次元干渉

次元干渉はVer.1.1から存在するキーワード能力である。

このユニットはコストN以上のユニットにブロックされない。

次元干渉/コストNは「このユニットがアタックした時、コストがN以上であるユニットによってはブロックされない。」を意味する。
テキスト上は「次元干渉」ではないが、バルキリークララ、レベル1の白夜刀のカンナといったブロックできない能力を持ったカードにも同じアイコンが表示されているので、これらの能力を持つカードも「次元干渉/コスト0」の能力を持ったカードとして取り扱う。
Ver1.3EX現在、キーワード能力として次元干渉が表記されているものは「次元干渉/コスト3」のみである。


高コストのユニットからブロックされないので、相対的に強いユニットにはブロックされづらく、優秀な回避能力として機能する。
そのため、相手のライフを削りやすく、またプレイヤーアタックで発動するアビリティとの相性が良い。

ただし、次元干渉を持つユニットのBPは低めに設定されていることが多く、ブロッカーに低コスト高BP系デッキには当然通しが利かないという部分もある(例をあげるならゴーレムなど)。