爵位


爵位は王やローマ教皇が多大な貢献をした人へ授ける栄誉称号。
貴族は爵位を世襲。ジェントリ(イングランド)は本人が死んだら爵位も消滅。他(スペイン)は爵位によって世襲/本人が死んだら消滅。
書いてない爵位もいっぱいあるので、詳細はこちら 爵位 イギリスの貴族 スペインの貴族 をどうぞ。

あと枢機卿はカトリック教会でいちばんエライ聖職者のこと。爵位じゃなくて、ローマ教皇に助言したりする人達です。

イングランド…王族貴族ジェントリ スペイン(カッコはイタリア)…王族貴族
King
Queen
エリザベス1世 Rey
Reina
フェリペ2世
王子 Prince Príncipe フェリペ王子
イサベル・クララ・エウヘニア
大公 ナシ Príncipe*1
(Principe)
②メリート大公女アナ・デ・メンドーサ(世襲)
①エボリ大公ルイ・ゴメス・デ・シルバ(????)
③アスコリ大公アントニオ・デ・レイバ(世襲)
公爵 Duke ④ノーフォーク公トマス・ハワード(世襲) Duque
(Duca)
③パルマ公アレサンドロ・デ・ファルネーゼ(世襲)
⑦メディナ・シドーニア公アロンソ・ペレス・デ・グスマン(世襲)
侯爵 Marquess
Marchioness
Marqués
(Marchese)
①サンタ・クルズ侯爵アルバロ・デ・バサン(????)
伯爵 Earl
Count
①ソールズベリー伯ロバート・セシル(1605)
①レスター伯ロバート・ダドリー(1563)
②エセックス伯ロバート・デヴァルー(世襲)
Conde
(Conte)
子爵 Viscount Vizconde
(Visconte)
男爵 Baron ①バーリー男爵ウィリアム・セシル(1571)
①ハンズドン卿ヘンリー・ケアリー(1559)
Lord
準男爵 Baronet ナシ
騎士 Knight フランシス・ウォルシンガム(1577)
フランシス・ドレイク(1581)
ウォルター・ローリー(1585)
Caballero
(Cavaliere)
紳士 Esquire
Gentleman
*2 Escudero
Hidalgo
(Nobile)
※1 王族じゃないけどスペイン王がめったに授けない爵位で、ナポリ王やシシリー王級のすごさ。
※2 平民が購入できる称号(爵位じゃない)。たとえばカトリックを放棄したヘンリー8世(エリザベス1世の父)は修道院の土地をバンバン没収、それをお金持ちの平民が購入して称号を得た。


世襲される貴族の爵位


いまいち分からなかったので、実際の爵位の流れをざっくり表にしてみました。世襲の方法はこの表に基づいたものです。


イングランドの場合


イングランド女王エリザベス1世に逆らったアランデル城のフィリップ・ハワード周辺。全体はこちら wikipedia をどうぞ。

爵位を世襲するのは長兄のみ。相続分割いっさいナシだから、他の息子達は自力で頑張る。相続対象外の娘達は貴族へ嫁ぐ。
息子がいない場合は親族の男性が相続。でも例外(※1)あり。



スペインの場合


スペイン王フェリペ2世に逆らったエボリ大公夫人アナ・デ・メンドーサ周辺。授与の理由が分からなかったので職業(訳せないのは原文のまま)を書いてます。いまいち中途半端なので雰囲気だけってことで。
元ネタはこちら portadaGrandes de España(Duque de Francavilla) です。

爵位を世襲するのは長兄、息子がいない場合は娘が相続。相続分割いっさいナシだから、他の息子達は自力で頑張る。
女性の爵位は結婚しても女性のもの、ご主人のものにはなりません。