ストーンガーディアン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長所 短所
・敵(単体に限る)の足止めと味方への援護が得意
・建物を回復できる唯一のヒーロー
・攻速の伸びがファイターと同等
・Ultにより実質的に味方へのダメージカットが行える
・普通のビルドでは火力が最低クラス
・味方への依存度が極めて高い
・敵が多いとクリップリングブラストを狙って当てるのが困難
・どのスキルももっさりな上に操作しづらい

バックグラウンド

スケイルは数え切れぬ程の月日を、ある魔道士の墓を守るためだけに過ごしてきた。
とっくにその魔道士の体は塵と化していたにも関わらず、じっと眼を光らせ、太古の魔術に縛られながら。
だがある日、墓荒らしの一団が彼を墓に縛る魔術を解いた。
もちろんスケイルは墓を荒らした者たちを引き裂いたが、一方でそのおかげでついに彼は自由を手にしたのだった。

概要

大地の巨人の魔法版。いわゆる動く障害物タイプのヒーローである。
建物を回復できる等、建物サポートに関しては他ヒーローの追随を許さない。
この特徴からアンダーレルムの遺跡に適性があると思われる。
スキル火力に乏しいのでスケイル単体ではほとんど役には立たないが、実は素の攻撃速度がファイター並みに速い。
このヒーローの真価は敵の軽い足止めを行えることと味方にシールドを張って回復させたり、
Ultの効果で味方のダメージを肩代わりできることにある。まさしくサポートらしいヒーロー。

自分で使う場合

クリップリングブラストを当て続けるには繊細な移動が必要なので、バーチャルパッドを使用するとよい。

ジャングリングが苦手なので必要なスキルを覚えた後は味方と一緒に行動するのが一番。
火力は無いがストーンスキンの効果を高める為にある程度の武器も持っておきたい。

ストーンソウルは味方の保護と回復が行えるスキルなので暇があれば疲弊している味方に掛けると良い。
Ultの石像は塔の攻撃を引き付けたりも出来るので、塔を攻めるときはとりあえず保険として出しておこう。
後はクリップリングブラストを上手く面倒な敵に当て続ければ最低限の貢献は出来るだろう。

Ultのトス+スタン効果は発動させられれば戦況を一変させるだけの性能はあるが、
石像にターゲットを回す事に手間取ることになるので発動させること自体が至難の業だ。
混戦時はターゲットボタン連打の方が手っ取り早いだろう。

スキル振りはLv1はソウル、2はフューリー、以後ガーディアン>ブラスト>ソウル>フューリーの優先順がオススメ。

  • オススメ装備
ファーネームのブレード…クリップリングブラストとストーンソウルの使い勝手が上がる。ただし元々MPに困らないキャラなので不要かも。

敵として登場した場合

クリップリングブラストとストーンソウルでハメ殺されるのが関の山なので、1対1の状況では無理に殺そうとは思わないこと。
他の味方がクリップリングブラストを抑えている状態ならスケイルは居ないも同然なので無視していい。

  • オススメ対策

ステータス

   HP MP 攻撃 攻速 攻範 移動 防御 魔防 HP回復 MP回復
初期 587 373 51.00 0.71 範囲 4.25 20.00 16.00 1.30/s 1.24/s
成長 86 42 3.60 0.03 - - 2.80 3.03 0.27 0.27
限界 1791 961 101.40 1.13 範囲 4.25 59.20 58.42 5.08/s 5.02/s

スキル

名前 レベル1での効果
クリップリングブラスト 4秒間指定方向にレーザーを放つ(キャンセル不可だが、沈黙を受けても中断されず、トーントを受けてもブラスト終了までは自由に移動できる)。レーザーを放っている最中は向きを維持したまま移動したりストーンソウルを使うことが出来る。レーザーに一番近い敵にのみ1秒間に3ヒットし、1ヒットあたり10/20/30/40+魔10%のダメージを与える。また、1ヒット毎に攻撃速度と移動速度が1/2/3/4%ずつ減少し、20%に達した時点で鈍化デバフが消失して2秒間のスタン効果が発生する。鈍化効果は3秒間持続する。射程10m固定。CT14/12/10/8秒。消費MP80/90/100/110。
フライングフューリー 指定対象(エタガ以外の建物には不可)に飛びかかる。対象が敵or中立なら100/150/200/250+魔40%のダメージを与える。(ターゲットが少々離れた場合も飛行距離は延長される。障害物は通り抜けられないが、その場合も着地時に攻撃のみ与えられる。)着地した時点から4秒間スケイルの物理防御力と魔法防御力が5/10/15/20%上昇する。射程8m固定。CT12/12/12/12秒。消費MP90/100/110/120。
ストーンソウル パッシブ:スケイルのHP回復力とMP回復力が1秒当たり2/2.5/3/3.5増える。8メートル以内の建物一つにつきこの効果が2倍→3倍と増えていく。Ultの石像も建物としてカウントされる。
アクティブ:自分や味方に100/175/250/325+魔80%のダメージを防ぐシールドを張る。6秒後に効果が消えるが、その時点でのシールド残量の50%+魔80%HPが回復する。建物にも使えるが、その場合は回復量がシールド残量の25%固定+魔80%分となり、CTが2倍になる。射程6/6/6/6m。CT16/14/12/10秒。消費MP80/80/80/80。
エターナルガーディアン 任意の12m以内の場所に10秒間石像(名前はエターナルガーディアン。HP800/1300/1800。アイコンはスキルアイコンと同じ。Lvはスキルレベルと同等。建物扱い)を召喚し、石像の12m以内の味方ヒーローが受けるダメージの10/15/20%をスケイルが肩代わりする(カウンター系効果は発動しない?)。石像に対してフライングフューリーを使うと石像は消失し、7m以内の敵に100/175/250+魔50%のダメージとかち上げ+0.5秒のスタン効果を与える。射程12/12/12m。CT70/60/50秒。消費MP120/150/180。

ビルドガイド

魔道盤は策士が相性よくオススメ。

おすすめそのまま型
拘束スキルに強く、火力・防御・補助のバランスは取れている。
一方で防御力値補正が各30しかないため、フライングフューリーを使っても硬さはあまり期待できない。
またCD減少がニンフの20%だけであり、残り25%を各オプションで補わないと中途半端になるので注意が必要。
公式おすすめ装備 考察
チェインブーツ 良い選択肢だが、サポートである以上テンペストも視野に入れた方が良い
武者修行者のマント 優秀な装備。ただし相手を選ぶので固定するのはよくない
消えた神秘学者のケープ 雑魚処理性能の低さを補う上で良い選択肢。
ニンフの遺物 MP,MP回復分が少々勿体無いが、それ以外は良い選択肢。
潔白の杖 火力は期待できず、MPも不要で、HP回復力は元々優れているため、あまり推奨しない。
炎熱のオーブ 相性最悪なので非推奨。

タンク型
防御性能(HP+1750、物防+85、魔防+150)とCT減少(-30%)を重視したビルド。
集団戦では味方に対魔法シールドを張ってから先陣を切り、ラバウランのスロー魔法陣で敵の散開を抑えよう。
おすすめアイテム 概要
チェインブーツ 公式おすすめ
蜘蛛の女王の抱擁 攻速を下げて物理被ダメを抑止
消えた神秘学者のケープ 公式おすすめ
ワルキューレのローブ CT-10%、対魔法シールド
ラバウランの聖石 CT-10%、スロー魔法陣
ドラゴンのスターリングソウル CT-10%

魔攻サポート型
魔攻とCT減少(-30%)、機動力を重視し、建物修理など支援能力を高めるビルド。
物防は紙なので、ファイターに狙われたら幸運のヘルムで時間を稼ぐ。
おすすめアイテム 概要
テンペストブーツ 移速+0.95
ボーンフレームワンド 魔攻大幅UP
サイシオンのキャンディー 移速+10%
ニンフの遺物 公式おすすめ 移速+5%
ラバウランの聖石 CT-10%、スロー魔法陣
幸運のヘルム 3秒間自分が行動不能&無敵

魔法殴り型
クリップリングブラストはほぼ封印し、攻撃速度の伸び率を活して殴りを主体にするビルド。co-opなら特にオススメ。
因みに下記ビルドではLv15かつ装備補正のみで攻速は?となる。
おすすめアイテム 概要
テンペストブーツ
監視人のささやき
バインシールド
ホーリーシルバースタッフ
セカンドチャンスアミュレット
蜘蛛の女王の抱擁

他のヒーローとの相性

相性が良いヒーロー(戦いやすいヒーロー)
ヒーロー 概要
アイアンガード 遠距離攻撃に対する対策法を持ち合わせていないので、非常に楽にハメ殺せる
復活した暴君 ヘマしなければ負けることはない

相性が悪いヒーロー(戦いにくいヒーロー)
ヒーロー 概要
アーケインウォーリアー 分身が邪魔になりブラストが当てにくくなる
パラディングランドマスター ultでブラストを防がれる
サイクロプス ダメージ固定値カットでブラストのダメージが殆ど通らない
氷原の守護者
















添付ファイル