+ロバート・セシルと王ジェームズ6世の「円滑な王位継承の準備」
1601年2月王ジェームズ6世は「次のイングランド王にしてね♥」とマー伯 J. Erskine をイングランドへ送ります。
でもお目当ての交渉相手エセックス伯 ロバート・デヴァルー (女王エリザベス1世の重臣)が処刑( エセックスの反乱 )。げっ!
3月なんとかロバート・セシル(女王エリザベス1世の重臣)の信頼をゲト。王位継承の交渉が始まります。
wikipedia

Van de Passe family 画「James I and his royal progeny」(1622年)

ちなみに王ジェームズ6世の娘 エリザベス は女王エリザベス1世へ敬意を表した命名です。次のイングランド王にしてね♥
娘エリザベスとボヘミア王 フリードリヒ5世 の娘 ゾフィー 王ジョージ1世 ハノーヴァー朝 )の母親。
21世紀のイギリス王室( ウィンザー朝 )も娘エリザベスの家系に繋がってます。 系図 を見た方が分かりやすいかも。

ロバート・セシルと王ジェームズ6世の「円滑な王位継承の準備」(Secret correspondence:秘密の手紙)

ロバート・セシルは「円滑な王位継承の準備」のために王ジェームズ6世へ「段取り八分仕上げ二分」を徹底させます。
  • イングランド議会 へ王位継承の承認を求めないコト。
  • ロバート・セシルと王ジェームズ6世(名代マー伯たち)の王位継承に関する手紙のやりとりは絶対に女王エリザベス1世に悟られないコト。
「秘密の手紙」は1601年5月~1603年3月までコッソリ続きます。偽名やアレコレ経由( 外交用郵袋 とか)をご利用。
手紙に登場する個人名には番号をご利用。
John Bruce 著「Correspondence of James VI with Cecil」(1861年)によると登場する番号はこんな感じです。

イングランド スコットランド
0 ノーサンバーランド伯 Henry Percy 8 キンロス卿 Edward Bruce (王ジェームズ6世の名代)
2 ウォルター・ローリー (おそらく) 9 Mr. David Foulis(王ジェームズ6世の名代)
3 ノーサンプトン伯 Henry Howard
7 コバム男爵 Henry Brooke
10 ロバート・セシル 20 マー伯J. Erskine(王ジェームズ6世の名代)
24 女王エリザベス1世 30 王ジェームズ6世
40 ロバート・セシルの仲間(名前が解明されてない)

「秘密の手紙」がやりとりされてる間、女王エリザベス1世と王ジェームズ6世の関係に特別な変化はありません。
でも1602年6月頃までには女王エリザベス1世の印象は良くなってるっぽい。
歴史家 John Duncan Mackie 曰く「前年より王ジェームズ6世への手紙が親しげだし年金の支給も増額してる」そうです。

ロバート・セシルの手紙「Letter from Robert Cecil, Earl of Salisbury, to Henry Griffen, calling upon him to contribute to the war against the rebels in Ireland, 1602 Oct. 13.」

こちらの画はロバート・セシルの直筆です(内容は本文とはぜーんぜん関係ないの)。ロバートってこんな字を書くのね。
女王エリザベス1世が「秘密の手紙」に気が付いてたかは不明。
後に元・エセックス伯の秘書 H. Wotton (エセックス伯が処刑されたので海外へ逃亡中)が語った逸話があります。

ある日女王エリザベス1世はスコットランドから到着した手紙に気が付きました。
女王エリ「ロバート、お前の肩掛けカバンの中をお見せ」
ロバート「陛下、このカバンは不潔だし臭います」
その後ロバート・セシルは女王エリザベス1世に風通してニオイの取れた手紙(別モノ?)を見せましたとさ。


+ロバート・セシルと王ジェームズ6世の「王ジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世に即位」
晩年の女王エリザベス1世は親しい友人たちの死で鬱状態。1603年3月病に倒れると明らかに死の影が忍び寄ってきます。
ロバート・セシルは王ジェームズ6世へ「イングランド王位継承の同意書」を送付。
3月24日夜2-3時女王エリザベス1世が リッチモンド宮殿 (女王エリザベス1世の大好きな自宅)で亡くなります。享年69。
wikipedia

Paul Delaroche 画「The Death of Elizabeth I, Queen of England」(1828年:ルーヴル美術館)

「イングランド王ジェームズ1世の王位継承」の宣言

女王エリザベス1世が亡くなった数時間後、ロバート・セシルと枢密院は予め準備してた計画を実行します( 秘密の手紙 )。
ロンドンで「イングランド王ジェームズ1世の王位継承」を宣言。
数日後女王エリザベス1世のご遺体は ホワイトホール宮殿 へ運ばれます。4月28日 ウェストミンスター寺院 に埋葬。

M. Boudreau画「Funeral of Queen Elizabeth I, 28th of April, 1603」

女王エリザベス1世のご遺体は鉛で包んだ木製棺に納棺されました。棺の上には彩られた木製の 葬儀彫像 (funeral effigy)。
紫色のビロードで覆った棺は4頭の 葦毛馬 に引かれた チャリオット でウェストミンスター寺院へ。
王ヘンリー7世 (女王エリザベス1世の祖父)の 埋葬室 に埋葬されます。1606年女王メアリー1世(〃の異母姉)のお墓へ移葬。
Westminster Abbey (Elizabeth I)さんより~

王ジェームズ1世の上洛

4月5日王ジェームズ1世はエディンバラを発ってロンドンへゆっくり南下します。新しい王様を各地が大歓迎。
王ジェームズ1世は「石製ベッド(couch)がフワフワな羽毛ベッド(bed)に代わった」と豊かなイングランドにビックリ。
女王エリザベス1世の葬儀が終わった5月7日ロンドンへ入城。7月25日イングランド王の 即位式 が行われます。

作者不明「Coronation of James I」(1831年)

ちなみに新しい王様を大歓迎のハネムーン期間はあっという間に終了します。最初の試練は イングランド議会 の態度。
なにかと「王様って所詮はスコットランド人。イングランド人じゃない。」と言われちゃうの。
王ジェームズ1世は グレートブリテン (同君連合)の王様のつもりだったけど、皆さんにとって2国は別モノです。
wikipedia

ちなみにちなみに王ジェームズ1世はスコットランドに「3年毎に戻るからね」と約束してイングランドへ旅立ちました。
でも実際に戻ったのは1617年の1回だけ。
スコットランドの統治は王様の名代 スコットランド高等弁務官 にお願いしてます。


+女王エリザベス1世と元・女王メアリー(王ジェームズ1世の母親)のお墓の引っ越し
1587年元・女王メアリーは ピーターバラ大聖堂 、1603年女王エリザベス1世は 王ヘンリー7世 埋葬室 に埋葬されました。
王ジェームズ1世は女王エリザベス1世の棺を女王メアリー1世のお墓へ移葬。
その後元・女王メアリー(王ジェームズ1世の母親)の棺も ウェストミンスター寺院 へ移葬します。2人はお向かいさん。

歴代の王が眠るウェストミンスター寺院(ロンドン)

女王エリザベス1世と元・女王メアリーのお墓はウェストミンスター寺院の東側 Henry VII Chapel にあります。
ちなみに正面 聖母礼拝堂 は1940年 バトル・オブ・ブリテン で損壊。
空軍元帥トレンチャード子爵 H. Trenchard の働きで修復。勇敢に戦ったパイロット1,497人の栄誉名簿が奉納されてます。
wikipedia

女王エリザベス1世のお墓の引っ越し

1606年王ジェームズ1世は女王エリザベス1世の棺を女王メアリー1世(女王エリザベス1世の義母姉)のお墓へ移葬します。
白い大理石のモニュメントも建築。
ちなみにこちらの4頭のライオン像は金メッキされてました。 宝珠 王笏 は数世紀前に盗まれたのでレプリカ。
Westminster Abbey (Elizabeth I)さんより~

女王エリザベス1世と女王メアリー1世のお墓

モニュメントにはラテン語の墓碑も付いてます(訳は超テキトー)。2人のお墓なのに女王メアリー1世は完全スルー。
復活したとき険悪にならない?
っていうか、そもそもなんで王ジェームズ1世は2人を一緒にしたんでしょね。

天蓋の墓碑(頭側)

Memoriae Aeternae
Elizabethae, Angliae, Franciae, & Hi∣berniae* Reginae R. Henrici VIII. fil. R. Hen. VII. nept. R. Edw. IV. pronept. Pa∣triae, Parenti, Religionis, & honorum Artium altrici, plurimarum linguarum pe∣ritia, praeclaris tum animi tum corporis dotibus regiisque virtutibus supra sexum Principi incomparabili
Jacobus Magnae Britanniae, Franciae, & Hiberniae Rex virtutum & Regnorum haeres bene merenti pie posuit.
イングランド、フランス及びアイルランドの女王、王ヘンリー8世の娘、王ヘンリー7世の孫娘、王エドワード4世のひ孫娘。信仰の擁護者、教養と全ての言語、優雅な天分と豪壮な美徳を備えたる国の母エリザベス1世。
彼女の美徳と王国を受け継ぐ グレートブリテン 同君連合 )、フランス及びアイルランドの王。信心深く公正なジェームズ1世によりモニュメントを建造する。

天蓋の墓碑(足側)

Memoriae Sacrum.
Religione ad primaevam sinceritatem re∣staurata, pace fundata, moneta ad justum valorem reducta, rebellione domestica vin∣dicata, Gallia malis intestinis praecipiti sublevata, Belgio sustentato, Hispanica classe profligata, Hibernia pulsis Hispanis & Rebellibus ad deditionem coactis pa∣cata, redditibus utriusque Academiae lege Annonaria plurimum adauctis, toto de∣nique Anglia ditata, prudentissiméque annos 45. administrata:
Elizabetha Re∣gina victrix, triumphatrix, pietatis stu∣diosissima, foelicissima, placida morte Septuagenaria soluta, mortales reliquias dum Christo jubente resurgant immorta∣les, in hac Ecclesia celeberrima ab ipsa conservata, & denuo fundata, deposuit. Obiit 24. Martii, anno salutis. M. DC. II. Regni XLV. Aetatis LXX.
45年の君臨において本来の宗教への回復(英国国教会)、平和の確立、大改鋳( グレシャムの法則 )、国内反乱を鎮圧、分断されたフランスへの救援( ユグノー戦争 )、ネーデルラントへの支援( 八十年戦争 )、無敵艦隊を撃破( アルマダ海戦 )、スペインに支援されたアイルランド反乱軍をほぼ鎮圧( ティロン伯の反乱 )、法整備によるboth universitiesの増収、そしてイングランドを繁栄へ導いた最も慎重な支配者。
勝利の栄光に輝き、最も厳しく信心深く、最も幸福な…(中略)…女王エリザベス1世。70年の人生と45年の君臨を終えて アンノ・ドミニ(主の誕生元年) 1602年3月2(=西暦1603年)死の眠りに就く。

モニュメント下の墓碑

Regno consors & urnâ hic obdormimus Elizabetha & Maria sorores in spe resurrectionis.
王座とお墓のパートナー、姉妹エリザベス1世とメアリーは 復活 のときまでここに眠る。

元・女王メアリー(王ジェームズ1世の母親)のお墓の引っ越し

1606年王ジェームズ1世は元・女王メアリーの棺をウェストミンスター寺院へ移葬します。女王エリザベス1世の南側。
白い大理石のモニュメントも建築。
女王エリザベス1世のモニュメントより高いんだって。足元には スコットランド王の紋章 「赤いライオン」が立ってます。
Westminster Abbey (Mary Queen of Scots)さんより~

元・女王メアリーのお墓

ちなみにお隣は マーガレット・ダグラス のお墓。棺で息子ダメ夫ダーンリー卿 ヘンリー・ステュアート が跪いてます。
ダメ夫ダーンリー卿は元・女王メアリーの2番目の夫(王ジェームズ1世の父親)。
もしかしたら元・女王メアリーは「 ダメ夫ダーンリー卿殺害事件 の共犯者」かもしれません( 小箱の手紙 )。

マーガレット・ダグラスのお墓

モニュメントにはラテン語の墓碑も付いてます(訳は超テキトー)。女王の偉業を讃える記載はまったくナシ。
とにかくイングランドとの血統の繋がりを強調してるっぽい。
アレコレやらかした陰謀の「共犯はウソ」で、「ウソ」のせいで処刑されたと主張してるっぽいです。

天蓋の墓碑かしら?

スコットランド及びフランスの女王、スコットランド王ジェームズ5世の娘、唯一の王位継承者。イングランド王ヘンリー7世のひ孫-彼の長女マーガレット・テューダーを通して-、イングランド王エドワード4世の玄孫-彼の長女エリザベス・オブ・ヨークを通して-。フランス王フランソワ2世の王妃、そして生前のイングランド王位継承者。グレートブリテンの王ジェームズ1世の母メアリー。…(中略)…20年間の勾留中も勇敢かつ壮健であり、アホアホたちからの誹謗と戦い、そして敵の斧に倒れる。…(中略)…後生の全てがこの不幸な殺人の目撃者である。46年の人生を終えてキリスト紀元1587年2月8日死の眠りに就く。あーたらかーたら

後生の人々は彼女の身の潔白( ダメ夫ダーンリー卿殺害事件 バビントン事件 、…)を証明し、この世から不当な処刑人、拷問、投獄、絞首台を消し去らなければならない。…(中略)…彼女の人生は神より幸福と受難のときを与えられた。そして吉兆の運命である アテーナー ミューズ ディアーナ 、運命の三女神(the Fates revere)の恩寵を受けた王ジェームズ1世を産み落とした。偉大なる婚姻、偉大なる血統、最も偉大なる彼女の後継者。ウソが娘、花嫁、王ジェームズ1世の母親を奪い去った。あーたらかーたら

H.N(ノーサンプトン伯 ヘンリー・ハワード )ここに謹んで哀悼の意を表する。