分から本当に考え直したほうが長期的には良い考えだと思います。遠くないうちにやってみます。でも、スイングの改善は大変です。いっそのことレッスンプロにつこうかなあ。基本のスイングを身に着けたいです。
暇があれば次回は神奈川 大厚木カントリークラブ本コースにフェリーを使って心を許している親友と一緒に出かけたいです。