【 ペイスト族 】
Mountain Peiste(モリマー台地)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 100% 切断 70% 振動 60% 収縮 100%
かつてクォン大陸の湿地帯に生息していたオオトカゲ。後頭部に有毒の棘を持ち、これを求めた獣人血盟軍によって乱獲され絶滅したが、
近年ウルブカ大陸の開拓が進んだ事で、モリマー台地に少数の個体が生存している事が確認された。生息地柄、水に強く、石化能力を有す事から土にも強い。
種族名はアイルランドに伝わる竜、または蛇の怪物から。

【 ペイスト族(シビルス)】
Ushumgal(北グスタベルグ [S])
被魔法ダメージ + 0% 魔防 122
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 50% 振動 40% 収縮 70%
『禁断の地アビセア』で追加された亜種。固有技の「オプレッシブグレア」を使用する。全個体がNMであり、耐性の傾向は原種と同じながらも数値が強化されている。
sibilus とは蛇が立てる摩擦音の意。転じてバジリスクの別名としても用いられる。

【 ペイスト族(橙)】
Maju(醴泉島)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 150
溶解 5% 炸裂 30% 衝撃 30% 貫通 30%
硬化 50% 切断 20% 振動 15% 収縮 30%
『ヴァナ・ディールの星唄』で追加された亜種。火属性に特化しており、固有技の「バックドラフト」を使用する。
醴泉島のギアスフェットNMであり、耐性は火を除けば原種と同じ傾向にあるが、数値が大幅に強化されている。
特殊技の「オプレッシブグレア」を使用すると眼球が点灯。オートリジェネの状態になり、更にヘイト上限が著しく下がる。
この状態は時間では解除されないが、状態異常の暗闇になると赤弱点が出て解除される。
連携ダメージを4回被弾する内に同じ連携があるとレベルアップする。このギミックは硬化→湾曲→収縮→重力のように4種類以上の連携を回す事で防げる。


【 ヘクトアイズ族 】
Hecteyes(アットワ地溝)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 130% 切断 130% 振動 130% 収縮 70%
無数の眼球を持つ軟体動物。ドロップアイテム「ヘクトアイズの眼」には実際に視力を持つ事が明言されているが、ゲームシステム上では聴覚感知のみを有す。
モデルと思われる妖怪「百目」には「眩しさを嫌って日中は野外を出歩かない」という設定があり、それにならってか主にダンジョンに生息しており、闇に強い。


【 ベヒーモス族 】
Behemoth(ベヒーモスの縄張り)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
2本の発達した角を持つ食肉獣。恐獣の異名を持つ。主にクフィム島に生息するが、水晶大戦時にはブンカール浦にも生息していた事が確認されている。
クフィム島やブンカール浦は雷雨が多く、そのエネルギーを取り込んだのか特殊技「サンダーボルト」を使用するが、特に雷属性に特化しているわけではなく、平坦な耐性を持つ。

【 ベヒーモス族(エラスモス)】
Hadhayosh(アビセア-ラテーヌ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 190
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
『禁断の地アビセア』で追加された亜種。固有技の「アムネジクブラスト」「エクリプスメテオ」「アカースドアーマー」を使用する。亜種名は絶滅したサイの一種エラスモテリウムから。

【 ベヒーモス族(スコーモス)】
Snorting Skormoth(ラ・カザナル宮〔U〕)
被魔法ダメージ + 50%(雄叫び後 + 125%) 魔防 80
溶解 10% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 85%
硬化 85% 切断 85% 振動 130% 収縮 85%
スカーム-ラ・カザナル宮外郭〔U〕で追加された亜種。火属性に特化しており、火に強く水に弱い。
同スカーム内に配置された独特のギミックを持つNM達の一体であり、フェトフルトルソのIV以上を使用した時のみ出現する。
魔法ダメージが多めに入るようになっており、雄叫び使用後は更に数字が跳ね上がるというギミックがある。この状態は雄叫びをディスペルしても消えず、約20秒間持続する。
亜種名は恐らく scorch(焼き焦がす)と behemoth を組み合わせた造語だと思われる。

Urmahlullu(エスカ-ジ・タ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 110
溶解 20% 炸裂 25% 衝撃 5% 貫通 25%
硬化 25% 切断 60% 振動 15% 収縮 20%
ギアスフェットNMの一体。サンダーVI、サンダガV、バーストII、ショックといった雷属性の精霊魔法を多用し、それに伴って雷に強く、土に弱くなるよう耐性が変更されている。
土以外の属性はほぼ通らないが、特殊技の「フレイムアーマー」か「雄叫び」を使用すると、各耐性値が一定時間ランダムに下がるというギミックがある。
衝撃 60% になったり、 貫通 130% になったりする。)その際、魔防や被魔法ダメージ量は変動しない。


【 ペミデ族 】
Om'hpemde(アル・タユ)
被魔法ダメージ + 0%(開口時 + 100%) 魔防 100
溶解 100% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 85%
硬化 130% 切断 130% 振動 130% 収縮 115%
異次元世界ルモリアを遊泳する硬骨魚。シュ・メーヨ海の魚類が時空点転移を経て変化した姿だと思われる。
空中に浮遊しているタイプと、水面下に潜伏している2タイプが存在し、どちらもPCを感知すると追いかけてくる。
その際攻撃はしてこず、更にPCから敵対行動を取られてもそれがダメージを伴わないものであれば戦闘状態に入らないという特徴がある。
また戦闘中は時間の経過で口を開閉するギミックがあり、開いている間は与ダメージと被ダメージが2倍になる。ルモリアの光を取り込んだのか若干の耐光を有す。


【 ベラドンナ族 】
Morta(エジワ蘿洞)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 160
溶解 100% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 50%
硬化 70% 切断 25% 振動 30% 収縮 30%
女性の上半身を模した器官を持つ有毒の移動性植物。通常攻撃が特殊技扱いであり、単体、前方範囲、敵中心範囲の3種類が存在する。
光合成の観点から土水光に強く、植物共通の弱点として火に弱い。また闇にも強いが、これは種族名が西欧産の日陰を好む毒草 bella-donna(美しい女性の意)から取られているためだと思われる。

【 ベラドンナ族(白)】
Vir'ava(エスカ-ル・オン)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 110
溶解 115% 炸裂 70% 衝撃 30% 貫通 50%
硬化 50% 切断 15% 振動 20% 収縮 30%
『ヴァナ・ディールの星唄』で追加された亜種。インパクト、コメット、アドル、スロウガ、ポイゾガIIを詠唱する。
初回の特殊技がフロンドファタールに固定されており、発動と共にラフレシア族の Vir'ava's Rafflesia を7体呼び出す(原種5体、亜種2体)。
ラフレシア族は通常攻撃とブラッディカレスのみを使用し、倒されてもフロンドファタールの再発動で補充される(亜種のみ毒スフィアを展開している)。
Vir'ava は特殊技のリーチングヴァインで付近のラフレシア族を捕食する事ができ、原種を捕食した場合はレベルアップし、特殊技の選択肢にビューティフルデスが加わる。
一方、亜種を捕食した場合は青弱点が出てフロンドファタールが特殊技の選択肢から外れ、回避率がダウンする。
HP約30%で一度だけビューティフルデスを使用し、以降詠唱魔法の選択肢にメテオとブレクガが追加される。
原種と比べると依然として火に弱いが、氷雷に対する耐性が上がっている。


【 ポークシー族 】
Eschan Porxie(エスカ-ル・オン)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 114
溶解 70% 炸裂 40% 衝撃 70% 貫通 50%
硬化 70% 切断 115% 振動 70% 収縮 85%
エスカに生息する豚の妖精。当初は通常モンスターの討伐後に抽選で出現するレアモンスターという扱いだったが、のちに醴泉島に通常配置された。
多くの飛行生物と同様、風に強いが、その一方で土に弱い。オリジナルモンスターではなく、プーク族のテクスチャを張り替えたモンスターである。
種族名は pork(豚肉)と pixie(妖精)の合成語だと思われる。


【 ボム族 】
Kaboom(ガルレージュ要塞)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 50% 衝撃 50% 貫通 50%
硬化 50% 切断 50% 振動 50% 収縮 50%
主に火山帯に生息するガス生命体。火山以外のエリアでは濃霧になると出現するが、これはガスゆえに霧に乗じて火山から遠方まで流されてきているのだと思われる。
FFシリーズの常連種族であり、ガス生命体として描かれる作品では引火の観点から火弱点が設定されるが、火の精として描かれる作品では火が効かない事が多い。

【 ボム族(スノール)】
Hailstone(カミール山麓)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 85%
硬化 60% 切断 85% 振動 85% 収縮 85%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。氷属性に特化しており氷に強く火に弱いが、全体的に原種よりも数値が弱体化されており、レジスト保障が一切なくなっている。

【 ボム族(ジン)】
Ignis Djinn(ブンカール浦 [S])
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 60% 炸裂 60% 衝撃 60% 貫通 85%
硬化 60% 切断 60% 振動 60% 収縮 40%
『アルタナの神兵』で追加された亜種。闇属性に特化しており闇に強く光に弱い。
自爆技の「闇炎爆」は普段使用せず、魔法ダメージを受ける事で初めて技の選択肢に入るようになっている。また独自のギミックとして曜日と同属性の被魔法ダメージによる得TPが1000になっている。

【 ボム族(クラスター)】
Nitro Cluster(リヴェーヌ岩塊群サイトB01)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 60% 衝撃 60% 貫通 60%
硬化 60% 切断 60% 振動 60% 収縮 60%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。3匹からなる編隊を組んでおり、自爆する度に1体ずつ消滅してゆくというグラフィック的なギミックがある。
耐性の傾向は原種と同じだが、スノールと同じく全体的に数値が弱体化され、50%というレジスト保障を逸しているために、あらゆる属性でフルヒットを狙う事ができる。

【 ボム族(クラスター 赤)】
Sweeping Cluster(ゼオルム火山)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 60% 衝撃 60% 貫通 60%
硬化 60% 切断 60% 振動 60% 収縮 60%
『アトルガンの秘宝』で追加された亜種。カラーリング以外に差異はない。


【 ポロッゴ族 】
Poroggo(マムーク)
被魔法ダメージ + 0% 魔防
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 30%
硬化 70% 切断 85% 振動 20% 収縮 100%
およそ500年前に反戦活動家サマリリが作り出したカエル型の獣人。サマリリは水の区にて踏み潰されていたカエルを哀れみ知恵と魔法を授けたが、
それによって聖都がパニックに陥ったため、カエルは数日のうちに連邦軍によって駆除され、サマリリは記録抹消刑に処された。
現在では駆除を生き延びた少数の個体がトライマライ水路やマムークで暮らしている。水棲生物ゆえに水に強く雷に弱い。
また雨乞いならぬ「天乞い」という特殊技を使用し、それによって暁の女神の加護を得ているのか光にも強い。

【 ポロッゴ族(赤)】
Ariri Samariri(ハザルム試験場 BF「ヘルムヴィーゲの間」)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 150
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 85% 貫通 20%
硬化 50% 切断 60% 振動 5% 収縮 70%
「ナイズル島踏査指令」で追加された亜種。NM専用の亜種であり、耐性の傾向は原種と同じながらも数値が強化されている。

【 ポロッゴ族(青)】
Brekekekex(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 150
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 85% 貫通 20%
硬化 50% 切断 60% 振動 5% 収縮 70%
ヴォイドウォッチ(ルート:アトルガン)で追加された亜種。固有技の「ユサーピングセプター」を使用する。