※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ログ抜粋


「これは名言だな」とか
「これは役に立ちそう」なんてレスがあればどうぞ。

271 名前:名無しサンプリング@48kHz[sage] 投稿日:2013/10/06(日) 01:47:23.79 ID:Ma4DaP+W
どんぐりwikiのアクセスカウンターたっぷり回しといてやったぜ?ワイルドだろ?。

272 名前:名無しサンプリング@48kHz[sage] 投稿日:2013/10/06(日) 02:37:26.88 ID:KMXumlf5
チャイルドだな

いまからDTM始める奴らが集うスレ9【どんぐりの会】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dtm/1394294213/839
839 名前:名無しサンプリング@48kHz[sage] 投稿日:2014/03/22(土) 22:43:26.19 ID:ECwh/8OM [1/2]
>>836
コードが鳴ってる音楽のメロディーにはコードに含まれてる音、すなわち「コードトーン(和声音)と
、そうでない音ノンコードトーン(非和声音)がある。

おおざっぱな大原則で言えば、ルート(根音)の完全4度上の音(副属音)は条件次第で「なんでも」
使える。例えばドミソが鳴ってる状況ではファ以外は使える。どのように使うかは要はセンスだけ。

さて君の曲は、その可能性の中で数%の音しか使っていない。コードのルートの音からメロディ
がはじまってコードのルートの音で終わったり。コードさえきけばすぐに頭に「鳴ってしまう」メロなのです
人間は何回も経験してるものを「退屈」と感じがち。

ちいちいぱっぱとか音楽経験の少ない子供なら
いざしらず、大人には退屈なのです。こういったメロディーはコードと一体化してしまって立体感がない
さて、彼が言う「よく響く音」というのは人に関心を持ってもらえる音と思われ、それは退屈とは対極にあ
るもんだと思う。
コード以外のノンコードトーン(非和声音)をいかに使うかがそのヒントになる。