【 マーリド族 】
Marid(バフラウ段丘)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 115% 切断 70% 振動 100% 収縮 115%
近東の樹林に生息する草食動物。長大な鼻と発達した門歯が特徴。気性が荒く、アトルガン皇国では軍用獣として飼育されている。
『アトルガンの秘宝』で大量に追加された部位破壊が可能なモンスターの一種で、通常攻撃のクリティカル、WS、ダメージを伴うアビリティで象牙を破壊すると、
攻撃力の低下に加えて特殊技の「牙門」を使用しなくなり、破壊した本数に応じてマーリドの牙を100%ドロップするようになる。
また特殊技使用時にチゴー族を1体出現させる(最大5体まで)。更にレッサーチゴーを盗む事ができ、盗むと気性が大人しくなるのか攻撃間隔が延びる。
移動速度が遅く、その鈍重で地を這うイメージからか土に耐性を有す。


【 マジックポット族 】
Sprinkler(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 112
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
ジラートが開発したサーメット製の機械兵。ジラートやクリューの遺跡内には必ずと言ってよいほど配備されており、ジラート文明が崩壊した現在でも稼動を続けている。
有事には精霊魔法で応戦するが、平時はダストバスター、スチームクリーナー、スプリンクラーなどの環境メンテナンス機器として稼動している。
強力な耐魔機構が組み込まれており、高い魔法カットを有するだけでなく「スペクトルバリア」なる魔法バリアまでも使用する。
またドール族にはあった弱点の雷も克服しており、8属性に対して満遍なく耐性を持つが、その一方で物理攻撃の打格に弱いという弱点がある。

【 マジックポット族(灰)】
Magic Millstone(ソ・ジヤ)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 112
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。ソ・ジヤ様式の意匠であり、カラーリングが変更されている。固有技はなく、耐性上の違いもない。


【 マスイル族 】
Ashrakk(ヨルシア森林〔U〕 BF「世界樹の導き」)
被魔法ダメージ + 0%(風雷吸収モードあり) 魔防 120
溶解 50% 炸裂 20% 衝撃 20% 貫通 70%
硬化 85% 切断 70% 振動 70% 収縮 5%
タルタロス出身のエレメンタル。三魔君の一柱「怪霊君」の称号を持つ。
かつてオーグストの仲間に討ち取られたが、今際の際に「呪い」と称してヨルシア森林にナム・ブロッサムをばら撒いた。
定期的に右手に風をまとい風吸収モードになる。特殊技の「シュリーキングゲイル」を使用するとモードは解除される。
同様に定期的に左手に雷をまとい雷吸収モードになる。特殊技の「アンジュレティングショックウェーブ」を使用するとモードは解除される。闇に強く氷に弱い。


【 マタマタ族 】
Sinewy Matamata(モリマー台地)
被魔法ダメージ + 0%(火水0.75倍 氷風土雷光闇1.5倍) 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 70% 貫通 100%
硬化 70% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
東ウルブカの温水地帯に生息する陸亀。熱湯を体内に取り込みブレスとして吐く事ができる。
通常攻撃が特殊技扱いになっており、単体、前方範囲(スタン)、自身中心範囲(ノックバック)の3種類が存在する。
『アドゥリンの魔境』で多数追加された特定の精霊ダメージがn倍になるモンスターの一種。耐性上は氷雷に若干強いのみで、突出した弱点はない。種族名は南米に実在する亀から。


【 マムージャ族(フビゴ族)】
Mamool Ja Bounder(マムーク)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 70% 衝撃 115% 貫通 100%
硬化 130% 切断 100% 振動 100% 収縮 115%
マザカラ半島に4つの種族から成る共和制国家を築いていたトカゲ型の獣人。
長らくアトルガン皇国に朝貢を続けていたが、グルージャジャによって独裁国家へと作り変えられ皇国に反旗を翻した。
フビゴ族は戦士階級と呼ばれ、シ忍青の3つのジョブタイプが存在する。爬虫類ゆえに氷に弱いが、季節風が多いマザカラ半島の風土上、風には強い。

【 マムージャ族(ブネワ族)】
Mamool Ja Savant(マムーク)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 116
溶解 100% 炸裂 70% 衝撃 115% 貫通 100%
硬化 130% 切断 100% 振動 100% 収縮 115%
賢士階級と呼ばれる後方支援に特化した種族。ジョブタイプは白と黒の2タイプがおり、白は弱点を補うためにバブリザラを詠唱する。

【 マムージャ族(ドプロ族)】
Lancelord Gaheel Ja(翡翠病 BF「★少女の傀儡」)
被魔法ダメージ + 50~125% 魔防 150(とてもやさしい)・180(やさしい)・280(ふつう)・350(むずかしい)・400(とてもむずかしい)
溶解 60% 炸裂 50% 衝撃 60% 貫通 85%
硬化 115% 切断 40% 振動 85% 収縮 100%
騎士階級と呼ばれる乗竜術に優れた種族。ジョブタイプはナのみだが、投槍による遠隔攻撃も行う。
一族の長であるガヒージャはミッションBF「少女の傀儡」に登場し、後に上位BFで再登場を果たした(上記の数値は上位BF版のもの)。
上位BFのモンスターには軒並み高い魔防が設定されているが、ガヒージャには被魔法ダメージ+50が追加されているため、魔法ダメージが通り易くなっている。
更に「ファイアアンゴン」「ブレージングアンゴン」「バーニングメモリーズ」のいずれかを2回使用すると、
次にそれらを使用するまでの間、被魔法ダメージ+が125%にまで跳ね上がるというギミックがある。ウィヴル族の耐性を取り入れており、土に強くなっている。

Firedance Magmaal Ja(マムーク)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 120
溶解 無効 炸裂 50% 衝撃 60% 貫通 85%
硬化 115% 切断 40% 振動 85% 収縮 100%
マムークの抽選NM。解除不可能なエンファイアとブレイズスパイクを持ち、更に火ダメージを無効化する。

【 マムージャ族(ゴトージャ)】
Gotoh Zha the Redolent(ワジャーム樹林)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 148
溶解 85% 炸裂 50% 衝撃 100% 貫通 85%
硬化 115% 切断 85% 振動 85% 収縮 100%
花鳥風月で追加された亜種。ブネワ族だと思われるが、異なる体色に加えて、マムージャの一般的な命名法則では ja とすべき所が zha になっているなど差異が見られる。

【 マムージャ族(グルージャジャ)】
Gulool Ja Ja(マムーク)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 200
溶解 50% 炸裂 15% 衝撃 50% 貫通 50%
硬化 70% 切断 15% 振動 50% 収縮 50%
マムークの独裁者。近年になって突如出現し、瞬く間にマムークを制圧、独裁国家へと作り変えた。その正体はハザルム試験場で作られたフビゴ族とブネワ族の合成獣だと思われる。
耐性は通常のマムージャと一線を画しており、氷以外の属性が殆ど通用しない。

Stealthlord Haraal Ja(ナイズル島)
被魔法ダメージ + 25% 魔防 100 被斬ダメージ - 50%
溶解 50% 炸裂 15% 衝撃 50% 貫通 50%
硬化 70% 切断 15% 振動 50% 収縮 50%
アサルト「ナイズル島未開領域踏査指令」に登場する個体。20・40・60ブロックに配置されたヘッドであり、ラミア・トロール・マムージャの中からの抽選となっている。


【 マロリス族 】
Asperous Marolith(シルダス洞窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 150% 貫通 70%
硬化 70% 切断 60% 振動 70% 収縮 70%
紫水晶を核とした岩塊群が浮かび上がって人型を形成している魔法生物。ミーブル・バローズ(ソロムグ原野の地下洞窟)で実装された。
普段は地面に崩れ落ちているタイプと、常に人型で歩行しているタイプに分かれ、前者は聴覚感知、後者は魔法感知で襲ってくる。
岩の生物であるため土に強いが、電気が岩塊間の連結を阻害するのか雷に弱い。

Impervious Marolith(ラ・カザナル宮外郭〔U〕)
被魔法ダメージ + 0%(弱体1つにつき + 20%) 魔防 90
溶解 50% 炸裂 60% 衝撃 130% 貫通 30%
硬化 50% 切断 20% 振動 50% 収縮 130%
スカーム-ラ・カザナル宮外郭〔U〕に配置された独特のギミックを持つNM達の一体。
弱体を1つ入れる度に被魔法ダメージが20%増し、掛かっている弱体が切れるとその分の被魔法ダメージ+が解除される。
またNMのTPが1000以上溜まっている時にPCがWSを撃つと、ターゲット不可能な状態となって崩れ落ち、数秒後に起き上がって脱衣技「テクトニックシフト」を使用する。

【 マロリス族(ミルリス)】
Silagilith(ゴユの空洞)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 130
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 130% 貫通 30%
硬化 50% 切断 50% 振動 50% 収縮 130%
原種と同時期に実装された亜種。中級のボスという位置付けであり、苔生した外見が特徴。
原種と比べて光に強く闇に弱くなっているが、これはグゥーブー族と同じで苔生したためにプラントイド的な性質を得たからだと思われる。


【 マンティコア族 】
Valley Manticore(慟哭の谷)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 130% 切断 130% 振動 150% 収縮 100%
主に砂漠地帯に生息する有翼獅子。生息地柄、火と風に強いが、その反面水に弱い。種族名はインドに伝わる人面獅子から。

【 マンティコア族(伝説のマンティコア族)】
Kirin(ル・アビタウ神殿)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 50% 炸裂 130% 衝撃 10% 貫通 50%
硬化 50% 切断 10% 振動 50% 収縮 50%
トゥー・リアに存在するNM群の頂点に立つ Kirin として追加された亜種。土属性に特化しており、土雷に強く風に弱い。


【 マンティス族 】
Frenzied Mantis(ケイザック古戦場)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 50% 衝撃 100% 貫通 70%
硬化 115% 切断 50% 振動 130% 収縮 70%
鎌状に発達した前肢を持つ肉食性の節足動物。ヴォイドウォッチ(ルート:ジュノ)で実装され、のちにケイザック古戦場に通常配置された。
NMは前方即死技「デスプロフェット(死の予言の意)」を使用するが、これはカマキリの姿が古来より予言者や祈祷師を連想させた事に由来する。
変温動物ゆえに氷に弱いが、それより更に水に弱い。そちらはカマキリに寄生して水場に飛び込ませるハリガネムシの生態に由来するものだと思われる。

【 マンティス族(赤)】
Burning Mantis(ヤッセの狩場)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 50% 衝撃 100% 貫通 70%
硬化 115% 切断 50% 振動 130% 収縮 70%
ヴォイドウォッチ(ルート:ジュノ2)で追加された亜種。固有技の「イモレイティングクロー」を使用する。のちにヤッセの狩場に通常配置された。

【 マンティス族(白)】
Tsui-Goab(ミザレオ海岸)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 160
溶解 70% 炸裂 30% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 100% 切断 30% 振動 100% 収縮 70%
ヴォイドウォッチ(ルート:プロマシア)で追加された亜種。固有技の「エクソレンダー」を使用する。デザインはハナカマキリがモデルだと思われる。


【 マンドラゴラ族 】
Blanched Mandragora(ケイザック古戦場)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 150% 衝撃 150% 貫通 100%
硬化 150% 切断 100% 振動 100% 収縮 150%
ヴァナ・ディールに広く生息する移動性植物。その正体はハザルム試験場で作られた合成獣で、試験場の事故に乗じて脱走し、爆発的に生息域を拡大させた。
知能を持ち、簡素ながら衣服や住居を作って独自の文化圏を築いている。
3国周辺に配置された種族であるため、どの属性も通りやすくなっているが、光合成を行うという観点から土水光にはやや強くなっている。

【 マンドラゴラ族(コリガン)】
Korrigan(ボヤーダ樹)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 150% 衝撃 150% 貫通 100%
硬化 150% 切断 100% 振動 100% 収縮 150%
BF「居候妖精」で追加された亜種。のちにボヤーダ樹や怨念洞に通常配置された。固有技はないが、原種に比べアクティブな個体が多い。亜種名はフランスのブルターニュ地域圏に伝わる妖精から。

【 マンドラゴラ族(リコポディウム)】
Lycopodium(ソロムグ原野〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 70%
硬化 130% 切断 60% 振動 70% 収縮 130%
『アルタナの神兵』で追加された亜種。頭部が開花しており、それを利用した固有技の「テパルツイスト」「ブルームフェッテ」「ペタルバックスピン」「ペタルピルエット」を使用する。
気性は大人しく基本的にPCを襲わず、更に見つけたPCの後を人懐こくついてくる。しかしリコポディウムを多く倒したPCの事は恐れるようになり、逆に遠ざかって行く。
耐性の傾向は概ね原種と同じだが、通常個体であっても数値が強化されている。亜種名はヒカゲノカズラ属の学名から。

【 マンドラゴラ族(パキポディウム)】
Pachypodium(アビセア-タロンギ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 70%
硬化 130% 切断 60% 振動 70% 収縮 130%
『禁断の地アビセア』で追加された亜種。リコポディウムと同じく頭部が開花しており、固有技も同じものを使用する。亜種名は南アフリカやマダガスカルに自生する多肉植物から。

【 マンドラゴラ族(アデニウム)】
Pancimanci(西サルタバルタ〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 85% 衝撃 100% 貫通 50%
硬化 100% 切断 40% 振動 50% 収縮 100%
『禁断の地アビセア』で追加された亜種。神竜の出現に伴い異常化した土壌の影響を受け巨大化した。固有技の「闇合成」と「フェイタルスクリーム」を使用する。
死の宣告効果があるフェイタルスクリーム(致命の叫びの意)は、引き抜かれると聞いた者を絶命させる叫び声を発するというマンドラゴラ伝承に由来するものだと思われる。
NM専用の亜種であり耐性の傾向は原種と同じだが、数値が更に強化されている。亜種名は東アフリカに自生するキョウチクトウ科の植物から。

【 マンドラゴラ族(新年を祝うマンドラゴラ族)】
Mandragora(ブブリム半島)
被魔法ダメージ + 0% 魔防
溶解 % 炸裂 % 衝撃 % 貫通 %
硬化 % 切断 % 振動 % 収縮 %
元旦イベントのオブジェとして追加された亜種。モンストロス・プレッジでプレイヤーキャラクターとして操作できるようになった。


【 ミーブル族 】
Rowdy Meeble(ルホッツ銀山)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 100% 貫通 115%
硬化 115% 切断 60% 振動 115% 収縮 100%
地底に暮らすモグラ型の獣人。純朴でお人よしな性格をしており、特定の国家や集落は築かずに、肉体労働者としてモブリンに雇われる事で生計を立てている。
土中の生物であるがゆえに土に強く、土に対して優位な風に弱い。


【 ミスラ族 】
Shikaree Y(千骸谷 BF「罪狩りたちの鎮魂歌」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
ガ・ナボ大王国の罪狩り「メーガス三姉妹」の次女。ミルドリオンを断罪しに中の国にやって来たが、最終的に冤罪である事を認めて帰国した。
ジョブタイプは暗黒騎士でギロティンやクロスリーパーなどのWSを使用する。耐性に偏りはなく魔防も標準的なものになっている。

Shikaree Y(千骸谷 BF「★向かい風」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 150(とてもやさしい)・180(やさしい)・280(ふつう)・350(むずかしい)・400(とてもむずかしい)
溶解 85% 炸裂 70% 衝撃 85% 貫通 100%
硬化 85% 切断 85% 振動 85% 収縮 70%
上位BFバージョン。Ark Angel MR の耐性値が流用されている。


【 ミミック族 】
Mimic Mage(ロ・メーヴ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
宝箱に擬態している魔法生物。正規の鍵ではないシーフツールによる開錠へのペナルティとして実装された。
移動能力がない代わりに引き寄せ能力を持ち、標的とされたPCは徒歩で逃げる事ができない。倒すと正規の鍵を100%ドロップする。特に弱点はなく、平坦な耐性を持つ。

【 ミミック族(茶)】
Treasure Chest(ソ・ジヤ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。原種が Treasure Coffer の擬態であったのに対し、こちらは Treasure Chest に擬態している。倒しても正規の鍵をドロップしない。

【 ミミック族(金)】
Sturdy Pyxis(アビセア-ミザレオ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
『禁断の地アビセア』で追加された亜種。Sturdy Pyxis に擬態している。精霊魔法を使うようになり、コメットやメテオを詠唱する事ができる。倒すと正規の鍵を100%ドロップする。

Golden Kist(醴泉島)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 150
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 50% 貫通 5%
硬化 50% 切断 50% 振動 50% 収縮 70%
醴泉島のギアスフェットNMで大箱タイプ。バニシュIV、フラッシュ、リポーズ、プロテスV、シェルVといった光属性の魔法を多用し、耐性値も光に強く、闇に弱いといったものになっている。
HP75%・50%・25%時に魔力の泉を発動し、ディア及び呪い(HP回復不可)スフィアを展開。その間のみ精霊VI系魔法を詠唱する。
この時詠唱したVI系に対して強属性の魔法ダメージに弱くなるというギミックがあり(ブリザドVIを詠唱した場合、一時的に火に弱くなり 溶解 100% となる)、
弱点ダメージを一定量被弾すると白弱点が出てスフィアが解除される。

【 ミミック族(黒)】
Burnished Mimic(ラ・カザナル宮外郭〔U〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
ミーブル・バローズ(ソロムグ原野の地下洞窟)で追加された亜種。同じく精霊魔法を使用し、デスも詠唱できるが、その代わりに引き寄せ能力を失っている。


【 ミュレクス族 】
Escarp Murex(アビセア-ミザレオ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 112
溶解 70% 炸裂 50% 衝撃 50% 貫通 70%
硬化 100% 切断 100% 振動 70% 収縮 70%
『アビセアの死闘』で実装されたヴォラジアン類の一種。神竜と化したプロマシアに使役される。
月齢が満月に近づくにつれアクティブな時間帯が長くなり、新月に近づくにつれ大人しい時間帯が長くなるギミックがあるが、これは神竜が月面にいる事に関係している。
アビリティ感知を持ち、この知覚のみで標的を襲う。風雷に強く氷土に弱い。種族名はホネガイの学名から。

【 ミュレクス族(風)】
Ephemeral Murex(アビセア-ミザレオ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 112
溶解 70% 炸裂 吸収 衝撃 50% 貫通 70%
硬化 100% 切断 100% 振動 70% 収縮 70%
ビジタントの発光ボーナスがある亜種。風属性を吸収する。個体数が少なく、モンスターの1グループ内に1体だけ紛れ込んでいる。

【 ミュレクス族(雷)】
Ephemeral Murex(アビセア-ミザレオ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 112
溶解 70% 炸裂 50% 衝撃 吸収 貫通 70%
硬化 100% 切断 100% 振動 70% 収縮 70%
ビジタントの発光ボーナスがある亜種。雷属性を吸収する。風タイプとのランダムポップになっている。


【 メロー族 】
Merrow Chantress(アラパゴ暗礁域)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 110
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 100% 切断 115% 振動 50% 収縮 100%
暗碧海に生息する人魚型の獣人。ハザルム試験場で作られた軍用合成獣だが試験場の事故に乗じて脱走し、ラミア族と結託してアトルガン皇国に反旗を翻した。
ジョブタイプは赤吟侍の3種類が存在する。水棲生物ゆえに水に強く雷に弱い。


【 モーグリ族 】
Riko Kupenreich(王の間 BF「砕け!邪なる者の野望」)
被魔法ダメージ + 200% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 150% 衝撃 150% 貫通 150%
硬化 150% 切断 150% 振動 150% 収縮 150%
人間と共生するモグラとコウモリの混合型の獣人。数千年前までは遊牧国家を築いていたが、第七代国王クポフリートの崩御に伴って国が滅んだため、人間の都市部に流入して共生する道を選んだ。
大多数の者はワンルームマンション「モグハウス」の管理人として働いているが、闇金融を営むクペンリッチ家の長リコは魔晶石に取り憑かれ、モグハウスの乗っ取りを企ててPCと戦った。

Henchman Moogle(王の間 BF「砕け!邪なる者の野望」)
被魔法ダメージ + 200% 魔防 100
溶解 5% 炸裂 5% 衝撃 吸収 貫通 5%
硬化 5% 切断 150% 振動 5% 収縮 5%
リコの部下。リコのHPが50%になると5体出現する。火氷風土雷水のうち1属性の精霊魔法のみを詠唱し、それと同属性のダメージを吸収する。またその属性に対して優位にある属性に弱い。


【 モスキート族 】
Eschan Mosquito(エスカ-ジ・タ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 60% 衝撃 130 貫通 130%
硬化 130% 切断 100% 振動 85% 収縮 50%
エスカに生息する吸血性の節足動物。『ヴァナ・ディールの星唄』で実装された。オリジナルモンスターではなく蜂族のテクスチャを張り替えたモンスターである。
地球の蚊と同じく幼虫時代は薄暗い水中で生活すると思われ、そのため水闇に強く、雷光に弱い。
また飛行生物ゆえに風に強く、変温動物ゆえに氷に弱い。カラーリングはヒトスジシマカがモデルだと思われる。


【 モノセロス族(イクシオン)】
Karkadann(アビセア-ブンカール)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 140
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 30% 貫通 100%
硬化 70% 切断 130% 振動 70% 収縮 50%
伝説の瑞獣として語り継がれる一角獣。馬のような姿をしているがビースト類ではなくエレメンタル類に分類される。
雷属性に特化しており、雷に強く土に弱い。またダーク・イクシオンとも呼ばれている通り、闇に強く光に弱い。

【 モノセロス族(アリコーン)】
Indrik(アビセア-ウルガラン)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 190
溶解 60% 炸裂 60% 衝撃 60% 貫通 30%
硬化 85% 切断 85% 振動 85% 収縮 130%
『アルタナの神兵』で追加された亜種。カンパニエのゲストNPCとして登場し、のちにアビセアウルガラン等にNMとして配置された。
光属性に特化しており、光に強く闇に弱い。アリコーンとはユニコーンの角の意。


【 モルボル族 】
Demonic Rose(ボヤーダ樹)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 130% 切断 130% 振動 50% 収縮 50%
湿地帯や樹林に生息する肉食性の蔓植物。口から毒性のブレスを吐き、標的を麻痺させてから蔓先で吸血する。
FF2から登場したシリーズの常連モンスターで植物扱いされる事が多いが、実際にはイソギンチャクをモデルにデザインされており、そのため水に強く、夜行性の観点から闇にも強い。

【 モルボル族(希少なモルボル族)】
Capricious Cassie(フェ・イン)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 100% 切断 100% 振動 50% 収縮 50%
最初期のHNM Caprisicous Cassie として実装された亜種。特殊技の「臭い息」と「甘い息」が前方範囲から敵中心範囲へと強化されている。
モルボルのNMには人間の女性名が用いられ、更に官能的な形容詞を冠されている事が多いが、これはイソギンチャクの古名がイソツビ(磯の女性器の意)である事に関係していると思われる。

【 モルボル族(アムルタート)】
Qohanyk(モリマー台地)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 115% 切断 60% 振動 60% 収縮 50%
『アトルガンの秘宝』で追加された亜種。通常攻撃の追加効果にHP吸収を持つ。また固有技の『ヴァンピリックルート』を使用する。
ヴァンピリックルートは食事を除く良性ステータスを全て吸収するというもので、PCに1つでも良性ステータスが付いていると特殊技は必ずこれを使用するようになっている。
また生息地内にいる限りオートリジェネが付き、更に夜間は非戦闘時に限りその場から動かなくなるというギミックを持つ。耐性は原種と似ているが新たに土に強くなっている。

【 モルボル族(プルボル)】
Melancholic Moira(パシュハウ沼〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 130
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 50%
硬化 100% 切断 50% 振動 50% 収縮 40%
『禁断の地アビセア』で追加された亜種。神竜の出現に伴い異常化した土壌の影響を受け突然変異した。固有技の「サウザンドスピア」と「テイントブレス」を使用する。
耐性はアムルタートのものを引き継ぎながらも、神竜の影響で光にも強くなっている。亜種名は purple morbol を縮めたものだと思われる。

Dazzling Dolores(醴泉島)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 120
溶解 100% 炸裂 50% 衝撃 100% 貫通 50%
硬化 50% 切断 吸収 振動 無効 収縮 15%
醴泉島のギアスフェットNM。通常攻撃にHP吸収の追加効果がある。
HPの吸収量に応じてレベルアップしてゆき、「サウザンドスピア」「テイントブレス」「生臭い息」といった特殊技が順次解放される。
火と雷に弱く、特に雷ダメージでMBされると白弱点が出て上昇したレベルが下がるが、一度解放された特殊技はそのままとなる。

【 モルボル族(棘)】
Sensual Sandy(エスカ-ジ・タ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 110
溶解 130% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 115% 切断 115% 振動 50% 収縮 50%
『ヴァナ・ディールの星唄』で追加された亜種。固有技の「泥臭い息」を使用する。
ギアスフェットNMの一体で、通常攻撃の追加効果に呪い(HPmax-50%)がある。
触手の先端には棘が生え、更に頭部の蕾が開花しかけているといった外見上の違いはあるが、耐性の傾向は原種と同じである。