イングランドはスペインに比べて「より速い、より動きやすい」の新型ガレオン船 レイジー を開発します。
最初の成功は Dreadnought号 (1573年)。
トップヘビーを解消( 船首楼 船尾楼 を小さく)して「滑らかな船」になったそうです。詳細は小難しい 船舶工学 をどうぞ。


こちらは従来型ガレオン船 サン・マルティン号 (スペイン)と新型ガレオン船 リヴェンジ号 (イングランド)です。
どちらもアルマダ海戦で戦った船。
サン・マルティン号は メディナ・シドーニア公爵 、リヴェンジ号は フランシス・ドレイク が乗船してます。