※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【神霊】

神霊とは、神話に語られる神々とその眷属に対する総称です。
眷属は世界中に満ちており、自然の中に生きています。
神霊はたゆたう光の塊のような未分化なものから、人に近い姿をしたものまで様々な姿をしています。
また、髪や瞳の色も多様で、概ね明るい色合いをしています。
人に似た姿を持つ高位の神霊は、独特の衣装に身を包み、「はごろも」と呼ばれる薄布を纏っています。

■人と「神霊」
人々は、神霊のもたらす大地の恵みによって日々の糧を得、彼らの生み出す魔素(マナ)を使用することによって様々な術を行使することができます。
人族にとって神霊は敬うべき神であり、また同時に愛すべき隣人であります。

■「神霊」の『死』
彼らは命を終えると自然の中へと還り、また新たな神霊として生まれてきます。
その循環は、人の言うところの生死とはまた違った概念のようです。
ただ、神話で命を終えた伊邪那美が、自然へ還ることなく黄泉の国へとその身を移したのが何故だったのか。
理由は今もはっきりとはしていません。
一説に寄れば、彼女があまりにも大きな力を持った神霊であったためであるとも言われています。

■エネミーデータ「神霊」
 →sw2「妖精」を参考にしてください。