pub81寸評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

既存アーティファクトについて

PC作成アイテムの抵抗値が平均的に増加したことで回避低下メガネですら抵抗的には負担になりかねない状況
瞑想可プロパティが実質マイナス化してルンビ・フェイ脚あたりは視野から完全に消えるはず。
同様にヴァルキリーブロンズアーマーもPC製スタッドアーマーの実質完全劣化になりました。
(メイジ視点はまた別)

速度足は相変わらずのど安定、マナコスがつくようになってお得感アップ。
毒足もマナコスがついてお得になったがこちらは抵抗不足が露骨になったので他の装備と相談で、おそらく利用率は大幅に下るはず。

嵐小手・プリズムレンズは弱点を他でカバーできるようになって採用度が上がるかも。
両手NQ武器の強度が大幅に上昇するので武器ダメ100%装備の運用が気軽になる。

スタミナ減少

パワスクのように小ダメージが連続するような現場だと殆どスタミナが減らない。(ただし瞑想可装備は従前どおり)
あまりにスタミナが減らなすぎて不安になるくらいだった、ボス戦は未経験。

武器

両手武器強すぎワロタ修正しますねってならないといいな。
両手武器ならNQ品でも普通に使えるようになるので武器ダメ100%装備が大暴れ?
リーフ・三日月が下限ダメージが2も下がるのでメイン武器にしてる人は違和感あるかも。
他は全体的に上方修正か現状維持なので結果的に快適になるはず。

総評

全体的な強さが大きく底上げされそう、高価だった白豚装備が安価から手に入るようになりしかも今までより一回り強くなります。
なにより作成側の負担が大きく減る素材の抵抗分布になったので装備の入手性も向上するはず(作る側のモチベが上がれば)

中間層の速度20装備あたりも底上げの影響でマナコスが増えたり武器ダメ増しにしたりと使い勝手の向上やバリエーションの増加が見込めそう。

逆に上限は木防具が相変わらずなのでそこまで強くならない、ただし選択肢が増えたので多少の多様化は見られると思う。

素材の抵抗見直しがセンスありすぎというか仕様の理解とバランス感覚を持った人がやってるようで、
前強化における鍛冶の気軽さが遺憾なく発揮できる状況になると思います。