16世紀の地球


16世紀ヨーロッパの地図はかなり完成されてたけど、世界地図はまだまだ未知の地が多くて正確じゃなかったです。
日本なんて巨大な四国。
なんたって世界一周したのが フェルディナンド・マゼラン サー・フランシス の2人だけだもんね。

1541年 1570年
左:地理学者 ゲラルドゥス・メルカトル (フランドル)が作った地球儀。1569年メルカトル図法の世界地図「 Nova et Aucta Orbis Terrae Descriptio ad Usum Navigantium Emendate Accommodata 」も作成。
右:スペイン王フェリペ2世の地理学者 アブラハム・オルテリウス (フランドル)が作った世界地図「 Theatrum Orbis Terrarum 」。

+ 16世紀の地球儀

+ 16世紀の地球の中心は赤道とトルデシリャス条約

+ 16世紀の海には怪獣が住んでる

+ 16世紀の海にはゴブリンが住んでる


地図を作るスペインの通商院


通商院(セビリア)は コロンブスの新大陸発見 で、1503年カスティーリャ女王 イサベル1世 が設立した植民地統治の政府機関です。
ポルトガルの Casa da Índia (1434-1833年:リスボン)に対抗したもの。
重要なお仕事の1つが地図製作。航海で発見した知識はぜーんぶここに集結されて、地図に反映されて、厳重に管理されます。
wikipedia

通商院と 商品取引所 (1572年)。奥は セビリア大聖堂 (1507年)

+ 優秀な地図には優秀な航海、優秀な航海には優秀な航海士が必要


F&B時代の世界地図


F&B時代の一番スゴイ世界地図は、スペインの天文学者 ファン・ロペス・デ・ベラスコ の世界地図(1575年)らしいです。
日本は相変わらず巨大な四国。
サラゴサ条約、 トルデシリャス条約 北回帰線 赤道 南回帰線 。緯度×経度っぽいゲージが描かれてます。

歴史学者 A・エレラ・イ・トルデシリャス 著「Descripción de las Indias」(1601年)に載ってるベラスコの世界地図

+ 巨大な四国ハポン

+ 世界地図の種類


どこ行くー? 西インド諸島へ行こう♥ By 船長ジェフリー&ビセンテ


海には道路も案内標識もない。陸地から離れたら目印がなんにもない。ボヘーっとしてたら迷子になって死んじゃいます。
ってことで、西インド諸島に辿り着くには、船を進める方向がとーっても重要。
wikipedia

どっちを向いても海


航海で使う地図は海図


F&B時代の海図は、方向・距離・面積を全部スルーの 港や海岸線が正確に描かれた羅針儀海図(ポルトラノ海図) です。
船を修理できる砂浜はどこ? 嵐を避ける港はどこ? 港がないんだけど入り江はどこ? 航海に海岸線の情報はとっても重要。
方位を示すマルは コンパスローズ (羅針図)、いっぱい描いてある線は 方位線 、紙は 羊皮紙
wikipedia

地理学者 Domingos Teixeira の羅針儀海図(1573年:ポルトガル)

これを作ってるのが地球を半分っこしてるスペインとポルトガルです。新大陸を発見しながら水深も追加。
とーぜん国家最高機密!
ってことで、イングランドはスペインから海図を盗んでました。

でもヨーロッパの海図なら他の国だって作れるわ♥

こちらは航海士 Lucas Janszoon Waghenaer の海図本「Spieghel der zeevaerdt(1584年:ネーデルラント)」です。
西ヨーロッパと北西ヨーロッパの近海がバッチリ。

イングランド南部(1588年:英語版)

+ F&B時代ヨーロッパの地図ってどれくらい正確だったの?

そしていつまでもスペインに頼るつもりもないわ♥

サー・フランシスの世界一周に成功したイングランドは、1599年自力で世界規模の「エドワード・ライトの海図」を作成します。
メルカトル図法を採用してるから、方向がとっても正確な地図。
羅針儀海図では不可能な いつでもどこでも出発地と目的地を結んだ直線で方向が分かる が使えるようになります。

エドワード・ライトの海図(1599年:イングランド)

+ メルカトル図法を採用したエドワード・ライトの海図

+ メルカトル図法ってなに?


コンパス


コンパスは 中国4大発明 (あと火薬・紙・印刷)の1つ。最初は占いの道具だったけど、兵士が海や陸で使い始めました。
ヨーロッパも12世紀から使い始めて、14世紀 ドライ・コンパス を発明。
F&B時代は波や風でプカプカ揺れる船でも使える 水に浮かべたコンパス で、船長、航海長、操舵手が持ってたようです。
wikipedia

水コンパス(1570年:イタリア) ドライ・コンパス(1876年頃:アメリカ)

私達が知ってるコンパスは針が動くけど、こちらのコンパスはコンパスローズ(羅針図)が動きます。
ジャック・スパロウ (パイレーツ・オブ・カリビアン)が持ってるアレ。


錨を上げたら等角航路


道路も案内標識もない海で、ちゃんと西インド諸島へ行くには 等角航路 を使います。
等角航路は 羅針儀海図に描いてあるコンパスローズ(羅針図)から延びた方位線の方向に船を進める ってコト。
大航海時代はコレであっちこっち行きます。
wikipedia

コンパスローズ(羅針図)から延びた方位線

とはいえ、F&B時代の羅針儀海図は正しくねーだし、そもそも今いる場所が簡単に分からねーです。
結局は船長と航海長の腕次第っぽい?

陸地が見えるときは沿岸航法

結局は船長と航海長の腕次第っぽいから、陸地が見えるときは沿岸に沿って航行する沿岸航法(Coastal Navigation)を使います。
今いる場所はクロス方位法、四点方位法、船首倍角法…で確認。
F&B時代はどれでしょ?ってことで一番簡単っぽそうなクロス方位法を。

今いる場所がバッチリ分かる


風と海流


F&B時代の船は風で進みます。風はとっても大事♥
世界一周のフランシス・ドレイクはバンクーバーで風を見つけてフィリピンへ。 奴隷の三角貿易 も風を上手に使ってビシバシ航海。
あと 海流 も大事です。21世紀のエンジンで動く船だって速度に影響しちゃうんだから侮れませんわよ。
wikipedia

風(赤点線は 熱帯収束帯
16世紀の海上貿易
5大海流

+ 世の中にはいろんな風がございます

+ イギリス海峡には潮流もございます


いま何時? だいたいだけど♥ By キャビンボーイのカイト&レオ


F&B時代にも時計はありました。時間が分かれば海のど真ん中でも「いま自分はどこにいるのか?」がバッチリです♥
んが、プカプカな船では時間が狂う。航海で時計はダメダメorz
ちゃんと使える時計は18世紀までお待ち下さい。生死に関わる大問題なのに…どうするジェフリー!どうするビセンテ!

16世紀 1759年
左:時計職人 ピーター・ヘンライン (1480-1542:ドイツ)のゼンマイ式時計
右:時計職人 ジョン・ハリソン (1693–1776:イギリス)のクロノメーターH4

+ 犬時計(犬好きさんには不快なお話です)


砂時計とベル(船鐘/号鐘)


F&B時代はデッキの ベル の横に 30分砂時計 を置いてます。ひょえー!なんとこれが時計ですっっっ!
キャビンボーイ(Grommet/Grummet)が砂時計をチェックして、ひっくり返したらベルをチン。当直の8回(4時間)で1サイクル。
サボったりズルしたらアウトだけど、カイトならキッチリしてそう。レオなら最後の砂一粒までキッチリしてそうです。
wikipedia


鳴らし方 夜半直 朝直 午前直 午後直 折半直 初夜直 備考
1点鐘 . 0:30 4:30 8:30 12:30 16:30 20:30 ベルの音はチンって感じ。
2点鐘 .. 1:00 5:00 9:00 13:00 17:00 21:00 ベルの音はチンチンって感じ。
3点鐘 .. . 1:30 5:30 9:30 13:30 17:30 21:30 ベルの音はチンチン・チンって感じ。
4点鐘 .. .. 2:00 6:00 10:00 14:00 18:00 22:00
5点鐘 .. .. . 2:30 6:30 10:30 14:30 18:30 * 22:30 *当直は2時間でシフト。
6点鐘 .. .. .. 3:00 7:00 11:00 15:00 19:00 23:00
7点鐘 .. .. .. . 3:30 7:30 11:30 15:30 19:30 23:30
8点鐘 .. .. .. .. 4:00 8:00 12:00 * 16:00 20:00 0:00 *船長か航海長が太陽で正午を確認してからベルを鳴らす。

+ 30分砂時計はそこまでデカくなさそう


当直


水夫達は2グループに分かれて、労働(4時間)→休憩(4時間)→労働→休憩…の1日12時間労働。これで24時間航海できます。
16~20時( 折半直 )は2時間で当直を交代。お夕飯もこの時間。
折半直(英:Dog watch)の由来は「犬も寝る時間だから」「夜、最初に輝く シリウス の別名がDog Starだから」だそうです。
wikipedia

シフトは毎日やってたみたい


ここはどこですかー? 俺にまかせろ♥ By 航海長ナイジェル&ビセンテ


海には道路も案内標識もない。陸地から離れたら目印がなんにもない。そんな海の現在地は 緯度×経度が合体したトコ です。
ってことで、アレコレ使って「いま自分はどこにいるのか?」をチェック。
なんか緯度×経度って書くと受け攻めにしか見えません。個人的には緯度が受け、経度が攻め。


GPSも電卓も時計もないF&B時代の緯度×経度は簡単に分からねーだし、正確じゃねーです。でも分かんないと死ぬし。
簡単に分からねーの調べ方はこちら【船】航海(緯度×経度)をどうぞ。


航海テキスト


航海テキストは緯度×経度を調べる時に大活躍。 南中時太陽赤緯表、三角関数表… がてんこ盛りの 航海表 です。
ナイジェルが借りた航海術の教本(女王陛下の海賊たち)はたぶんコレ。
世界一周中のフランシス・ドレイクはポルトガル商船を襲うと、真っ先にコンパス・アストロラーベ・最新版の航海テキストを没収したそうです。

ビセンテご愛用 ナイジェルご愛用
スペイン(1551年) イングランド(1574年と1576年)
左:宇宙構造論学者 マルティン・コルテス (スペイン)が実用化した航海テキスト。イングランド初の航海テキスト「The Art of Navigation(1561年英訳)」にもなった。
右:数学者 ウィリアム・ボーン (イングランド)が簡略化した航海テキスト。表紙は航海用アストロラーベ。


緯度を調べる道具


緯度を調べる道具はいろいろあるけど、例えば大活躍なのが 航海用アストロラーベ 。南中高度を測定、ついでに正午も確認できます。
モデルになったのは恐ろしく面倒な 天体用アストロラーベ
プカプカな船ではムリ!ってことで、ポルトガル王の天地学者 マルティン・ベハイム (1459-1507:ドイツ)が楽チンに改造しました。
wikipedia

天体用(16世紀:スペイン製) 航海用(1608年:ポルトガル製)


経度を調べる道具


経度を調べる道具はいろいろあるけど、例えば大活躍なのが トラバース・ボード 。1ベル毎に船の方向、2ベル毎に速度を記録します。
読み書きできない水夫達(多くの水夫がそうだった)でもバッチリ使える。
トラバース・ボードの記録は操舵手が担当。超多忙な航海長は、シフトの時まとめてこの記録を ログブック (航海日誌)に書きます。
wikipedia

トラバース・ボード ログブック(18世紀)

使い方
上の円 1ベル毎(=8回)*32方位 30分ごとに 船の方向 (星の形はコンパスと同じ32個の方向)を記録。
ベルが鳴ったらコンパスをチェックして、船の方向の穴にプスッと釘を刺す。
下の四角 2ベル毎(=4回)*nノット 1時間ごとに 船の速度 (ノット)を記録。
ベルが鳴ったら速度を計って、速度の穴にプスッと釘を刺す。
例:10半ノット=左から10個目の穴+1/2と描いてある穴にプスッと刺すの。

+ ナイジェルやビセンテはログブックにどんなこと書いてるの?


測れー! アイ・アイ・サー♥


15世紀には イングランド周辺諸国で共通のサイズ があったみたいです。なんたって世界地図をスペインから盗んでたんだもんね。
船乗りが使うのは不思議な単位。
陸者は「あーら、この大根2ファゾムでお買い得だわ」なんて一生言わない。不思議な単位はこちらで測ります。


単位 大航海時代 国際標準(1929年) 備考
ファゾム 水深やロープの長さの単位 5~5.5ft(1.5~1.7m) 6ft(1.8m) ●両手を左右にいっぱい伸ばした幅。
●日本の尋(ひろ)と同じ単位。
ノット 速度の単位(1海里/時) 1.536km/h
1.4ft/s(0.42m/s)
1.852km/h
1.69ft/s(0.51m/s)
●大航海時代はログライン測定から計算。
1ノット=7ファゾム*6ft=42ft
42ft÷30秒≒1.4ft/s
海里 距離の単位 5,040ft(1,536m) 1,852m ●大航海時代はログライン測定から計算。
42ft*60分*2(←30秒砂時計だから)=5,040ft

+ ウィリアム・シェイクスピアも使ってるファゾム


速度を計るログライン(Log line/Chip log) By 航海長ナイジェル&ビセンテ+時間係Aさん


ログラインは先っぽにログ(板)の付いたロープ。7ファゾム毎に ノット(結び目) が付いてます。
船尾からドボーンと投げ入れて 30秒間に流れ出したノットの数で船の速度を測定
ちなみに21世紀のログラインは地球のご事情で考えたサイズ。ノットの間隔:47.3feet、砂時計:28秒、誤差:0.02%以下です。
wikipedia


準備 1 航海長はログを海へ投げ入れる。ロープはスルスル流れ出さないように握ってる。
※他に船首から白い布を投げて船尾までの到着時間を計る方法もあります。
計測 2 航海長は握ってたロープを放してスルスルをスタート。
それと同時に航海長の「スタート」の合図で、時間係は砂時計をひっくり返す。
3 航海長は手から滑り落ちるノットを「いーち、にー、さーん…」と数える。
4 時間係の「ストップ」の合図で、航海長はロープを握ってスルスルをストップ。
記録 5 速度(=滑り落ちたノットの数+端数)を トラバース・ボード に記録する。


深さを測る測深鉛(Hand lead/Lead line/Sounding Lead) By 測深手ヒュー


測深鉛は先っぽに測鉛(7~14ポンドのオモリ)が付いたロープ。2、3、5、…20ファゾムにマークが付いてます。
チャンネル からドボーンと投げ入れて 目盛りで海の深さを測定
マークの素材は色々だから夜も感触でバッチリ。ヘコミに獣脂を塗れば海底の砂が付着して「これはリスボンのだ!」と分かります。
wikipedia


1 測深鉛を船の進行方向へ弧を描くように投げ入れる。ちゃんと船の速度を考えなくちゃダメだ!
・右舷チャンネルで測る:右手で投げる。
・左舷チャンネルで測る:左手で投げる。
2 船が進んでロープが垂直になった瞬間にササッと目盛りを読み上げる。もちろん測鉛が海底に着いてなくちゃダメだ!
プカプカな船ではムズカシイけど、船はどんどん進んでるし、海流で測鉛が流されちゃうコトもあるからとにかく急いでね。
・目盛りがMARKのトコ:「 バイ・ザ・マーク・×× 」と読み上げる。
・目盛りがDEEPのトコ:「 バイ・ザ・ディープ・×× 」と読み上げる。
3 次の測定のためにロープを回収する。お洋服のビシャビシャを気にしちゃダメだ!冬でも我慢だ!


ごはんよー♥ By 料理長ダニー


船は家畜を乗せて、卵・ミルク・新鮮なお肉を提供してもらってます。
とはいっても強欲な商人(食料がすぐ腐る)、不誠実な役人、身勝手な船長(食料をケチる)のせいで、水夫達の食事はけっこう悲惨。
こちらは Historic Food さんが再現した食事です。 タンカード はビールを飲むコップ。
wikipedia

16世紀の船乗りの食事( バックランド・アビー に展示中)

+ お野菜がイングランドにやって来た♥


F&B時代の典型的な1日の割当て


ビスケット(ハードタック、乾パン)はカッチカチに焼いた保存パン。通常は2回、航海用はより長く保つように4回焼きます。
21世紀に再現した皆さんの感想は「愛犬用ビスケット級の固さで味はマズイ」とすこぶる不評。
食器は1545年 ソレントの海戦 で沈没した メアリー・ローズ号 で発見されたものです。
The Golden Hind より~

ビスケットと 穀象虫 食器

お魚の日 月曜日・水曜日・金曜日 お肉の日 火曜日・木曜日・土曜日・日曜日
ビスケット 1ポンド(0.5kg) ビスケット 1ポンド(0.5kg)
ビール 1ガロン(4.5リットル) ビール 1ガロン(4.5リットル)
干し魚1/4匹 または  リング (タラ科の魚)8切れ 牛肉 2ポンド(1kg)
バター 1/8ポンド(57g)
チーズ 1/4ポンド(113g)

+ 子供も飲めるエール


壊血病(かいけつびょう)


壊血病は歯が抜けたり、出血したり、…最悪は死亡の病気です。原因はビタミンC不足と分かったのは20世紀になってから。
大航海時代は海賊以上に恐れられた謎の病気。
ヴァスコ・ダ・ガマ のインド航海(1497-1499年)では116/170人、 フェルディナンド・マゼラン の地球一周(1519-1522年)では208/230人が壊血病で落命という記録あり。
wikipedia

HMSエンデバー号 の樽(サワークラウト、塩漬け肉、じゃがいも)

+ 船長って大変ね

+ ライムジュースを飲ませろー!


その他



シーチェスト


シーチェストは船乗りの洋服、貴重品、お茶…いろいろ仕舞える鍵付きの箱。日本だと船箪笥です。船の中では水夫達のイスに変身。
ササっと見たところ、15~18世紀のシーチェストはこんな感じ。
鍵はフツーと南京錠の2タイプ。持つところはロープ、材質は オーク (家具やワインの樽にも使用)が多かったです。
wikipedia

鍵(16世紀)

+ 金庫チェスト


望遠鏡(古語:遠眼鏡(とおめがね)


望遠鏡っぽいモノは科学者 ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ 著「 博学史 」(1589年:ナポリ)で紹介されてます。
一般的な望遠鏡は1608年レンズ職人 ハンス・リッペルスハイ (ドイツ)が発明。倍率は3倍。
wikipedia

リッペルスハイはネーデルラントでお店を開業(2010年:オランダの切手)

+ 日本に初めて来た望遠鏡


ランタン


ランタンは手で持ち運べるランプ。日本だと提灯です。
F&B時代は蝋燭を使ったキャンドル・ランタンで、扉はたぶんガラスや 雲母板 (ストーブとかのちょっと曇った窓も雲母板)。
こちらは 火薬陰謀事件 (カトリック教徒の政府転覆未遂事件)の実行犯 ガイ・フォークス が使ったランタンです。
wikipedia

キャンドル・ランタン(1605年:イングランド)


燭台/カンテラ(オランダ語:kandelaar)


燭台は蝋燭立て。うーん、手で持ち運ばないのが燭台?
F&B時代の 蝋燭 は香りがオエッの 獣脂蝋 。お金持ちは 蜜蝋 を御使用。どっちも夏の暑さでグニャっとなる虚弱体質らしい。
イングランドには 獣脂蝋ロウソク組合 (1462年設立)と 蜜蝋ロウソク組合 (1330年設立)があります。
wikipedia

燭台(1551年:ドイツ) メアリー・ローズ号(1545年)


猫水夫


紀元前の頃から船には猫がいたそうです。
ネズミは木とロープだらけの船をかじるし、大切な食料を食べるし、病原菌を持ってるし、とにかく船の天敵。ってこで猫大活躍。
他にもオウム、豚、マングース、ワラビー、猿、熊…人種を越えた水夫達がいっぱい。
wikipedia


+ 猫水夫の迷信


税金


イングランドの税金は アングロ・サクソン時代 (5-11世紀)からバッチリ徴収されてます。法律 Law of Æthelberht で規定。
1303年イングランド 王エドワード1世 は世界で初めて商船の積荷に課税。
その後 王エドワード3世 が輸入ワイン1 タン (21世紀: 英トン )/3シリング(21世紀:£103.58)を課税しました。
wikipedia

クエンティン・マセイス 画「徴税吏たち」(1501年頃:ネーデルラント)

+ 「ワイン樽をどれだけ積めるか(積載量)」が船の大きさ

+ イングランドだけが使う「イギリスの単位」


もうちょびっと早くにあったら


こんなのあったらジェフリーやビセンテに役立つんじゃない?って思ったら、F&B時代にはまだ登場してなかったorz


気圧計


嵐がくると海が荒れる。嵐がくるときは気圧が下がる。これを計るのが気圧計です。
が、しかし、これが登場するのは17世紀になってから。
これを発明したのはガリレオ・ガリレイの弟子、物理学者 エヴァンジェリスタ・トリチェリ (イタリア)。
wikipedia

トリチェリは井戸でピーンときたそうです。でか!


無線機


登場はドラえもんくらい未来になってから。
ってことで、船と船は信号旗で会話。夜は発光信号(カンテラ)でペカペカ、霧は音響信号(笛)でピーピーするそうです。
ペカペカやピーピーは、モールス符号(F&B時代にはまだない)っぽい感じ?
wikipedia

HMSヴィクトリー号の信号旗

+ 各艦で大歓声がおこった信号文




※ものすごーくお世話になったサイト。詳細はこちらをご覧下さい。