2次ロケテ情報

プレイ料金
「GP」制を採用しており、プレイ前に
100円で260GP
300円で780GP(2プレイ+デジタルカード2枚)
500円で1,300GP(3プレイ+デジタルカード5枚)
という3種類のいずれかを購入してプレイする。

プレイ方法
プレイにはAimeおよびおサイフケータイ対応の携帯電話が必要。
プレイ前にターミナル筐体にて初期登録(無料)を行なうと以下が設定される。
  • Aime登録
  • キャラクター選択
  • スターターセット(40枚)

注)初めはキャラクター7人のうち1人しか選べず、一定ランクが上がるごとに選択出来るキャラクターが増えていく

ロケテスト版メインメニュー
  • ゲームプレイ(ゲームモードの選択)
  • VIP(RPを消費して追加要素の購入と変更が出来るモード)
  • カスタマイズ(デッキの編集を行うモード)
  • デッキ確認
  • キャラクター選択
が選択できる。

ロケテスト版ゲームモード
  • チュートリアル(基本/応用 各100GP 初回のみデジタルカード各5枚)
  • 全国対戦(390GP)
  • 店内対戦(390GP)
  • CPU戦(300GP)
  • 模擬戦(毎秒1GP消費)
から選択。
プレイ中はGPの追加購入ができ、ゲームモード選択時にそれぞれGPが消費される。
メイン画面に入ったときに45秒のサービスタイムが与えられ、それを消費後は毎秒1GPを消費する。

ターミナル
  • カード購入
 100円で3枚、300円で8枚(3枚がR以上確定)の2種類のパックが購入できる。
 SRが出ると2ポイント、VRが出ると1ポイントが貰え、10ポイント貯まるととVR以上が1枚貰える
  • カードプレゼント
ターミナルにログインすると一日1回ログインボーナスが貰え、10回でR以上が1枚貰える。


ロケテ感想
  • 使用するデッキは40枚固定
  • デッキは最大3つ所持できる
  • カードの種類は『ユニット』『進化ユニット』『トリガー』『インターセプト』の4種類
  • ユニットカードはCP(コスト)やBP(パワー)がある、バトルの主役
  • 進化ユニットは同じ色のユニットに重ねる様に出すことが出来る、結構強力なユニット
  • トリガーやインターセプトは普通に使う事は出来ず、トリガーゾーンに一度セットしないと発動出来ない(トリガーゾーンは4枚まで)
  • トリガーカードは条件を満たした場合に自動発動するが、使用する際のCP(コスト)は不要
  • インターセプトカードは任意発動出来るが、使用の際にはCPを使う必要がある
  • バトル開始時に手札は4枚、配られた直後の5秒間なら何度でも引き直しが可能
  • 増えていくCPは1ターン目に2増えて、その後はターン経過毎に1ずつ増えて行き6ターン目には7増加する(増加上限は7)
  • 先攻のプレイヤーはドローが出来ず、攻撃も不可能。後攻のプレイヤーは1枚ドロー
  • 2ターン目から、ターン開始時に2枚引くことが出来る
  • 出した直後のユニットはすぐには行動出来ず、次のターンから可能(『スピードムーブ』を持つユニットはすぐに行動可能)
  • 攻撃対象に選べるのは『相手プレイヤー』のみ
  • プレイヤーを攻撃すると、1ポイントのライフへダメージが与えられる(ライフは7)
  • 攻撃は『未行動ユニット』でブロックが可能であり、ユニット同士でのバトルが発生
  • バトルはBPの大きいユニットが勝ち、負けたプレイヤーはユニットが破壊される
  • 攻撃ユニットが「貫通」を持っており、バトルに勝利した場合は相手に1ポイントのダメージ
  • 相手ユニットを倒すと『クロックアップ』が発生し、レベルが上がるとBPが上昇する
  • レベルが3になると『オーバークロック』が発生し、再行動が可能となる(レベルのリセットは無くなった)
  • 手札で同名カードを重ねてもクロックアップが可能で、手札でした場合は追加で1枚引く事が可能
  • 一定のゲージが溜まると『ジョーカーカード』が使用可能となり、プレイヤーカードに応じて奥義が発動します
  • 相手のライフを0にするか、10ターン後にライフの多い方が勝ち

各色の特徴 

赤 ・攻撃重視 攻撃時にBP(戦闘力)が増加したり、攻撃時に特殊能力が発生するものが多い
  ・火力   ユニットに対する直接ダメージを与えることについては色の中でもっとも得意
  ・トリガーゾーンにあるカード破壊 

緑 ・ユニット 各色のなかでコストあたりのサイズがもっとも高い
  ・BP修正  ユニットの能力を一時的に増加させたり、永続的なBP修正を加えることが得意
  ・不屈(ユニット能力) MTGでいうところの警戒 攻撃しても行動権がターン終了時に復活する ユニットの大きさとあわせて現状かなり厄介
  ・CP、手札増加 インターセプトかーど等でのCPの加速を得意とする 

黄 ・行動権  ユニットの行動権を無くしたり回復したり、行動権が無い事を条件とする各種カード
  ・手札に戻す  ユニットを手札に戻すことができる  
  ・ブロック重視のユニット? 

青 ・スーサイド 自分にぺナルティ(HP減少など)をかけて使うカードが多い
  ・墓地活用  ユニットがやられることで効果を発揮するカードや、墓地からカードを回収したりできる
  ・除去    ユニットをBP関係なく破壊するカードがある。(条件はユニットが破壊される等様々、無条件でで破壊できるカードは今のところ見当たらない)
  ・手札破壊  一応可能というレベル? 

豆知識
  • ユニットをトリガーゾーンにセットする事で、次に出す同じ色のユニットのCPを減らすことが可能
(セットするユニットのCPに関係性は無く、1枚でCPが1軽くなる。1枚しかセット出来ない)