【 エフト族 】
Tundra Eft(モリマー台地)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 70% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 130% 切断 70% 振動 70% 収縮 115%
『プロマシアの呪縛』で実装されたリザード類。変温動物ゆえに氷に弱い。
eft とは「イモリの幼生」の意で、水に耐性があるのはイモリのキャラクター性を持たせたためだと思われる。
また同時にハシリトカゲとしてのキャラクター性も持たせているため(BF「風と共に」のエフト族 Race Runner はハシリトカゲの意)、その風を切るイメージから風と土にも強い。

【 エフト族(タリチャック)】
Bellicose Tarichuk(エヌティエル水林)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 70% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 130% 切断 70% 振動 70% 収縮 115%
ミーブルバローズで追加された亜種。その毒々しい外見通り「タリチャトクシン」なる解毒不可能な猛毒技を使用する。
耐性は原種と同じである。名前はカリフォルニアイモリ属の学名 Taricha から。

【 エルヴァーン族 】
Hades(ラ・カザナル宮天守 BF「天守に座すモノ」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 122
溶解 60% 炸裂 30% 衝撃 60% 貫通 60%
硬化 15% 切断 20% 振動 30% 収縮 5%
太古の時代に研鑽を積み、生命の輪廻から外れる事に成功したエルヴァーン。冥王を僭称し、ヴァナ・ディールの全生命体を抹殺する事で「救済」しようと企んでいる。
概ね闇連携系に強く、光連携系に弱い。

Hades(ラ・カザナル宮天守 BF「神の化身」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 142
溶解 60% 炸裂 30% 衝撃 60% 貫通 60%
硬化 15% 切断 20% 振動 30% 収縮 5%
瀕死の重傷を負ったハデスがタルタロスの力を借りて変異した姿。ハデスとしての人格はほぼ失われ、プロマシアに意識を支配されつつある。
戦闘開始から120秒後に「インセサントヴォイド」を使用して魔法バリアを発動させる。効果時間中はイヤリングが点灯する。
特殊技の構え及び発動中に物理ダメージのクリティカルを被弾すると青弱点が出てバリアが消滅する(トゥルーストライクや重い一撃などが確実)。
バリア消滅から120秒が経過すると再びインセサントヴォイドを使用する。
残りHP半ばで「テネブラスグリップ」を使用して赤色の羽を展開する。
羽展開から90秒後にインセサントヴォイドを使用して魔法バリアを発動し、バリアが解除されないまま更に90秒が経過すると「ベインオブタルタロス」を使用してバリアを消失させる。
バリア消失から90秒が経過すると再びインセサントヴォイドを使用する。

Prishe(ナイズル島 BF「ヒロインズタワー」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 160
溶解 85% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 85%
硬化 85% 切断 85% 振動 85% 収縮 85%
タブナジア侯国出身の神学生。人類をプロマシアに回帰させる指導者「世界の終わりに来る者」として生まれたが、
30年前に暁の瞳を照射されて体内の虚ろなる闇を失い、世界の終わりに来る者でなくなると同時に、肉体の老化が10代で止まってしまった。
ホーリー、バニシュIII、バニシュガIIIを詠唱し、女神の祝福と百烈拳をそれぞれ1回ずつ使用する。
特殊技は中盤まで「羅刹七星拳」と「崑崙八象脚」の2つのみを使用。HP20%で専用の台詞と共に「羅刹七星拳」→「崑崙八象脚」→「ナックルサンドイッチ」の連続技を繰り出し、
以降特殊技の選択肢にナックルサンドイッチが加わる。

【 エレメンタル族(火)】
Fire Elemental(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 5% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 5% 切断 100% 振動 150% 収縮 100%
ヴァナ・ディールにあまねく存在する元素が集合し具現化した精霊。火の精霊は天候が熱波・灼熱波になると出現する。
被物理ダメージ-75%を有す。自身が体現する属性、およびそれに対して劣位にある属性に強く、逆に優位にある属性に弱い。

【 エレメンタル族(氷)】
Ice Elemental(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 5% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 5% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
氷の精霊。天候が雪・吹雪になると出現する。

【 エレメンタル族(風)】
Wind Elemental(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 5% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 150% 切断 5% 振動 100% 収縮 100%
風の精霊。天候が風・暴風になると出現する。

【 エレメンタル族(土)】
Earth Elemental(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 150% 衝撃 5% 貫通 100%
硬化 100% 切断 5% 振動 100% 収縮 100%
土の精霊。天候が砂塵・砂嵐になると出現する。

【 エレメンタル族(雷)】
Thunder Elemental(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 5% 貫通 100%
硬化 100% 切断 150% 振動 5% 収縮 100%
雷の精霊。天候が雷・雷雨になると出現する。

【 エレメンタル族(水)】
Water Elemental(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 5% 炸裂 100% 衝撃 150% 貫通 100%
硬化 100% 切断 100% 振動 5% 収縮 100%
水の精霊。天候が雨・スコールになると出現する。

【 エレメンタル族(光)】
Light Elemental(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 5%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 150%
光の精霊。天候がオーロラ・神光になると出現する。

【 エレメンタル族(闇)】
Dark Elemental(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 150%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 5%
闇の精霊。天候が妖霧・闇になると出現する。

【 エレメンタル族(ベイルフィア)】
Baelfyr(アビセア-アルテパ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 5% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 5%
硬化 85% 切断 85% 振動 150% 収縮 150%
『アビセアの覇者』で追加された亜種。火と光の複合タイプ。
体現する属性に強く、それに対して優位にある属性に弱い。原種にあった「体現する属性に対して劣位にある属性にも強い」という特性は失われた。
アドゥリンエリアの天候変化時にはこの複合タイプのみが出現し、ケイザック古戦場とヤッセの狩場が熱波になると現れる。

【 エレメンタル族(ゲフィルスト)】
Treefrost Gefyrst(エヌティエル水林)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 85% 衝撃 150% 貫通 85%
硬化 5% 切断 85% 振動 5% 収縮 85%
氷と水の複合タイプ。モリマー台地の雪やエヌティエル水林の雨で出現する。

【 エレメンタル族(ウンゲウェダ)】
Crackling Ungeweder(マリアミ渓谷)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 85% 炸裂 5% 衝撃 5% 貫通 85%
硬化 150% 切断 150% 振動 85% 収縮 85%
風と雷の複合タイプ。ケイザック古戦場の風やマリアミ渓谷の雷で出現する。

【 エレメンタル族(ビルゲン)】
Byrgen(アビセア-アルテパ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 85% 炸裂 150% 衝撃 85% 貫通 150%
硬化 85% 切断 5% 振動 85% 収縮 5%
土と闇の複合タイプ。ヨルシア森林の砂塵やラ・カザナル宮外郭の妖霧で出現する。

【 オーク族(白兵装備)】
Orcish Dreadnought(修道窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 100% 切断 130% 振動 150% 収縮 130%
ラゾア大陸に帝国を築く豚型の獣人。世界制覇を掲げてクォン大陸への侵略を繰り返していたが、30年前に闇の王の軍勢に敗れて恭順を誓わされ、獣人血盟軍に加わった。
戦ナ暗竜の4タイプがおり、人間の毛髪と革を使用した兜をトレードマークとしている。火と氷に強く、水に弱い。

【 オーク族(遠征装備)】
Orcish Champion(ダボイ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 100% 切断 130% 振動 150% 収縮 130%
モ狩タイプが身に着ける軽装。

【 オーク族(祈祷装備)】
Orcish Hexspinner(修道窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 100% 切断 130% 振動 150% 収縮 130%
黒タイプが身に着ける軽装。何よりも腕力を信奉するオーク族は魔法を「肉体的に劣る者が使う技」として蔑視しているため、魔道士は総じて恥じ入り顔を隠している。

【 オーク族(黄金マスク)】
Orcish Overlord(修道窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 100% 切断 130% 振動 150% 収縮 130%
大将や皇太子のみ被る事が許される純金製のマスク。

Overlord Bakgodek(修道窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 50% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 50% 切断 100% 振動 130% 収縮 100%
クォン大陸方面軍の最高責任者。水晶大戦時は先任者ゲラドホッドの元で野豺軍団を率いていた。
影武者である Orcish Overlord に比べて耐性値が強化されており、特に火氷に至ってはレジスト保障を獲得するまでになっている。

【 オーク族(遠征装備〔デュナミス〕)】
Vanguard Pillager(デュナミス-バルクルム)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 85% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 85% 切断 115% 振動 130% 収縮 115%
水晶大戦時に用いられた藍色の戦化粧。ケルト人のゲリラ兵「ウォードレイダー」を参考にしたものだと思われる。

【 オーク族(祈祷装備〔デュナミス〕)】
Orcish Bugler(デュナミス-バルクルム)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 85% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 85% 切断 115% 振動 130% 収縮 115%
水晶大戦時に見られた独特なデザインの覆面。

Ashmaker Gotblut(ラヴォール村〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 50% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 50% 切断 70% 振動 100% 収縮 70%
「灰塵のゴットブルット」の異名を持つ黒魔道士。ラヴォール村の抽選NMであり、耐性値が強化されている。

【 オーク族(甲冑〔S〕)】
Orcish Dreadnought(ラヴォール村〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 70% 切断 100% 振動 130% 収縮 100%
水晶大戦時にゴブリン族の職人が仕立てた鋼鉄製の甲冑。革は人間のものではなく牛革を使用している。一式は近衛兵クラスのみに与えられ、下士官は兜や腕甲のみというケースが散見された。

【 オーク族(飾り付き甲冑〔S〕)】
One-eyed Gwajboj(ラヴォール村〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 150
溶解 50% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 50% 切断 70% 振動 100% 収縮 70%
指揮官専用の髪飾りが付いたタイプ。当初 One-eyed Gwajboj の専用グラフィックだったが、のちに Kingslayer Doggvdegg にも流用された。

【 オーク族(革マスク〔S〕)】
Orcish Strongarm(東ロンフォール〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 130
溶解 50% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 50% 切断 70% 振動 100% 収縮 70%
モンクタイプのマスクマン。固有技「トルネードエッジ」を使用する。
目下カンパニエバトル中にベルフリーから呼び出される Orcish Strongarm の専用グラフィックとなっている。

【 オーク族(黒太子〔S〕)】
Darkheir Grradhod(ラヴォール村〔S〕 BF「黒太子討伐」)
被魔法ダメージ + 0~50% 魔防 110
溶解 50% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 50% 切断 70% 振動 85% 収縮 70%
水晶大戦時のオーク帝国皇太子にしてクォン大陸方面軍最高司令官ゲラドホッド。黒太子の異名を持つ。
カウンタースタンス使用後に被魔法ダメージ+50%の状態になり、その数値が時間で徐々に減衰するというギミックがある。

【 オークの戦闘機械 】
Orcish Stonelauncher(ミザレオ海岸)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 50%
硬化 130% 切断 130% 振動 130% 収縮 50%
闇の血族が建造した攻城兵器シージ・ターレットをジャギッドボッドが模造したもの。性能は大幅に劣り、実質的には火矢と水鉄砲を内蔵しただけの甲冑である。
木製ゆえに火に弱く、外板による遮蔽効果か光と闇に強くなっている。

【 オークの戦闘機械(スカッグノッグ〔S〕)】
Cogtooth Skagnogg(ラヴォール村〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 170
溶解 115% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 40%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 40%
スカッグノッグ専用の戦闘機械。Cogtooth Skagnogg の専用グラフィックとなっている。
耐性の傾向は原種と同じだがNMゆえに数値が強化されている。固有技の「スキャッターシェル」「スティッキーグレネード」「ティアグレネード」を使用する。

【 大羊族 】
Fluffy Sheep(ケイザック古戦場)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 130% 衝撃 150% 貫通 130%
硬化 100% 切断 130% 振動 150% 収縮 130%
東ウルブカ原産の反芻動物。タブナジア侯国経由でクォン大陸に輸入され、毛皮やミルクを目的に家畜化されたが、
サンドリア王国が狩猟目的でロンフォールに放った個体が野生化し、生息地を広げている。
3国周辺に配置されたモンスターは殆どの属性に弱い傾向があり、大羊族はその典型と言える。しかし分厚い毛皮を有しているためか、唯一氷にだけは強い。

【 大羊族(カラクール)】
Wild Karakul(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 115%
硬化 85% 切断 85% 振動 130% 収縮 115%
『アトルガンの秘宝』で追加された亜種。主にアラパゴ諸島に生息し、固有技の「小咆哮」を使用する。
チゴー族に寄生されており、特殊技を使用するたびにチゴー族が1体出現するというギミックがある(最大5体まで)。
またアビリティ「ぬすむ」でレッサーチゴーを盗むことができ、その後は気性が大人しくなるのか攻撃間隔が伸びる。亜種名はウズベキスタン原産の羊の品種から。

【 大羊族(ルセーユ)】
Bedraggled Lucerewe(カミール山麓)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 122
溶解 130% 炸裂 130% 衝撃 115% 貫通 130%
硬化 85% 切断 130% 振動 130% 収縮 130%
『アドゥリンの魔境』で追加された亜種。主にカミール山麓に生息し、固有技の「デイズディスコード」を使用する。
肉には独特の臭味があり、英語テキストでは「ずぶ濡れのミスラのよう」とまるで濡れた犬の悪臭を思わせるような解説がなされている。
亜種名はラテン語・イタリア語で輝くを意味する lucere と雌羊を意味する ewe を組み合わせた造語だと思われる。

【 大羊族(雄羊)】
Tavnazian Ram(ルフェーゼ野)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 115%
硬化 85% 切断 115% 振動 130% 収縮 115%
大羊族の雄。雌よりも巨大で角が発達している。
当初はラテーヌ高原とコンシュタット高地にそれぞれ2体ずつ配置され、フィールドモンスターにもかかわらず10分POPという特殊な存在だったが、
『プロマシアの呪縛』以降、各地に配置された通常個体は慣例通り5分POPとなった。数値が若干強化されているものの、耐性の傾向は雌と同じである。

Mosshorn(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 100%
硬化 70% 切断 70% 振動 115% 収縮 100%
カダーバの通常個体。耐性はカラクールに倣っており、チゴーのギミックも持っている。

【 大羊族(オヴィム)】
Shaggy Ovim(エリア)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 100% 貫通 115%
硬化 70% 切断 115% 振動 130% 収縮 115%
『アドゥリンの魔境』で追加された亜種。固有技の「スチームレイジ」を使用する。
亜種名はヒツジ属を意味する ovis と力強さを意味する vim を組み合わせた造語だと思われる。

【 オポオポ族 】
Cheeky Opo-opo(ヨルシア森林)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 115% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 150% 切断 100% 振動 130% 収縮 130%
主にエルシモ島に生息する猿。体長の半分以上を占める長い尾を持ち、果実のパママを好む。のちにダングルフの涸れ谷やヨルシア森林にも通常配置された。
熱帯に暮らすキツネザルをモデルにしていると思われ、それゆえ氷に弱い。特殊技の「ブランクゲイズ」「ベイカントゲイズ」もキツネザルの凝視を取り入れたものだと思われる。

【 オロボン族 】
Deathmaw Orobon(ケイザック古戦場)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 85% 切断 115% 振動 30% 収縮 60%
普段は海底に潜伏している深海魚。当初は全個体がNMだったが、のちにケイザック古戦場やエヌティエル水林に通常配置された。
『アトルガンの秘宝』で大量に追加された部位破壊が可能なモンスターの一種で、通常攻撃のクリティカル、WS、ダメージを伴うアビリティで発光器を破壊すると
特殊技「ヒプニックランプ」を使用しなくなり、戦利品として「オロボンのランプ」を100%ドロップするようになる。
多くのアクアン類がそうであるように雷に弱く水に強いが、深海魚という観点から闇に強く光に弱くもなっている。種族名は『北方民族文化誌』や『怪物と驚異』に記された怪魚から。

【 オロボン族(オーガーボン)】
Cirein-croin(アビセア-ミザレオ)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 150
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 70% 切断 100% 振動 25% 収縮 50%
『アビセアの死闘』で追加された亜種。肥大化した発光器を用いた魅了技「メイヘムランターン」を使用する。発光器を破壊すると技が封印される点は原種と同様。
亜種名は人食い鬼 ogre と orobon を組み合わせた造語だと思われる。