ここが変だよSAO



•こちらはこれまでのアニメ放送で出た矛盾点を暴いていくコーナーです
•ネタバレが多分に含まれているので、十分注意してください
•コメントや整形なしの編集でも構いません
•後で管理人が責任を持って整形し直します(キリット


一期前半/SAO編

デスゲーム開始以前の話

  • ナーヴギアは非常に高価で、かつSAOのソフトウェアは1万本の限定販売だった。その1万人全員がゲームに同時にログインし、閉じ込められたかのように書かれている。
  • とてもナーヴギアを買えないような子供まで事件に巻き込まれている。SAOの購入権が抽選だったとすると、黒猫団やグリムロック夫妻のように顔見知り同士が購入できた点が不自然である。

レンチンの問題点

SAO内でプレイヤーキャラが死亡すると、ナーヴギアから照射される高出力のマイクロ波でそのプレイヤーの脳は破壊され、現実の肉体も死に至る。これを以下レンチンと称する。
  • デスゲームものでありがちな設定(爆弾つきの首輪など)をそのままゲーム機に置き換えたため、齟齬が生じてしまったと思われる。
  • 装着部位に高出力マイクロ波を照射できる機械を民間市場に発売するのは、先進国ではまず無理。茅場一人で全部作って手売りしたのでもない限り、設計や製造の段階で誰かに止められる。
  • レンチンを作動させるための電源の確保は難しいと思われるが、原作にはバッテリーで動くような記述もある。
  • 現実世界でプレイヤーたちがどうなっていたか、ということに対し、少し突っ込んで考察するとすぐにボロが出てしまう。
    • 原作だと被害者の名前を茅場が公表し、病院へと搬送する猶予期間を与えたらしい。いろいろと無理がある。また、救護費用が茅場の個人資産から出ているという記述もある。
  • 1万人分の病床の確保(SAOに接続しつづけるための通信インフラも必要)、植物状態となったプレイヤーの介護にかかる経済的・人的負担の保証をどうやって行ったのか。カネについては目をつぶるとしても、ハードウェアの確保は無理。
    • 初期のアンチスレでは「介護疲れで家族が強制切断」というブラックジョークが囁かれたりもした。
  • 現実側でナーヴギアの無効化・解体を試みた描写がない。
  • ログアウト不能な以上、プレイヤーにはゲーム内でレンチンが実行されたかどうかを確かめる手段がない。死亡キャラは帰ってこないし、犠牲者の名前は慰霊碑に刻まれるが、それ以上の証拠は手に入れることができない。
    • プレイヤー死亡時のエフェクトも現実味のない形(一瞬で砕け散る)であり、実際キリトはサチの死を蘇生アイテム取得まで信じていなかった。
  • このように、SAOのデスゲーム設定はその根幹からしてあやふやである。登場人物たちが呑気にロールプレイを楽しんでいることもあって、全く緊張感が伝わってこない。
    • デスゲーム()というメッキは3話にして剥げてしまうことになった。

キリトさんの妄言(#1)

  • チュートリアル直後にクラインに、すぐ隣の村に行かないと生き残れないという趣旨の発言をします。
    • 『始めの街に残っていてリソース不足から死ぬリスク』が、『隣の村への移動やその後に隣の村周辺でレベル上げなど行っていて死ぬリスク』より高くなければクラインを誘う必要がありません。そのため、少なくともキリトさんは『始めの街に残っていたら確実に死ぬ』と思っていたものと思われます。
  • でも隣の村に行かなかったクラインはちゃっかり生き残っています。クラインどころか釣り人とかシスターとかガキンチョとか、どう考えてもすぐ隣の村に行かなかった人が多数生き残ってます。
  • 結局あの緊張感を煽る台詞はなんだったのでしょう。

ベテランは死んだ! もういない!(#2)

  • この話の原作範囲である、SAOP1巻収録の『星なき夜のアリア』において、「(初期の犠牲者の)ほとんど全部が、他のMMOじゃトップ張ってたベテラン」という設定が追加され、物議をかもした。
    • SAOのトッププレイヤーが一堂に会したその場面において、「初心者だから死んだ」という可能性は指摘されすらしない。キリトもエギルの「ベテランゆえの慢心説」を全肯定している。
    • SAOPにおいて「他のMMOじゃトップ張ってたベテラン」は、死 ん だ のだ。キリトの強者たる理由はますます磐石となるのだろう(キリット
  • 他のゲームからすれば異質すぎるSAOならではの設定な可能性もあり、強者に頼ることができなくなった絶望感を醸し出す狙いがあったのかもしれないが蛇足感は否めない。
    • この設定は、既存のMMORPG(特に手口の豊富さで有名な、ウルティマオンライン)のPKや詐欺の有名な手口を、SAOPの攻略組が初心者のように引っかかる根拠にもなる。
【メディアワークス刊行 川原礫著作 「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」P59-63より引用】
【編集・発言者名の追加有り。以下6行、引用開始】

キバオウ「しかもただの二千ちゃうで、ほとんど全部が、他のMMOじゃトップ張ってたベテランやったんやぞ!」
エギル「その理由は、彼らがベテランのMMOプレイヤーだったからだとオレは考えている。 このSAOを他のタイトルと同じ物差しで計り、引くべきポイントを見誤った」
キリト(論旨もこの上なく真っ当で、それゆえにキバオウも噛み付く隙を見いだせなかったようだった)

【以上6行、引用終了】

黒猫団見殺し(#3)

モンスターによって壊滅させられそうになっている黒猫団をキリトが助けて以降、彼らに感謝される形でお助けメンバー入りしともに日々を過ごしていったたキリトだったが、リーダーが用事で不在の間、資金稼ぎのために潜ったダンジョンに存在する「高レベルのモンスターが湧く」トラップにハマってしまい、キリト以外は全滅してしまう。
  • なぜ攻略最前線にいたであろうキリトが明らかに足手まといとなる彼らと行動を共にしたのかは不明で、理由はせいぜい「ソロプレイが続いて寂しさを感じていた」「黒猫団に参入願いを押し切られた」ぐらいしか説明のしようがない。キリトに悪意があったわけではないだろうし、トラップに嵌って全滅するまでの流れは人によって解釈に分かれるだろうが、このデスゲームでの生存術をクラインに伝授したりビーターとして恐れられてきたキリトにしては無能の烙印を押したくなる展開である。
  • トラップが変化するという情報を教えないキリトさん◦情報屋から手に入れたなど、間接的に教える方法を取るべきではなかったか?
    • そもそもこのシーンの黒猫団は団長不在にも関わらず、高レベルダンジョンに挑戦するという不可解な行動を取る
  • ピンチになっても実力を出し惜しみ
    • アニメではサチ以外の団員がやられていてもキリトは面食らったのか硬直したまま、それでも生き残りのサチを助ける為トラップに現れた敵を殲滅しにかかるかなわずといった描写はなされているが、前者にはキリトの達観した精神面とゲーム内での素早さステータスの設定と矛盾がある。トラップの敵の強さが規格外だった可能性を踏まえたとしても手こずりすぎだと感じる。
  • 団長の自殺を止めない◦悪名を流されないために見殺しにしたとまで言われる始末
  • その後、サチ達の死を悼んだり、SAO終結後墓参りに行った様子がない。生還者の本名と住所は聞きだしたうえ、エギルには会いに行っているので、ないと逆に不自然

蘇生アイテム(#3)

  • サチの死後、蘇生アイテムを落とすイベントモンスターが出現するという噂が流れる。
  • すでに1話のGMチュートリアルで『今後あらゆる蘇生手段は機能しない』と断言されている以上、そのアイテムって機能しない只のゴミなのでは?
  • 普段茅場の言を信じて疑わないキリトが、なぜ蘇生アイテムが機能するものだと考えたのか。
    • 原作ではこの噂のために、クラインですら(文字通り)切り捨てようとしている。

キリトさんの妄言2(#4)

  • 普段は孤高を貫いていたキリトだが「妹と似ているから」という理由で、助命に限らず仲間のドラゴンであったピナの蘇生まで手伝った。PKに関してはシリカに付き纏っていた悪人もついでに退治したというのが建前。
  • しかし上述のようにシリカはどう転んでも妹の直葉とは似ていないし(ここは単に絵師との齟齬の可能性もあるが)、本シリーズでシリカは特に重要な属性や役割を与えられているわけでもない。超人たるキリトさんとは殆ど接点がない人間である。
    • キリトさん黒猫団の壊滅を目撃しアスナさんと出会う前という時期から考えるに、キリトさんは丁度ソロプレイヤーの絶頂期にいるはずであり、他プレイヤー(特に男性)への冷たさも考えると、シリカは釣り餌にされたと考えた方がしっくりくる。
  • 仮にそうでないのなら、後の展開も考えると単に作者が「オンナァ…」を発動させたキリトさんに現地妻を与えたかったと考えるのが妥当。

斧二刀流(#4)

  • この回でキリトと対決したオレンジギルドのモブの中に、両手に斧を1本ずつ持ったキャラクターがいた。
  • 二刀流スキルはキリト専用で他のプレイヤーは存在すら知らないはずであり、原作既読者からはツッコミが入った。
  • それに呼応するように原作者はツイッターで「そういう仕様の武器」という苦しい言い訳を披露。
  • 黙っていれば「作画スタッフのミス」で済んだのに……と思わずにはいられない瞬間であった。
  • 援誤射撃のスコアその1。
  • キリトに剣とこの特殊仕様の斧を二刀流させたら果たしてどうなったのだろうか。

圏内事件(#5)

  • カインズのHPゲージの状態を見た人が一人でもいれば、『あれ、HP減ってないじゃん』と気付くはず。でも、あの広場にいた大勢の人間は誰一人としてカインズのHPゲージを確認していない。
  • デスゲーム内で生活していて、しかも人が死ぬかもという事態において、誰もHPゲージを見ようとしないのはおかしい。
  • ちなみに、キリトさんが『(デュエルの)ウィナー表示を探せ!』と言った後のシーンでは、視界に入った全員のHPゲージが見えている。ここから誰でも自由に他プレーヤーのHPゲージを見られることがわかる。

PKギルド関連

  • 階層の移動は街にある転移門かボス部屋の先にある階段で上るしかないが、話の展開から見て階段を上った先は次の階層の街かそれにかなり近い場所に出ると思われる。
  • PKは転移門を使うことが出来ないため移動が困難。階段も場合によっては使用不可能の可能性がある。
  • 狩りも人が多い効率がよい狩り場を使用することは出来ない。
  • PKで得られる利点の描写がない。死んだプレイヤーがアイテムを残しているのはSAO編最終話のアスナのレイピアだけで、シリカの回のタイタンズギルドは脅してアイテムをすべて出させてから殺していたようだ。
  • 移動においても狩りにおいても一般プレイヤーより遙かに効率が悪いPKプレイヤーだが、ラフィンコフィンは攻略組とほぼ同等のレベル、タイタンズギルドは中層プレイヤーを狩っていたことから中層プレイヤーよりレベルが高いと思われる。

リズの店の売り物を無断で試し斬り破壊

  • 無断で売り物の武器で自分の武器を攻撃したら何故か店売りの武器が壊れた
  • ゲームなので武器のステータスを確認できるし、破壊する直前に素振りしている。これ以上確認することはないのだが…
  • 武器の破壊条件は攻撃判定が存在しない状態で、武器の弱い部分・方向から強い攻撃をしないと破壊されないと1巻に書いてある
  • 店売りの剣で攻撃したのだから攻撃判定が存在するのにどうして壊れたのだろうか

キリトの血盟騎士団入団時の問題

  • 通常は5人1組で攻略しているところを副団長であるアスナが強権を使ってキリトと2人でPTを組むようにごり押しした
  • 自分から率先して和を乱す副団長のアスナ。ところが本人はギルドがおかしくなったと思っている
  • ゴドフリー(フォワードの指揮官)がキリトの実力を見るために訓練をするといったことに反発するキリトとアスナ
  • それに対してゴドフリーは規律を蔑ろにしているとアスナを諫めるが、アスナはキリトはゴドフリーなど問題にならないほど強いと言い返す
  • 実戦形式で行う訓練に対してキリトは走ってフィールドを移動しようと主張するが、ゴドフリーに退けられる。実際の攻略の時も走って移動しているのだろうか?
  • それに対して内心で筋力パラメータばかり上げて敏捷度を蔑ろにしていると馬鹿にする
  • 戦闘では指揮官のゴドフリーの指揮を無視して勝手に戦う。実戦でも連携を無視するつもりなのだろうか?
  • キリトが何故ソロなのかよくわかる話である。
    • そんなソロプレイヤーにチートレベルのスキルを与えてヨイショしてしまうあたり、SAOVRMMOとして言うまでもなく破綻している。

アスナとキリトの邂逅

  • 血盟騎士団問題との関連する話であり、原因でもある。
  • そもそもの話、SAO幽閉初期のアスナを戦闘狂たらしめていた「SAOから脱出したい」という考え自体はどこも間違っていない。
    • NPCを囮にするという非情さはキリトさんは批判していたが、少なくともキリトさんと打ち解ける以前は生身のプレイヤーを傷つけるような言動はみられない。
  • しかしキリトが訴える「SAOの世界の楽しさ」を知って以降は、言ってしまえばNPCに没入しほかのプレイヤーを蔑にしているキリトの後ろ盾となってしまったのである。
    • 死と隣り合わせのゲームであっても息抜きはもちろん必要である。しかしこの一連の出来事によって、攻略最前線勢力の足並みを乱しているような展開もちらほらあったため、一概に褒められた行為ではないのは確かである。
    • それどころか、自殺するよ発言や茅場との決闘時の諦めモードなどから見るに、アスナはSAOからの脱出よりもキリトとの生活が大事になってしまっている。
      • そのキリトとの生活というのも、都合よく現れた正体不明のAIを子供にして、持っていた財産の大半をはたいて家を買うという非合理的なものである。
      • 若気の至りといえばそれまでかもしれないが、おままごとの域を出ていないしその生活にすがるのも読者は素直に納得がいくものではない。

キリトへの片思い関連

  • 最初からアスナと結ばれる前提で物語を進めてしまっているのに、リズベットや(後の展開になるが)リーファがキリトに惚れて、涙ながらに身を引くという展開を挟む必要性もない。キリトがこれ以上モテたところで何だというのだろうか。
    • さらに先の話であろうことかカーディナルシステムにも惚れられる。チートをしても許されるのはキリトが色男だからという斜め上()の展開に。
  • 身を引いたという流れにアスナが気付いている描写がないため、思慮深いその他ヒロインに比べて、アスナはキリトさんしか見えていないという側面がどうしても浮き彫りになってしまい、読者のアスナへのヘイトを無意味に高める恐れすらある。
  • 展開の是非のほかにも、アスナが持っていた「注目した対象(作中ではキリトさん)の動向を逐一監視できる」スキルが攻略で役立っている描写もないし、キリトに注目しているなら当然リズベットの葛藤に1mmでもいいから気付いてやるべきだろう。


高級素材をシチュー

  • 何故かOPにもシチューが出てくる。


ユイの存在理由などあれこれ

  • ユイ本人の弁ではプレーヤーのメンタルヘルスケアカウンセリングプログラムの試作1号らしい。
  • でも普通にログアウトできるゲームなら、メンタルヘルスケアならログアウトして医者に診てもらえで済む。
    • もっともSAO星の医者は トラウマケアや終末医療にVRMMO を持ち出すような廃人ばっかだが。
  • よってログアウト不能になった正式版用に作り出されたものと思われる。
  • でも正式サービス開始後にカーディナルからプレーヤーとの接触を禁止される。
  • それだけなら、ユイの出来が悪くて役に立たないためお蔵入りしたとも考えられる。
  • でもユイより優秀な試作2号などが替わりにヘルスケアを担当したという描写も無い。
  • となると、ヘルスケアをする計画自体がお蔵入りしたのだろうか。
    • 大体 デスゲームに放り込んでおいてメンタルケアも糞もない という話ではある。
  • それならそれで、使う予定もないのに消去もせず、ユイにプレーヤーの観察だけさせて放置していた理由は何なのだろうか。
  • 第22層までわざわざやって来た理由が不明。接触禁止だから行っても会えない。
  • 観察だけなら元からいた場所でいくらでもできるし、わざわざ出向くメリットが無い。
  • もともとがバーチャル世界でしかもシステム側の存在なのだから、距離が近いことによるメリットがあるとも考えにくい。
  • 以上からユイの存在理由は設定から生じる必然的なものではなく、「キリトとアスナの子供」という舞台装置を機能させるという 物語上の都合 によるものになってしまっている。
    • そもそもの話、一端のAIが初対面のプレイヤーをピンポイントで「お父さん」「お母さん」と呼ぶのもおかしな話である。バグのせいにするにも無理がある。
  • ALO編では事実上の情報役になるなどSAO編と比べて一定の役割は与えられたのだが、こっちはこっちでユイをSAOからALOへとどのようにデータ変換できたのかという根本的な問題が存在する。
    • 同時に、ユイのデータ使用によりキリトさんにチーターという擁護不能な属性も付加されることにもなった。

キリトさんは鳥頭(#13)

  • キリトさんとアスナさんは軍のトップであるシンカーを救出するために第1層の隠しダンジョンへ向かうことになります。そこでユイを置いて行こうとしますが、ユイが付いて行くと言って聞かないため、一緒に連れて行くことにします。以前に黒猫団の件で相手のわがままに合わせてしまい、結果として相手を死なせてしまった経験が全く生かされていません。
  • 普通なら何が起こるか分からない、自分たちにとって未知のダンジョンへ向かうなら『絶対駄目だ』とユイの同伴は断るべきです。それが学習能力のある人間のするべきことでしょう。
  • 転移結晶を持たせたところで、転移結晶無効化のトラップが発動したら即時アウトです。黒猫団メンバー同様に耕されてしまう危険があります。
  • 『レベル差による安全マージンがあるし、キリトさんとアスナさんで護衛すれば大丈夫』という考え方もできますが、これも鎌持ちのボスクラスモンスターが二人を吹っ飛ばして動けなくした時点で崩壊しています。もしユイがただの低レベルプレーヤーなら、あの場で鎌で斬られてパリーンとなって死亡してしまいます。ただ記憶喪失の子供を保護しただけなのに、それを不注意で死なせたのだとしたら大問題になってしまいます。
  • 『結果としてユイは死んでいないし、もし置いていってたらキリトさんとアスナさん死亡の可能性もあったので、あれで正しかったのだ』と思う人もいるでしょう。でも、それは神視点を持つ人(=作者)以外はあらかじめそれが正しいと分かっていてはいけないことです。結果オーライだから正しいというのは大きな間違いでしょう。

ユイの(事を思う)心(#11-13)

  • まずユイと出会います
  • 実の子のように可愛がります
  • 茅場にユイが殺されます
  • 茅場を恨みます
  • 釣りに行きます ← ファ?
  • 茅場を倒しましたが、「不思議と腹が立たなかった」です ← ファ?!
  • アイテム化したのでユイは死んでません←ファ!?

軍モブ止めず見殺し

  • Gleam Eyesに特攻しようとしたリーダーのコーバッツはともかく、嫌々服従させている部下たちについて彼を責めたり止めるわけでもなく本当に見殺し。
  • これは一緒にいたクラインにも言えることかもしれないが、キリトの実力があればいくらでも進軍の中断を交渉できたのではないか。
    • くどいようだが、これはファンタジーではなく現実に起きているデスゲームという名目なはずである。長い間SAOに幽閉されているうちに、一部のプレイヤーは仮想世界に馴染んでしまったという描写はあるが、これだけでは(少なくともキリトたちが)見殺しする理由にはならない。

ヒースクリフ正体バレ関連

  • 14話において、キリトさんはヒースクリフの正体が茅場であると確信し、攻撃を加えた。この推測は正しく、「不死オブジェクト」の表示が全員に見えるように出現したことで、ヒースクリフは自身が茅場であることを明かす。
  • だが、以下のような理由から、この場でのキリトさんの行動は視聴者にとって後先を考えない無謀な行動と取られてもしかたがない。
  • 茅場がゲームに参加しているという情報は存在しないし、噂や憶測が飛び交っているという描写もなかった。
    • キリトさんが推測に使った材料は、以前の戦闘と直前のスカルリーパー戦におけるヒースクリフのHPの減少度合いであった。そこからチート(=不死スキル)の存在を推測するのは、キリトさん以外からすればかなり私情の入った考え方である。
      • 「最強の自分ですら勝てないからチートを使っているはず」という理屈は、実際のネトゲにおいて、DQNがいらぬ喧嘩をふっかける際の決まり文句として知られている。
    • ヒースクリフは表向き血盟騎士団のリーダーであり、攻略の主戦力となる重要なプレイヤーである。他の団員からも信頼されているし、アスナさん関連の遺恨も存在するため、もしヒースクリフが茅場でなかった場合、キリトさんは重要な味方にあらぬ疑いをかけたプレイヤーという極めて危険な立場に立たされることになる。
    • 茅場の正体を暴いた際、管理者権限を利用して殺害され、証拠を隠滅される恐れがある。実際、キリトさん以外のプレイヤーは強制的に麻痺させられてしまった。キリトさんからは茅場の殺意の有無を知ることはできないため、何かしらの対策を講じておかなければ殺される確率が高いと考えるのが自然だが、実際はまったくの無策だった。
  • 不死オブジェクト表示は、普通ならどうやっても表示されないようにしておくのが妥当であり、条件つきで表示されるようにする仕様にしておく必然性はない。あの場でキリトさんが茅場の正体を暴けたのは、原作者以外には予期できないまったくの偶然である。
    • 原作者の解説でもかなり複雑かつ設定の理由が明瞭でない条件であり、今更言い訳に苦慮したようである。
    • 正式サービスのプレイヤーがゲーム内からコンソールをいじれるようなSAOにはふさわしいかも知れないが。
  • 茅場が不可解な行動をした動機はキリトさん曰く 「他人のやってるRPGを傍らから眺めるほどつまらない事は無いから」
    • その理屈ならキリトのやってるRPGを傍らから眺めている SAOという作品も「つまらない」ことになる
    • 茅場がそこまで根っからのゲーマー気質であれば、一プレイヤーとして対等な条件でデスゲームに参加していれば大物感も出ただろうが、実際は 一人だけ無敵状態 でプレイするという誇りの欠片もない行為をしている。
      • この辺りのダブスタは4コマ漫画「そーどあーと・おんらいん。」で散々扱き下ろされたところである。
    • キリトさんの世界にはGMやクリエイターといった楽しみ方は無いらしい。
      • SAOの原作はゲーム実況動画などのジャンルが成立する前に書かれたとはいえ、文庫にするにあたって変えようとは思わなかったのだろうか。
  • 列挙すると茅場の手落ちばかりが目立つが、そもそも茅場がゲームに参加していた理由は全く不明で、本人の弁解を聞いても憶測することは困難である。つまり、茅場は登場人物として破綻しているということになる。
  • キリトがやっていることは客観的に言えば軽薄無思慮であり、それを原作者があたかも頭が切れる存在のように描いていることが違和感の最大の原因だと考えられる。

ソードスキルは読まれる(キリット→ソードスキル使用

  • 開発者である茅場にはソードスキルが読まれると思ったキリト
  • しかしレンチンで4000人殺した茅場に恐怖し、攻撃が全く通らないことに焦ってソードスキルを使う
  • 原作ではこの間僅か1ページ。アニメでもごく短い時間で視聴者を驚かせた
    • この流れ自体がいけないというものでもないが必要性が怪しい。最初から二刀流で特攻して「ソードスキルは読まれる」なんて小難しい推理こね回さなくても良かったのではと思ってしまう。
    • ろくなプロットも存在せずキャラの行動理念そのものが謎だったりもするので、根拠もない心理戦を繰り広げたところで不可解な展開にしかならないだろう。

全て愛の力です!(#14)

ヒースクリフとしてゲームに参加していた所を正体を暴かれた茅場はキリトと一騎打ちすることになる。この際ゲームマスター権限で茅場とキリト以外は麻痺のステータス異常をつけられ行動不能になるのだが…
  • 麻痺状態だけどアスナだけ動けます!
  • 自らキリトの盾になり茅場に殺されてしまいます!
  • アスナだけアバターが死んでから10秒経っているのに体は死なないです!
  • 一体茅場が言っていたフェアネスとは何の事だったんだろうか?



一期後半/ALO編

SAOで死者・意識不明者がいるにも関わらずALOを運営できる不思議

  • いくらログアウト不可のデスゲーム()ではないとはいえ、開発者の個人的なエゴで2万人もの人間が2年間意識不明に陥り、おまけにその内4000人は死亡したゲームと同じシステムを用いたゲームが普通に運営されている。
  • 回収や法規制が行われなかったとしても、普通の神経ならばそんなゲーム怖くてやる気しないだろう。
    • このゲームに使われている「アミュスフィア」の正体は、 プロテクトを掛けただけのナーヴギアそのもの 。ザルにも程がある。
  • 実際運営側であるスゴーによる人体実験や拉致監禁の隠れ蓑になっていた。
  • さすがにALO編終了後にVRMMORPGが規制されかかるが、何故かキリットさんが擁護して全世界にSAOをばら撒く。どう見てもサイバーテロです本当に(ry


スゴーさんの犯罪暴露

キリトに対する当てつけだったにしても油断し過ぎなのでは?
現に以降の展開でスゴーはやってることのえげつなさとは裏腹にものすごいドジを踏みまくることになる。
  • ALO編は、病室で須郷の目的を聞いた時点でキリトさんが警察に通報していれば終わっていた話である。
    • 通報されてもスゴー本人がシラを切りキリト側を窮地に落とそうとする事は目に見えているものの、キリトは物語の前後でゲーム技術にとどまらず情報戦・心理戦が得意な描写もある(茅場の正体バレ等)ので、それならいくらかわざわざ敵のホームグラウンドであるALOに興じるよりも勝算があっただろう
    • ALOにダイブする動機として、後述のALOのプレイヤーがアスナ(らしき人物)の撮影に成功したというものがあるがこれだけではスゴーに対して勝算が見えたことにはならない。都合よくオベイロンになっていたスゴーが都合よくドジを踏んでアスナに脱出の糸口を看破されたから良かったものの。
  • アスナさんをリアル嫁にする話も、本人が意識不明状態なのだから婚姻などできるはずがない。
    • 読者のヘイトを集めるための描写なのだろうが、スゴーの軸が不可解すぎて怒りというよりは変な笑いがこみあげてくる。

ALOで一般プレイヤーに見つかるアスナ

  • 監禁されてたアスナは、ALOの一般プレイヤーのスクリーンショットに写り、キリトのログイン動機となった。
  • アスナが一般プレイヤーに見られるには、視覚情報がプレイヤーのアミュスフィアに送信されねばならない。
  • つまりスゴーさんは、監禁している少女を一般プレイヤーに見せびらかしていたことになる。キリトへの犯罪暴露もそうだが、自称インテリにありえない間抜けさ、そしてそんな間抜けでも警察に即捕まらないSAO星の治安には戦慄せざるを得ない。

キリトはなぜナーヴギアを取り戻せたのか

  • 嫁に似た女の目撃証言をもとに、キリトさんは警察から自分のナーヴギアを取り返し、ALOへログインする。
  • だが、ナーヴギアはSAO事件の凶器であり、重要な証拠物件でもある。
  • たとえ個人の所有物であったとしても、一歩間違えれば使用者を死に至らしめるような代物を警察が返却するとは思えない。
  • 原作だとこの後、シリカも自身のSAO内キャラデータを手に入れている。

キリトのステータス・所持金がSAOを引き継いだ

  • SAOとALOのシステムの基幹が同じであるため、重複するデータはSAOの側に上書きされた……とユイが説明している。
  • が、この説明は肝心なところが欠けている。引き継がれたデータはどこからALOに持ち込まれた?
  • ユイと同様に、ローカルストレージに保存していたデータなのだろうか。
    • 現実のMMORPGのセーブデータは、改竄を防ぐためユーザ側のローカルに保存されることはない。後に示唆されるが、ALOはチーター大勝利である。これもSAO星ならではの常識(地球の非常識)なのだろう。

キリト初ログイン後の謎のワープ

  • キリトはALOに初ログイン後、スプリガンのホームタウンに転送された、しかしここで謎の現象が起きシルフ領外れのリーファの位置付近にとばされる。
  • 原因は後に、リーファが同じ家からログインしていたためIPアドレスが同じで位置情報が混線した…と解釈された。
  • SAO星は、同じ家で2台のPCをネットにつなぐとデータが錯綜するらしい。ローカルIPアドレスって知ってます?

ユイをALOに持ち込めた不可解

  • SAOのアイテムはすべて文字化けしていて使用することが出来なかった
  • しかしユイだけは「MHCP001」と文字化けせずに展開することが出来た
  • ユイはキリトが管理者権限でSAOサーバーからダウンロードしたもので通常のアイテムではない
  • SAOのアイテムよりさらに認識される可能性が低いものであるはずだが何故かユイだけが認識された
  • ALOではユイはナビゲーションピクシーとして認識されている
  • ナビゲーションピクシーは決められた文章を読み上げるだけの存在であり、ユイとは全くの別物
  • このことからALOにはユイに相当するものは存在しないと思われるのだが、何故かユイがALO上に存在できる
  • またそんな存在のユイのことを誰も(特にリーファ)疑問に思わない
  • マップ情報を読み込んだりマップ上に存在するPCやNPCの存在を調べることが出来る模様。チートである
  • なんとALO編が終わった後もそのままらしい。急いでいるからチートするという言い訳は一体…

仲間はアイテムじゃないぜ!(キリット

  • ソロだったキリトさんの世界樹攻略に同行しようとするリーファを、シルフ族の管理や運営の立場より引き止めようとしたシグルドへ放った一言。
    • 今回の場合はつまるところ「ネトゲで誰かが誰かをアイテムのように束縛はできない」と言っている。言っていること自体は根本から間違っていることはないのだが、シルフ族の規律(≒ゲームプレイヤーの大方が共有しているルール)を乱していることには変わりない。束縛されない権利があるにしても、限度というものがある。
    • こういう思想に感化された信者が、実際のネトゲで「キリト」や「アスナ」に関連するキャラネームで好き放題する事態が蔓延し、ネトゲに名前によるプレイヤーキック機能が搭載されるようになったのは有名な話。
  • また彼が連れ歩いているユイは他ならぬ「アイテム」であるので、ネトゲとは関係はないだろうがこの点でも細かい矛盾が生じる。

あと死なないゲームなんてぬるすぎるぜ

  • エギルからALOの説明を聞いたときのキリトの台詞
  • キリトがSAOで学んだことは死なないゲームがぬるいという事だろうか?どうやら命の大切さなどは学ばなかったようだ
  • 根がヘタレで無気力であるキリトが自分を奮い立たせるために言った…という擁護も成り立つが、それでも言葉選びが悪すぎる。

チーターであることがバレないキリト

  • 誰もキリトのチートを疑わない。身近で彼の常識離れした振る舞いを目の当たりにしたリーファも、あっさりキリトに丸め込まれてしまう。
    • ALO編におけるキリトはSAOのデータを不正にコンバートしたチーターであり、真っ黒な容疑者である。実際、彼はALO内の常識に疎かったのだが、誰も怪しんだりしない。
    • これはFPSの話であるが、プロゲーマーから見れば素人がチートツール(人間にはできない操作を行うもの)を使用しているかどうかはほとんどわかってしまうらしい。人間離れした反応速度()を持つが戦術皆無なキリトさんがポッと出てきて力頼みの無双を始めれば、トッププレイヤー勢からはすぐにチート使用を疑われてしまうだろう。

アスナ監禁部屋のナンバーロック

  • 監禁部屋はなぜかナンバーロック式であり、アスナはスゴーの入力するナンバーを覗き見て脱出することができた。
  • 入退室権限をスゴーのアカウントのみに付与していれば、そんなことにはならなかった。
  • このような方式にしたのは、アルブヘイムで王妃を監禁するロールプレイを楽しむためらしい……
  • 趣味の変態度もなかなかだが、それならSFチックなナンバーキーではなく、錠前と鍵にすべきではないか?
  • ストーリー優先の不自然な仕掛けの言い訳が言い訳になってない、他の箇所でもよくある例の一つである。

カードキーの謎

  • シナリオの雰囲気を重視するんだったら、鳥かごなのかナンバーロックなのかカードロックなのかはっきりしろよと。
  • アスナの監禁用鳥かご脱走の件もそうだが、世界樹にあるスゴーの研究施設のセキュリティも相当のザルであり、スゴーがキリトに伝えていなかった人体実験の計画を研究施設を嗅ぎまわったアスナにあっさり知られてしまう。この計画を「手動で」中止しようとしたアスナを捕える所でしかセキュリティは活躍しておらず計画がばれたことに変わりはないし、スゴーが「逃走したアスナが外に計画を漏らす事は絶対にない」と確信しているという説明も、このようなセキュリティではそれなりに無理がある。
  • アスナを泳がせた後わざと辱めて絶望感に浸らせようとした、アスナが絶対に逃走できないシステムが存在した、などスゴーの思惑に関してさまざまな憶測はできるが、そうすると都合よく 計画を止めることができる システムログイン用のカードキーをすんなり奪われるのはおかしい。
  • いずれにせよスゴーは用意周到なのかマヌケなのか軸が全く定まらない。

使者だと偽ったキリトさんのハッタリの不味さ

  • スプリガンのアバターを使っているキリトがシルフ族の使者を名乗ったところでそれを他のプレイヤーが最終的に信じるかどうかが非常に望み薄である。
  • またシルフの長はキリトを一目置いてはいたもののそこまで親しくはないので、(打ち合わせなどをしていたならともかく)今回のように無策で出しゃばられては迷惑に感じる方が普通。
  • 今回はサラマンダー、シルフ、ケットシーの三種族間に大規模な戦争が置きかねない状況なのでこのハッタリは相手にされないならまだいいが、戦火を関係のないスプリガンに及ぼしかねない非常に危険な行為でもある。まあキリトの忠誠心はスプリガンよりも自分に良くしてくれたシルフにあるのだろうが。
    • 本作のご都合展開には突っ込むとキリがないがなぜかチートをしているキリトの得意な決闘でキリトが本当に使者かどうかを判断するという、これまた原作者でしか予期できなかったような追い風がキリトに吹く。その後の展開でサラマンダー以外の皆がキリトに感心しているのは不自然。
  • 非常にリスクの大きな行為であるにも関わらず敢行したメリットはせいぜいよくしてくれたシルフを守るぐらいだし、このようなことをした理由も仲間(シルフ)を守るといった非常に抽象的なもの。今に始まったことではないがキリトは軽薄無思慮の一言に尽きる。

魔剣グラム()

  • 最強クラスを誇る装備スキルを有していないと装備できない代物であり物質を意図的にすり抜ける能力をもつのだが、キリトの超人的反応速度には敵わなかった。
    • 両手剣スキル950も所詮はキリトTUEEE!!展開の踏み台なのであった。
    • キリトのコンバート(チート)スキルがすごいのか、これを許してしまうALOのプログラムや運営がザルなのか。

直葉の風呂上り早すぎ


ユイと人の心

  • 「リーファはキリトが好きなのか」と言い放った後「人の心はわからない」と発言するユイ。
  • ユイはALO編ではナビゲーション係を勤めることになりそういった人の心を理解する能力を失ったのかもしれない(ひいてはそのことを特に意味はないにもかかわらず強調するための一幕なのかもしれない)が、SAO編では紛れもないメンタルケア用のAIだったため、あっさり人の心はわからないと発言するのはおかしい。
  • 「キリトさんのどこに惚れたのか」という意味から、陳腐なハーレム展開に意図せず一石を投じてしまったようにも思える。

ナメクジ研究員

  • ALO内に秘密の研究施設を作ったスゴーさんは、そこでフルダイブを悪用した技術を開発していた。
  • 研究員はナメクジ型アバターでログインし、非人間型アバターを操作する実験を行っていたのだ!◦研究員に実験の被験体までやらせるのは効率が悪すぎるし、正確な結果は出ない。現実の人体実験でもあり得ないことだらけ。
    • 拉致したSAO被害者にやらせればよかったのでは?
  • そもそも、仮想ゲーム内に研究施設を作る理由は?原作者曰く「証拠の隠蔽が容易」らしいが、だとすれば一般公開されているALOサーバーに作る理由はどこにもない。
    • コンピューターのファイルを消すのは一瞬で出来ているように見えるだけで、そのままだと捜査機関の専門家なら簡単に元のデータを取り出せてしまう。データを復旧不可能な状態にまで完全に消すのは時間がかかりすぎて、現実ならその前に押収されてほぼ全てがデータ復旧されてしまう。
    • ネットにつないでいないローカルマシン内に作成し、捜査の手が及んだらリアル機器を破壊してしまうのが最も安全。
  • 閉所に入り込めるという利点があったかもしれないが、少なくとも作中でナメクジ型のアバターを選んだ正当な理由を全く説明していない。

アスナへの執拗な性的陵辱

  • 植物状態の人間との結婚願望、鳥かご軟禁、研究員のナメクジアバターによる触手プレイ、レイプ紛いの行為をキリトに見せつけるなど、これでもかというくらいスゴーの異常性を嫌でも感じさせてくれる。
  • しかしこの手の悪役に真新しさは一切なく、近未来という物語背景に対していろいろな意味で分かりやすい悪人という設定は噛み合っていない。
  • 触手プレイ機能はまともな研究成果を得るためにとても必要とは思えないし、ひんむかれたアスナの裸体をスゴー討伐後もそのままにするキリトといい、下手に視聴者サービスを狙ったような描写もある。


グランドクエスト関連

ALOの事実上のゲームマスターであったスゴーにとって、グランドクエストは課金によって研究資金を提供してくれるプレイヤーをかき集めるための餌に過ぎず、はなからクリアさせる気などなく難易度も鬼畜な設定となっている。
  • グランドクエストで槍玉にあがる問題はスゴーの判断が不可解であること、グランドクエストに心酔するプレイヤーしか描かれずまた彼らがなぜそこまで心酔するのかの理由がいまいちわからないこと、スゴーの人体実験の現場として使われた忌まわしきグランドクエストおよびALOが事件解決以降何の後腐れもなく一般人により楽しくプレイされていることの3点である。
  • 須郷がどの程度の資金を調達したかったにもよるが、効率面を考えるのであればこのような方法だと早期のユーザー離れも十分に考えられ賢明な選択とは思えない。そもそも研究は計画通りにいかないことも多くそのための資金は基本的に多すぎて困ることはないので金の生る木であるユーザーを粗末にする意図が不明。
  • またネットの技術が発展し個人間やゲーム会社との情報のやり取りができる社会で誰もこの鬼畜な難易度のクエストにクレームをつけない事態ははっきり言って異常である。(SAO星ならではなのかもしれないが…)現にクレームがあるのを須郷が完全に無視していることも十分考えられるが、こっちの場合はユーザー離れを招くどころか訴訟が発生し損害すら生じる可能性だってある。
    • それでもなおALOにユーザーが陶酔できるようにするにはこのゲームに相当の魅力がなくてはならないが、せいぜいグランドクエストクリア特典である「仮想空間で永久飛行可能」は万人にとって魅力的でとは限らないし割に合わない。もっともグランドクエストに対して一種の諦観を抱くか全く興味のないエンジョイ勢プレイヤーも一定数いるはずなのだがそういう事はほとんど描かれないうえ、グランドクエストのために見られる種族ごとの妙な一体感は不気味。
  • 事件解決後のALOに関しては特にのちの物語で重要な役割を持つとも思えず、以降で記述されるアインクラッドの復活とともに(シナリオの都合、また物語の世界の都合の2つの意味で)存続させる必要性が不明。

キリトさんの幼少期

  • キリトさんは自分が養子であることをハッキングした住基ネットのデータベースから知ったという設定である。しかし同ネットは専用の端末でしかアクセスできないローカルなネットワークであり、一般回線からハッキングできるようなものではない。
    • そして出た言い訳が「自宅で住民票を印刷できるようにするため」。住基ネットやマイナンバー制度が何故物議を醸しているのかまったくわかっていないようです。

スゴーさんフルボッコ

  • まずペインアブソーバーの設定。痛覚を再現すること自体が危険だし、実際にあったら発禁になりかねない。痛覚の設定(SAOには痛覚がない云々)自体は、SAO編当時から設定の曖昧さが指摘されている。
    • 痛覚には反射によって身体を防衛するという役割があるので、むやみに消してしまうと問題がある。
    • また、辛味や酸味などの味覚も痛覚の一種なので、料理関連のエピソードにも矛盾が出る。
  • 茅場によってGM権限を奪還した後、キリトさんに無抵抗の須郷を切り刻む正当性はない。
  • あの場でキリトさんが行ったことは完全な私刑であり、事実が明るみに出ればキリトさんは犯罪者になる可能性が高い。◦「正当防衛」?わざわざペインアブソーバーのレベルを下げている時点で、過剰な危害を加える意志があったとみなされてもおかしくないですよ?
    • 「MMOは無法地帯」?さっきと言ってることが正反対ですが、現実の肉体に影響があるなら法律も有効ですよ?
  • 最終話にて須郷は現実に後遺症を負ったことが判明している。その治療や、逮捕後の取調べの過程でキリトさんの所業がバレれば終わりのはずだが、SAO星の警察はとことんキリトさんに都合よくできているらしい。
    • 「嫁にひどいことしたからキリトさんが怒るのも当然!いいぞもっとやれ」?いったいどこの組の方ですか?
      • 「悪人だから惨殺されて当然」というのは、法治国家では決して通らない理屈です。SAO星の国家はソマリア並みの治安なのでしょうか。

スゴーさんフルボッコinリアル

  • ナイフを奪ってからわざわざ突きつけ、脅した時点でキリトさんに正当防衛が成立する可能性は低い。◦現実ではあり得ないような状況でも正当防衛が成立して無罪放免になるのはお約束だが、安易な手法でもある。
  • 完全な余談だが、原作者はこのシーンで須郷に止めを刺さなかった和人君を「成長した」と評している。だが、それまで散々己の力を誇示していたガキが今更のように殺人を躊躇した程度のことを成長と呼べるのなら、それまでキリトさんとして戦っていた桐ヶ谷和人君は大変幼稚で下種な人間だったということになるのだが……。まぁ、実際そうなのだが。

明日菜の病室に忍び込めた和人

  • 深夜に傷を負った状態で明日菜の病室に向かう和人。途中で誰かに見つかって止められないのだろうか。
    • 14話にて、2年ぶりに昏睡状態から目覚めた和人がアスナさんを捜してベッドを抜け出したときも看護師は来なかった。SAO星の病院はそういうものらしい。
  • 明日菜も驚く素振りを見せない。愛はすべてを盲目にするとでもいうのか。

ザ・シードばら撒き

  • 現実の肉体にも危険が及ぶ可能性があり、実際に大規模テロ並みの死傷者を出したシステムをインターネットに流出させたキリトさんの行為は完全なテロリズムである。
    • さらにAI茅場の存在があるため、ザ・シードで作られたゲームは常に管理者権限を奪取されるリスクに満ち溢れている。これは一般には知られていないことなのだが。
  • ナーヴギアを使わなくとも障害を負った須郷のような存在もあるため、アミュスフィアも十分危険とみなされ、規制される可能性は高い。
  • ザ・シードが流出したところで、政府やSAO事件の犠牲者遺族が中心になってVRMMOの規制を進めれば違法・アングラ化は免れないはずだが、なぜか規制されずに野放しにされてしまう。
    • だからネトゲ星などと揶揄される。
    • そもそも、ザ・シードなどなくとも、SAOのコピー品であるALOのような存在があるので、解析や改造はそれほど難しくないと思われる。なのになぜ大事件として扱われているのだろうか。
  • 不祥事を起こしたゲームをそのまま復活させたところでプレイヤーは戻ってくるのだろうか。
    • いくらキリトさん達が執着したところで、一般のお客様が居なければオンラインゲームは運営できない。
  • 後に作中史では「VRMMORPGを作ろうとしてもALO権利者に多額のエンジン特許料を払わなければならなかったところ、ザ・シードのフリー配布のおかげでコスト面の敷居が下がって爆発的に普及した」という経過をたどっている。
    • そんな怪しげな違法コピー品で作られたゲームを一般流通させるべきではない。
    • ザ・シードがALOエンジンを模してるか否かで特許問題になる恐れがある。その場合ソフトの入手経路は判断に関係しないので、ALO運営がGGO等の運営に特許料を請求すれば終わりである。
    • ALO運営が市場を広げるために敢えてオープンソース化を選択したという解釈もできるが、いずれにせよキリトが他人の著作物を放流したことに変わりはない。チーターと割れ厨が合わさり最凶である。
    • 作家のくせに知的財産権について鈍感すぎである。

アインクラッド復活

  • 新生ALOに出現したアインクラッドだが、データは警察に押さえられており、そのまま再現することは不可能なはずである。
    • そもそもSAOとALOだと全くシステムが異なるので、アインクラッドは似て非なるものとなっている可能性が高い。
    • 加えて、まともな神経の人間にとって、アインクラッドは多数の人間が監禁・殺害された忌まわしい場所である。そんなものを再現したところで得をするのはキリトさんぐらいである。

キリトたちが通っている学校について

  • SAO帰還者を集めたという設定の学校だが、学生であった元SAOプレイヤーなど全国に多くても数百人程度しかいないはずである。それだけのためにあの規模の学校を建設するのは割りに合わない。
  • 和人や明日菜は自宅から通える距離にあるが、地方に住んでいた人はどうすればいいのだろうか?強制引越し?寮に入る?全国にあるとするのは前述のように人数の点からは考えにくい。
  • そもそもネットゲームで昏睡状態だった人間のためにわざわざ学校を建設するだろうか?
  • 学校の外観や制服は、国が作った施設とは思えないほどオサレである。もっと言えば エロゲ風
    • 現実世界じゃなくてVRギャルゲーの世界だと言われても違和感のない光景である。
  • フルダイブ適合者を国家的に利用する思惑があるのだろうか。やっぱネトゲ星である。

楽しいオフ会でしたね……

  • SAO生存者達が和気藹々とオフ会を楽しむ。大規模テロの被害者たちが集まってやる事ではない。
  • 親しい人を亡くした者、人生の一部を理不尽に奪われた者にとっては、SAO事件は思い出したくもない記憶として残っているはずである。果たしてオフ会を楽しめるような心境に至るだろうか。◦キリトさんにしてもサチや黒猫団の人々を亡くしているはずだが、彼女達を弔うような素振りは終ぞ見せなかった。
  • シリカとリズベットは事件のトラウマから回復していなかったため、ALO編には登場しなかったという設定だが、その割にはオフ会を楽しんでいる。

オレはようやくのぼりはじめたばかりだからだな、このはてしなく遠いネトゲ坂をよ……(未完)

  • キリトさんはチートデータを捨て、一から自キャラを鍛えなおしたという設定である。ならユイの存在はどう説明をつけるのだろうか。
  • 大量の犠牲者を出したうえ、現実への影響を全く解決していないにも関わらず、VRMMOで遊び続けるキリトさんたち。これほど後味の悪いエンディングが存在しただろうか。



二期前半/GGO編

キリトさんが動く理由

  • デスガンによる殺人はこの時点ではただの病死であり、VR世界内での異変を疑うだけの証拠に乏しい。
  • キリトさんへのゲーム内でのサポートは全くなく、BoBの参加受付直前に初期状態で放り出している。普通なら囮捜査の役に立つとは思えない。
  • 菊岡がキリトさんに目を付けた理由は、自衛隊で仮想空間に関する極秘計画(アリシゼーション計画)が進行中だったからである。
    • SAO世界がVRに甘すぎるのは恐らくこの計画があったせい。
    • だが、その貴重な駒を殺されるかもしれない事件の調査に使ってしまうのはあまりにも軽薄である。

シノンさんのトラウマ()

  • トラウマだけでは好戦的な理由に説明がつかない。もともとおかしかったと思われても仕方がない。銃を奪った銀行強盗にわざわざトドメを刺したりしているので、その可能性は大いにありうる。
  • 仮想空間では肉体へのフィードバックがないため、銃に関するトラウマが軽減されるということだが、精神がそのままならかえって悪化する可能性がある。
    • その割にはゲーム内の恐怖が現実の肉体にフィードバックされるような描写がある。やっぱりSAO世界のVRはゲームにするには危険すぎる。
  • トラウマ治療のために医者にかかっている描写がない。GGOが治療がわりのようだが、医者の監督していない自己治療などもってのほかである。原作者の弁では、かつては投薬とカウンセリングを受けていたらしいが、その際「VRで治療しなければ一生薬を飲み続けるしかない」という非常に不味い発言をしている。
  • 実家を離れての一人暮らしを許可するなど周囲の対応もおかしい。家族が放置した結果最悪の事態を迎えたケースがアニメ放送中にあったため、洒落になっていない。
  • 朝田一家は交通事故に巻き込まれ、父親が死んでいるという無駄な設定がある。しかし、作中で何か影響を与えているとは思えない。

キリトさんのファッショントラウマ

キリト専用アクティブスキル:相手との親密度を最大にする。発動コスト不要。
  • SAO内での殺人を悔いている割に、ALO編では他のプレイヤーを虐殺している。命がかかっていないからヌルい、という主旨の発言付きで。
  • 須郷のリアルアタックに対する反応も考慮すると、キリトさんは殺人そのものを忌避してはいない。単に罰されるのが嫌なだけである。
  • 現実世界で殺人をしているシノンさんに対して、高々ゲームで倒した相手が死んでしまったというだけのこの発言がどう受け止められたかは定かではない。

GGOのクソゲーっぷり

  • ビームサーベルや星間航行船と実在の軍用銃が同居している世界観は、作者が見てきた「それっぽい作品」の歪なパッチワークである、という感想しか得られない。
    • 扱いづらい対物ライフルに高い値段が付く理由、設定上存在する光線銃の使用者が本編にまったく存在しない理由など、どこが「ガンマニアも好むゲーム」なのかさっぱりわからない。
  • 弾道予測線システムの存在理由は、「それを見てキリトさんがカッコよく避けるため」「ファントム・バレットというサブタイトルにオチをつけるため」以外にはない。
    • 予測線を撃つ側が見ることができないうえ、撃たれる側が回避行動を取れるわけでもない。この時点で変なのだが、劇中の展開に合わせて余計な理屈をつけようとしたせいか、放送中の解説が二転三転している。
  • キリトさんが介入した時点では、アーマー重視型のビルドが台頭している。しかしその割には、銃より火力の高い武器が有効に使われているような描写がない。
    • 光剣は産廃扱いで、キリトさん以外には使えない。プラズマグレネードは自殺用と化している。FPSではおなじみのRPG(グレネードランチャー)も出てこない。
  • アバターはランダムで決まるが、その設定でキリトさんを男の娘にした意味は特になかった。
    • アニメの銃器監修をしたラノベ作家が執筆した外伝では、ヒロインの容姿コンプレックス解消という意味を持たされることになった。外伝の作者の方が設定を有効に使えるという時点でたかが知れる。
  • デスガンが使った電磁スタン弾や透明マントなど、熟練プレイヤーなら常に使用を想定しているレベルの装備品がまったく警戒されていない。透明マントに至っては個人情報の抜き取りに使えるというとんでもない代物である。
  • それが殺人の動機になるレベルで、キャラ育成に取り返しがつかない。そもそも、ステータスとアバターの挙動の関係はいまいち不明である。
ちなみに、原作者はGGO編あとがきで、FPSは相手に舐めプされるレベルの実力であることを自白している。

光剣のチート性能

  • GGOにて登場した近接武器、正式名称「フォトンソード」。近寄らなければ攻撃できない上に高価なため産廃扱いされており、作中ではキリトさんが使用するまで産廃扱いされていた武器、のはずだが…
  • 相手が何だろうと切れば一撃で倒せる威力、銃弾を弾ける刀身、軽いため極AGI型でも装備できるなど、現実のFPSプレイヤーからしたら喉から手が出るほど欲しい装備。これで産廃扱いって…
    • 作中では高耐久ビルドが流行しており、STRとVITに能力値を振ってアーマーを着込めば低威力の銃弾を完全に無効化できる設定であった。
    • 不遇と言われている極AGI型は低威力の銃しか装備できない。なぜ彼らは光剣に注目しなかったのか。
  • また、作中のBoBでは相手に近づいてショットガンで止めを刺す「ペイルライダー」や、不遇と言われる極AGI型ながらBoB優勝候補とされていた「闇風」というプレイヤーがいる。彼らの戦闘スタイルは光剣を使うべきではないだろうか。
  • そもそも銃がメインのゲームで銃弾を弾き落とせる近接武器がある時点でおかしい。
    • 銃弾を斬りながら進むのはキリトさんくらいしかできないとしても、ヘッドショットを防ぐため頭部に構える、咄嗟に防御するなどといった方法なら少し鍛えていればできる。なぜ誰も光剣を評価しなかったのか。
  • シノンは光剣をメインアームとして認識していた。
    • 軽くて一撃で倒せる近接武器をメインで使うという発想がおかしい。普通サブアームではないだろうか。

コンバート

キリトさんは最初からやり直したALOのデータをGGOに合法的にコンバートするのだが、このシステム自体が不要なものであると断言してよい。
  • RPGのようなプレイ時間と効率が重視されるゲームにコンバートシステムを搭載すれば、ゲームバランスが一瞬にして崩壊することは目に見えている。
    • そもそも、プレイヤーキャラクターの成長過程を楽しむのがRPGではないだろうか?
  • ALOとGGOのようにコンセプトが全く異なるゲーム間でコンバートが可能だと、すり合わせの際に問題点が山ほどできる。そのため、普通はコンバートを搭載しようという発想には至らない。
    • コンバートが搭載される理由は「ゲーム自体が続きもの」「アップデート版でやり直す手間を省くため」「前作を遊んだプレイヤーへのご褒美として、おまけ程度に」「アナログゲームでルールを覚える手間を省くため」といった理由がほとんどである。ALO-GGO間のコンバートはどれにも当てはまらない。
  • コンバート自体はキリトさんがAI茅場から貰って違法配信した「ザ・シード」を元に作成されたゲームだから可能だという理屈である。
    • 「ザ・シード」がどんな規模のものかわからないが、RPGツクールのようなものだとしたら、ALO編のキリトさんのように、コンバート時に大量のバグが発生するはずである。
    • FPSでよく見かける「ゲームエンジン」のようなものだとしたら、それは単なるプログラムの部品に過ぎず、ゲーム自体はそれぞれの開発者が独自に設計する。なので、わざわざコンバートを搭載する理由はどこにもない。
      • 結局、「キリトさんがレベル上げする手間を省くため」というのが実際なのだろうが。

デスガン()

  • 撃たれた者は現実でも死ぬという触れ込みだったが、実際の手口はプレイヤーの自宅に侵入し、筋弛緩剤を注射して殺すというものだった。GGO内でアバターを撃つ意味は全くなく、ただの儀式である。
  • 犠牲者が都合よく犯人の自宅周辺に住んでいたおかげで犯行を達成できたが、もし海外に住んでいたとしたらどうだっただろうか。また、BoB本戦ではGGO内のステルベンの行動に合わせて複数の犠牲者の自宅を回っていたことになり、簡単に無理のある計画だとわかる。
  • 救急搬送用のマスターキーという、この犯罪のためだけに用意されたような魔法のガジェット。現実の救急搬送では、やむを得ない場合は扉を壊す。
    • 他人の家の鍵を開けられるというトンデモツールでありながら、使用に認証は不要・ログも旧式の錠だと残らないと、悪用への対策は皆無である。いざ盗まれれば、管理責任者の損害賠償責任は億でも済まない。そんなものを運用している政府や所有している病院は、仮想現実に関係なく狂気にとりつかれているのだろう。
  • 被害者は司法解剖されているにも関わらず自然死と判断された。原作では実在の薬物が名指しされている。その薬物は完全犯罪に用いられたこともあるが、司法解剖で注射痕と脳内の残留薬物が発見されたことが原因で犯行が発覚している。
  • 無針注射器を使っている設定だが、これは致死量を注射できるようなものではない。また、皮膚に直接触れる必要があるため、キリトさんを襲った時のように衣服の上から刺しても注入できない。
  • BoB本戦の途中でキリトさんはデスガンの手口を暴くが、証拠集め等は全くしておらず、憶測のみでシノンさんを怖がらせていただけである。実際、犯行の詳細は新川兄弟が逮捕されるまで判明しなかった。

二期中盤/キャリバー編

アルフヘイム最強の剣、エクスカリバー(←!?)

  • 北欧神話の世界観であるALOに、ケルト神話の武器であるエクスカリバーを何の断りもなく持ち込むのは冒涜以外の何物でもない。
  • 作者の都合を考えれば理由は明白、北欧神話の魔剣グラムをALO編でかませに使ってしまったからである。他に有名な武器はほとんど剣ではないため、キリトさんが装備することはできない。厨房御用達の「ラグナロク」を使わなかった理由は何となくわかる。
  • 結局原作者はカーディナルのせいにした。最初にエクスカリバーを使ったのは妖精王オベイロンことスゴーさんなので、彼のせいと言えるかもしれない。どちらにせよ、それらのキャラを裏で操っている作者のせいである。

二期後半/マザーズ・ロザリオ編

ユウキのお涙頂戴設定

トラウマ同様、原作者はエイズもファッション知識で描写している。
いっそ架空の病でも捏造すればまだマシだったかもしれない。
  • 出産時に薬剤耐性HIVに汚染された血液を輸血されたため、ユウキ一家は「父親も含めて」エイズで亡くなった。父親は感染発覚の前、すなわち双子を帝王切開で出産して間もない母親と性交渉したことになる。これは原作者も認めている。
    • シノンの件といい「とりあえず」父親が死亡しているという状況の頻度がいささか高くはないだろうか。
  • 「HIV汚染血液の検査漏れ」「薬剤耐性HIVの増加」のどちらも事実であるが、このふたつが同時に起こるとなると話は違う。というのも、薬剤耐性HIVはエイズ治療の結果発生したものであり、拡散する経路となると限られてくるからである。
    • このような事態になるとユウキの家族に関わった医者は無能を通り越して計画性のある殺人罪に問われてもおかしくないレベル。ユウキの死でお涙頂戴する以前にユウキ一家をHIVに感染させた医者に対するお咎めに一切触れないのはいかがなものか。
  • ユウキがHIVキャリアであることが周囲に発覚した直後、ユウキはエイズを発症して入院する。ユウキの主治医はこの状況を見て「匿名の悪意がユウキを苛んだ結果、エイズが発症した」と考えている。この医者の専門は加持祈祷ではないだろうか。
  • 心因性の病気というのも世の中にはあるので百歩譲ってそこはOKだとしても、そんな風にして弱り切っているはずの脳や神経を、不特定多数が使う ネットに接続 している。
    • アンダーワールドのような閉じた世界で静養させるなら分かるが、「匿名の悪意」に苦しんだユウキを、何故よりによって 匿名の悪意の塊 みたいな空間であるネトゲに放り込むのか。
    • メディキュボイドの原型であるナーヴギアは健康被害ってレベルじゃない事件を引き起こした機器で、安全設計になっているアミュスフィアすらやろうと思えば容易に死者を出せるシロモノ。もはや寿命を縮めたがっているとしか思えない。
    • 人生の最期にやりたかったことが オンラインのクソゲーで俺TUEEEすること …違う意味で泣けてくる話である。

ネトゲ廃人と化したアスナ

ユウキの杜撰な闘病描写にばかり注目が行きがちな絶剣編だが、本エピソードの主役()であるアスナの行動も負けず劣らずおかしい。
  • 二度もデスゲームに巻き込まれたアスナが平然とAHOをプレイしている。 これが最大の問題点である。
    • そもそもアスナは政府の保護下でSAO事件のケアを受けている立場であり、 後遺症の治療を行っている人間がまたVRMMOに手を出す ことは社会的に許されるべきではない。「宿題をするため」という言い訳も苦しい。それならフルダイブなどせず電話やメールで十分である。
    • ナーヴギアのせいで二度も娘が死にそうになったのに、時間を決めてアミュスフィアの使用を許すアスナ母。本来なら取り上げられても文句を言えないし、むしろ親の務めとしては没収すべきである。
  • そして母娘のファッション確執が始まる。
    • アスナ母の言っていることは多少極端だが基本的には正論。だがスゴーさんを紹介してしまったという弱みにより一方的に否定され、貶められる。
    • 逆に言うと、アスナにはスゴーさん関連しか理がないので、例えば母がスゴーさんの事を一言でも謝ればアスナに反論の余地は無くなる。またスゴーさんはアスナを直接的に傷付けたわけではない上に、アスナはその後もゲームをしている。ワガママを通すためにスゴーさんというファッショントラウマを利用しているに過ぎない。
    • スゴーさんの事を差し引いてもアスナには将来のビジョンなどないため、母に文句を言える義理はない。キリトさんですらソフトウェア開発の道に進むという目標があり、ゲームに現を抜かすことなく専門の勉強や部活動をそれなりに頑張っている描写があるが、 アスナにはそれすらなくゲームしてるだけ
    • エリート街道から外れた一方でキリトと出会い精神的に成長したに誇りを持つのは結構だが、SAOに閉じ込められる以前の彼女を視聴者は知らない上 具体的な成長点について曖昧なので、冷たい言い方をしてしまえば単にエリート街道から外れたという状況を精神的に美化しているだけと取られかねない。
  • 「もう3日もログインしてない!」→特定、凸。下手すりゃ警察沙汰になる。そしてその思考は廃人のそれ。
  • ユウキ関連でアスナが何かを成し遂げたような雰囲気になってしまったが、ユウキを探し出したのも機材を作ったのも主にキリトさんで、アスナは何もしていないに等しい。にも拘らず結局うやむやになるファッション確執。
  • まとめると、アスナは4年間()の結婚生活()から何も学ばず、何の精神的成長も得なかったことが浮き彫りになった。
    • ラノベアニメや最低系を見慣れていて、キリトのやりたい放題に対しても不思議と腹が立たなかったタイプの視聴者も、アスナさんに リアルな廃人の気持ち悪さを垣間見た ことでその多くが脱落した。

UW編

医療機器のみならず自衛隊の業務用装置すらネトゲ脳

  • ザ・シードを利用して開発されたシミュレーター、 アンダーワールド が登場する。
    • 国家プロジェクトのための装置を何故か コピーソフトで構築 。世間にバレたら大問題であろう。
    • しかもザ・シードは世界的犯罪者によって作られたもので、肝心なところにブラックボックスがたっぷり仕込まれた危険極まりないシステムである。
    • そのため設定を弄らず適当に作ったらしく、シミュレーションには明らかに不要な 劣化カーディナルシステムとソードスキル が残っている。 消せよ。
  • 現実の戦場で使うAIを育成しようとしているのに、アンダーワールド内に構築されているのは謎のファンタジー文明。
    • 現代と違いすぎる環境でいくら実験しようが無意味である。

カーディナルシステムの弊害

  • UW編前半のストーリーはざっくり言うと、本来のOS(クィネラ)とマルウェア(カーディナルシステム)がぶつかり合い、カーディナル側が キリトさんというウイルス を呼び込んでOSが破壊されてしまうというもの。
    • やっぱり壊れてるじゃないか(呆れ)

NPC至上主義極まる

  • コンピューター上のシミュレーションはトライ&エラーを何度も繰り返せるからこそ意義があるのであって、データ上の住民を守るという行為は単なる実験の妨害でしかない。
    • ゲームのセーブデータとは話が違うのである。

明らかな引き伸ばし展開

  • クィネラとの決戦後、データ空間内で植物状態になるキリトさん。
    • このせいで、ソードもアートもせず何にも進まない状態が3冊ほど続く。
    • 誰も興味の無いアンダーワールドの世界観説明でもたせるにも限度がある。



設定・世界観全般


作中MMORPGの世界観の不徹底

  • そもそも、SAO作中に登場するオンラインゲームはどれも面白いように見えない。
    • 悪質なPK、ハイエナ行為、チート、セクハラなど現実のMMOにある問題点がまるで解決されていない。
    • ゲームをデザインした茅場の天才性を疑わせる要素である。
  • SAOには弓矢や魔法が存在しないため、ゲームとしてはかなり単調である。
    • スイッチ()など戦略性があるような描写も存在しているが、結局のところレベルを上げて物理で殴るしかないのがなんとも。
    • 支援タイプ職の存在しないMMORPGなど古今例がない。
  • ALOは飛行システムが売りとのことだが、肝心の飛行には時間制限がある。
    • アルフへ転生すれば飛行時間は無限となるが、世界樹を攻略した1種族しかアルフにはなれない。他の種族で遊ぶプレイヤーがいなくなるので、世界樹が攻略された時点でオンラインゲームとしての価値は暴落してしまう。
  • GGOはアニメ2期の項目に譲るが、MMOと洋ゲーとFPSとプロゲーマーを皆馬鹿にしているとしか思えないほどお粗末である。
  • アンダーワールドに至ってはファンタジーゲームっぽい世界を構築する理由すら不明である。
    • ゲームとシミュレーターでは目的が違うのに、ゲーム用のデータを消さずに利用している。
  • RPGならば存在しているべき、ゲーム内世界の設定が不明瞭である。特にアインクラッドは、なぜ魔法や弓職の存在しない剣の世界になっているのかまったくわからない。
    • アインクラッドについては、国家や魔法が失われるきっかけになった「大地切断」という災害が後付けされている。違う、そうじゃない。
  • 読者の頭の中にある「よくあるファンタジー像」に頼るという、つまらないメタファンタジー(勇者・魔王ものとか)にありがちな間違いを犯している。
  • 茅場の目的である「完全な異世界の創造」と「正しいMMORPGのゲームバランス」というものは相容れない。
    • SAOはリアリティを重視して「特定部位のダメージボーナス」を設定した結果、反応速度()とプレイヤースキルの差を埋める手段が無い理不尽ゲーになってしまっている。
    • これはアンチスレで 「現実というクソゲーを完全移植したからクソゲーになった」 と指摘されている。

近接特化ゲームに必要なリアリティの欠損

  • SAOは魔法は勿論のこと、遠距離攻撃が投剣とチャクラムくらいしか存在せず、近接武器特化型のゲームと言っても過言ではない。
  • そういった特化型ゲームは扱う題材が何であろうと、よりリアリティや大幅な差別化が必要となってくる。そうしなくては、装備や種別ごとの特色が薄くなり、使い分ける理由や選ぶ意味も薄くなるからだ。
    • しかし原作の描写やアニメでの戦闘を見てもらえば分かるように、殆どが人離れした身体能力任せであり、武器が何であるかなど関係なくなっているとしか言えない。
    • ソードスキル()なぞ言わずもがな。より人外染みた身体能力を発揮させるものから、物理法則や身体構造的におかしいもの、果てはただ隙を作るだけのものに、他の武器の特色を持ち合わせてしまったものまで存在し、リアリティどころかゲームバランスでさえ寧ろ悪化の一途をたどらせている。
    • そもそも、ゲーム的に美味しい題材であろう二刀流がキリト専用になっているあたりがすでに歪んでいる。
  • 近接特化型の特色も無いとなると、SAOの面白味や醍醐味は一体どこにあるのだろうか……?

ソードスキル()

SAOのウリとして示されているソードスキルシステムだが、どのようなものかはよく分かっていないため、我々にはゲームとして面白そうに見えてこない。
システムであるなら明快に説明できるはずだが(良作まとめwikiみたいに)、以下の点が不明または矛盾しているため信者の妄想以外に説明する手段がない。
  • どうやって習得するのか
  • モーションは実際に動いて繰り出すのか、繰り出すと決めたら自動的にモーション通りの動きをするのか
  • ターゲッティングや自動追尾をどうやって処理しているのか
  • 普通に剣を振って攻撃することとの違いをどういうふうにゲーム要素として再現しているのか
キリトさんが実際に繰り出しているソードスキルだが、どれも連続技なうえ、原作の描写も抽象的すぎて、実際にどう動いているのかは伝わってこない。
  • アニメ化された際には、ただガードなどを考慮せずひたすら剣を振っているだけだった。太鼓の達人と言われる理由はここにある。
僅かしかないソードスキルの仕様に関係ありそうな描写をいくつかあげておく
  • ソードスキルの発動についてゲーム開始時のクラインとの訓練で初動でためてズバーンとするとキリトは説明している
  • ソードスキル発動時に自分で動こうとすると動きが止まり硬直が入る
  • しかしソードスキルと全く同じ動きを自分でしようとすると攻撃が加速して威力が上がるらしい
  • 74層でアスナとPTを組んだとき骸骨モンスターに攻撃を綺麗に当てていることから腕がいいとキリトは判断しているが自動追尾なら誰がやっても同じである
  • クラディールとの決闘ではピンポイントで武器を狙っている
これらの情報からソードスキルは大まかな動きしか決まっていないように思える。
しかし一方でシステムアシストは厳密に定められておりそれから外れる動きをするとソードスキルが止まってしまう。
なお、ソードスキルはSAOとALO編終了後のALOにしか存在しないが、存在しないゲームでもキリトはソードスキルを使い続けている。
システムアシストによる加速とダメージ補正がないにもかかわらずソードスキルを使い続けていることから、ソードスキルは現実的な動きであると思われる
  • だが、スターバースト・ストリームやジ・イクリプスが現実に出せるとして、優位性はどこにあるのだろうか……?
  • 茅場との最終決戦に至っては、 パターン通りの動きだから読まれやすい という理由でソードスキルを封印して戦おうとしていた。
    • 結局追い詰められた拍子に使ってしまったが、キリトの危惧通りそのモーションは完全に読まれて ズドられた
  • 以上のことから、「実際に体を動かす」体験がウリのVRMMOと、プレイヤーに決められたモーションを強いるソードスキルというシステムは 食べ合わせが絶望的に悪い
    • にもかかわらず、ザ・シード系ゲームにおいてはソードスキルシステムが前提になっており、果ては実験用シミュレーターであるアンダーワールドにも全てのソードスキルが存在する。

不明瞭なシステム

  • VRゲームなのにUIやインベントリの概念がある。その割には服は一度脱がないと変えられなかったり、弾をマガジンに手作業で込めているキャラがいたりした。
  • 作中のゲーム内でキャラクターのステータスがどの程度実際のダメージ等に影響しているのかは、描写される都度に変わっている。
  • たとえば、キリトさんは素早さ特化型であり、防御力などは低そうに見えるが、防御力特化型キャラまでもがボス戦で一撃死しているなど。
  • GGO編では対人戦におけるキャラビルド間の格差が問題になっていたが、誰も彼も超人的な動きをしており、ゲーム内でステータス差が戦闘の趨勢に影響しているようなシーンは描かれなかった。
  • 少数の限られたプレイヤーに、製作者自ら ゲームバランスを破壊することが分かりきっている ユニークスキルを個人的にプレゼントする。
    • スキルのうちの一つは製作者が持っている。
    • ルールが滅茶苦茶になったデスゲーム開始以降ならまだしも、ユニークスキル付与はβテスト中のこと。つまり曲がりなりにもオンラインゲームとしての体裁を整えておかなければならない時期である。
    • それがSAO内だけで完結していればまだいいのだが、それで得た成果はほかのゲームにコンバートできる。


フルダイブ型ゲームの問題点

  • 根本的な問題として、脳と肉体間の信号のブロックをどのようにするのかという問題がある。手足などは首のあたりでということで説明することになりそうだが、視覚や嗅覚などは頭の深部を神経が走っているし、個人個人で走ってる場所も違っていたりもする。それらの走行位置をどうやって割り出して信号のすげ替えを行っているのだろうか。プレイ中にちょっとナーヴギア(アミュスフィア)を動かしただけでプレイヤー側は視界が歪んだりとかとんでもない状態になりそうなのだが。
  • ナーヴギア(アミュスフィア)で遊んでいる間、リアル肉体は無防備。危険すぎる。
  • ぱっと思いつくだけでも予期せぬ来客や赤ん坊といった他人、尿意と便意、火災や地震、病気発作と気になる事象はたくさんある。
    • GGO編では実際に無防備状態を利用した犯罪が起き、犠牲者が出てしまう。こんなものにゲーム機として認可がおりるのか?
    • 原作にもALO編にて「体感によってはゲーム終了後も現実の肉体に頭痛や吐き気などの症状となって影響が残る」とはっきり描写されている。さらにペインアブソーバーなどの諸システムの設定次第では、須郷のように深刻な後遺症が残る可能性が示唆されている。
    • またGGO編にて、リアルマネーの賞金が出る大会の決勝を 便意で辞退 するという悲しすぎる事態も起こっている。
  • SAOの被害者達は2年間寝たきりとなっているが、その間の介護描写はほとんどない。
    • 「介護疲れから被害者を殺害」「意識を失っている被害者を強○殺人」というかなり悪趣味な類の薄い本が出回ったが、そういったものに反論できる根拠は示されていない。
    • ひょっとすると「アクセル・ワールド」で「ゲーム中は体感時間が加速する」という設定を取り入れたのはこの矛盾点を潰すためなのだろうか。
    • アンダーワールドでも「プレイ中の体感時間が5000倍に加速する」という設定(FLAシステム)がつけられたが、SAOに関する矛盾を解消する気はないらしい。
      • しかもFLAは 「脳に悪影響は一切出ない」 とかいう超ご都合設定。もはやムキになって設定したとしか思えない。
      • SAO編以降キリトアスナの思考回路は目に見えておかしくなっていくので、「プレイ中脳に酸素が行ってなかった」と弄られることがよくある。
  • しかも、キリトさんは目覚めてすぐに起き上がり、歩き出している。
    • 作者の言い訳と信者曰く、進歩した未来の技術で排泄も萎縮問題もクリアらしい。
      • 普通に無理です。それに、キリトさんが寝てたの、現代の病室とほとんど変わりませんでしたよね?
      • 童貞のくせに結婚ごっこ()をしていたキリトだったが、もう尿道は童貞ではないと思われる。
    • ナーヴギアが外せないので、スゴーさんは2年間洗っていないアスナさんの髪をクンカクンカしたことに。オエー!
    • さらにそんなアスナさんの体臭をVRに再現したスゴーさんって……オエー!
  • 1月設定なのに、下着姿でストーブも毛布もかけずにダイブする直葉。現実ならば間違いなく凍死する。
    • 原作者は「仮想世界との一体感を高めるためにそうした」と斜め上の解説。違う、そこじゃない。
  • 「どのくらい現実の肉体とかけ離れた体感ができるのか」については、出てくる都度設定が変わる。
    • Web版16.5話では、性器がついていないだけで耐え切れなかったという開発段階のエピソードが出てくる。
    • しかし、ALOでは羽根がついていてもOK。そして研究員がナメクジアバターに同化し、アスナさんを触手陵辱する。
    • しかも、ALOのゲーム開始時点での性別入力はユーザー側任せになっている。性別について誤った選択をしたら重大な問題が起こりうるのなら、そのことに関する警告が行われて当然なのだが、キリトさんがゲームを始めるまでの間にそのような警告の類いは一切無し。SAOでも手鏡使う前までは性別詐称プレイを楽しんでいた人が複数いたことを考えると、実際には性別詐称しても何も問題はない?
      • 性別関連で一貫しているのは、手鏡含め「キリトさんがゲーム内で出会う女キャラにネカマ疑惑がかけられてはならない」ということだけである。

反応速度()関連

  • キリトさんのチート的な強さを成り立たせる設定のひとつである反応速度()なのだが、この言葉は定義自体が曖昧で具体的な説明がない。
  • 用語集の項目でも解説している通り、格闘ゲームやFPS、音ゲーにおいて「超反応」と称される超絶テクニックの多くは蓄積された経験が可能にする「先読み」のようなもので、反射神経はあまり関係ない。「反応速度=反射神経の素早さ」とするのは誤りである。◦そのような超反応を得るためには研究や練習、実際の経験が欠かせない。しかも、ゲームが変われば当然鍛えなおし(初歩的なものはある程度応用が効くだろうが)。
    • だが、作中では反応速度()さえあれば開始してすぐそのゲームのトッププレイヤーを下せるような描写がなされており、現実離れしすぎている。
      • ナーヴギア自体に戦闘経験が蓄積されているとしか思えない。そういう話を後付けしてきそうなので、あらかじめ書いておく。
      • システムアシストとやらでプロ並みの身体感覚を即座に手に入れているのだろうか。それだとまた矛盾点が増えるし、もはやネトゲものではなくなってしまうが。
  • 仮に反射神経が非常に優れている人でも、身体が付いていかなければ実際に反応することはできない。スポーツ選手が鍛錬を欠かさないのは身体を鈍らせないためである。にもかかわらず、2年間寝たきりであったキリトさんたちSAO生還者には、現実の身体が思い通りにならず苦しんでいるような描写はない。
  • ナーヴギア(アミュスフィア)を介し、一般の通信インフラを経由してサーバーと交信する以上、反応速度()がいくらあったとしてもハードウェア側の通信速度がボトルネックとなってそれほど速くはならないはずだが、このあたりはどうなのだろうか。
  • 絶剣編にて、「反応速度は仮想空間へのダイブ時間に比例する」という設定が登場した。しかし、それによってキリトさんの優位性がなくなっていくような展開はない。
    • 完結した原作Web版において、キリトを超える反応速度を持つ人物はユウキただ一人である。
    • 物語内の時間が経過してVRゲームが普及するにつれ、キリトさんを超える反応速度を持つ人物が次々に現れても良いはずなのだが、前述のユウキ以外は誰一人として出てこない。
    • そもそもこの仕様自体、 「先発プレイヤーや廃人と新規プレイヤーとの差は永遠に埋められない」 という、MMOでは致命的なクソ仕様である。
  • SAO後のキリトさんは一日中ゲームをしているわけではなく、剣道()をやったり学校に通ったりしている。その間に熱心な廃人に追い越されてもおかしくはないのだが。
    • 反応速度()がとやかく言われる理由は、それ自体の矛盾のみならず、作中の反応速度関連の設定から透けて見える作者の「鍛錬や戦術・戦略の軽視」「ゲームに対する浅薄な理解」に根本的な原因があるのかもしれない。
  • ダメ創作の主人公は大概速さ特化である。

剣道()

  • 現代に伝えられている剣道は、武道・スポーツとしての形式が主になったもので、実戦で使われていたものとはかけ離れている。ゲームとはいえ中世風の実戦形式に近いSAO内で獲得した経験を、スポーツである剣道に応用できてしまうのは、いろいろと無理がある。
    • 示現流など、実戦形式を保った武術もあるにはあるが、そういうものは普通「剣術」と呼ばれる。そして、桐ヶ谷家がやっている剣道はその手のものではなさそうである。
    • そもそも、フィクションで一番最初のありがちな設定を使うときは、「剣道」ではなく「剣術」である場合が多い。
  • 原作者はツィッターにて「剣道はディテール描写のための小道具として出しただけ」とのたまっているが、以上のような点から、その目的を達しているとは言いがたい。
    • 「よく知らない」「素人」とも言っているのだが……。ちゃんと取材をするのは作家として最低要件ですよ?
  • まぁ、巷のコピペで言われている通り「中高生レベルの視野で見える範囲の世界を願望で取捨選択したこと」が、商業出版で利益が見込めるほど大量の信者を獲得した要因なのかもしれないが……。◦「中高生に剣道と剣術の区別はつかないし、剣と聞いて身近に思い浮かべるのは学校の剣道部だろうし……」と。本当にそう思っているなら客を舐めすぎているが。
  • 「ディティールとして用いた」云々もそうだがそもそもの話、キリトの"無限のスペック"に目をつぶるとしても3年近く寝たきりだったキリトには多少の後遺症はあるのが当然なのに、その間ずっと剣道の鍛錬をしてきた直葉と互角に戦えてしまうのはおかしい。

その他、現実世界のリアリティなど

いくら創作でフィクションだからといって、常にリアリティを欠いてよいかというとそうではない。現実世界と上手に対比させることで高い評価を得ているフィクションも数多く存在するのである。
もちろん(ギャグものなら尚更)リアリティのかけらもない面白さというのもあるため、端から、実の常識が通用しない世界観を創作の中に作り上げて話を進めるならまだしも、本作は現実世界の延長として描かれているうえ、作者も剣道やエイズ関連の発言から説得力のある話として描きたかったともとれるので、なおさら登場人物の行動理念には現実に即した説得力が求められる。
  • シノン、ユウキのくだりでは、(登場人物が不幸な目に遭う事自体は仕方のない事だし一向に構わない事だが、)物語を一時的に盛り上げるための話題として使用されている感が否めない。病気や医療の描写が杜撰すぎるし、なぜか不自然な理由で家族が作中にからまない。
  • 登場キャラが不幸・トラウマを抱えていてもそれが後の行動理念にあまり生かされておらず矛盾が生じていたり、不幸などの根源となった悪役にはあまり焦点が当たらず野放しにされるケースも。
  • スゴー(ALO)といいシュピーゲル(GGO)といい、女の子に性的な乱暴をしようとする奴が多い。ちなみにこれより先の話でもこの手のゲスが登場するほか、アスナと共寝シーンを設けるなど少し作者はこの手の描写が好きなのだろうか?
    • 世界規模のオンラインゲームを素材としている割には、節目節目のラスボスに当たる悪役がなぜか主要人物の身近にいて面識のある人間というケースが多すぎる。

作者のキリトへの寵愛

  • 作者にしか知りえない奇跡が幾度となく無鉄砲なキリトさんを救うことになる。
    • 茅場正体バレ、チートを疑うプレイヤー皆無、シルフの使者、マヌケなスゴーなどが例。~
どれもキリトさんに都合よく事が運んだからよかったものの、このような追い風が吹くこと大前提に行動してるとも思えるキリトさんには違和感を覚える。


  • 近接特化型ゲームなのにリアリティがない、も追加して欲しいです。ヴォーパルストライクを筆頭に変なスキル多いですし、身体能力任せで武器を選ぶ理由がとことん薄過ぎるので…… -- 名無しさん (2015-01-20 10:03:00)
  • GGO編での光剣について編集してみます。意見があったらコメント欄でお願いします -- 名無しさん (2015-01-27 07:39:54)
  • キリトを男の娘にしたのは、デスガンに正体がバレない為では -- 名無しさん (2015-01-27 22:51:04)
  • ↑ なら男らしい投身の高いイケメンや、筋骨隆々なスキンヘッドでも良かった筈。それにバレない為と言っているけど、ランダムで選ぶ事は出来ないとからその理屈はおかしいと思う。 -- 名無しさん (2015-01-28 15:02:08)
  • ↑失礼、“頭身”でした。 -- 名無しさん (2015-01-28 15:02:50)
  • ↑返答しますが、どうであれ意味はなくはないはずですよ。 -- 名無しさん (2015-01-28 16:30:04)
  • 絶剣編のアスナに関して勝手に追記しました。母親がいろんな意味で可哀想です。 -- 名無しさん (2015-01-28 21:31:21)
  • ↑アスナ母は極端すぎるけど正論を言ってますよね、最後に変な理由で説得されたから株を落していますが -- 名無しさん (2015-01-29 07:33:58)
  • 光剣について編集しました。コメント欄にてご指摘お願いします -- 名無しさん (2015-01-29 07:34:28)
  • 近接特化型ゲームなのにリアリティがない、追加させていただきました。何か他にこの系統でのご要望、及び指摘ありましたらコメント欄に手お願いします。 -- 名無しさん (2015-01-29 16:40:39)
  • 北欧神話にエクスカリバーを持ち出したは許せない。 -- 名無しさん (2015-02-18 00:39:22)
  • デスゲーム開始以前の話とキリトの妄言について。 -- 名無しさん (2015-02-26 17:16:09)
  • 世界発の技術を体感するためにより早くゲームにログインするのは当たり前 -- 名無しさん (2015-02-26 17:16:59)
  • 子供が買えないなら大人が遊ばせるために買うに決まってんだろ。一人暮らしじゃねーぞ。月夜の黒猫団他がまとまって買えたのは一緒に並んでたからとは考えられない?お友達がわざわざバラバラで並ぶ理由はない。 -- 名無しさん (2015-02-26 17:19:07)
  • ポップするモンスターの数は限られている。勇気あるプレイヤーは効率良くレベルリングをするために狩り尽くす。それじゃあ効率が悪いから人の少ない場所に移動するのは普通。ゲーム開始数週間、街に引きこもっててもやがてレベル上げはできるし、先生達は一層から動く気ないからモンスターとは対峙しない、よって生き残る。 -- 名無しさん (2015-02-26 17:25:21)
  • 後付けが何だの矛盾があるだの生きってると思えば、盲目がどや顔でアホ面晒してるだけか。笑わせんな。 -- 名無しさん (2015-02-26 17:26:23)
  • 効率が悪いから人の少ない場所に移動するのは普通?HP0=死のゲームでそんな理屈成り立たんよ。 -- 名無しさん (2015-02-28 20:59:51)
  • ナーヴギアの購入自体抽選かどうかも判明してないし、12万8000円もする高価なゲーム機を発売当日に買うことを考えると子供の親や黒猫団みたいな集団が買うこともおかしい、1万台限定だからなおさら。 -- 名無しさん (2015-02-28 21:02:49)
  • 世界初の技術を体感するためにサービス開始からログインしようとしたって、急用やら何やらでログインできないことが起こらないとでも?事実アスナの兄はログインできなかった。もしアスナが勝手にやってなかったらSAOに閉じ込められたのは一人少なくなる。 -- 名無しさん (2015-02-28 21:04:34)
  • 米欄で何やら垂れ流してると思えば、信者がドヤ顔で妄想さらしてるだけか。笑わせんな。 -- 名無しさん (2015-02-28 21:05:32)
  • 整合性のとれた設定を矛盾と言い張るバカニキさすがっす。他人のボキャブラリーを使い回す低能っぷり頭が下がりませんわ -- 名無しさん (2015-03-03 18:40:48)
  • nara -- 名無しさん (2015-03-03 20:39:35)
  • こういうアンチって人には『にわか乙』って言うのが一興なんだよね? -- 名無しさん (2015-03-03 21:47:08)
  • わざわさアンチまとめまでご苦労様ですwww 見ててつまらない時期のワンピースよりもつまらなくて、雑談で自分には合わないって言ったらキチガイ扱いしてきた馬鹿が何人か居ただけたからね -- 名無しさん (2015-03-11 21:02:00)
  • SAOとSAOPの設定違いは書かない? -- 名無しさん (2015-03-15 13:26:53)
  • 初っ端の時点ですでに本編との整合性が取れなくなっているし、本編順守とは書かれていないけども、明確にパラレルワールドだとも記されてはいないから、書くべきかとは思う。 -- 名無しさん (2015-03-15 15:09:31)
  • キズメルの夢に出てくるキリトについて ベータ時はキリトの顔違うだろ。 アリシゼーション編についてアリスの真AIに目覚めてからそれが襲撃してくる奴らに伝達する速さとそして襲撃すると決めるまでの決定の速さはかなり早すぎると思うんだが・・・襲撃するにしても前もって計画とか立てる時間が必要だよな(確か最高加速倍率が1000倍だったよね) ここに書かれてる矛盾って正直矛盾じゃないやつかなり混ざってる気がする たとえばソードスキルの項について その対応する武器の熟練度によってスキルを習得するってどっかに書いてたはずだし発動するときは決められたモーションをとればシステムがアシストするとも書いてただろう ちゃんと原作読んでないもしくは理解できてないのに思いついた事書いてるようにしか見えない(中にはちゃんとした矛盾もある 圏内事件についての指摘やリズベットの店の武器を破壊する行為についてなど -- 名無しさん (2015-03-16 00:03:50)
  • 右肩アートオンラインwwwwwww -- 名無しさん (2015-03-28 22:16:16)
  • 限定アイテム・限定スキルこそ強欲PK等に狙われるだろうにPK展開がキリトツエーだもんな~w キリトに唯一の復活アイテム押し付けられたクラインとか絶対狙われるわw -- 名無しさん (2015-08-10 22:26:13)
  • 90層クラスのボスが出てきたことをキリトの不備としているならばそれこそ読者の視点じゃない?まして、それまではキリトさん無双してたし、アスナ+ユリエールの戦力があれば十分護衛できると考えてもおかしくない。まして、攻略ではなく救出任務なんだし。 -- 名無しさん (2015-08-15 15:18:26)
  • あ、それと、アスナは無理矢理くっつけようとされてるのにも反発してるけど、あれは母に非があるだろ。 -- 名無しさん (2015-08-15 15:22:49)
  • ソードスキル()なんて入れずに、リアルのように剣を振り回して戦うようにしたほうが絶対面白いと思うわ。技みたいなのは中の人が編み出してくれるだろ(バラード、巻技、跳ね剣、返し、パリィング、フェイントなどなど) -- 名無しさん (2015-09-08 03:31:16)
  • SAO事件より 過度の戦闘や緊迫状態で肉体に発作等の症状が現れ死ぬ例が多発してるのに発禁・使用禁止に為らないのがマジで笑えるは駄目な意味で -- 名無しさん (2015-09-30 03:25:15)
  • レベル性のゲームの筈なのにプレイヤーの本来の身体能力を要求(謎鬱ロザリオ編で矛盾が更に矛盾) -- 名無しさん (2015-09-30 03:28:55)
  • 原作をちゃんと読めば、ここで矛盾っていわれてる物は大体論破できます。 -- 名無しさん (2015-10-18 17:02:49)
  • これ書いた人は斧を刀だと思ってるのかな?(笑)二刀流はキリト専用スキルだけど武器が斧だったらそれは二刀流ではないよ -- 名無しさん (2015-10-18 17:04:27)
  • ↑ リズベットが二本の手で操るスキルなんて聞いた事が無いと言っていたし、刀であろうが無かろうがグリムロックが起こした事件の際に『存在していること』自体がおかしい。原作でも通常攻撃は威力が低くて使い物にならないと言っていたし、人殺しを好むレッドプレイヤーなら尚更自身が窮地に陥るかもしれない状況や、反撃を喰らう可能性がある状況で馬鹿な真似はしないと思う。作者はああいう仕様だ、ともいっていたけど……あんな部分で特殊仕様の武器を出す理由も分からない。……というかそもそもキリトだって刀では無く『片手直剣』だし。 -- 名無しさん (2015-10-19 16:34:45)
  • いままでスルーしてきたけどDVD 1巻見た。違和感だわ。βプレイヤーってなんで一層のボス部屋まで辿り着けないの?2ヶ月で8層なら、いくら安全マージン取っても踏破マップなら3日くらいで辿り着くのではないかと。マップが変わってるならボスの行動パターンが変わってたくらいでオタオタしすぎでしょ。彼も何で死んだか謎だし。この先どうしようかな… -- 名無しさん (2015-10-28 20:52:46)
  • GGOで指摘されてるおかしな部分は外伝読めば割とそれっぽい理由で説明されてるような 原作者が上手く扱えないのが問題なのかもしれないけど -- 名無しさん (2015-11-09 13:35:22)
  • ↑zya -- 名無しさん (2015-12-06 13:05:00)
  • ↑じゃあ説明してよww「原作をちゃんと読めば、ここで矛盾っていわれてる物は大体論破できます。 」←なんて偉そうに言ってる頭の悪し信者も結局論破なんて出来てないしw論破するだけの頭が無いから具体的な所まで言えないのかな?ww -- 名無しさん (2015-12-06 13:06:10)
  • 一部分しか捉えてないから矛盾と勘違いしてる箇所がかなりあるが2割ほどだが確かな矛盾も存在してるな -- 名無しさん (2015-12-14 19:42:53)
  • 一つ上の米も見れないとはたまげたなぁ・・・ -- 名無しさん (2016-01-23 01:10:49)
  • 因みに信者は「原作読め」とか言ってるが、読むと余計にキャラのクズさ加減が増すぞ。 -- 名無しさん (2016-01-28 10:41:25)
  • アンチの言う「整合性」に口を揃えてバカぐらいしか言えない信者は何なんだろうな… -- 名無しさん (2016-01-31 00:33:08)
  • 整合性が付かないことを否定したいんだったら、普通にそうなる具体的な根拠を書いてくれれば俺らだって納得できるかもしれないのに -- 名無しさん (2016-01-31 00:35:03)
  • http://onecall2ch.com/archives/8338790.html?1454805714#comment-form -- 名無しさん (2016-02-07 18:03:51)
  • コメ欄で信者の闇の深さを垣間見た -- 名無しさん (2016-02-07 18:04:42)
  • 武器ごとの対応スキルやら盾やらで考えるとあの二刀流スキルは片手武器の派生じゃないんだし二本持てるじゃなく双剣が必要に為るスキルに為るんでねw -- 名無しさん (2016-02-18 23:16:11)
  • エリュシデータがボスドロ武器と言っても60層以上で使えてるってのも謎  -- 名無しさん (2016-02-26 00:53:33)
  • ぶっちゃければ、古今東西にあるアニメで現実的に整合性のとれるものなんてほとんどない。(あっても、それは完全なリアルなものだけでフィクションでそれはまずない) -- 名無しさん (2016-03-15 20:23:07)
  • もうファンタジーとして割り切ればいいのに、バーチャルリアリティうたって現実とはかけ離れた世界を描いているから本作は叩かれているんだと思う。本ページでもそんな細かいこと「突っ込まんでも…」ってところはあるが医療関係の描写ミスは不謹慎で無思慮なところが浮き彫りになっていて許しがたい -- 名無しさん (2016-03-16 17:12:03)
  • ↑基本的に捜索で現実にある病気を使うのは、読者にキャラを身近に感じてもらうためなんだよ。そもそも、実際の出来事とかを批評したり、それ自体を題材にしない限りはキャラクターのアイデンティティーなわけでそんなことをいちいち突っ込まれたら創作なんて何もできないぞ。あと読んでいて思ったけどそもそも「原作を読め」っていうのは至極当然だとはたから見ると感じるよ。上の人たちの意見を見ると。そもそも創作なんて好き嫌いのものなんだから嫌いな嫌いで読む必要なんてないよ。むしろそういったものあれやこれや批判することの方が原作者やアニメスタッフへの侮辱としか感じられないんだが。 -- 名無しさん (2016-03-16 23:38:40)
  • ↑君は随分と無思考なんだな。 結局、SAOの最大の問題は現実世界に仮想空間が同質的に拡張されていることにある。端的に言えば、SAOの話は仮想空間内で完結すべきであり、現実世界など描く必要がなかった。なぜなら、ゲーム空間で強いネトゲ廃人が現実世界でも強いことはまずないように、SAOのファンタジー要素は仮想空間においてのみ成立し、それを現実世界には展開できないからである。ただ、作者の甚だしい勘違い若しくは歪んだ願望により、SAOは”虚構が現実と等価で同質”という不可思議な超世界となってしまっている。 -- 名無しさん (2016-03-17 02:03:42)
  • ↑あのな、無思考云々言ったらこの世のアニメは全部そうだわ。それに「仮想空間が現実世界に同質的に拡張されていること」なんて言ってるが。そんな話は過去のロックマンとかデジモンとかでもさんざんやった日本のアニメの普遍的なものだぞ。第一に創作になに現実の論理を持ち込んでるんだよ。だから先にも言ったが創作なんてものは好き嫌いで見ればいいもの。嫌いなら嫌いで見なければいいだけの話でそれ以上でも以下でもない。そもそもお前さんと俺とで作品に対する見方が違うんだから、お前らの考えなんざこっちは理解しようとも思わないよ。分かり合えるとも思わないしね。そもそも、お前はSAOが嫌いだからこうやって批判してるんだろ? なら嫌いなら嫌いで見なけりゃいいだけなんだよアホらしい。それが娯楽ってもんだ。 -- 名無しさん (2016-03-17 19:16:17)
  • ↑君が馬鹿なのはよく分かった。これから分かりやすく説明してやるから心して読めよ。  まず、最初に君のコメントを例に話を進めよう。君の私に対するコメントは実に排他的で攻撃性が高い。その一方、君は現実世界でこのような排他的で攻撃性の高い発言を見ず知らずの人には行わないだろう。これは、「社会的役割」で説明できる。君はこのサイトにおいてはSAO信者としての社会的役割を演じた結果、現実世界での社会的役割を演じている限りにおいては出しえない、排他的で攻撃的なコメントを書き込んだのである。つまり、環境や世界が変われば当然、ある人が演じる社会的役割は変わり、行動も変わるのである。  次に、話をSAOに戻すと、主人公のキリトは厨二妄想の権化のようなキャラクターであるが、この場合はこの点は問題ではない。寧ろ問題なのは、キリトのキャラクターが仮想空間と現実世界で変わらないことである。キリトの主人公補正が保障されるのは仮想空間においてのみであり、現実世界ではない。故に、当然環境が変わるのだから仮想空間と現実世界では別のキャラクターを演じるべきなのである。(続く)  -- 名無しさん (2016-03-17 21:53:44)
  • (続き) 最後に纏めると、君が高い匿名性の確保されたサイバー空間では弁慶のように振舞えても、現実世界では子猫のようにしか振舞えないように、キリトは主人公補正が根拠を持って約束された仮想空間内においては最強でイケメンであっても、主人公補正のない現実世界では最強でイケメンたり得ないのである。よって、端的に言えば「仮想空間が現実世界に同質的に拡張されていること」はおかしいである。 -- 名無しさん (2016-03-17 21:54:17)
  • ↑2つもコメ欄使って長文書いてくれて悪いが、そんなことを俺に言ってお前はどんな返答がほしいんだ? 先のコメント、それとその前のコメントでも俺はずっと「創作なんてものは好き嫌いで決めるもので、嫌いなら嫌い、好きなら好きで構わないもの」だとさんざん言ってるんだが。もう一度言うが、お前は俺が嫌いでない作品が「嫌い」なんだろ? なら、最初から考え方が違うんだから無視すりゃいいんだよ。ここは基本アンチの支援wikiであることくらい俺だって理解してるよ、でもだから何だっていうんだよ。お前は自分が受け入れられないキャラの受け入れられない部分をこうして長文にして書いているわけだけど、それが一体何だっていうんだよ。これ以上議論しようとは思わないから俺はここで終わるよ。 -- 名無しさん (2016-03-18 18:52:28)
  • ↑まず最初に断っておくが、私はSAOが好きである。確かに私がSAOアンチであることは間違いないが、それは私がSAOを好きであるということと何ら矛盾するものではない。なぜなら、私がSAOを評価しないのは「事実判断」により、私がSAOが好きなのは「価値判断」によるからだ。  では、話を本論に戻そう。全く、君はバカの一つ覚えのように「創作は好き嫌いでいいじゃないか論」をゴリ押しするが、君はそれが現代社会で通用する真実であるとでも考えているのか? 少なくとも私はそうは考えないし、実際に社会的に通用しない例を2つ示そう。 最近、私は実に興味深い論文を読んだ。その論文は野球漫画の女性キャラクターについてフェミニズムの見地から論じたものであった。 次に、表象文化論という学問領域がある。詳細については割愛するが、文化事象を通した人間理解を目的としている。(続く) -- 名無しさん (2016-03-18 23:50:56)
  • (続き) 何れの研究においても、創作は好き嫌いの対象ではなく、理性に基づく分析や批判の対象である。では果たして、件の論文の著者や表象文化論の研究者の論理的推論に基づく研究と、君の感情的な「創作は好き嫌いでいいじゃないか論」では、どちらが正しくて、社会的信認を得られるだろうか?言うまでもなく前者である。つまり、君の常識は、アカデミックな世界そして現代社会の非常識なのである。 ここに君の感情的な「創作は好き嫌いでいいじゃないか論」は通用せず、誤っていることは明らかである。無論、君には反論をする権利があるが、その場合は創作が理性に基づく分析や批判の対象ではなく、好き嫌いの対象であることを客観的に証明しなければならない。  もしこの点が満たされなかった場合、君は私の論理的推論に基づくSAO批判について議論すべきである。まぁ、論破されて逃げるのも自由だが。 -- 名無しさん (2016-03-18 23:52:08)
  • ↑だから、そういった論理が一体何だっていうんだよ。君の論理自体それが絶対的なものであるとだれが決めるんだ? 何度も言うが、その創作が良いか悪いかを決めるのは完全に個人の価値観でしかない。著名な人たちが創作に対しそういった理屈を述べようが、最終的にその創作を見るか見ないか、楽しむか楽しまないかを判断するのは個人の価値観でしかない。そもそも価値観がそれぞれで違うのが人間である以上、独裁国家でもない限りその創作物を批判するもしないも個人の判断で俺は構わないと思っているから、「創作なんてものは好き嫌いでいい」と言ってるんだよ。それに俺は自分の意見が正しいなんて思っちゃいないよ。それ自体各々が判断すればいいこと。先のコメントでもいったが、俺はこの場でそのようなことを議論すること自体、悪い方向にしか進まないと思っているから俺はしたくはないんだよ。意見が違うのならいちいちこんな俺のコメントなんて相手にしないでくれて構わないよ、俺は俺で俺なりの意見を言うだけだからね。それに関して君がどう思おうがそれは君自身の価値観で考えたまえ。他人の考えた理屈を出す前にね。 -- 名無しさん (2016-03-19 18:53:39)
  • ↑一応聞くが君は、私の「創作は好き嫌いでいいじゃないか論」が社会的に通用しないという説明を理解できたのか?凡そ理解しているようには思えないコメントを返すものとは。 まぁ、君がバカなのは今に始まった話ではないし本論へ戻ろう。君は「その創作が良いか悪いかを決めるのは完全に個人の価値観でしかない」というわけだが、これは全くの誤りである。 例えば、「サンプリング周波数30kHzで音楽をサンプリングするのは良いだろうか?」という良し悪しで答えられる問いがあったとしよう。果たして、君は「完全に個人の価値観で」答えることができるだろうか?(続く) -- 名無しさん (2016-03-20 04:42:01)
  • (続き)否できない。なぜなら、君は信号システムについての知識がないために「サンプリング周波数30kHz」がどういうことなのか事実判断ができず、それに続く価値判断もできないからである。つまり、価値観や価値判断は常に批判や分析に代表される事実判断に影響を受けるのである(ここで「信号論と創作は違う」のような幼稚な反論はしないでくれよ。あくまでも、事実判断と価値判断の関係が主題なのだから)。 結果的に言えば、君がSAOを好むのは純粋に価値観ではなく、私のSAO批判を含む(君が理解できていればの話だが)さまざまな事実判断による価値判断に依存するのである。ここで君の言葉を借りれば「最終的にその創作を見るか見ないか、楽しむか楽しまないか」は理性に基づく分析や批判に依存し、それが容易に共有せしめられる以上、君は私の論理的推論に基づくSAO批判について議論すべきである。 -- 名無しさん (2016-03-20 04:42:14)
  • ↑議論する気はないってさんざん言っただろ。どうお前がお前の信じている理屈を述べようが俺はお前の意見なんて、最初っから聞く気はないって言ってるの。お前の方こそ、考え方が違うっていうのを理解していないのかよ。俺から見ればお前の方が俺のコメントを全然見ていないんだなとしか言いようがないんだが。それに言っとくが、なんで俺がわざわざ貴重な時間を使ってまでお前とSAOのことで討論せにゃいかんのだよ。人の考えに余計な理屈を持ち出す前に相手は何が言いたいのかっていうのを想像しろそれから書け。俺から見ればこの一連のお前のコメントの方が排他的だって感じるよ。いや、それどころか幼稚で傲慢で独善的ともとれる。 -- 名無しさん (2016-03-20 06:11:24)
  • 続き)まあ、アンチになに言ったってわかるはずはないって俺は思ってるから、君は君で勝手な理屈を勝手に述べてなよ、俺はもう降りるよ。それと、俺からも最後に言わせてもらうが、著名な人がそう言ってるからって社会にいる不特定多数の人がその理屈を信じてるなんて思わないことだよ。お前の言った事実判断と価値判断についてだけどその2つは根本的に違う論理だってわかってるか。価値観を決めるのはあくまでも個人の視点からなる価値判断、価値基準に過ぎない。確かにそれに事実判断が影響を受けることもあるが、基本的に価値観を決めるのはそれぞれの視点からなる価値基準に元ずく価値判断によるもの。お前がSAOを認めないっていうのだってSAOに対する視点の違いからくる価値判断が、お前の価値基準に合わないからであってそれに事実判断は関係ない。 -- 名無しさん (2016-03-20 06:32:32)
  • 続き)創作を作る側が第一としているのは、その作品がどれだけの人に読まれるか。そして出版社が重要視するのは、自分たちの出す出版物がどのような年齢層に受けているのか。あるいはどの年齢層を対象としているかによる。自分の価値基準に合わない出版物を見て批判するのは俺は建設的でないと考えているからこそ「創作は好き嫌いで構わない」と言ってるって、こんなのは先のコメントでしたな。俺が言いたいのは先のコメントでした通り、批判する前に視点の違いを考慮に入れておけということ。社会的常識で言ったら、そもそも考え方の違う人間とその違う部分でいくら討論したって平行線を辿るだけなんだから諦めるのが常識。相手を論破してやろうなんて馬鹿なことは考えないことだ。 -- 名無しさん (2016-03-20 07:03:44)
  • ↑一体何なのだ、この頭の悪さ全開の妄言祭りは。どこから突っ込んで良いのか分からないが、取りあえずいくつか指摘してみよう。「著名な人がそう言ってるから」←私が何時そう言いましたっけ?大体、その著名な人って誰です?名前を挙げてみてくださいよ。「お前がSAOを認めない」←何勝手に決め付けちゃっているんですか?君はすごく思い込みが激しいのですね。「創作を作る側が第一としているのは、その作品がどれだけの人に読まれるか」←実は君が厨二ラノベを書いていて「自分がそう思うからプロの作家もそう思っているはず」なんてオチはないよね?まぁ、無教養丸出しなのは間違いないけど。(続く) -- 名無しさん (2016-03-21 00:14:09)
  • (続き)前座はここまでにして真打登場としよう。君の主張の根幹を支える点の一つに「価値基準が異なるならば価値判断も異なる」という命題がある。しかしながら、これは真であろうか? 反例として、まず「なぜキリトは茅場を倒すことができたのか問題」を挙げる。この問題の詳細については割愛するが、その解として2つの仮説がある。ひとつは「不具合仮説」そしてもうひとつが「心意システム仮説」である。ここで2人の価値基準を全く同じく共有する人物を仮定する。もし、一人が事実判断の結果「不具合仮説」を採択し、もう一人が「心意システム仮説」を採択した場合、二人のSAOに対する価値判断は同じになるだろうか?いや、ならない。例え同じ価値基準を有していたとしても各々の事実判断に基づき、前者は「主人公がゲームの不具合で勝っちゃうようなダメな作品」と価値判断を下すし、後者は「高度な伏線が張り巡らされた素晴らしい作品」という価値判断を下す。同じ価値基準を保有するにもかかわらず、片方はアンチにもう片方は信者となったのである。(続く) -- 名無しさん (2016-03-21 00:14:27)
  • (続き)また別の根拠として、SAOアンチと信者の共通点の多さである。義務教育、年齢層、所属する国家や共同体、アニメやラノベ好き、そして何よりも「SAOを観る」という価値判断を下した点である。唯でさえ、画一的な日本人という括りの中で、「SAOを観る」という価値判断を下した時点でアンチだろうが信者だろうが、社会的にかなり似通った人々が集まっていることは明らかである。つまり、アンチや信者の価値基準は同一視できるほど非常に類似しているのではないだろうか? よって、結論を言えばほぼ同じ価値基準を持ち合わせているアンチや信者が異なる価値判断を下す場合、それは事実判断の相違に依存する。そして、この事実判断の相違は議論によって容易に解消でき、君の主張は瓦解する。 -- 名無しさん (2016-03-21 00:15:26)
  • ↑だから?」 -- 名無しさん (2016-03-22 11:27:50)
  • ↑すまん、途中で切ってしまったよ。だから? それが一体何だっていうんだよ。お前のその結論こそ、SAOという作品をどう認識しているかの違いだろ? そんな当たり前なことをそうやって長文書いて主張して、俺はお前が何をしたいのかさっぱりだね。教養がないっていうなら、俺はどうでもいい娯楽に関してばかみたいに理屈を並べ立ててるお前の方が俺は教養がないって思うよ。普通の一般的な社会人だったらわからないって思ったらその場で討論をやめるのが普通だよ。これ以上やっても双方にとって良くないことにしかならないってわかってるからね。もうお前に付き合うのは飽き飽きしたからこれで最後にするわ。 -- 名無しさん (2016-03-22 11:35:47)
  • とりあえず2行くらいにまとめてくれよ -- 名無しさん (2016-03-22 22:29:57)
  • ↑×2 君の頭には大鋸屑が詰まっているのか?それとも、認知機能に問題があるのか?何れにせよバカを相手にするのはかなり大変だが、そうも言ってられないので話を進めよう。 まず、君は「俺はお前が何をしたいのかさっぱりだね」というが、私のコメントの結論文に続く文章は一体何だと思っているのだろうか?どう考えても、私がしたいことはその文を受けて「SAOという作品をどう認識しているかの違い」は議論によって解消されるから、君が私のSAO批判について議論すべきである、ということだ。こんなことすら理解できないようでは、もはや同情の念しか浮かばない。 次に、しかも君は「わからないって思ったらその場で討論をやめるのが普通だよ」というが、かなり頭がおかしいのではないか?広辞苑で「互いに自分の説を述べ合い、意見を戦わせること」とあるようにお互いに分からないから議論を行い、相互理解を深めるのである。「わからないって思ったらその場で討論をやめる」のであれば永久に相互理解はできないし、「分かっている」のであればそもそも議論の必要はないのである。(続く) -- 名無しさん (2016-03-23 00:21:38)
  • (続き)少し想像してほしい、会社や学校での会議で「分からない」からと言って議論を放棄する変人や、ただの知識確認を「議論」と呼称する奇人がいたら、彼らは君のように非常識の権化である。 最後に、君はSAOを「どうでもいい娯楽」と侮蔑した。これは、君の言葉を借りれば「原作者やアニメスタッフへの侮辱としか感じられないんだが」。よもや、他人のSAO批判は許せないが自分がSAOを批判するのは許されるとでも思っているのか?。この点については是非とも弁明を聞きたい。 総括として、君に次の宣告を行う。一、議論の先駆けとして私の今月17日付けのコメントにおけるSAO批判に対する反駁ないしは同意を要求する。二、SAOを「どうでもいい娯楽」と侮蔑したことへの説明を命令する。三、これ以上の私への反論は不可能であり、論破されたと感じるならば君が逃げる権利を認める。 まぁ、せいぜいがんばれよ、おバカ君。 -- 名無しさん (2016-03-23 00:21:55)
  • 勝手なコメントアウトは禁止です。コメントは復元しておきました。 -- 管理人 (2016-03-23 12:54:31)
  • ↑の奴、儲の生態一覧に載せてやれよww -- 名無しさん (2016-03-23 16:20:42)
  • 典型的な議論をしているつもりで議論の仕方も知らないバカだなw人の話全く聞いてない、聞く気もない。揚げ足取りが大好き。 -- 名無しさん (2016-03-23 18:52:45)
  • 好きなのに何で争うの?ねぇ、なんで?なんでサオ好きなのに… -- 名無しさん (2016-03-23 21:08:28)
  • 儲の「あれは議論じゃない!!だから論破されてないんだ!!」っていう負け惜しみがむなしく聞こえるほど見事な論破だなぁwwwそれにしても都合が悪くなったからってコメントを全部消しちゃう信者もエグイ、ゲームのやりすぎでリセットすれば全部解決すると思ってんの?www -- 名無しさん (2016-03-23 23:02:35)
  • これに関してはSAOアンチしている側のやつも気持ちわるいわ、難しそうな言葉並べて議論難解にしてんじゃねぇよ -- 名無しさん (2016-03-24 14:06:38)
  • ↑これって「ぼくは、ばかだからアンチのいってることが、りかいできません」ってことだろwwwww -- 名無しさん (2016-03-24 16:00:59)
  • 一人信者が暴れてるのかと思ったらべつにそうでもないんだな -- 名無しさん (2016-03-24 18:51:09)
  • とりあえず、件の信者がもはや議論を行えないことから、ここに信者を論破することに成功したと宣言する。 そもそも、この信者はかなり卑劣であった。実際、論破されれば一連のコメントをすべて削除し無かった事にしたり、他人を装って自演コメントを投稿している(これは信者のコメントと自演コメントが同じように18:52前後に集中していることから分かる)。にもかかわらず、この卑劣な信者を論破できたことを私は喜ばしく思っている。 -- 名無しさん (2016-03-24 20:14:36)
  • キリトが現実と仮想世界で別のキャラを演じなければいけないって言うけど、顔も体格も同じで、ゲームで死んだら現実でも死ぬっていう状況が現実なのだから、同じキャラクターでも違和感は無いと思うのだ -- 名無しさん (2016-04-10 15:26:07)
  • ↑↑おめ。その信者と見受けられる奴は2chにも出没して俺も論破しようと思っていたけど出来なかった。あんた、俺よりも頭がいいんだな。「創作は好き嫌いでいいじゃないか論」に隙はないと思っていたけど「事実判断」と「価値判断」にベクトルを分解することとで、「価値判断」だけでは社会的には通用しなくて「事実判断」で批判できるという隙があったとは思わなかった。 -- 名無しさん (2016-04-23 20:39:16)
  • ただ、俺から1つ意地悪なことを言わせてもらっていいか?SAOはこれだけ「事実判断」で批判される要素があるにも関わらず累計発行部数1670万部突破(調べたところ全ライトノベル3位)という「事実」がある。SAOは「事実判断」で批判される箇所がたくさんあるからといって「SAOは悪い(客観的な指標だと利益を出さない、大衆に受け入れられない)もの」とは限らない。「事実判断」は1つの基準で、小説を語る上では当てにならないのではないかと思われる。俺はこれが間違っていると思わなくもないのだが論理では崩せない。なんか言う事はあるか? -- 名無しさん (2016-04-23 20:41:24)
  • ↑ありがとう。 君の話を端的に要約すると、信者のよく展開する「売り上げ至上主義」についてでいいのかな? これについては「Aは人気が高い⇒Aは評価が高い」という命題と「累計売り上げ部数(過去の人気)から現時点の人気を推定できる」ということが主張の骨子なので反例を示すことで、簡単に崩すことができる。そこで挙げる反例が「毛主席語録」である。毛主席語録は累計発行部数は9億冊を超え、70年代には絶大な人気を誇った、しかし毛主席語録の評価は一般に高いだろうか?そして、今も毛主席語録は人気だろうか?否である。(続く) -- 名無しさん (2016-04-24 11:37:05)
  • (続き)話を戻してSAOについて考えれば、ある過去の時点においては確かに多くの人がSAOを支持し、購入するに値すると考えたことは累計売り上げ部数から推測できる。ただ、「毛主席語録」の例が示すようにこれを以ってその人々が今もSAOを支持し、購入するに値すると考えていることを示す根拠にはならない。そして、仮に今なお人気であったとしても同様に「毛主席語録」の例からSAOの評価は高いとはいえない。 つまり、一般に売り上げ部数からその作品の良し悪しは一意に計ることはできない。 -- 名無しさん (2016-04-24 11:37:18)
  • ↑「売上至上主義」を出した者だけど、つまり評価の低い創作物でも状況次第で売れてしまうってわけね。それについては「毛主席語録」でよくわかったわ。ただ、俺は売れた理由にSAOの自力があったとも思うし、それは川原先生の実力だとも思っている。そして人間が求める創作物の需要の1つに自分の願望を満たすためのものがあると思っている。その願望を満たすという1点に置いてはSAOは他の小説の追随を許さないほどの力があると思っている。この1点は「事実判断」では評価しがたいが、それでも「評価」に値するものではないだろうか。並大抵の作家ではあそこまで人の願望を充足するものは書けないと私は考えている。 -- 名無しさん (2016-04-25 00:44:21)
  • ↑なるほど、確かに「願望を満たす」という点は副次的とは言えども「評価」に値するとは言えるだろう。しかしながら、SAOにおいてはその「願望を満たす」機構が、内容に準拠する批判を招き、全体としての「評価」を押し下げてることは事実である。 -- 名無しさん (2016-04-25 21:36:21)
  • コメント欄消そう(提案) 議論はスレでやってくれ -- 名無しさん (2016-04-26 02:14:24)
  • いいんじゃない?面白いし それに信者対策ってこともあるし -- 名無しさん (2016-04-26 07:53:42)
  • まぁ、2期も大爆死したしねwww -- 名無しさん (2016-04-26 10:30:39)
  • 結局、信者は何も出来ないのねwwwww -- 名無しさん (2016-04-26 10:32:26)
  • とりあえず顔真っ赤な駄作信者は上に上がってる矛盾点を一つ一つ擁護してみてよw論理的な擁護をね。「作中で描かれているような…」じゃなくてそれをここに書いて証明してみろやボケナスゴミが -- 名無しさん (2016-04-26 10:33:47)
  • SAOは最高の作品です。全てのストーリーが完璧に作られています。 もう一度鑑賞してその素晴らしさに感動してください!! 今まで作られたアニメ作品の中で最高と言ってもいいです。 SAOのお陰で色々な作品がヒントをえて新たな作品が生まれていると言ってもいいです。 -- キリト (2016-04-30 13:49:22)
  • よかったねー最高に出会えてー次のに期待をしたいねー -- 名無しさん (2016-04-30 14:35:38)
  • 一応ここ、アンチスレなんで。信者が来るとこではありません。文句は信者スレで -- 名無しさん (2016-04-30 14:52:53)
  • ねぇ、毎度のことながら思うんだけど短い文章でまとめられないの? -- 名無しさん (2016-05-08 12:25:11)
  • 長文荒らしが続くようならもうコメント欄撤去する? -- 名無しさん (2016-05-08 16:45:45)
  • すでに収束してるし問題なくない? -- 名無しさん (2016-05-08 18:05:14)
  • 一回終息したのにまたぶり返したから、また長文信者が来てもおかしくない -- 名無しさん (2016-05-09 07:34:20)
  • そうですね -- 名無しさん (2016-05-12 22:35:53)
  • 結局SAOは萌え?キャラを出して売る最近の作品の1つでしか無いからw -- 名無しさん (2016-06-20 11:35:29)
  • ラノベのセリフみたいにやたら長い意味の無い文字合わせして流行り用語の論破とか言うの止めたらいいのにw -- 名無しさん (2016-06-20 11:37:44)
  • もう完全に下火の作品だしな -- 名無しさん (2016-08-03 23:11:47)
  • 上の方の信者は凄いなw頭もキリトレベルかw -- 名無しさん (2016-09-10 09:39:42)
  • ここ見て爆笑したわwww前半wktkしながら見てたけど中盤からゴキリトの新婚日記でした -- 名無しさん (2016-09-25 02:41:29)
  • 絶賛してるのは信者じゃなくて売れなきゃ困る人たちでしょ -- 名無しさん (2016-09-25 19:05:09)
  • なお、2期で右肩半減している模様。この作品のゴミさ加減に気付いた人が多くて嬉しい -- 名無しさん (2016-10-08 08:36:23)
  • 世界観は良かったんだけどな。結局は長期でコンテンツ売り出したいから曖昧や矛盾が増えていくんだよね。SAO好感だったけどアンチコメは凄く好感持てた -- 名無しさん (2016-10-10 11:39:28)
  • TwitterでSAO好きって言ってる奴全員が怖く思えるレベルで、↑で長文垂れ流す信者がキモいわ -- 名無しさん (2016-10-21 19:54:39)
  • GGOは海外からのログインは不可能。 -- 名無しさんtwo (2016-10-23 00:55:15)
  • 大爆死したよなこの駄作WWWマジオワコンwwwwwwwww -- 名無しさん (2016-10-23 10:45:15)
  • 日本どころか東京都市圏ぐらいには絞ってくれないと新川兄弟の犯行は不自然 -- 名無しさん (2016-10-23 12:47:24)
  • ひねくれてんなww -- 名無しさん (2016-10-23 23:17:12)
  • じゃあ、お前らの言い分通り行くとと主人公がゲームの世界で運悪く死にました。 何がおもしろいんだ? -- 名無しさん (2016-10-23 23:29:41)
  • どこを直したら完璧になるんだww少なくともこれ全部だったら全く面白くないと思うぞw -- 名無しさん (2016-10-23 23:34:36)
  • 主人公を本人の努力で強くさせるのはいいが、ゲームマスターからゲームバランス崩壊級のお膳立てもらってなおかつ苦戦してるから叩かれてるだろ -- 名無しさん (2016-10-24 11:30:10)
  • 「主人公がゲームの世界で運悪く死にました。」って誰が言ったんだ?また信者様お得意の被害妄想かな? -- 名無しさん (2016-10-24 13:35:04)
  • (2016-10-23 23:~)に3回も投稿するとか、相当冷静じゃないなこれ -- 名無しさん (2016-10-24 22:49:39)
  • >1月設定なのに、下着姿でストーブも毛布もかけずにダイブする直葉。現実ならば間違いなく凍死する。 -- 名無しさん (2016-11-14 02:21:03)
  • 最期にしたいことがクソゲー -- 名無しさん (2016-11-22 19:29:34)
  • 最期にしたかったことがクソゲで俺tueee -- 名無しさん (2016-11-22 19:30:05)
  • 電撃、アニプレのゴリ押しステマ。売上も本物か怪しいな -- 名無しさん (2017-01-02 01:35:25)
  • 上の長文の言い争い、信者=リア充私立文系、アンチ=国立工学部って感じだな。 -- 名無しさん (2017-01-15 19:23:07)
  • 電撃は実際に2chで自演してることバレちゃったしねえ 何らかの工作はしてただろうな -- 名無しさん (2017-01-16 18:13:20)
  • ヘッドショットを防ぐため頭部に構える、咄嗟に防御するなどといった方法なら少し鍛えていればできる。なぜ誰も光剣を評価しなかったのか。] -- 名無しさん (2017-01-17 13:55:47)
  • とあるけど少なくとも片手が塞がってハンドガンくらいしか持てなくなるから産廃扱いしたのかと。ショットガンならいい加減に狙ってもなんとかんるけどアサルトライフルやスナイパーライフルを片手は無理とまでは言わないが相当難しいだろ。とっさに抜くのもあの長さじゃ厳しい。 -- 名無しさん (2017-01-17 13:59:22)
  • なんて考えてみた。まあこんな性能にしてる時点でキリト以外使えねえってのは変わらない。銃弾撃ちならまだ話は分かるのだが。反応速度(笑)があれば全弾弾けるだろうに。 -- 名無しさん (2017-01-17 14:07:57)
  • なんか擁護してるみたいになってしまった……すまん。 -- 名無しさん (2017-01-17 14:08:43)
  • ↑言いたい事は分かるから大丈夫だと思います。 ―追加で言わせて貰うと、仮に光剣を【使える武器】だとしたら闇風などキリト以外のプレイヤーが使わない理由にならないし、【使えない武器】だとするなら性能差やキリトスゲーをやりたい以外の存在理由が厳しくなる。……要するに使うに使えない武器って事っすね、幾分か無理ある説明でしょうけど。 -- 名無しさん (2017-01-19 18:07:44)
  • ↑十分な説明だと思います。闇風が使って、最後は斬り合い撃ち合いに発展すれば光剣も納得できる武器になったと思う。 -- 名無しさん (2017-01-20 15:53:33)
  • こんなに穴だらけのスレ初めて見たわwww -- グレート名無しさん (2017-01-22 00:31:29)
  • 誹謗中傷すんならもっとよく見てからにしろにわかが -- グレート名無しさん (2017-01-22 00:32:54)
  • 信者が露骨過ぎて、もはやプロレスのヒール演じてるだけのような気がしてきたわ。こんなこと言ってもアンチへ燃料撒くだけだってのに -- 名無しさん (2017-01-22 01:08:54)
  • 信者もわざわざここまで来てご苦労様。 -- 名無しさん (2017-01-23 07:57:36)
  • 信者さんは、ここに来てなにがしたいの?イライラしたいだけなの? -- とある傍観者 (2017-01-25 21:42:57)
  • SAOは作者の願望が詰まった作品。 -- とある傍観者 (2017-01-25 21:44:39)
  • 作者の妄想体であるキリトをハーレム状態にさせ レイプされたアスナを救う→それに満足したら、用無しになったアスナを捨てて新しいヒロインを作り出しそれすらも飽きたら元ヒロインのアスナをまた持ってくる。しかも、アスナはアスナでネトゲの廃人になる。作者は我々、読者に何を伝えたかったんだ? -- とある傍観者 (2017-01-25 21:49:07)
名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。