ヘブン・ガイド

Ver 1.2 カードNo 1-2-085
種類 インターセプト レアリティ UC
名称 ヘブン・ガイド
属性 CP 3
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、
対戦相手のフィールドにユニットが4体以上いる場合、
対戦相手の全てのユニットの行動権を消費する。

対戦相手がユニットを4体目以上のユニットを出した時、対戦相手の全ユニット全員の行動権を消費させる。
発動に成功すれば対戦相手は【無我の境地】持ち以外ではアタックできなくなる。
多くの場合、そのままターンを終了せざるをえないだろう。

アタックの足止めに使うのも有力だが、真価はユニットを並べてにらみ合いをしていた時。
ジャッジメント同様に大量のライフダメージを取ることができるだろう。
返ってきた自分ターンのCPでアタックするユニットを追加することすら可能。
名前通り相手を昇天させることができる。

これとジャッジメントを比較すると、
ジャッジメントは条件が緩いため発動しやすく安定して勝負に行ける代わりに、スカった時のリカバリーがしづらい。
ヘブン・ガイドは条件が厳しいため都合のいい発動機会が来ないリスクがあるが、発動に成功すればリターンが大きい。

ギャンブルとしては分がいい方のカードなので、【デッキオリジナリティポイント】が高いときは要注意。


無我の境地】持ちがいる場合は、厳しい条件を潜り抜けても十分なメリットが得られないので
発動を諦めて無限の魔法石の肥しなり、トリガーゾーンのお荷物なりにしたほうがいいだろう。
特に剣聖・武蔵は全【侍】ユニットに【無我の境地】をかけてくるので天敵と言える。