※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆ Server




A5MarkⅡでホスト名とかSIDとか調べる

プロパティを見るのが一番早いけど、
テーブルの追加と削除でも見れる。

Oracle

直接接続(A5MarkⅡ)
// オラクルのドライバー
oracle.jdbc.driver.OracleDriver
// url
jdbc:oracle:thin:@【ホスト名】:【ポート】/【SID】

MySQL

// MySQLのドライバー
com.mysql.jdbc.Driver
// url
jdbc:mysql:【ホスト名】【スキーマ名】
            ?useUnicode=true&characterEncoding=utf8

※Strutsなどでjdbcを使う場合の設定です。
MYSQLではスキーマのことをデータベースと呼びます。
Encodeは必ずつけること!

MySQLをダウンロードするには会員登録が必要。
簡単に使うにはXamppなど、Apache・MySQL・Tomcatをまとめて
使えるようにするツールもある。

Oracleでチルダ文字化け対応


そもそもDBのエンコードをUnicodeで統一する。
もしくは、SJISならチルダに対応したJA16SJISTILDEにする。
それか取得した先で変換してあげるしかない。


CSEでOracleサーバーに接続


DBMS:Oracle
ユーザ名:ユーザ名
パスワード:パスワード
接続文字列:【サーバIPアドレス】:1521/【サーバ名】


CSEでDB2 400サーバーに接続


DBMS:ODBC汎用
データソース:AS400
ユーザ名:ユーザ名
パスワード:パスワード

|
添付ファイル