【 ダイアマイト族 】
Diremite Stalker(ソ・ジヤ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 130%
硬化 115% 切断 115% 振動 150% 収縮 60%
ダンジョンに生息する寄生性のダニ。人間の血液を好み、口器より糸を吐いて標的を絡め取る。また人体に卵を産みつけ、幼虫は宿主の脳を支配する。
ダニは夜行性であるため、闇に強く光に弱い。また駆除方法として散水が用いられる事があり、そのため水にも弱くなっている。diremite とは恐ろしいダニの意。

【 ダイアマイト族(アルンデマイト)】
Neith(ウガレピ寺院)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 140
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 115%
硬化 100% 切断 100% 振動 130% 収縮 50%
『アビセアの覇者』で追加された亜種。固有技の「ターサルスラム」を使用する。NM専用の亜種であり、耐性の傾向は原種と同じながらも数値が強化されている。
背中の隆起した瘤が特徴で、亜種名は恐らく a round mite(丸いダニ)を縮めたものだと思われる。

【 ダイアマイト族(白)】
Ionos(エスカ-ジ・タ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 110
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 20% 貫通 115%
硬化 100% 切断 50% 振動 130% 収縮 50%
『ヴァナ・ディールの星唄』で追加された亜種。固有技の「ジオティックスピン」を使用する。
ギアスフェットNMの一体で、ストンガIII・IV、サンダガIII・IVなどを詠唱する。また耐性値もそれに伴い、土雷に強くなっている。
巨大な腹部と円錐状の突起はゴミグモをモデルにしたものだと思われる。


【 タウルス族 】
Molech(ウルガラン山脈)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 130%
硬化 115% 切断 115% 振動 115% 収縮 70%
闇の王に仕える牛頭の悪魔。『プロマシアの呪縛』で実装された。視覚遮断を見破る能力や、死の宣告技である「モータルレイ」の厄介さで知られる。
また異種族であるデーモン族と相互にリンクする。耐性はデーモン類の傾向通り、闇に強く光に弱い。taurus とはラテン語で牡牛の意。

【 タウルス族(赤)】
Tarbotaur(ザルカバード〔S〕)
被魔法ダメージ - 6.3% 魔防 100
溶解 85% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 130%
硬化 60% 切断 85% 振動 85% 収縮 50%
『アルタナの神兵』で追加された亜種。固有技は特に持たない。耐性が原種よりも強化されているが、アルタナエリアでは原種も亜種もこの数値になっている。

【 タウルス族(ファルシタウルス)】
Gugalanna(ソロムグ原野〔S〕)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 140
溶解 60% 炸裂 60% 衝撃 60% 貫通 100%
硬化 40% 切断 60% 振動 60% 収縮 30%
『アビセアの死闘』で追加された亜種。固有技の「ルイナスサイズ」を使用する。個体数が少なく、アビセア-ブンカールの Bukhis とヴォイドウォーカーの Gugalanna のみが存在する。
鎌状に変化した爪が特徴で、亜種名はラテン語で鎌を意味する falx と taurus を組み合わせた造語だと思われる。


【 タルタル族 】
D.Shantotto(生贄の間 BF「呪われる世界」)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 114
溶解 60% 炸裂 60% 衝撃 60% 貫通 60%
硬化 10% 切断 10% 振動 10% 収縮 10%
ヴァナ・ディールとは時空が異なる並行世界のシャントット。呪術に長け「ドルチェ・シャントット大呪術帝国」を築こうとしている。
HP75%・50%・25%時に20秒間ぶちきれモードとなり、被ダメージ-70%の状態になる(魔法ダメージの場合、-50%された数値から改めて-70%される計算となる)。
闇連携系の属性に強く、光連携系の属性に弱い。

Shantotto(生贄の間 BF「呪われる世界」)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 143
溶解 10% 炸裂 10% 衝撃 10% 貫通 10%
硬化 60% 切断 60% 振動 60% 収縮 60%
ヴァナ・ディールとは時空が異なる並行世界のシャントット。ブラーヴォ・シャントットを名乗り「シャントット神聖帝国」を築こうとしている。
元々はドルチェ・シャントットと同一人物だったが次元移動の衝撃で二人に分裂した。
『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』にシャントットがゲスト出演を果たした事をきっかけに考案されたキャラクターだと思われる。
ドルチェと同じくHPの減衰に伴ってぶちきれモードになる。光連携系の属性に強く、闇連携系の属性に弱い。


【 ダルメル族 】
Desert Dhalmel(東アルテパ砂漠)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 150% 衝撃 150% 貫通 130%
硬化 100% 切断 100% 振動 130% 収縮 130%
ミンダルシア大陸やクゾッツ諸島に生息する草食動物。ウィンダス連邦の代表的な家畜であり、毛皮や肉、ミルクが利用されている。
どの属性も通りが良いが、特に風と雷に弱い。これは体高の大きさゆえに、風の抵抗や落雷を受けやすいというイメージから来ているものだと思われる。


【 チゴー族 】
Swollen Chigoe(ヨルシア森林)
被魔法ダメージ + 0% 魔防
溶解 115% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 85%
硬化 85% 切断 70% 振動 115% 収縮 85%
近東の風土病「チゴー症」を引き起こす寄生虫。普段は砂中に潜伏し、通りかかった動物の皮下に侵入して瘤を形成する。
ヴァナ・ディール最小のモンスターであり、チゴーの方から襲ってくるまでターゲットにする事ができない。
極めて短い攻撃間隔を誇るが特殊技を持っておらず、PCのWS、アビ、クリティカルで即死するという弱点がある。
普段は砂中に潜伏している事から土に強い。またノミの駆除には中性洗剤で溺死させる事が推奨されているため水に弱い。chigoe はスナノミの英名。

【 チゴー族(青)】
Skinsipper Chigoe(エヌティエル水林)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 85%
硬化 85% 切断 60% 振動 115% 収縮 85%
エインヘリヤルで追加された亜種。NMはWS、アビ、クリティカルで即死しないが、のちにエヌティエル水林に通常配置された個体は原則通り即死する。


【 チャプリ族 】
Fernfelling Chapuli(ケイザック古戦場)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 70% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 130% 切断 70% 振動 130% 収縮 70%
ウルブカ大陸のジャングルや洞窟に生息している節足動物。バッタがモデルで、ナワトル語でバッタを意味する chapolin がその名の由来だと思われる。
このチャプリ族を始めとして『アドゥリンの魔境』のモンスターやアイテム名はナワトル語、そしてマヤ神話に由来しているものが多い。弱点は氷雷水。

【 チャプリ族(ケフェリ)】
Tweeting Caeferli(ラ・カザナル宮外郭〔S〕)
被魔法ダメージ + 0%(魔法詠唱中 + 100%)(土1.5倍) 魔防 70
溶解 100% 炸裂 70% 衝撃 50% 貫通 100%
硬化 115% 切断 70% 振動 130% 収縮 70%
スカーム-ラ・カザナル宮外郭〔U〕で追加された亜種。英名の Caeferli がそのまま亜種名と思われるが、カタカナ表記が不明なため当サイトでは暫定的にケフェリとした。
WSを撃ち込むと時々「ネイチャーメディテイト」で反撃し、魔法ダメージを撃ち込むと時々サイレガかスリプガで反撃する。またネイチャーメディテイト後には15枚の幻影を展開する。
普段はサンダーIV、サンダーV、サンダガIII、サンダジャを詠唱。魔法詠唱中は被魔法ダメージと被ブレスダメージが2倍になる弱点があるが、魔法ダメージを受ける度にファストキャストが強化される。
被土ダメージが1.5倍というギミックもあるが、耐性自体は原種とほぼ同じであり耐土が特に低いというわけではない。


【 チャリオット族 】
Archaic Chariot(アラパゴ遺構-II)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 60% 衝撃 25% 貫通 40%
硬化 60% 切断 60% 振動 100% 収縮 60%
アルザダール朝時代の古代兵器。鉄巨人アルザダールの言わば免疫システムであり、侵入者の排除を担う。
多数の光学兵器を搭載しており、砲門が前後に設置されているため標的に回り込まれても機体の向きを変えずに攻撃できる。
通常、精密機械は雷に弱い傾向にあるが、アルカイック類はオルドゥーム文明の技術を取り入れているのか、雷は動力源という観点から雷に強く、漏電という観点から水に弱い。

【 チャリオット族(闘装戦車)】
Battleclad Chariot(ゼオルム遺構-II)
被魔法ダメージ - 30% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 60% 衝撃 25% 貫通 40%
硬化 60% 切断 60% 振動 100% 収縮 60%
砲台に無線操作が可能な円盤兵器を設置したタイプ。全4基の円盤を射出して放つ破壊光線「ディスコイド」が固有技である。亜種名はアトルガンクエスト「盗まれた皇宮の宝」から。

【 チャリオット族(重装戦車)】
Armored Chariot(アラパゴ遺構-II)
被魔法ダメージ + 0% 魔防
溶解 70% 炸裂 60% 衝撃 25% 貫通 40%
硬化 70% 切断 60% 振動 100% 収縮 60%
砲台に巨大な装甲板を設置したタイプ。固有技は装甲板を支えるアームを伸縮させて標的を殴打する「モータルレボリューション」。

【 チャリオット族(長弓戦車)】
Long-Bowed Chariot(バフラウ遺構-II)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 60% 衝撃 25% 貫通 40%
硬化 60% 切断 60% 振動 100% 収縮 60%
砲台にミサイルポッドを設置したタイプ。固有技「ホーミングミサイル」は機体が標的の方を向いていなければ発射できないという条件があり、標的に回り込まれた場合は定期的に向き直る。

【 チャリオット族(長腕戦車)】
Long-armed Chariot(銀海遺構)
被魔法ダメージ - 34.5% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 60% 衝撃 25% 貫通 40%
硬化 60% 切断 60% 振動 100% 収縮 60%
砲台に2基のマニピュレーターを設置したタイプ。これによって標的を洗脳する「ブレインジャック」が固有技。


【 デーモン族 】
Kindred Dark Knight(ウルガラン山脈)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
オーディンが闇の王に遣わした獣人。ヴァルハラの出身であり、一部個体を除いて30年前まではヴァナ・ディールに存在していなかった。
本人達は「闇の血族」を名乗っており、デーモンとは人間が一方的につけた名称である。多くのデーモン類と同じく光に弱いが、その一方で闇耐性を有していない。

Baron Avnas(デュナミス-ザルカバード)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 170
溶解 85% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 85%
硬化 85% 切断 85% 振動 85% 収縮 85%
憎悪の血を???にトレードする事で出現するNM。ジョブタイプはシと暗のハイブリッド。光という弱点を克服し、平坦な耐性を手に入れている。
HP80%で絶対回避かブラッドウェポンを使用し、以降1分毎に使い続ける。
初期状態では被魔法ダメージ-25%だが、SPアビリティを使用する度にカット量が増してゆき、10回の使用で打ち止めとなる。
1回目で-28.8%、2回目で-32.5%、3回目で-36.3%、4回目で-40%、5回目で-43.8%、
6回目で-47.5%、7回目で-51.3%、8回目で-55%、9回目で-58.2%、10回目で-62.5%となる。同様に物理カットも増してゆく模様。この特徴は他の憎悪系NMでも同じである。

【 デーモン族(赤)】
Berserker Demon(ザルカバード〔S〕)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 110
溶解 85% 炸裂 85% 衝撃 85% 貫通 115%
硬化 85% 切断 85% 振動 85% 収縮 85%
『アルタナの神兵』で追加された亜種。NMのみ固有技の「ヘルボーンヨープ」を使用する。

【 デーモン族(紫)】
Abununnu(ルフェーゼ野)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 120
溶解 60% 炸裂 60% 衝撃 60% 貫通 85%
硬化 60% 切断 60% 振動 60% 収縮 60%
ヴォイドウォッチ(ルート:プロマシア)で追加された亜種。固有技の「アッカストスピア」を使用する。abununnu とはシュメール語で「暗い日」または「日食」の意。


【 鉄巨人族 】
Ironclad(ラ・カザナル宮外郭)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 120
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 100% 貫通 50%
硬化 30% 切断 50% 振動 70% 収縮 50%
鋼鉄製の人型魔法生物。関節がなく、各部位が空中浮遊する形で連結している。普段は瓦礫のように散乱していて微動だにしないが、
遥か上空で監視を続けている頭部ユニットが標的を発見すると人型を形成して襲い掛かる。腐食という観点から水に弱く、電気伝導という観点から雷に弱い。

【 鉄巨人族(青)】
Ironclad Vaporizer(ウォークオブエコーズ BF「第12ウォーク」)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 160
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 100% 貫通 50%
硬化 30% 切断 50% 振動 70% 収縮 50%
ヴォイドウォッチ(ルート:ウィンダス)で追加された亜種。カラーリング以外に差異はない。

Unwavering Ironclad(ラ・カザナル宮外郭〔U〕)
被魔法ダメージ - 56.25% 魔防 152
溶解 60% 炸裂 60% 衝撃 100% 貫通 40%
硬化 40% 切断 60% 振動 60% 収縮 40%
スカーム-ラ・カザナル宮外郭〔U〕に配置された独特のギミックを持つNM達の一体。高い魔防と魔法カットを有す。
初期状態では「タービンハリケーン」しか使用しないが、近接物理以外のダメージを与えると「バリスティックキック」などの特殊技が開放されるというギミックがある。

【 鉄巨人族(頭赤)】
Iron Cranium(ウォークオブエコーズ BF「第12ウォーク」)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 120
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 100% 貫通 50%
硬化 30% 切断 50% 振動 70% 収縮 50%
鉄巨人の頭部ユニット。単独でも破壊光線を発射するなど一定の戦闘力を有す。

【 鉄巨人族(頭青)】
Iron Cranium(ウォークオブエコーズ BF「第12ウォーク」)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 120
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 100% 貫通 50%
硬化 30% 切断 50% 振動 70% 収縮 50%
亜種の頭部ユニット。カラーリング以外に差異はない。


【 デフィアント族 】
Balamor(ララ水道〔U〕 BF「バラモアのゲーム」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 30% 衝撃 50% 貫通 50%
硬化 30% 切断 20% 振動 20% 収縮 5%
正体不明のアンデッド。ハデス直属の臣下「三魔君」の一柱である「不死君」の座に、テオドールの後釜として就いていたが、
飽きたために位を返上して行方をくらませた。スカームの発明者でもある。アンデッド類の傾向通り、闇に強く火に弱い。

Balamor(エスカ-ル・オン)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 130
溶解 70% 炸裂 30% 衝撃 50% 貫通 50%
硬化 30% 切断 20% 振動 20% 収縮 5%
不死君を辞したバラモア。次なる目標として、セルテウスが集めた母なる光を簒奪し、その力で独自の並行世界を築こうとした。
しかし、それを防ぐべく現れたPCと交戦状態に陥り、金色の戦闘形態を露にするも敗北。弱った所を、セルテウスによって無の渦へと叩き込まれた。
耐性に変更点はないが、特殊技の「ラストラフ」を多用するようになっており、更に新技である「カーテンコール」を身に付けている。


【 デュラハン族 】
Dullahan(ラ・カザナル宮外郭)
被魔法ダメージ + 12.5% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 130%
硬化 30% 切断 60% 振動 60% 収縮 15%
ハデスやバラモアに使役される首なし騎士。実際には首どころか胴体すらもなく鎧の中は空洞だが、アルカナ類ではなくアンデッド類に分類される。
殆どの特殊技に赤い集中線を伴った構えがなく、通常攻撃のように瞬時に発動する。耐性はアンデッド類の傾向通り、氷闇に強く火光に弱い。また魔法ダメージが多めに入るようになっている。

Acrimonious Dullahan(ラ・カザナル宮外郭〔U〕)
被魔法ダメージ + 12.5% 魔防 109
溶解 100% 炸裂 60% 衝撃 60% 貫通 130%
硬化 25% 切断 60% 振動 60% 収縮 10%
スカーム-ラ・カザナル宮外郭〔U〕に配置された独特のギミックを持つNM達の一体。NM専用の固有技「ノアヒオント」を使用する。
精霊III系やアブゾ系魔法を詠唱し、一定時間毎にインビンシブル、ブラッドウェポン、ソウルエンスレーヴのいずれかを使用する。

【 デュラハン族(赤)】
Crom Dubh(醴泉島)
被魔法ダメージ + 12.5% 魔防 150
溶解 70% 炸裂 30% 衝撃 30% 貫通 70%
硬化 10% 切断 30% 振動 30% 収縮 10%
『ヴァナ・ディールの星唄』で追加された亜種。新たに習得した固有技はないが、通常攻撃の追加効果にTP吸収がある。
また特殊技「インファーナル・バルワーク」の発動と共に約60秒間アイススパイクの状態になる。耐性の傾向は原種と同じだが数値が強化されている。


【 トード族 】
Cliffclinger Toad(マリアミ渓谷)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 30%
硬化 70% 切断 85% 振動 20% 収縮 100%
淡水の水辺に生息する両生類。特殊技を持たない代わりに攻撃間隔が短い。
雨を好むため水に強く、昼行性であるため光にも強い。また電気伝導の観点から雷に弱い設定がなされている。
デザインはアマガエルがモデルだと思われるが、本来アマガエルのような小型のカエルは frog と呼ばれ、toad とはヒキガエルのような鈍重でイボだらけのカエルを指す。

【 トード族(青)】
Chorus Toad(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 70
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 30%
硬化 70% 切断 85% 振動 20% 収縮 100%
ヴォイドウォッチ(ルート:アトルガン)で追加された亜種。
Brekekekex が「カエルの応援」を使用すると6体出現する Chorus Toad の専用グラフィックとなっており、独立した個体としては配置されていない。
睡眠をレジストするがHPが5000と低く、魔防も基準値を下回っているなど倒しやすくなっている。デザインはコバルトヤドクガエルをモデルにしていると思われる。

【 トード族(赤)】
Riverwashed Toad(エヌティエル水林)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 30%
硬化 70% 切断 85% 振動 20% 収縮 100%
『アドゥリンの魔境』で追加された亜種。カラーリング自体は『アトルガンの秘宝』で追加されたポロッゴ族の亜種を流用したもの。デザインはイチゴヤドクガエルをモデルにしていると思われる。


【 トーム族 】
Rw Nw Prt M Hrw(東サルタバルタ)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 300
溶解 115% 炸裂 35% 衝撃 35% 貫通 25%
硬化 35% 切断 35% 振動 115% 収縮 25%
自我を宿したグリモア。BF「グリモアを継ぐもの」で実装され、のちにヴォイドウォッチやミーブルバローズにも登場した。
紙であるため火に弱いが、極めて高い魔防と魔法カットを有すため、火属性であってもダメージは通りにくい。tome とは大型の学術書の意。


【 ドール族 】
Groundkeeper(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 150% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
ジラートが開発したサーメット製の機械兵。ジラートやクリューの遺跡内には必ずと言ってよいほど配備されており、ジラート文明が崩壊した現在でも稼動を続けている。
サーメットは一万年の経年劣化にも耐える優れた素材であり、それゆえほぼ全ての属性に耐性を持つが、精密機械ゆえに唯一雷には弱い。

【 ドール族(灰)】
Gargoyle(ソ・ジヤ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 150% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。ソ・ジヤ様式の意匠であり、カラーリングやカメラアイのデザインが変更されている。固有技はなく、耐性上の違いもない。


【 ドゥーム族 】
Jnun(アラパゴ暗礁域)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 60% 切断 100% 振動 70% 収縮 20%
様々な生物の死骸が集合して蘇ったアンデッド。ヒキガエルのような姿を形成しており、長い舌で攻撃する。
アトルガンエリアの個体は日中睡眠する。アンデッド類の傾向通り、氷闇に強く火光に弱い。doom とは滅びの定めの意。


【 トウィザリム族 】
Careening Twitherym(ケイザック古戦場)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 114
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 70%
硬化 130% 切断 50% 振動 130% 収縮 100%
東ウルブカに広く生息する群蝶。人を襲う個体もおり、統率された飛行パターンで強風を発生させたり、鱗粉をばら撒いたりして攻撃する。
ジョブタイプは赤でMPと若干の魔防を有す。土に強く氷雷水に弱い。

Escalent(ヨルシア森林〔U〕)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 114
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 100% 貫通 70%
硬化 100% 切断 50% 振動 100% 収縮 70%
アルビオン・スカーム-ヨルシア森林〔U〕に配置された個体。全体的に数値が強化されているがHPは約4500と低め。

【 トウィザリム族(茶)】
Leafdancer Twitherym(ドーの門)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 114
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 70%
硬化 130% 切断 50% 振動 130% 収縮 100%
ダンジョンに生息する亜種。カラーリング以外に変更点はない。デザインは日陰を好むジャノメチョウ亜科を参考にしたものだと思われる。

【 トウィザリム族(フルトゥリーニ)】
Flutrurini(ラ・カザナル宮外郭)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 114
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 70%
硬化 130% 切断 50% 振動 130% 収縮 100%
ラ・カザナル宮に生息する大型のトウィザリム。群れを作らず単独で行動し、特殊技も専用のものを使用するが、
魔法カット、魔防、耐性、戦利品は原種と同じである。


【 ドゥエルグ族 】
King Goldemar(ペリキア BF「キラーロード作戦」)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 140
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 50% 貫通 70%
硬化 30% 切断 30% 振動 30% 収縮 5%
地底世界に暮らすとされる褐色の小人。魔法と金工に優れ、様々な伝説的武具の製作に携わってきた。華奢な体をしているため、2体のカヒライスを護衛に付けている。
デーモン類の傾向通り闇に強く光に弱いが、高い魔防と魔法カットを有すため、魔法ダメージは通りにくい。種族名は北欧神話に登場する闇の妖精から。

【 ドゥエルグ族(ドゥオルグ)】
Pandemonium Warden(エジワ蘿洞)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 150
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 50% 貫通 70%
硬化 30% 切断 30% 振動 30% 収縮 5%
花鳥風月のボス Pandemonium Warden として追加された亜種。固有技はなく、耐性も原種と同じである。亜種名 dweorg のカタカナ表記が不明なため、当サイトでは暫定的にドゥオルグとした。

【 ドゥエルグ族(ドッカルファー)】
Fjalar(アットワ地溝)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 130
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 50% 貫通 70%
硬化 30% 切断 30% 振動 30% 収縮 5%
ヴォイドウォッチ(ルート:プロマシア)で追加された亜種。固有技の「デゥヌルストライク」「ビルロストスコール」を使用する。
黄金の仮面を着用しカヒライスも宝冠を被るなど装飾品が豪奢になっている。耐性に変更点はない。亜種名は北欧神話に登場するダークエルフから。

Mistmaw Leraje(ララ水道〔U〕)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 127
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 20%
硬化 60% 切断 60% 振動 60% 収縮 10%
アルビオン・スカーム-ララ水道〔U〕に配置された個体。耐性が大きく変更されており、光連携系に弱いが、唯一の弱点であった光に強くなっている。


【 頭足族 】
Kopffussler(ドーの門)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 130% 衝撃 150% 貫通 130%
硬化 150% 切断 130% 振動 50% 収縮 130%
海洋性の軟体動物。タコとマンタのキメラ的なデザインをしている。体の中央下面に鋭利な歯が並ぶ口があり、ここから墨を吹いて標的の視界を奪う。アクアン類の傾向通り、水に強く氷雷に弱い。

【 頭足族(青)】
Lahama(アラパゴ暗礁域)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 115%
硬化 130% 切断 115% 振動 30% 収縮 115%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。固有技はないが、若干の魔法カットを有す。


【 トゥルフェイア族 】
Tulfaire(マリアミ渓谷)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 50% 炸裂 50% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 130% 切断 130% 振動 70% 収縮 70%
マリアミ渓谷に生息する鮮紅色の極楽鳥。バード類の傾向通り、風に強く氷に弱い。NMの Hakawai が「風鳥の帯」を落とす事もあり、熱帯に暮らすフウチョウがモデルだと思われる。

【 トゥルフェイア族(青)】
Nosoi(エスカ-ジ・タ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 124
溶解 70% 炸裂 30% 衝撃 30% 貫通 85%
硬化 30% 切断 130% 振動 70% 収縮 85%
『ヴァナ・ディールの星唄』で追加された亜種。固有技の「フリジッドパルス」を使用する。
ギアスフェットNMの一体で、通常攻撃の追加効果に毒があり、更にマイティストライクの発動と共に毒スフィアを展開する。
原種に比べ各耐性値が大きく変更されているが、土弱点である事だけは変わっておらず、一定量の被土ダメージで白弱点が出る。


【 トカゲ族 】
Tephra Lizard(モリマー台地)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 150% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 150% 切断 100% 振動 130% 収縮 130%
腐肉食の小型爬虫類。架空の爬虫類であるサラマンダーやバジリスクのキャラクター性を取り込んでおり、火を吹いたり、視線で標的を石化させたりする事ができる。
3国周辺に配置された種族であるため、どの属性も通りやすくなっているが、中でも特に氷と風に弱い。

【 トカゲ族(灰)】
Tunnel Lizard(シルダス洞窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 150% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 150% 切断 100% 振動 130% 収縮 130%
『ジラートの幻影』で追加された亜種。カラーリング以外に変更点はない。

Snow Lizard(ソ・ジヤ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 115%
硬化 70% 切断 115% 振動 115% 収縮 115%
北方に生息するタイプ。特殊技が「ファイアボール」から「スノーボール」になり、耐性も氷に強く火に弱いといった寒冷地仕様に変更されている。


【 ドラゴン族 】
Shadow Dragon(ザルカバード)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
北方に住まうとされる幻獣。その骨張った頭部や肋の浮き出た胴体はFF5、FF9のドラゴンゾンビを彷彿とさせるがアンデッド類ではない。
個体によってフレイムブレス、ウィンドブレス、ポイズンブレスを使い分けるが、ウィルム族とは異なりそれによって自身の耐性に偏りが出るわけではなく、全属性に満遍なく強い。

【 ドラゴン族(ダハク)】
Dahak(ゼオルム火山)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 50% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 85% 収縮 70%
『アトルガンの秘宝』で追加された亜種。火属性に特化しており、火に強く水に弱い。固有技の「負の歌」を使用する。
静寂状態にする事で歌の使用を封じる事ができるが、その代わりリゲイン状態になるギミックがある。

【 ドラゴン族(紫)】
Neak(醴泉島)
被魔法ダメージ - 0~80% 魔防 150
溶解 30% 炸裂 30% 衝撃 60% 貫通 60%
硬化 60% 切断 60% 振動 10% 収縮 60%
『ヴァナ・ディールの星唄』で追加された亜種。火風水のブレスを吐ける点がクローズアップされて、それらの属性により強くなった。
ギアスフェットNMの一体で、火風水のV系・ガIV系(HP50%からVI系・ジャ系)・グラビガ・サイレガ・ブレクガ・スリプガを詠唱する。
出現から90秒後に「ディスコーダントノート」を使用して被魔法ダメージ-80%の状態になり、火風水いずれかのモードになる(スタンで止めても発動するまで使い続ける)。
火モードでは精霊魔法が火系に固定され特殊技は「フレイムブレス」を使用。消去不能なブレイズスパイクを纏う。
風モードでは精霊魔法が風系に固定され特殊技は「ウィンドブレス」を使用。消去不能な風スパイク(追加効果:スロウ)を纏う。
水モードでは精霊魔法が水系に固定され特殊技は「ポイズンブレス」を使用。消去不能な水スパイク(追加効果:毒)を纏う。
スパイクダメージは連携ダメージを被弾する度に強化される。
またモード中は60秒毎に「無の歌→メテオ」の連続技を使用する。
モード中にWS(物理・魔法・ブレス・ダメージ量・タイミング不問)を被弾すると、一定確率で白弱点が出てモードが解除される(ディスコーダントノートの再使用はそこから90秒後)。
HP50%で連続魔を発動し、効果時間中はメテオのみを詠唱。以降、約3分毎に連続魔を繰り返す。


【 トロール族(軽戦士)】
Hilltroll Ranger(ゼオルム火山)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 60% 炸裂 115% 衝撃 100% 貫通 115%
硬化 100% 切断 100% 振動 130% 収縮 115%
中央エラジアの山岳地帯に土着する巨漢型の獣人。傭兵業を営む。ザザーダ島に入植した支族はかつてアトルガン皇国に召し抱えられて、島の自治を任されていた。
しかし近年になって主人をモブリンの資産家に鞍替えし、モブリン製の強力な兵器と資金力を背景に皇国に反旗を翻した。
『アトルガンの秘宝』で大量に追加された部位破壊が可能なモンスターの一種で、通常攻撃のクリティカル、WS、ダメージを伴うアビリティで武器を破壊すると特殊技が変わる。
ジョブタイプはモ赤狩か。火山性の体質であるため、火に強く水に弱い。

【 トロール族(重戦士)】
Hilltroll Warrior(ゼオルム火山)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 60% 炸裂 115% 衝撃 100% 貫通 115%
硬化 100% 切断 100% 振動 130% 収縮 115%
量産性に優れた青銅製の鋳造甲冑を身に着けたタイプ。ジョブタイプは戦ナ暗。

【 トロール族(デストロイヤー)】
Fahrafahr the Bloodied(ゼオルム火山)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 120
溶解 60% 炸裂 115% 衝撃 100% 貫通 115%
硬化 100% 切断 100% 振動 130% 収縮 115%
ビシージで追加された亜種。軽戦士と重戦士が共通の特殊技を使用しているのに対し、戦槌で武装したこのタイプは独自の特殊技を使用する。ジョブタイプは戦。

【 トロール族(ブーボーロー)】
Khromasoul Bhurborlor(ゼオルム火山)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 40% 炸裂 85% 衝撃 70% 貫通 85%
硬化 70% 切断 70% 振動 100% 収縮 85%
花鳥風月で追加された亜種。固有技は持たないが、HPが減衰するにつれて何度も仲間を呼ぶ。目下 Khromasoul Bhurborlor の専用グラフィックとなっている。ジョブタイプはナ。

【 トロール族(グーフールー)】
Gurfurlur the Menacing(ハルブーン)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 180
溶解 25% 炸裂 70% 衝撃 25% 貫通 50%
硬化 25% 切断 25% 振動 70% 収縮 50%
ザザーダ島に入植した支族の最高指導者「脅威のグーフールー」。支族随一の膂力を誇り、ハルブーン拡張工事の際に出現して暴れだしたケルベロスを単身捻じ伏せた事がある。ジョブタイプはモ。
耐性が一般の団員と若干異なり、火氷に強く風水に弱い。しかし特殊技「大力足」によって自身を含む周囲のトロール族に魔法吸収バリアを張るため、魔法はダメージソースになりにくい。


【 トンベリ族(ヴァサル)】
Tonberry Imprecator(怨念洞)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 50%
硬化 150% 切断 100% 振動 85% 収縮 100%
クリューのメルトブロー被爆者。一万年前の古代戦争で発生したエネルギー爆発「メルトブロー」で被爆したジラートは、
現生種であるヒューム・エルヴァーン・タルタル・ミスラ・ガルカに変異したが、ディアボロスによって中途半端に「虚ろなる闇」を抜かれていたクリューは醜怪な亜人に変異した。
虚ろなる闇を抜かれているため光に強く、不毛の豪雪地帯から逃げ出した過去から氷に弱い。
初登場となったFF5では元々半魚人としてデザインされ、本作でも尾鰭を生やしている。そのため水に対しても若干の耐性がある。ジョブタイプは黒シ忍召。vassal とは召使の意。

【 トンベリ族(キンク)】
Sozu Bliberry(怨念洞)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 50%
硬化 150% 切断 100% 振動 85% 収縮 100%
宝冠を被ったトンベリの指導者層。現生種とアルタナに怨恨を抱くトンベリ族は極端に閉鎖的なコミュニティを形成しており、一族に関連した情報が殆ど外部に漏れないため、
偶然宝冠つきのトンベリを目撃した冒険者が、そのトンベリが本当に王位にあるのかを訝って King を捩り Kinq なる俗称をつけたと言われている。ジョブタイプは黒召。

Bozzetto Monarch(アブダルスの模型-レギオン)
被魔法ダメージ - 50% 魔防 200
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 15%
硬化 100% 切断 50% 振動 30% 収縮 70%
アンバスケードに登場する個体。

【 トンベリ族(クリプトンベリ)】
Cryptonberry Plaguer(ソ・ジヤ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 50%
硬化 150% 切断 100% 振動 85% 収縮 100%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。多くのトンベリ族がエルシモ島に移住した中、現在でもクリューの都「ソ・ジヤ」に住み続けている。
エルシモ島のトンベリは移住後に「ウガレピ信仰」なる教義を作り出し、それに基づく特殊技「みんなの怨み」(倒したトンベリの数×5ダメージ)を使用するが、
外界との交流を断っているクリプトンベリは「みんなの怨み」を使用しない。crypto とは隠者の意。

Bozzetto Rascal(アブダルスの模型-レギオン)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 200
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 15%
硬化 100% 切断 50% 振動 30% 収縮 70%
アンバスケードに登場する個体。

【 トンベリ族(ウォントンベリ)】
Murk-veined Baneberry(パシュハウ沼)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 130
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 130% 貫通 50%
硬化 150% 切断 100% 振動 85% 収縮 100%
『禁断の地アビセア』で追加された亜種。固有技の「リチュアルバインド」を使用する。耐性に変更点はない。wantonberry とは青ざめたトンベリの意。