※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 少しばかり懐かしい話になるが、かつては湯煙の温さの中で寝転んだり、森の木々の間を跳んで回ったりとしたものだ。

 今はそう、水面に映る光景をじっと見つめ、それから腕を突っ込みかき回している。雪解け水の刺すような冷たさが腕を包む。辺りは雪と氷、一面の白。この容姿を異端に見せているが、そう経たずなくなることだろう。

 腕を水から出し、遊び心から飛沫を飛ばす。ふとついた息が何であったかは分からないが、どうやらこの場所にも幾許かの愛着がわいてしまっていたらしい。

 しかしもう決めて、決まったこと。

 だから……



カテゴリ: [不明] - TrackBack(0) - 2014年03月01日 03:41:45