ウェールフープ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェールフープとは
人工言語の世界から物や人間、技術を呼ぶこと。
紀元前から行われケートニアーといわれる人物しか行えない。

紀元後より意識不明になるものが出た

ウェールフープの力のことをウェールフーポ(weilfuopo)という

  • プレス現象(plaes)

時々持ってくるものやその持ち主の強い思いによって
ウェールフープが失敗したり、違うものがワープしてきたり
人体が裂けるような痛みを起こす
ウェールフーポの高いケートニアーでも起こる

ケートニアー

ケートニアーには二種類ある
第一世代ケートニアー…『呼ぶ』能力しかない
第二世代ケートニアー…『呼ぶ』を行ったり、『高速移動』や『並列加力』などの付加能力がついている

第一世代は第二世代に差別されやすい