フランス王アンリ3世の系図




ギーズ公に振り回された王様


フランソワ・クルーエ 画『アンリ2世、カトリーヌ夫妻とその家族』

在位 名前 備考
1515-1547
(32年)
祖父 フランソワ1世
(1494-1547)
神聖ローマ皇帝の 選挙 イタリア戦争 とスペイン王カルロス1世に挑んでは、ことごとく敗北。
新大陸の発見でもスペインに対抗して探検家アメリゴ・ヴェスプッチを援助。
ユグノーには比較的寛容だったけど、 檄文事件 (カトリックの批判)を契機に弾圧。
1547-1559
(12年)
アンリ2世
(1519-負傷:1559)
イタリア戦争を続行して、やっぱり敗北。
カトー・カンブレジ条約 (イタリアの権利放棄)を結んで、娘をスペイン王フェリペ2世の嫁に。
異端審問を設置してユグノーを迫害。
1559-1560
(1年)
フランソワ2世
(1544-脳炎:1560)
スコットランド女王メアリー・ステュアートと結婚。
母親 カトリーヌ・ド・メディシス に頼りっきりで、母親カトリーヌが摂政を担当。
が、その隙をついたギーズ公フランソワが実権を握ってユグノー迫害を強化。
1560–1574
(14年)
シャルル9世
(1550-結核:1574)
こいつも母親に頼りっきりで、母親カトリーヌが摂政を担当。
が、弱体化した王様は勢いづくギーズ公アンリ1世を止められず。
カトリックvsユグノーが激化してユグノー戦争に突入。
1574–1589
(15年)
アンリ3世
(1551-暗殺:1589)
久しぶりの自立した王。母親カトリーヌも影で応援。
ますます弱体化した王様は、勢いが加速したギーズ公アンリ1世にアレコレ指図される。
このままじゃ俺ヤバイ!っとギーズ公アンリ1世を暗殺。
1589–1610
(11年)
親戚 アンリ4世
ナバラ王アンリ3世
(1553-暗殺:1610)
ユグノーの代表。フランス王になると、天下統一のためカトリックに改宗。
ナントの勅令 (信仰の自由)を発布してユグノー戦争を終結。
ユグノー戦争でボロボロのフランスを立て直した「賢明で有能な良王アンリ」。


ざっくりユグノー戦争


フランス王と カトリック同盟 とユグノーのながーい内戦。
絶対に妥協しないカトリック、絶対に諦めないユグノー、和解を目指したいけど弱体化したフランス王は2つの間でふらふら。
はユグノーにとって前回より不利、は有利な平和協定です。
wikipedia

フランスの多くの地域は、王様じゃなく貴族が支配権を持ってるそうです。
アルトヴィッチが女王エリザベス1世に話してたノルマンディー地方も思いっきりカトリック。だからスペインが…。

カトリックとユグノーの勢力図(たぶんユグノー戦争の後半)

王様 カトリック ユグノー 戦争 平和協定
シャルル9世 ギーズ公
フランソワ
コンデ公
ルイ1世
第1次戦争(1562-1563) アンボワーズの勅令 (1563.03.19)
ヴァシーの虐殺 (ギーズ公フランソワがWassyで礼拝中のユグノーを虐殺)で戦争開始。
●1562年9月イングランドとユグノーが ハンプトン・コート条約 を結ぶ。
●1563年2月ギーズ公が暗殺。
●アンボワーズの勅令…ユグノーの礼拝は貴族の領地と baillage sénéchaussée でOK。
ギーズ公
アンリ1世
第2次戦争(1567-1568) ロンジュモーの和議 (1568.03.23)
ミチェラード事件 (ユグノーがニームでカトリックを虐殺)で戦争開始。
●ラ・ロシェルなどの都市がユグノー側に就くことを宣言。
●ロンジュモーの和議…アンボワーズの勅令の同じ内容。
第3次戦争(1568-1570) サン・ジェルマンの和議 (1570.08.05)
●サン・モールの勅令(the Edict of Saint-Maur:ユグノーの礼拝禁止)やアレコレで戦争開始。
●1569年3月コンデ公が戦死。
●サン・ジェルマンの和議…
ユグノーの ラ・ロシェル モントーバン コニャック La Charité の自治権を保証。
ナバラ王
アンリ3世
第4次戦争(1572-1573) ブローニュの勅令 (1573.08.11)
サン・バルテルミの虐殺 (カトリックがあちこちでユグノーを虐殺)で戦争開始。
●ナバラ王が監禁されて、カトリックに強制改宗。
●ブローニュ勅令…ユグノーの礼拝はラ・ロシェル、モントーバン、 ニーム の自宅のみOK。
アンリ3世 第5次戦争(1574-1576) ボーリューの勅令 (1576.05.06)
●サン・ジェルマンのクーデター(ユグノーがナバラ王を救出しようとして失敗)で戦争開始。
●1575年9月 弟アンジュー公フランソワ がユグノーに合流。
●1576年2月ナバラ王が監禁から脱出して、ユグノーに改宗。
●ボーリュー勅令…ユグノーの礼拝はパリと宮廷外ならOK、議会への参加もOK。
第6次戦争(1576-1577) ポワティエの勅令 (1577.09.14)
●ボーリューの勅令を撤回(かなぁ?)に怒ったユグノーが武装蜂起で戦争開始。
●ポワティエ勅令…ボーリュー勅令を撤回。
第7次戦争(1579-1580) ル・フルクスの和議 (1580.11.26)
●ユグノーが ラ・フェール を陥落して戦争開始。
●ル・フルクスの和議…
今までに結ばれた平和条約のユグノーの権利を全部承認。弟アンジュー公フランソワが交渉。
●1584年6月弟アンジュー公フランソワが死亡。
●1584年12月スペインとカトリックが ジョアンヴィル条約 (スペインの資金援助)を結ぶ。
三アンリの戦い /第8次戦争(1585-1588) ナントの勅令 (1598.04.13)
ヌムールの勅令 (ユグノーの礼拝禁止、ナバラ王の王位継承権剥奪)で戦争開始。
●1588年12月王アンリ3世がギーズ公を暗殺。
●1589年8月カトリック狂信者が王アンリ3世を暗殺。ナバラ王がフランス王アンリ4世に即位。
アンリ4世 マイエンヌ公
シャルル
●ナントの勅令…
国教はカトリック。ユグノーは信仰の自由を保障して、礼拝も一定地域でOK。

+ ユグノーがイングランドを裏切った「ハンプトン・コート条約」

+ 仲直りのはずが第4次戦争になった「サン・バルテルミの虐殺」

+ ナバラ王アンリ3世が最後に生き残った「三アンリの戦い」

+ カトリックとユグノーが仲良く暮らせる「ナントの勅令」