今度の大会用のページ(仮)V2.30


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「チーム成績を勝率で決める方式」

   (仮略称:勝率成績方式)
    シミュレーション

このページと大会ルールは作成途中です。




例:3チームあります。アカリの碁17人、WCC12人、香港10人、の合計39人の参加者がいたとします。

0回戦
アカリ 7人 VS 香港 7人
WCC 3人 VS 香港 3人
アカリ 9人 VS WCC 9人

39人中、38人が対局できます。 対局できないのは1人だけです。
(大会主催者側が補欠(reserve player)を1人、用意しておけば、最後の1人も対局できます。)

チーム成績は、勝利数ではなくて勝率で出します。

例:0回戦の対局結果

アカリの碁 勝率47%(8勝9敗)  ←3位
WCC 勝率58%(7勝5敗)  ←1位
香港 勝率55%(5勝5敗)  ←2位

0回戦の優勝はWCC、2位は香港、3位はアカリの碁

こんな感じで勝率で、チームの成績を決めましょう。

各チームの人数が、少々、多くても、少なくても、どちらでもより多くの人が大会に参加することが出来ます。

ただ、参加できる人数を増やすとその分、対局を組むのが難しくなりすぎる可能性があるので、プレ大会のときに練習をしてから、どうするのか決めたいと思います。

プレ大会で、実際に対戦を組んでみてダメそうだったら、世界名人戦方式にしたいと思います。



それでは、シミュレーションを開始します。

例:2013年1月19日(土曜日) プレ大会。

練習 21時00分。



みんなで練習をいろいろします。

対局開始を開始するところまでが目的なので、10手未満で投了します。

このときに、無事に対局を組めて、対局を開始できるかどうか、実際にやってみないと分からない部分があります。

大会の方式が、世界名人戦方式のほうがいいのか、勝率成績方式のほうがいいのか、このときに決めたいと思います。

世界名人戦方式のほうがいいとなったら、この日の23時からは世界名人戦方式の1回戦をすることになるかと思ってます。


例:2013年1月19日(土曜日) プレ大会。

0回戦 23時00分頃。


この時点で:アカリの碁14人、WCC11人、香港8人、の合計33人の参加者がいたとします。

0回戦          持ち時間30分の秒読み30秒x5回。
アカリ 5人 VS 香港 5人
WCC 3人 VS 香港 3人
アカリ 8人 VS WCC 8人

33人中32人が対局。 アカリの碁の1人が余る。

補欠の1人が参加する。

アカリの碁 1人 VS 補欠 1人


24時55分頃、0回戦終了。


例:0回戦の対局結果

アカリの碁 勝率43%(6勝8敗)  ←3位
WCC 勝率55%(6勝5敗)  ←1位
香港 勝率50%(4勝4敗)  ←2位

0回戦の優勝はWCC、2位は香港、3位はアカリの碁




1週間、経過。






例:2013年1月26日(土曜日) 本大会。

開幕の対局は、選ばれた2人によって、1回戦の1時間前に始めたいと思います。(ここでは、0.9回戦と呼びます)

0.9回戦 20時00分開始。


持ち時間30分の秒読み30秒x5回。

0.9回戦で、2人だけで開幕対局。

(1月19日の午後9時~11時の間に、この対局の候補を選びたいと思います。
 場合によっては、うまく決まらない可能性もあるかと思ってます。)




例:2013年1月26日(土曜日) 本大会。

1回戦 21時00分開始。


持ち時間30分の秒読み30秒x5回。

例:アカリの碁17人、WCC12人、香港11人、の合計40人の参加者がいたとします。

アカリ 8人 VS 香港 8人
WCC 3人 VS 香港 3人
アカリ 9人 VS WCC 9人

22時55分頃、1回戦終了。

例:1回戦の対局結果

アカリの碁 勝率47%(8勝9敗)  ←3位
WCC 勝率50%(6勝6敗)  ←2位
香港 勝率55%(6勝5敗)  ←1位

1回戦の優勝は香港、2位はWCC、3位はアカリの碁



2回戦 23時00分開始。



持ち時間30分の秒読み30秒x5回。

例:アカリの碁16人、WCC13人、香港11人、の合計40人の参加者がいたとします。

アカリ 7人 VS 香港 7人
WCC 4人 VS 香港 4人
アカリ 9人 VS WCC 9人

24時55分頃、2回戦終了。

例:2回戦の対局結果

アカリの碁 勝率50%(8勝8敗)  ←2位
WCC 勝率54%(7勝6敗)  ←1位
香港 勝率45%(5勝6敗)  ←3位

2回戦の優勝はWCC、2位はアカリの碁、3位は香港





例:本大会の総合成績

アカリの碁 勝率48%(16勝17敗)  ←3位
WCC 勝率52%(13勝12敗)  ←1位
香港 勝率50%(11勝11敗)  ←2位

本大会の総合優勝はWCC、2位は香港、3位はアカリの碁