※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フジヨシ


■性別

■学年
2年

■所持武器
BL本

■攻撃/防御/体力/精神/FS
0/4/7/4/15

■FS名
R指定


特殊能力『八百荊 -UNLIMITED ROSE GARDEN-』

効果1:体力3ダメージ 40
効果対象:周囲1マス内1マス全員 x1.8
時間:一瞬 x1.0

効果2:精神1ダメージ 10
効果対象:周囲1マス内1マス全員 x1.8
時間:一瞬 x1.0

効果3:意味のないバステ[非処女]付与 1
効果対象:周囲1マス内1マス全員 x1.8
時間:永続 x2.0

消費制約:体力3消費 15
非消費制約:男性のみ x0.8
FS:15 x2.5

効果数値=(40*1.8*1.0+10*1.8*1.0+1*1.8*2.0)*0.8=74.88
発動率=(100-74.88+15)*2.5=100.3≒100%

発動率100% 成功率100%

能力原理

独自配合の香水や薬品を混ぜ合わせ爆弾を作り出し爆発を起こす。
爆発そのものには殺傷能力はないが、広まったバラに似た香りの化合物は媚薬のような効果を生み出し
一時的にその場を薔薇園(隠語)へと変化させ、男性達にアッー!な行動を取らせる。
その後我に返った男性達はいいようのない疲労とケツの痛みと心に傷を負い、術者も興奮しすぎで疲れる。

キャラクター説明

希望崎の姉妹校である、九州の導神学園の2年生の女子。
爆弾大好きフジ一族に生まれ、化学薬品の調合などの英才教育も受けたのだが
どこでどう間違ったか立派な腐女子に成長し、「爆弾よりも男同士の友情の方が熱い!」が持論。
今回の戦いには核爆発の影響を調べるという建前で多種多様な男子が多く生き残っているという希望崎にやってきたところ、
ちょうど男同士の闘争・友情が見られるということでなりゆきで参加することになった。