【 サソリ族 】
Mushussu(クロウラーの巣)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 150%
硬化 150% 切断 100% 振動 130% 収縮 100%
ダンジョンや砂漠に生息する有毒の節足動物。変温動物ゆえに氷に弱く、夜行性ゆえに光に弱い。また毒に対して高い耐性を持つ。
地球のサソリに比べると極端なデフォルメ化が施されており、頭部が鎌首になっていたり、前肢のハサミが尾に移されていたりと、殆ど別の生物になっている。

Serket(ガルレージュ要塞)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 130% 切断 100% 振動 50% 収縮 100%
最初期に実装されたHNMの一体。特殊技が「アースパウンダー」から「アースブレイカー」に変更されるなど、多くの上位技を身に着けている。
劇毒サソリの別名で知られ、原種でも高かった耐毒が耐水にまで拡張されている。

【 サソリ族(スコロペンドリド)】
Mountain Scolopendrid(メリファト山地〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 85% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 130%
硬化 130% 切断 85% 振動 115% 収縮 85%
『アルタナの神兵』で追加された亜種。「デスシザース」の上位版である「ヘルシザース」を使用する。
砂塵でオートリゲインの状態になるギミックがある。scolopendrid とはオオムカデの意。

【 サソリ族(特別なスコロペンドリド)】
Sedge Scorpion(ケイザック古戦場)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 150%
硬化 150% 切断 100% 振動 130% 収縮 100%
ヴォイドウォッチ(ルート:ジラート)で追加された亜種。爪が肥大化しており、固有技「テルソニックテンペスト」を使用する。
のちにケイザック古戦場に通常配置された。耐性はスコロペンドリドではなく原種のサソリと同じものになっている。

【 サハギン族(海水系)】
Delta Sahagin(海蛇の岩窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 115% 衝撃 150% 貫通 100%
硬化 130% 切断 115% 振動 50% 収縮 100%
エルシモ島の西部沿岸に集落を築く魚型の獣人。かつては世界中の水域に分布していたが、水質汚染によって住処を追われた。
その経緯から非常に排他的な種族となっているが、近東の蕃都マムークに暮らす支族はマムージャ族との共生を選んでいる。モ竜の2タイプがおり、モタイプは鋭利な爪を持つ。水に強く雷に弱い。

【 サハギン族(淡水系)】
Coastal Sahagin(海蛇の岩窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 115% 衝撃 150% 貫通 100%
硬化 130% 切断 115% 振動 50% 収縮 100%
河川や湖沼の淡水出身者は鱗が黄色い。白吟の2タイプが存在する。

【 サボテンダー族 】
Sabotender(東アルテパ砂漠)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 50%
硬化 150% 切断 100% 振動 50% 収縮 150%
砂漠地帯に適応した歩行植物。葉が針状に進化しており、これを飛ばして攻撃する。またドロップアイテムである「サボテンダーの針」は店頭で売却する以外全く使い道がない事で知られる。
光合成でエネルギーを生成しているため、水光に強く闇に弱い。

【 サボテンダー族(開花したサボテンダー族)】
Sabotender Campeador(西アルテパ砂漠)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 130
溶解 100% 炸裂 70% 衝撃 100% 貫通 30%
硬化 130% 切断 70% 振動 30% 収縮 100%
ヴォイドウォッチ(ルート:ジラート)で追加された亜種。開花した頭部を利用した固有技「チュパブロッサム」でレベルアップする事ができる。
またHPの減衰に伴って特殊技の「針千本」を「針二千本」「針四千本」「針万本」「針?本」へと段階的に強化させてゆく。

【 サンドウォーム 】
Vermes Carnium(アビセア-タロンギ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 50% 炸裂 85% 衝撃 50% 貫通 50%
硬化 50% 切断 5% 振動 50% 収縮 50%
冥界に住み死者を食むとされる環形動物。『アルタナの神兵』でHNMとして実装され、のちにアビセア-タロンギに通常配置された。
吸引力と排出力に優れ、特殊技は全てその能力を駆使したものになっている。中でも「デシケーション」は全てのアビリティを使用済みにする初の特殊技となった。
土中で生活しているため土に強く、土に対して優位な風に弱い。

【 サンドウォーム(ギガウォーム)】
Ulhuadshi(アビセア-アットワ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 150
溶解 50% 炸裂 85% 衝撃 50% 貫通 50%
硬化 50% 切断 5% 振動 50% 収縮 50%
『アビセアの死闘』で追加された亜種。固有技の「サイキサクション」を使用する。

【 シーザー族(火)】
Seether(プロミヴォン-ヴァズ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 112
溶解 5% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 100%
硬化 5% 切断 100% 振動 150% 収縮 100%
「虚ろなる闇」に満たされた空間「プロミヴォン」に飲み込まれた生物の残滓。失われた自らの記憶を求めてひたすら他の存在を襲う。
体の中央で輝くコアだけが自身に残された唯一の記憶であり、その内容に応じた精霊属性に特化している。
(激しき記憶:  哀しき記憶:  空しき記憶:  楽しき記憶:  輝かしき記憶:  忌わしき記憶:  眩しき記憶:  悪しき記憶:
耐性は「特化している属性およびそれに対して劣位にある属性に強く、反対に優位にある属性に弱い」というもの。seether とは「憤るもの」の意。

【 屍犬族 】
Hati(龍王ランペールの墓)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 150%
硬化 50% 切断 100% 振動 130% 収縮 50%
犬や狼のアンデッド。ビースト類全般のアンデッドとしても表現され、南グスタベルグの大羊族や聖地ジ・タのクァール族は夜間に倒されると屍犬族としてリポップする。
典型的なアンデッド類の耐性を持ち、氷闇に強く火光に弱い。

【 死鳥族 】
Flamingo(ル・オンの庭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 150% 切断 100% 振動 130% 収縮 130%
屍肉食の猛禽。3国周辺に配置された種族は基本的に全ての属性が通りやすく、死鳥族はその典型と言える。クォン大陸には桃色の羽毛を生やした個体が多い。

【 死鳥族(黒)】
Condor(メリファト山地〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 150% 切断 100% 振動 130% 収縮 130%
主にミンダルシア大陸に生息している亜種。固有技はなく、耐性も原種と同じである。

【 シャドウ族 】
Southern Spriggan(エルディーム古墳〔S〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 150%
硬化 70% 切断 100% 振動 100% 収縮 70%
エルディーム古墳やフェ・インを徘徊するエルヴァーンのアンデッド。コヴェフ墳墓群に葬られたガレヤン族が不死化したものが始祖と思われ、
拉致したエルヴァーンの子供に自らの血を飲ませて不死化させる事で仲間を増やす。モ黒シ狩の4タイプが存在する。アンデッド類の傾向通り、氷闇に強く火光に弱い。

【 シャドウ族(ハイドラ戦隊)】
Hydra Warrior(デュナミス-ボスディン)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 150
溶解 130% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 50% 切断 100% 振動 100% 収縮 50%
水晶大戦時に結成された多国籍教導部隊。ザルカバード会戦に投入されたが、その直後に獣人血盟軍の一部と共に夢世界デュナミスに飲み込まれた。
デュナミスではたとえ落命しても魂が輪廻転生する事なく元の肉体に戻って蘇生を果たすため、20年間昼夜の別なく獣人と戦い続けた結果、戦闘狂となり正気を失った。
生身の人間でありアンデッドではないため、ドレインやアスピルが通用する。

【 シャドウ族(プロマシアエリア)】
Fomor Samurai(礼拝堂)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 50% 切断 100% 振動 100% 収縮 50%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。フォモルと呼ばれるタブナジア侯国軍の怨霊。エルヴァーン♂に加えて、ヒューム♂、タルタル♂、ミスラ、ガルカが加わった。
(ヒューム:狩侍竜 エルヴァーン:戦シ狩 タルタル:モ黒 ミスラ:赤暗忍 ガルカ:ナ獣吟 初期ジョブとジラートジョブを採用しているが、アンデッドであるため白のみ存在しない。)
通称「呪いの視線」と呼ばれるポイント制を採用しており、初期状態のフォモルはPCを襲わないが、1体フォモルを倒すと1ポイント加算され、そのPCに対し全フォモルがアクティブになる。
ポイントはフォモルと敵対しているタブナジア群島のオーク族、巨人族、タウルス族を倒すたびに減らす事ができる。
また41ポイント以上貯めるとスウィフトベルトをドロップする5体のフォモルNMと戦う事ができる(NM出現後ポイントは減少する)。
フォモルは基本的にリンクしないが、パーティを組んでいる個体間に限りリンクする(またパーティ先頭のフォモルを戦闘状態に入る前に即死させると残りのフォモルは消滅する)。
原種と違って少量のギルを落とす。Fomor とはケルト神話の巨人族を意味する。

【 シャドウ族(アトルガンエリア)】
Ephramadian Shade(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 85% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 50% 切断 100% 振動 100% 収縮 50%
『アトルガンの秘宝』で追加された亜種。アトルガン皇国軍の怨霊とイフラマド王国軍の怨霊の2タイプが存在する。種族はヒューム♂、エルヴァーン♂、ミスラのみ。
(皇国軍ヒューム:戦黒シ暗獣吟 皇国軍エルヴァーン:ナ 王国軍ヒューム:モ狩 王国軍エルヴァーン:コ 王国軍ミスラ:赤)
アンデッド類に共通の知覚である「聴覚感知」「生命感知」に加えて「アビリティ感知」を身に着けている。

【 シャドウ族(戦乙女)】
Brunhilde(ハザルム試験場 BF「オーディンの間」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 130
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 130%
硬化 85% 切断 85% 振動 85% 収縮 50%
オーディンに仕える9人の戦乙女。種族はエルヴァーン♀のみ。
赤(Schwertleite、Helmwige、Ortlinde)吟(Grimgerde、Waltraute)竜(Siegrune、Rossweisse、Gerhilde、Brunhilde)の3タイプが存在し、
リーダー格の Brunhilde のみヴァルハラヘルムを被っている。ハイドラ戦隊同様アンデッドではなく、ドレイン・アスピルが通じる。

【 シャドウ族(アドゥリンエリア)】
Spurned Nightstalker(ラ・カザナル宮内郭)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 85% 衝撃 100% 貫通 130%
硬化 50% 切断 100% 振動 100% 収縮 50%
『アドゥリンの魔境』で追加された亜種。ヒューム♀が加わった(ヒューム♂:忍 ヒューム♀:吟 エルヴァーン♂:暗 エルヴァーン♀:狩 タルタル♂:黒赤 ミスラ:剣 ガルカ:ナ)
アビリティ感知は持たない。ラ・カザナル宮外郭の Shunned(忌み嫌われる者)と内郭の Spurned(拒絶される者)の2タイプが存在する。

【 樹人族(若木)】
Nascent Sapling(ヨルシア森林)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 130% 切断 100% 振動 100% 収縮 150%
樹人族の幹から分裂した移動性の球根。栄養分に富む土壌を求めて放浪し、やがて根を下ろす。プラントイド類の傾向通り、火闇に弱い。

【 樹人族 】
Verdant Treant(ヤッセの狩場)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 130% 切断 100% 振動 100% 収縮 150%
トレントとも呼ばれる移動性の低木。普段は一般的な樹木と同じく大地に根を下ろしているが、繁殖期になると動物を捕食するために動き回る。
分類名であるプラントイドとは plant(植物)と -oid(~のようなもの)を組み合わせた造語であり、植物であるのか動物であるのか判然としないモンスターの総称に用いられ、
期間限定ながらも高い運動能力を発揮し、更に肉食性である樹人族はその典型と言える。若木と同じく火闇に弱い。

【 樹人族(桜花)】
Gilagoge Tlugvi(バルガの舞台 BF「四季悪日」)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 156
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 130% 切断 100% 振動 100% 収縮 150%
BF「四季悪日」で追加された亜種。個体数が少なく Gilagoge Tlugvi とアビセア-コンシュタットの Gangly Gean のみが存在する。

【 樹人族(紅葉)】
Ulagohvsdi Tlugvi(バルガの舞台 BF「四季悪日」)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 130% 切断 100% 振動 100% 収縮 150%
BF「四季悪日」で追加された亜種。のちにルフェーゼ野やバフラウ段丘にも配置されたが、いずれも時間経過などの出現条件が定められており、通常個体は存在しない。

【 樹人族(枯木)】
Elder Treant(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 85%
硬化 115% 切断 85% 振動 85% 収縮 130%
BF「四季悪日」で追加された亜種。のちにカダーバの浮沼やヨルシア森林に通常配置された。カダーバの個体は耐性がやや強化されている。

【 ジラント族 】
Anguis(ウォークオブエコーズ BF「第7ウォーク」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 150
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 100%
硬化 50% 切断 50% 振動 50% 収縮 5%
並行世界「黒き未来」で闇の王に仕える邪龍。アビセアンNM Yilbegan として実装された。
標的が前後左右のどこに立っているかで使用する特殊技が変わる。また一定時間ごとに翼を広げてバイオスフィアを展開し、その間は特殊技の性能が強化されるというギミックがある。
闇属性の特殊技が多く、耐性も闇に強く光に弱いというものになっている。

【 シンカー族(土)】
Thinker(プロミヴォン-ヴァズ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 112
溶解 100% 炸裂 150% 衝撃 5% 貫通 100%
硬化 100% 切断 5% 振動 100% 収縮 100%
「虚ろなる闇」に満たされた空間「プロミヴォン」に飲み込まれた生物の残滓。失われた自らの記憶を求めてひたすら他の存在を襲う。
体の中央で輝くコアだけが自身に残された唯一の記憶であり、その内容に応じた精霊属性に特化している。
(激しき記憶:  哀しき記憶:  空しき記憶:  楽しき記憶:  輝かしき記憶:  忌わしき記憶:  眩しき記憶:  悪しき記憶:
耐性は「特化している属性およびそれに対して劣位にある属性に強く、反対に優位にある属性に弱い」というもの。
BFに登場する個体には特化した属性がなく、耐性が一律70%になっている。thinker とは「考えるもの」の意。

【 スケルトン族 】
Spartoi Warrior(龍王ランペールの墓)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 150%
硬化 100% 切断 130% 振動 130% 収縮 50%
アンデッドとして蘇った白骨死体。戦と黒の2タイプが存在する。ヒューム族の骨格をしているが、獣人族のアンデッドとしても表現され、
南グスタベルグのクゥダフ族や、バルクルム砂丘のゴブリン族を夜間に倒すとスケルトン族としてリポップする。闇属性の睡眠に対して極端に高い耐性を有す。
アンデッド類は氷と闇に強い事が多いが、これは既に冷たくなった遺体であり、常夜の住人であるためだと思われる。またそれらに対して優位にある火と光に弱い。

【 スケルトン族(ドラウガー)】
Reserve Draugar(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ - 12.5% 魔防 120
溶解 130% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 130%
硬化 70% 切断 115% 振動 115% 収縮 50%
ラミア族に操屍の呪紋を施された白骨死体。シ黒暗竜の4タイプが存在する。「ブラッドセイバー」の上位版である固有技「屍毒」を使用する。
若干の魔法カットと魔防を有し、更に付近にラミア族がいるとオートリジェネの状態になるというギミックがある。亜種名は北欧神話のアンデッドから。

【 スケルトン族(具足)】
Gasha(エルディーム古墳)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100~110
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 50%
硬化 85% 切断 100% 振動 85% 収縮 40%
ヴォイドウォッチ(ルート:ジュノ)で追加された亜種。固有技の「クレパスキュルブレイド」を使用する。
初期状態では篭手と脛当しか装備していないが、倒すたびに部位を追加して蘇る。また最終形態になると魔防が10上がる。
アンデッド類ながらも光を克服しており、同じく亜種になる事で光を克服したアンデッド類にはストリゴイやクマカトックなどがいる。

【 スケルトン族(ローブ)】
Smierc(タロンギ大峡谷)
被魔法ダメージ + 0%(闇0.5倍) 魔防 140
溶解 115% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 50%
硬化 50% 切断 100% 振動 85% 収縮 25%
ヴォイドウォッチ(ルート:ジュノ2)で追加された亜種。固有技の「クラウドスカージ」を使用する。Gasha と同じく光を克服している。smierc とはポーランド語で死神の意。

【 スナップウィード族 】
Snapweed(ヨルシア森林)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 50% 衝撃 50% 貫通 70%
硬化 130% 切断 70% 振動 60% 収縮 50%
移動性の食虫植物。壷状に変形した葉の中に虫を落とし込んでから消化液で溶かし、養分とする。
プラントイド類の傾向通り火に弱いが、ヨルシア森林には日光が差さないため闇には強い。熱帯に生息するウツボカズラがモデルと思われ、それゆえ氷にも弱い。

【 スナップウィード族(ジュエルウィード)】
Eschan Jewelweed(エスカ-ジ・タ)
被魔法ダメージ + 25% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 50% 衝撃 50% 貫通 70%
硬化 130% 切断 70% 振動 60% 収縮 50%
『ヴァナ・ディールの星唄』で追加された亜種。Eschan Yztarg などの通常モンスターを倒すと抽選で出現する。強さを調べる事ができ、NMではない。
原種は魔法カットを有していたが、こちらは逆に被魔法ダメージが増加している。亜種名は鮮紅色の体を jewel(宝石)に見立てて付けられたものだと思われる。

【 スパイダー族 】
Bark Tarantula(ボヤーダ樹)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 100%
硬化 150% 切断 100% 振動 115% 収縮 100%
ヴァナ・ディールに広く生息する小型の節足動物。腹部の先端から糸を出して獲物を絡め取る。変温動物ゆえに氷に弱い。

【 スパイダー族(黒)】
Subterrane Spider(シルダス洞窟)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 100%
硬化 150% 切断 100% 振動 115% 収縮 100%
BF「蜘蛛の神」のモンスター Anansi として追加された亜種。長らく Anansi 専用のグラフィックだったが、のちにアビセア-ミザレオやシルダス洞窟に通常配置された。

【 スパイダー族(白)】
Son of Anansi(ク・ビアの闘技場 BF「蜘蛛の神」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 100%
硬化 150% 切断 100% 振動 115% 収縮 100%
同じく「蜘蛛の神」のモンスターとして追加された亜種。こちらは現在でも Son of Anansi 専用のグラフィックとなっている。
非常に小型で、チゴー族が登場するまではヴァナ・ディール最小のモンスターであった。通常攻撃の追加効果に毒がある。

【 スパイダー族(黄)】
Colossal Spider(ケイザック古戦場)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 115% 衝撃 115% 貫通 100%
硬化 130% 切断 85% 振動 115% 収縮 100%
『アトルガンの秘宝』で追加された亜種。土蜘蛛としてのキャラクター性を持たせたのか土に若干強くなっている。

【 スフィアロイド族 】
Spectator(アビセア-ウルガラン)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 150% 貫通 100%
硬化 100% 切断 100% 振動 100% 収縮 100%
ル・アビタウ神殿、及びヴェ・ルガノン神殿を巡回するジラート製の監視機。「練習相手にもならない」ほどのレベル差があっても襲ってくるという特徴がある。
小型の火器を内蔵しているものの戦闘力は微々たるもので、HPが極端に低い代わりにドール族を最大5体まで呼び出して戦わせる。
後にアビセアエリアに通常配置され、そちらは一般的なHPを獲得した代わりにドール族を呼び出す能力を失っている。精密機械の傾向通り雷に弱い。

【 スライム族 】
Oil Slick(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 130% 切断 130% 振動 130% 収縮 130%
高い流動性を持つ原生生物。標的を細胞内に取り込み分解する事で養分を得る。高い物理カットを有すが、その反面あらゆる精霊属性に弱く、中でも特に火に弱い。

【 スライム族(クロット)】
Glutinous Clot(エヌティエル水林)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 115% 炸裂 130% 衝撃 115% 貫通 85%
硬化 115% 切断 115% 振動 115% 収縮 85%
『プロマシアの呪縛』で追加された亜種。固有技はなく、当初は通常攻撃の追加効果にHP吸収があったが、『アトルガンの秘宝』以降の個体からは削除されている。
clot とは凝固した液体、特に血液を指す単語で、原種よりも流動性を失っているのか、切削作用のある風に弱くなっている。

【 スライム族(ボイル)】
Lorbulcrud(グスゲン鉱山)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 120
溶解 115% 炸裂 130% 衝撃 115% 貫通 85%
硬化 115% 切断 115% 振動 115% 収縮 85%
アビセアンNM Blobdingnag として追加された亜種。固有技の「サイトキネシス」「ディゾルブ」を使用する。
クロットよりも赤黒く、人間の倍近い体高を有す。耐性はクロットと同じである。boil とは沸騰、転じて腫れ物の意。

【 スライム族(黄)】
Riverscum(マリアミ渓谷)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 150% 炸裂 130% 衝撃 130% 貫通 130%
硬化 130% 切断 130% 振動 130% 収縮 130%
『アドゥリンの魔境』で追加された亜種。固有技は持たず、カラーリング以上の差異はないが、マリアミ渓谷の個体は水産物であるアプカルモドキをドロップする。

【 スラッグ族 】
Scummy Slug(エヌティエル水林)
被魔法ダメージ + 0%(水吸収) 魔防 100
溶解 115% 炸裂 100% 衝撃 115% 貫通 100%
硬化 115% 切断 100% 振動 吸収 収縮 100%
湿地帯に生息する陸生巻貝。ロランベリーを食害するため中の国からは完全に駆除されたが、東ウルブカには現在でも生息している。
概ねどの属性も通りやすく突出した弱点はないが、唯一水属性のみ吸収する。slug はナメクジの英名。

【 ゼデー族 】
Aw'zdei(ル・メトの園)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 120
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
ジラートが開発した壷型の機械兵。フ・ゾイの各所に設置され、常時回転して周囲360度を監視している。
戦闘時にはケミカルライトのようなリングとスティックを飛ばして攻撃する。突出した弱点はなく、耐性は一律70%。

【 ゼデー族(緑)】
Ix'zdei(ル・メトの園 BF「天使たちの抗い」)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 120
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 70%
硬化 70% 切断 70% 振動 70% 収縮 70%
NM専用の亜種。固有技はなく、耐性上の変更点もない。BF「天使たちの抗い」には白黒赤の3タイプが登場し、
黒タイプは裸時には精霊I系を、リング時にはガIII系を、スティック時には精霊IV系を詠唱するという特徴がある。
またBF内には専用の台座が設置されており、HPが減少すると一度だけ台座に戻ってHPを全快するというギミックがある。

【 セフエジ族 】
Kumhau(カミール山麓)
被魔法ダメージ + 20%(C.レート81%時) 魔防 100
溶解 70% 炸裂 15% 衝撃 50% 貫通 30%
硬化 15% 切断 50% 振動 50% 収縮 70%
タルタロス原産のホワイトライオン。かつてハデスに幽閉されていたがオーグストの手で解放され、以来「七支公」の位を奉じて大冥宮の入口を監視している。
氷属性に特化しており、氷風に強く火に弱い。また七支公には特化している属性とは無関係な2つ目の弱点が設定されている事が多く、Kumhau の場合は闇にも弱い。
特殊技の「ポラーロア」でディスペル不可能なアイススパイクと麻痺スフィアを展開する。スフィアは火ダメージでスパイクを消去したのち、背後からWSを撃つ事で解除できる。

Utkux(ヨルシア森林〔U〕)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 114
溶解 130% 炸裂 5% 衝撃 15% 貫通 30%
硬化 5% 切断 10% 振動 70% 収縮 45%
メナスインスペクター(カミール山麓の閉ざされた領域)に登場する個体。ポラーロアのスフィアは火ダメージで消す事ができるが、使われるたびに要求されるダメージ量が増える。
耐性はより氷属性に特化したものになっており、火以外はほぼ通らないようになっている。

【 ソウルフレア族 】
Soulflayer(アラパゴ暗礁域)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 120
溶解 100% 炸裂 100% 衝撃 100% 貫通 115%
硬化 70% 切断 100% 振動 15% 収縮 5%
自らに移植された魔物の魂を御しきれなくなった元青魔道士。その肉体的変化はアトルガン皇国では「頭足病」と呼ばれる。
獣性に振り回されて人を襲う者が殆どだが、中には人格や理性を保っている者もいる。デーモン類の傾向通り闇に強く光に弱い。また水棲生物的な外見から水にも強くなっている。

【 ソウルフレア族(黒)】
Mahjlaef the Paintorn(カダーバの浮沼)
被魔法ダメージ - 25% 魔防 120
溶解 70% 炸裂 70% 衝撃 70% 貫通 85%
硬化 50% 切断 70% 振動 10% 収縮 5%
アサルト「ナイズル島踏査指令」のヘッドとして追加された亜種。全個体がNMであり耐性値が強化されている。
ソウルフレア族は基本的に精霊魔法のみを詠唱するが、ヘッドの Abject Kharoub はノートリアスナレッジ専用の青魔法を詠唱する。

【 ゾミト族 】
Om'xzomit(アル・タユ)
被魔法ダメージ + 0% 魔防 100
溶解 130% 炸裂 100% 衝撃 130% 貫通 100%
硬化 130% 切断 130% 振動 130% 収縮 100%
異次元世界ルモリアを遊泳する軟体動物。シュ・メーヨ海のイカが時空点転移を経て変化した姿だと思われる。
個体によっては1体ないし2体の子供を連れている事があり、親は何らかの器官や組織を100%ドロップするという特徴がある。概ねどの属性も通りやすいが、中でも火氷土雷水に弱い。