パラディングランドマスター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長所 短所
・基礎ステータスが高めの成長を見せる
・移動距離と破壊力を兼ね揃え、逃げにも使えるラッシュ
・防御スキルの特性上、集団戦でも有利
・殆ど誰にも止められなくなるスキル無効化スキル
クリップのスロー時間が不当に長いバグがある 修正済み?
・飛び道具攻撃を持っていない
・アクティブスキル依存度が高く、燃費が悪い
・ガーディアンの中では敵の拘束は苦手

バックグラウンド

鳥にさえ歌われる伝説の冒険者ルトヒラン。
戦士であると同時に礼節を忘れない紳士で、共に戦った多くの者たちが、
彼がいると落ち着いて戦うことができると語っている。

概要

いわゆる重戦士タイプのキャラクター。
ガーディアンでありながらファイターのような瞬発力ある斬り込みが可能で、ラッシュとクリップのコンボでキルを取りやすいのが特徴。
仲間の中心に立ち、パラディンフォーメーションで仲間を保護しつつ、前述のコンボやスキル無効化で強引に斬り込み相手を圧倒する、まさに「攻撃は最大の防御」の戦術を得意とする。
現在はパッシブの周囲物防UPの重要性が相対的に上がったので、比較的ファイター対策としての起用に適している。

本ヒーローは機動力が低く、通常攻撃も近接型であるためラッシュ含むアクティブスキルに依存しがちだが、
燃費対策をせずにスキルを連発するとMPがあっという間に切れてしまう事、
各スキルの物攻加算率が低い事が欠点であると言える。

かつてはメイジ、サポートに対して非常に強く、タイマン、集団戦ともにこなせる最強クラスのヒーローであったが、2014年11月のアップデートで2度目の下方修正が入り、
ラッシュの防御力減少効果とトゥルーフェイスのCDの長さが弱体化したため、単騎でメイジを狩るのは簡単ではなくなった。
また燃費の悪さにも拍車がかかったのでビルドを見直す必要がある。
タイマンに強いファイターが増え、殆どのファイターが強化されたので、立ち回りを見直す必要もある。

弱体化されたとはいえ対ファイター、対メイジ、タイマン、集団戦共に隙がなくそれなりに戦える力を持っており、かつ奇襲をされてもデバフ、スキル無効や突撃逃げで逃走がしやすいため、
上級者向けの近接ファイターの中では比較的初心者向けのヒーローである。

自分で使う場合

主な役割は単独行動しているメイジやサポートの襲撃、そして集団戦における味方の被ダメ軽減&敵集団への斬り込みである。
スキルはラッシュを優先的に上げると良い。後はファイターのように戦うならクリップ、堅実に行くならフォーメーションやトゥルーを優先しよう。
ただしどのような戦術を取るにしろ、装備は防御面重視気味にした方が良いだろう。ラッシュに物攻は殆ど乗らず、通常攻撃できる機会もファイターほど多くない。

敵として登場した場合

特に厄介なスキルは、どんなスキルも無効化してしまうトゥルーフェイスと、異常な突撃距離と防御ダウンに加え短めのCTまで揃えたラッシュ。
ラッシュはランク4まで行くと13mの射程を持つので奇襲やラッシュ逃げに注意。スキルコンボも12秒毎に使えるので、出過ぎると逃げ切る前にやられてしまう。
とは言えラッシュは障害物を通過できないため、逃げる時はさりげなく障害物を間に挟むように逃げれば割と逃げ切りやすい。
更にラッシュ・クリップ共に物攻加算率は低いため、このコンボの基本ダメージとデバフの影響さえ軽く凌げる耐久力なら特別恐れる必要はなくなる。
要するに、地形を利用する事と物防を固める事が最も基本的な対策と言える。
またラッシュクリップコンボを受けてしまった場合、スローが切れるまでは逃げずに通常攻撃で応戦した方が良い場合が多い。
(アイテムを守備的に固めた場合の)パラディン本体はそこまで強力ではないが、2つの防御スキルで粘るためしぶとい。他のヒーローを連れている場合は返り討ちに気を付けなければならない。
トゥルーフェイスを発動されたらスキルを止めて普通に攻撃するか、それで倒せそうになければ素直に逃げよう。

  • オススメ対策グッズ
神聖なブレイザー…燃費が悪い弱点を突ける。物理キャラなら最も有効な対策の一つ。
浄化ペンダント…狙われた味方に使うことで、パラディンのおよそ1コンボ分の被害をチャラに出来る優秀な対策。
幸運のヘルム…斬り込まれてからクリップのスローが切れるまでの間のコンボの被害を大幅に抑えられる。逃げるのと違いパラディンの位置も固定できる場合も。
言葉を奪うマント…ラッシュで斬り込んできた瞬間を狙って決めれば、クリップを阻止して狙われた仲間が受けるダメージを大きく軽減させられるかも。
風速の巻…敵に他にもスロー要因が多い場合は購入価値あり。
平和の魔導版…これもクリップのスローを軽減できるため、少しは役に立つ。

  • 意外と有効ではない対策グッズ
防御の魔導版…コンボのスロー時間が切れてから次のラッシュがくるまでの猶予時間は約9秒。この間にシールドの持続時間が切れてしまい無駄になり、次のラッシュで普通に死んでしまう場合もあるので注意。
スローやスタン…コンボとコンボの間の約9秒は、トゥルーフェイスの効果時間で殆ど埋まってしまう。したがってデバフでの足止めは期待できない。
防御や回復を持たない仲間のテレポート…仲間がテレポートで駆けつけても、結局トゥルーフェイスを発動したパラディンを止める手段は殆ど無い。
テンペスト+キャンディー…さすがのテンペ飴でも、コンボの間の9秒で追っ手のパラディンを15m以上引き離すことは不可能。結局ラッシュ追撃を受けてしまう。

ステータス

   HP MP 攻撃 攻速 移動 防御 魔防 HP回復 MP回復
初期 587 347 49.00 0.71 4.25 23.00 19.00 1.19/s 1.06/s
成長 +96 +38 +3.20 +0.01 - +3.10 +3.31 +0.26/s +0.16/s
限界 1931 879 93.80 0.85 - 66.40 65.34 4.83/s 3.30/s
2014/3/2泥確認

スキル

名前 レベル1での効果
ラッシュ 指定地点へ突撃し、軌道上の敵全員に100/160/220/280+物15%ダメージと5秒間の物理防御力-10効果を与える。ユニットは通り抜けるが、地形的な障害物は通り抜けられない。ターゲット指定で発動した場合、ターゲットを射程外まである程度追尾する。射程7/9/11/13m。CT18/16/14/12秒。消費MP100/120/140/160。
クリップブロー その場で周囲の敵全てに90/140/190/240+物30%ダメージと3秒間(2秒と表記されているが実際は3秒)の移動-30%のスロー効果を与える。CT10秒。消費MP80/80/80/80。
パラディンフォーメーション パッシブ:自分と周囲の味方の物防+5/10/15/20
アクティブ:10秒間、自分と周囲の味方に100/150/200/250+物4%分防ぐシールドを張る。消費MP150/160/170/180。CT15秒。
トゥルーフェイス 自分にかかっているデバフを解除し、3/4/5秒間受けるスキルとデバフを無効化する※トスは受けます。CT70秒。消費MP80/110/140。

ビルドガイド

おすすめアイテム 概要
サベッジブーツ このキャラでブーツが欲しいならこれが一番
アカーンのカトラス Fブレイカーからの強化で安定
ジェイドアクス
狂信者のホーン 持っておくと火力、耐久力共に向上
ハデスアーマー 敵の顔ぶれと相談してどれか一つを購入
ワルキューレのローブ
予言者のローブ
リーパーのグローブ 先に攻撃力を整えた方が無難
監視人のささやき 意外と相性が良い
髄を剥く剣 スローやスタンを無視できる特性と相性抜群
消えた神秘学者のケープ 一応ガーディアンなのでアリかも

例1(防御型):
アカーンのカトラス サベッジブーツ 狂信者のホーン
ジェイドアクス ハデスアーマー 予言者のローブ

例2(攻撃型):
アカーンのカトラス サベッジブーツ 神聖なブレイサー
ディビニティソード リーパーのグローブ ハデスアーマー

例3(戦闘型):
アカーンのカトラス 消えた神秘学者のケープ 狂信者のホーン
ジェイドアクス リーパーのグローブ ハデスアーマー

他のヒーローとの相性

相性が良いヒーロー(戦いやすいヒーロー)
ヒーロー 概要
下記以外 攻撃スキルの使用が前提のヒーローはトゥルーフェイスで楽に対処できる

相性が悪いヒーロー(戦いにくいヒーロー)
ヒーロー 概要
変色迷彩 敵側の攻撃速度や防御上昇、及びかち上げや目潰しや足止めはトゥルー発動中も防げない
復活した暴君
サンドウォーカー
氷原の守護者
ガイアの番人
ボーンストーカー
審問官 インテンシファイは通常攻撃扱いなのでトゥルーで防げない。MP削り牽制やワープ逃げも厄介
バトルメイジ トゥルーフェイスも貫通するMP削りが厄介な上、コンボもバリアで耐えられる
マグマの賢人 メイジの中では逃げ足が速く、トゥルー中も仲間に蛇が跳ね返らないよう気を遣う必要がある
サイクロプス 耐久力重視の装備になるであろうヒーローにはラッシュクリップが有効に機能しない
死の予言者
救済をもたらす者 基礎ステータスが負けていてパッシブとシールドが優れているのでかなり不利。















添付ファイル