フルメタル・ジャケット(1987)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

邦題:フルメタル・ジャケット
原題:Full Metal Jacket
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック マイケル・ハー グスタフ・ハスフォード
原作:グスタフ:ハスフォード『ショート・タイマーズ』
配給:ワーナー・ブラザーズ
制作国:イギリス アメリカ
キャスト:マシュー・モディーン(主人公)
     ヴィンセント・ドノフリオ(微笑みデブ)
     R・リー・アーメイ(ハートマン)

あらすじ
明確に二部に分かれた構成。前半では海兵隊訓練所で新兵が受ける過酷な訓練、後半では彼らのベトナムでの行動が描かれる。
ベトナム戦争時、アメリカ海兵隊に志願した青年たちは、サウスカロライナ州のパリス・アイランド海兵隊訓練キャンプで厳しい教練を受ける。キャンプの鬼教官・ハートマン軍曹の指導のもとで行われる訓練は、徹底的な叱責と罵倒、殴る蹴るの体罰が加えられ続けるという、心身ともに過酷を極めるものだった。さらに連帯責任による懲罰、訓練生の間で行われるいじめなど閉鎖的な空間で受ける社会的ストレスが次々と描かれていく。落ちこぼれだった訓練生レナード(微笑みデブ)はこれにより精神に変調をきたし、卒業前夜にハートマンを射殺し自害する。
厳しい訓練を耐え抜き一人前の海兵隊員となった彼らは、ベトナムへ送られる。テト攻勢の第一撃を受けた後、前線での取材を命じられた報道部員のジョーカーは、訓練所での同期であったカウボーイと再会し、彼の部隊に同行することとなる。ある日カウボーイたちは、情報部から敵の後退を知らされ、その確認のためにフエ市街に先遣される。しかし交戦地帯で指揮官をブービートラップで失った上に敵の狙撃を受け、部隊は混乱する。(出典:Wikipedia)


感想