霊長類の長


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長所 短所
障害物無視で移動できる突撃スキル ガーディアンなのにTank向けの性能ではない
集団戦で能力を発揮する攻撃スキル 攻撃速度、移動速度が鈍い
Ultの追加効果によって攻撃方法が幅広くなる 他のヒーローの長所を薄く浅く寄せ集めたような印象
逃げは得意な部類 限られた条件でしかデバフを与えられない
拘束技に強い ultの未使用時は敵に逃げられやすい
スキルの火力が高く、物攻加算率もガーディアンの中では優秀
ult使用時は他のヒーローの長所を伸ばしたような性能になる
範囲技、障害物無視移動でファームしやすい

バックグラウンド

旅を愛するコツンは、一か所に長期間とどまることはない。
常に新たな土地で冒険を求め、それをクリアすることに生きがいを感じているのだ。
巨体と怪力を併せ持つ彼は戦場では敵から恐れられる存在である。
大木を小枝の如くへし折ってしまう強力な一撃で、頑強な猛者たちをも屈服させてしまうという。

概要

不意打ちと集団戦が得意で高い火力と耐久力を兼ね備えたファイター型ガーディアン。
ブラッドレターとは対照的で公開前はデザインの人気があったが公開された時点では実際の性能の落差が大きかったヒーロー。
所持しているスキルもすべて何処かで見たような性能のものばかり。イメージとしてはルトヒランをベースにしてサバエア、猫、デモハンの長所を取り込んだ感じ。
ただし決して弱い訳ではなく、むしろBAN最有力候補の一つになるほどの強さである。
以前はパラディングランドマスター遊牧の暗殺者を足して割ったような能力で、下位互換と認定されていたが、ロト収益を欲する運営の悪意を感じるほど幾度も過剰に上方修正され、理不尽な強さになった。

タイマンでも十分強いが、範囲攻撃に特化したスキルが揃っているので、集団戦で真価を発揮する。

現在はゴールドロト限定でのみ入手できるヒーロー(シルバーロトでは絵柄が出てきても絶対に獲得できないので注意)。

自分で使う場合

防御的なスキルはインドミタブルしか所持しておらず、更にTankとして当てになるような性能ではない。
更に汎用的に扱える束縛スキルを所持していない為(Ultで強化されたインドミタブルのスロー効果のみ)、
コツン個人のスキルを生かす為には監視人のささやきかディビニティソード、或いはファーネームのブレードが必須となるだろう。

インドミタブルはランクを上げてもシールドの強度しか変動しない。
また、クラウドブリッツはランクを上げても射程が伸びないばかりか消費MPが上がってしまう。
よってスキル習得の優先順位は最初にクラウドブリッツ→クラッシュ→インドミタブルと取っていったら、
後は自然にUlt>クラッシュ>クラウドブリッツ>インドミタブルとなるだろう。

クラウドブリッツ→クラッシュのコンボは序盤ではかなりの火力になる。
クラウドブリッツの障害物無視可能な性能を生かして、混戦中の敵の視界の外から奇襲気味に敵を狙うと良いだろう。
インドミタブルのパッシブ効果はクラウドブリッツのCDが終わるまで死なない程度に耐える分には通用する強度なので、
コンボをかました後は敵を殴り続け、危なくなったらクラウドブリッツで敵が容易に追ってこれないような場所へ退散すると良い。
そういった戦法を取る為に、やはりビルドはファイター寄りのものにした方が都合が良いだろう。

Ultは通常攻撃を行った際に周囲の敵に追加ダメージを与えるというもの(通常攻撃の対象になっている敵には追加ダメージは入らないが)。
要はUltの効果時間内ではデーモンハンターの強化ダブルショットが常時発動するようなものなのだ。
物理攻撃力を上げた状態で更にある程度の攻撃速度も保有していると、集団戦の時に敵全体のHPがガシガシと削れていく。
強化クラウドブリッツは突撃効果が18mに伸び馬に次いで高い突撃射程になる。
更にUltで強化クラッシュに追加される効果は周囲の敵に強いスロー効果を与えるものなので、突撃したら積極的に使おう。
更に引き寄せ範囲が広まるので敵を一か所に集めてガシガシ敵を削ることもできる。
強化インドミタブルは効果は変わらないがダメージを与えることができるようになる。
先出ししてからデバフで足止めされたら勿体ないので足止めされた時、とどめを刺す時など状況を見て使うようにしよう。
現在はUltの効果時間内であれば回数制限なしで付加効果が乗るのでバトルゼンをあらかじめ使用してから、
強化クラウドブリッツ(突撃)→強化クラッシュ(スロー、引き寄せ)→強化インドミタブル(デバフ無効、範囲ダメージ)とコンボを決めることができる。

クラッシュの引き寄せ効果はUltで強化されていない状態だとほとんど効果を実感できないが、
新5v5の敵トロッコを引き寄せ効果に巻き込むとトロッコを1.5秒ほどその場に停止させることが出来る。
(クラッシュはターゲット自体には引き寄せ効果が発動しない為、トロッコ自体にクラッシュをかますのはNG)
防衛時には有利になるので、狙える状況の時は優先的に狙ってみよう。

素のインドミタブルのアクティブ効果はパラディングランドマスターの廉価版トゥルーフェイスと言ったところ。
スキル無効化能力は無いが、この手の効果にしてはCDTは短い方なので積極的に使っていける。
風のダンサーや凍傷フロストボルトによる移動封じや、次元を超える者のゲイズ効果を取っ払えるのも大きい。

  • オススメ装備

敵として登場した場合

クラッシュにさえ耐えればなんとかなる敵……なのだが、Ultを発動された場合は注意が必要。
コツンの通常攻撃が範囲攻撃と化すので、こちらが密集しているとかなりの打撃を被ることになるのだ。
コツンが強化インドミタブルを発動させなくても、ギャンブラー次元を超える者と連携してくるとかなり厄介。
コツンとスタン役が同時に敵チームに存在する場合はいつも以上にスタン役に警戒しておきたい。
18mの障害物無視突撃技を予測するのは困難で、塔の近くで待機していても持ち前の火力と防御スキルでごり押しされる危険性がある。
被害を最小限に抑えるためジャングルから離れて行動し、固まりすぎないようにしよう。
味方にガーディアンゴーレムボーンブレイカーがいる場合トーントは避けることができないので一緒に行動すれば奇襲されにくくなると思われる。

  • オススメ対策

ステータス

   HP MP 攻撃 攻速 攻範 移動 防御 魔防 HP回復 MP回復
初期 568 360 49.00 0.67 範囲 4.15 23.00 19.00 1.19/s 1.10/s
成長 /s /s
限界


スキル

名前 レベル1での効果
クラッシュ 消費MP80、射程4m、CT9秒。ターゲットに100/155/210/265+物攻55%のダメージ。更にターゲットの周囲6mの敵を引き寄せる(ターゲット自身には引き寄せ効果は発動しない)。
魔法効果:引き寄せ効果が9mに広がり、更に引き寄せられた敵にもダメージを与え、3.5秒間60%のスローを与える
クラウドブリッツ 消費MP90/110/130/150、射程12m、CT16秒。障害物無視の突進攻撃(ドラッグ指定可能)、軌道上の敵に70/120/120/170+物攻50%のダメージ。
魔法効果:射程が18mに増加し、ダメージが100/150/200/250+物攻50%に上がり、更に30+物攻50%の追加ダメージ
インドミタブル パッシブ:攻撃を受けると自分の最大HP15/18/21/24%分のシールドを張る。時間経過で解けることは無い。一度解けると10秒間シールドが展開されなくなる。
アクティブ:消費MP110、CT20秒。自分のデバフをすべて解除する。
魔法効果:発動時にコツンの周囲7m以内に居た敵に80/130/180/230+物50%ダメージと3.5秒間の40%移動速度減少効果
バトルゼン 消費MP75、CT40/35/30秒。12秒間、物理攻撃力が20増加し、通常攻撃時にターゲットの周囲5mに居る他のすべての敵に通常攻撃の20%+物攻20%分のダメージを与える(ターゲットに追加ダメージは入らない)。また、8秒間の間ノーマルスキルに魔法効果が一度だけ付与されるようになる

ビルドガイド


他のヒーローとの相性

相性が良いヒーロー(戦いやすいヒーロー)
ヒーロー 概要
サイクロプス インドミタブルで拘束スキルから脱出できる。
更に拘束スキルをクラッシュで中断させることが出来る
次元を超える者
ハーピースレイヤー
殆どのヒーロー 各ヒーローに対抗するためのスキルが揃っているので有利に戦える


相性が悪いヒーロー(戦いにくいヒーロー)
ヒーロー 概要
ガーディアンゴーレム トーントはインドミタブルで脱出できない。
ボーンブレイカー
救済をもたらす者 シールドとパッシブでコンボを耐えられる。その上、攻速が負けているので不利。
深海の惨殺者 集団戦で狙ってなくてもダメージが跳ね返る 。
ボーンストーカー ボーンバリアが多いとコンボを耐えられ、手数の差で負ける。
忘れられた戦士 範囲沈黙を無効化できずコンボを防がれる。
潮の巫女 多数のデバフを持っているのでインドミタブルでかわしきれない。
ジャベリンウォーリア スタンハメはインドミタブルでも防げない。






添付ファイル