※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【導術の追加・変更】

■使鬼遣い(しきつかい)  [導術5レベル]
 ◇消費:特殊  ◇対象:<形代>1つ  ◇射程/形状:接触/―  ◇時間:一瞬/1日  ◇抵抗:なし  ◇属性:―
 ◇概要:使鬼を作成し、使役する
 ◇効果:術者は使鬼と呼ばれる魔法生物を作り出し、使役します。消費は「作成する使鬼のレベル×2」のMPとなります。
     この魔法の消費MPは、必ず術者自身のMPから消費されなければなりません。
     また、使鬼が作成されると同時に、消費したMPと同じだけ、術者のMPの最大値が減少します。
     作成した使鬼が消滅したとき、減少した術者のMP最大値は元に戻ります。
     この魔法は通常、行使に10分が必要です。
 ◇即席で作成する場合:
     10分の時間を費やさず、【使鬼遣い】を行使することも可能です。
     このとき、作成された式神は、効果時間に関わらず、1回でも主動作を行った次の自身の手番の開始時に消滅します。




■使鬼について

 使鬼とは、<陰陽術>に存在する「式」の使役術と<法術>にある降霊の呪法を組み合わせ、導師が<形代>と呼ばれる専用の触媒に、変質させた神霊の力を宿して生み出す擬似生物です。
 実体が不安定なために耐久力に欠ける反面、攻撃力は高く、また種類に応じて特殊な移動能力や隠密性を備えています。
 導師は伝令や使い捨ての斥候として、時には刺客として、使鬼を使役します。
 導師が【使鬼遣い】によって作成できる使鬼の魔物レベルは、最大で「導師の習得している<陰陽術>と<法術>、いずれか低い技能レベル-2」となります。

 使鬼を作成するために必要な<形代>は、粘土や紙、動物の骨などを用いて何らかの生き物を模した人形で、導師が自作しなければなりません。
 ゲーム的には形状や素材などは問いませんが、その<形代>を用いて作成できる使鬼の魔物レベルに応じた材料費が必要になります。
 <形代>1つを作成するには、1時間が必要です。

 以下は、作成する使鬼の魔物レベルに応じた【使鬼遣い】の消費MPと<形代>の材料費です。
 作成できないレベルの使鬼に対応した<形代>を作ることもできますが、術者以外の導師が作った<形代>を用いて使鬼を作成することはできません。
 高い材料費をかけた<形代>を用いて、より低いレベルの使鬼を作成することは可能です。

 レベル MP  材料費(銭)
   2  4  200
   3  6  250
   4  8  300
   5 10  500
   6 12  650
   7 14  900
   8 16 1200
   9 18 1600
  10 20 2200
  11 22 3000
  12 24 4000
  13 26 5500




■使鬼の共通能力

 使鬼は「分類:魔法生物」であり、【センス・マジック】などの魔法に反応します。
 毒や病、精神効果の影響を受けません。呼吸を必要とせず、発声の機能は持つものの、自ら言語を操ることはありません。
 すべての使鬼は、以下の特殊能力を持ちます。

「○知性を持たない」
 明確な意思や知性を持たず、術者から与えられる命令によってのみ行動します。後述する「○使鬼の規則」にある以外の自発的行動を行いません。
 命令を解する知能は脆弱であり、手順を踏む作業や細かい条件付けが理解できません。
 直接指し示された建物に荷物を届ける、特定の場所へ移動してじっとしているなど、幼い子供にも理解できる程度の内容が限界です。
 例外として、術者がよく知る場所への移動と輸送に限り、使鬼自身がその場所を熟知しているかのように高い精度で行うことができます。
 また、使鬼は術者が直接面識のある人物を同じように識別できます。
 戦闘時における指示は、ゴーレムやアンデッドへの命令(⇒『WT』32頁)「逐次指示に従え」に準じます。
 使鬼への命令には発声を必要としませんが、術者が使鬼を目視していなければなりません。
 術者とともに戦闘に参加する場合、使鬼の先制値は「0」として扱います。

「○人形として扱う」
 「対象:人形1つ」の魔法の対象になります。【ドール・サイト】(⇒『WT』34頁)や【リモート・ドール】(⇒『WT』35頁)、【テレオペレート・ドール】(⇒『WT』42頁)の影響下では、術者は使鬼の知覚を得るとともに、その場にいるかのように使鬼に命令を与えることができます。この方法で使鬼を直接操って戦闘を行わせる場合、使鬼は固有の先制値を用います。
 また、【インテンス・コントロール】(⇒『WT』34頁)による強化や【ダブル・インディケイト】(⇒『WT』35頁)を用いた同時指示、【コマンド】(⇒『WT』37頁)での支配権奪取も使鬼に対して有効であるとします。

「○使鬼の規則」
 使鬼は常に術者の居場所を正確に把握しており、継続性のない命令を果たした後や命令が実行不可能になった場合、もしくは命令を受けていない状態では、まっすぐに術者の居場所へ向かって移動します(障害物があれば迂回します)。
 また、使鬼を攻撃したり、命令の遂行を妨げるような働きかけを行う者がいた場合、術者の直接の指示によって制止されない限り、使鬼は積極的にそうした者を攻撃します。自身で戦闘を行うとき、使鬼は固有の先制値を用います。
 この規則は使鬼を使役する上で不可避的に発生するものであり、術者の意思によって事前に排除することはできません。

「○正体露見=導術」
 陰陽術技能と法術技能をともに持つものは、使鬼に対する魔物知識判定に自動的に成功します。

「○返しの風」
 使鬼のHPが0以下になるか、【ディスペル・マジック】の魔法などで破壊された場合、術者は使鬼の「生命抵抗力」に等しい呪い属性の魔法ダメージを受け、同じだけHPの最大値が減少します。
 このダメージはいかなる効果でも軽減できません。減少したHP最大値は、【使鬼遣い】が本来持っていた効果時間が経過すると回復します。
 術者は、自らの作成した使鬼に主動作で接触することで、「○返しの風」を受けることなく消滅させることができます。

「○形代を残す」
 使鬼は戦利品を持ちませんが、破壊されたり、効果時間の終了によって消滅すると、その場に<壊れた形代>が残ります。
 【使鬼遣い】を行使できるキャラクターは、同一の術者が作った<形代>や<壊れた形代>を見分けることができます。
 また、<壊れた形代>に陰陽術【アナライズ・エンチャントメント】(⇒『WT』26頁)が行使されれば、使鬼のデータと最後に受けていた命令の内容が判明します。

「○邪なるもの」
 和魂としての神々の力が及んでいる神聖な場所や、高位の法術師が作る符の結界によって防護された場所に立ち入れません。
 こうした場所に侵入を試みた場合、使鬼は即座に破壊されます。




■使鬼の種類

 使鬼には以下の「翼持つ使鬼」「地駆ける使鬼」「水泳ぐ使鬼」の3種類が存在し、術者は【使鬼遣い】を行使する際にいずれかを選択します。
 使鬼のレベルは使用した<形代>と消費MPによって決まり、レベルに応じたデータを持ちます。
 種類ごとに固有の特殊能力を持ちますが、術者は使鬼を作成するとき、任意にこれらの能力を削除することができます。


【翼持つ使鬼】
 背に蝙蝠に似た翼を備えた、小型の猿のような姿をした使鬼です。
 手先は器用とは言えませんが、物を掴んだり、扉を開閉する程度の作業はこなします。
 武器を扱うことはできないものの、単純なアイテムなどを使用することも可能です。
 翼の力はさほど強くなく、抱えて飛べる荷物は10kg程度が限界です。

◇基礎情報
 知能:なし 知覚:魔法 言語:なし 反応:命令による
 知名度/弱点値:レベル+11/レベル+14 弱点:物理ダメージ+2点
 先制値:レベル+10 移動速度:10/20(飛行)

◇戦闘値
       命中力   打撃点   回避力   防護点   HP   MP   生命抵抗   精神抵抗 
  2LV   5(12)    2d+2  3(10)    2   11   6    4(11)    4(11) 
  3LV   6(13)    2d+4  4(11)    2   13   7    5(12)    5(12) 
  4LV    7(14)    2d+6    5(12)    3   15   8    6(13)    6(13) 
  5LV   9(16)    2d+8    6(13)    3   17   10   7(14)    7(14) 
  6LV    10(17)   2d+9    7(14)    4   19   12   8(15)    8(15) 
  7LV   11(18)   2d+11   8(15)    4   21   14   9(16)    9(16) 
  8LV   13(20)   2d+12   10(17)   5   23   16   10(17)   10(17) 
  9LV   14(21)   2d+14   11(18)   5   26   18   11(18)   11(18) 
 10LV   15(22)   2d+16   12(19)   6   29   20   12(19)   12(19) 
 11LV   16(23)   2d+18   13(20)   6   32   22   13(20)   13(20) 
 12LV   17(24)   2d+20   14(21)   7   35   24   14(21)   14(21) 
 13LV   18(25)   2d+21   15(22)   7   38   26   15(22)   15(22) 

◇特殊能力
「○飛行」
 近接攻撃の命中力・回避力判定に+1のボーナス修正を得ます。
「〆呪詛/レベル+3(レベル+10)/精神抵抗力/半減」
 「射程:接触」で、敵1体に「2d+レベル」点の病気属性の魔法ダメージを与えます。
 この能力を使用すると、MP5点を消費します。
「○隠密行動」
 基準値「レベル+4」で隠密判定を行えます。


【地駈ける使鬼】
 中型犬ほどの大きさの四足獣の姿をした使鬼です。
 口にくわえる以外では物を持てませんが、脚力が強く、人の背ほどの障害物を跳び越すことができます。
 背にくくりつけるなどの手段を用いれば、30kg程度までの荷物を運ぶことができます。

◇基礎情報
 知能:なし 知覚:魔法 言語:なし 反応:命令による
 知名度/弱点値:レベル+7/レベル+10 弱点:物理ダメージ+2点
 先制値:レベル+12 移動速度:30

◇戦闘値
    命中力   打撃点   回避力   防護点   HP   MP   生命抵抗   精神抵抗 
  2LV   5(12)    2d+5    3(10)    0   10   5    4(11)    3(10) 
  3LV   6(13)    2d+7    4(11)    1   12   6    5(12)    4(11) 
  4LV   7(14)    2d+9    5(12)    1   14   7    7(14)    5(12) 
  5LV   9(16)    2d+10   6(13)    1   16   8    8(15)    6(13) 
  6LV   10(17)   2d+12   7(14)    2   18   9    9(16)    7(14) 
  7LV   11(18)   2d+14   8(15)    2   20   10   10(17)   8(15) 
  8LV   13(20)   2d+15   10(17)   2   22   11   12(19)   9(16) 
  9LV   14(21)   2d+17   11(18)   3   24   12   13(20)   10(17) 
 10LV   15(22)   2d+19   12(19)   3   26   13   14(21)   11(18) 
 11LV   16(23)   2d+21   13(20)   3   28   14   15(22)   12(19) 
 12LV   18(25)   2d+23   14(21)   4   30   15   16(23)   13(20) 
 13LV   19(26)   2d+25   15(22)   4   32   16   17(24)   14(21) 

◇特殊能力
「▽連続攻撃」
 攻撃が命中した場合、同じ対象にもう1回攻撃できます。2回目の攻撃が命中しても、この効果はありません。
「○闇に溶ける身体」
 この能力は日光の当たらない場所、または夜にしか使用できません。
 周りの闇と同化し、暗視を持たないキャラクターにいっさい知覚されなくなります。
 実体を持たなくなり、壁や障害物をすり抜けることができます。
 自らを直視する存在が現れたときには、この能力は自動的に失われます。


【水泳ぐ使鬼】
 小型のワニほどの大きさを持つ、トカゲやサンショウウオに似た姿の使鬼です。
 水中の活動に適応している他、自身の身体を液体に変えることができ、狭い場所へ入り込むことに長けています。
 四肢の先に長い五指を備えており、人の掌に収まる程度のサイズの品物をそれぞれの腕に掴んだまま水中を移動できます。
 地上では腕に物を持ったまま移動することはできません。

◇基礎情報
 知能:なし 知覚:魔法 言語:なし 反応:命令による
 知名度/弱点値:レベル+9/レベル+12 弱点:炎属性ダメージ+3点
 先制値:レベル+9 移動速度:12/18(水中)

◇戦闘値
    命中力   打撃点   回避力   防護点   HP   MP   生命抵抗   精神抵抗 
  2LV   6(13)    2d+1    3(10)    0   15   5    4(11)    5(12) 
  3LV   7(14)    2d+2    4(11)    0   18   6    5(12)    6(13) 
  4LV   8(15)    2d+4    5(12)    0   21   7    6(13)    7(14) 
  5LV   10(17)   2d+5    6(13)    0   24   8    7(14)    8(15) 
  6LV   11(18)   2d+6    7(14)    0   27   9    8(15)    9(16) 
  7LV   12(19)   2d+7    8(15)    0   30   10   9(16)    10(17) 
  8LV   13(20)   2d+9    10(17)   0   33   11   10(17)   11(18) 
  9LV   14(21)   2d+10   11(18)   0   36   12   11(18)   12(19) 
 10LV   15(22)   2d+12   12(19)   0   39   13   12(19)   13(20) 
 11LV   17(24)   2d+13   13(20)   0   42   14   13(20)   14(21) 
 12LV   18(25)   2d+14   14(21)   0   45   15   14(21)   15(22) 
 13LV   19(26)   2d+16   15(22)   0   48   16   15(22)   16(23) 

◇特殊能力
「○水中適性」
 水中の行動によるペナルティ修正を受けません。
「○水中呼吸」
 水中で呼吸と発声を行うことが出来ます。
「▽毒牙/レベル+2(レベル+9)/生命抵抗力/消滅」
 攻撃を命中させ、「1」点以上の適用ダメージを与えた場合、対象に「レベル×2」点の毒属性の魔法ダメージを与えます。
「☆液化」
 身体を液体に変化させ、どんな狭い隙間からでも侵入することができます。
 連続して液体になっていられるのは30秒(3ラウンド)までで、液体の状態では移動以外のいかなる動作も行えません。
 水中では、乱戦エリアからの移動でも「離脱宣言」を行う必要はなく、移動経路上において「移動妨害」を受けることもありません。