ネーデルラント17州


ネーデルラントは ヴァロワ=ブルゴーニュ家 の領地 ブルゴーニュ領ネーデルラント でした( ブルゴーニュ公国 )。
1477年最後の君主 マリー女公 と神聖ローマ皇帝 マクシミリアン1世 が結婚。
1482年マリー女公が死亡して ハプスブルク家 の領地 ハプスブルク領ネーデルラント になります。 神聖ローマ帝国 が支配したの。
wikipedia

神聖ローマ皇帝 カール5世 の領地(1550年)

1556年神聖ローマ皇帝 カール5世 (スペイン王カルロス1世)が退位。ハプスブルク家は スペイン系 オーストリア系 に分かれます。
ってことで、ハプスブルク家の領地も分割。
ネーデルラントはスペイン系ハプスブルク家の領地 ネーデルラント17州 になります。スペイン王フェリペ2世の領地ね。


八十年戦争で「ネーデルラント連邦共和国」「スペイン領ネーデルラント」に分離


ネーデルラントは個別の国が集まった地域です。王フェリペ2世の支配にアチコチで不満爆発(1568–1648年: 八十年戦争 )。
ってことで、1581年北部7州が勝手に独立。
ネーデルラント17州は「北部の ネーデルラント連邦共和国 」「南部の スペイン領ネーデルラント 」に分離しちゃいます。

The Netherlands in the time of Elizabeth(1905年:Charles Colbeck著「The Public Schools Historical Atlas」)

州名 独立 備考
ネーデルラント連邦共和国
(21世紀: オランダ
01 フリースラント領 1581年
02 フローニンゲン領 1594年
(03) ドレンテ領 1591年 ・人口が少なかったのでフローニンゲン領の 総督 が管轄
04 オーファーアイセル領 1591年
05 ゲルデルン公国 1581年 ・南部( Upper Guelders )はスペイン領ネーデルラントのまま
(06) ズトフェン伯領 1581年 ・ゲルデルン公国が併合(1591年独立)
07 ユトレヒト領 1581年
08 ホラント伯領 1581年 総督:オラニエ公ウィレム1世(1572-1584)
09 ゼーラント伯領 1581年 総督:オラニエ公ウィレム1世(1572-1584)
スペイン領ネーデルラント
(21世紀: ベルギー
10 フランドル伯領
11 ブラバント公国 アントウェルペン (英名:アントワープ)はココ
12 メヘレン領
13 リンブルフ公国
14 アルトワ伯領
15 エノー伯領
16 ナミュール伯領
17 ルクセンブルク公国
カンブレー ・1543年聖ローマ皇帝カール5世がフランスからゲト
神聖ローマ帝国 リエージュ司教領


ネーデルラント総督


王フェリペ2世はネーデルラント総督(Governor/Governor-General )を置いてネーデルラント17州を統治します。
wikipedia

期間 総督 備考
1555-1559年 サヴォイア公 エマヌエーレ・フィリベルト フェリペ2世の従兄弟
1559-1567年 パルマ公妃 マルゲリータ・ダウストリア フェリペ2世の異母姉
1567-1573年 アルバ公フェルナンド・アルバレス・デ・トレド
1573-1576年 ルイス・デ・レケセンス
1576-1578年 ドン・フアン・デ・アウストリア フェリペ2世の異母弟
1578-1592年 パルマ公アレッサンドロ・ファルネーゼ フェリペ2世の親戚
※1578-1581連邦議会が独自にオーストリア大公マティアスを招聘。
※1579年1月パルマ公は『アラス同盟』を結成、北部7州は『ユトレヒト同盟』を結成。
1592-1594年 マンスフェルト伯ペーター一世エルンスト
1594-1595年 オーストリア大公エルンスト
1595-1596年 ペドロ=エンリケス・デ・アセヴェド
1596-1598年 オーストリア大公アルプレヒト
1598-1621年 アルプレヒト/イザベラ夫妻共同統治 フェリペ2世の娘


八十年戦争(オランダ独立戦争)


八十年戦争(1568–1648年)は「スペインからの独立」を目指す ネーデルラント連邦共和国 の反乱です( オランダ独立戦争 )。
大まかに分けると「 最初の40年 」「 12年間の休戦 (1609-1621年)」「 三十年戦争 」って感じ。
イングランド女王エリザベス1世もネーデルラント連邦共和国を応援。1648年スペインが独立を認めます( ミュンスター講和条約 )。
wikipedia


王フェリペ2世の支配に不満爆発


王フェリペ2世にとってネーデルランドは「De landen van herwaarts over:その辺の地域」。ネーデルランドの自治なんて許しません。
重税を課してプロテスタントの弾圧を開始。
ネーデルラント貴族たちが「 プロテスタントの弾圧を止めて下さい 」とお願いしても断固拒否しちゃいます。
wikipedia

Cornelis Kruseman 画「Philip II, King of Spain, Reproaches William I, Prince of Orange, in Vlissingen upon his Departure from the Netherlands in 1559」(1832年)

ってことで、1566年不満爆発な400人のネーデルラント貴族たちが「 貴族同盟 (その後の 乞食党 )」を結成します。
リーダはオラニエ公 ウィレム1世 (オレンジ公ウィリアム)。


ネーデルラント貴族たちにとっては「 代表なくして課税なし (アメリカ独立戦争のスローガン)」って感じです。

15世紀後半のネーデルラントは近代的な経済の先駆け「標準ルールによる中継貿易(intensive trade)」で繁栄してました。
アムステルダムはバルト海の取引 ハンザ同盟 で優位なポジションをゲト。
アントワープは北西部ヨーロッパの 商品集散地 を独占。イングランドもスズ、羊毛、…を輸出してます。
wikipedia