キーワード能力

キーワード能力は、カード能力の記述として多用されるものを短いキーワードとしてまとめたもの。

ルールをより明確にし、カードの記述スペースを節約することが出来るためカードゲームにおいてしばしば用いられる。
またキーワード能力はそれ単体で意味を持つため、他の効果から参照しやすくなる事が利点として挙げられる。

Ver 1.1以降、一部を除いてキーワード能力を持つユニットにはアイコンが表示されるようになった。
なお、このアイコンは5個までしか表示されない。何らかの理由により6つ目以降のアイコンがついた場合は1秒間隔でスクロール表示される。

Ver 1.3以降にキーワード能力は「ユニットがフィールドに出た(CIP)時に付与される」と定義された。普通にコストを払って場に出す場合は今までと変わらないが、特殊召喚で場に出たユニットはキーワード能力を得ないことになる。

キーワード能力は、テキスト上では原則的に【キーワード能力名】という形で書かれている。

キーワード能力一覧

追加Ver キーワード能力 効果
1.0 スピードムーブ ユニットがフィールドに出た時のアタック制限を解除する
1.0 不屈 自ターン終了時に行動権を回復する
1.0 貫通 アタックして勝利するとライフダメージを与える
1.1 無我の境地 対戦相手の効果で行動権を消費されない
1.1 固着 対戦相手の効果で手札に戻されない
1.1 加護 「ターゲット」をとる効果に選ばれない
1.1 次元干渉/コストN Nコスト以上のユニットにブロックされない
1.1EX1 呪縛 ターン開始時に行動権を回復しない
1.1EX2 不滅 ダメージを受けない
1.1EX2 王の治癒力 自身のBP未満のダメージを受けない
1.3 秩序の盾 対戦相手の効果でダメージを受けない
1.3 沈黙 効果が発動できない
1.3 強制防御 可能ならばブロックに選ぶ
1.3EX1 攻撃禁止 アタックできない
1.3EX2 防御禁止 ブロックできない
1.3EX2 破壊効果耐性 相手から効果で破壊されない
1.3EX2 消滅効果耐性 相手から効果で消滅されない
1.4 進化禁止 進化できない
1.4EX2 セレクトハック 対戦相手がユニットを選択する時、可能ならばこのユニットを選ばなければならない
2.0 狂戦士 ターンの開始時、強制的にアタックする
2.0 神託 1度だけ発動する効果「奇跡」を持つ

削除されたキーワード能力
1.2 腐敗 自分のターン終了時に基本BP-1000
Ver 1.3以降の腐敗はキーワード能力ではなくなりました。
正確にはVer 1.3EX1の鏡合わせの祈りの効果で特殊召喚できるようになった際に判明しました。


参考