アントガード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長所 短所
・敵を探知する能力が優れている
・攻撃スキルが全てスローを伴い、魔攻反映率も高いので終盤でも戦える
・ultが強烈な性能の範囲スタン&スロー付与攻撃
ultが説明以上に相手に不利な状態を与えることがある
・攻撃スキルの基礎ダメージが非常に低い
・攻撃に利用すると探知が行えなくなるアントセントリーの扱いが難しい
・通常攻撃が接近型である為、普段は敵から余計な攻撃を受けがち

バックグラウンド

レッドトロフィ族の女王に執事として仕えていたクリップ・ダートブレイドだったが、
悪魔がシンスカルドの裂け目に侵攻し、女王を殺すと、
部族会議は女王を守れなかった罰としてクリップを部族から追放し、孤独に野垂れ死ぬことを命じた。
しかし今のところクリップは生き延びている。

概要

視界確保と足止めを得意とするサポートヒーロー。
アリ召喚による視界確保+探知といういかにもサポーターらしい役割に加え、遠距離から拘束デバフを与える手段も複数備えている。
これにより、敵の奇襲を予見する、タイマン・集団戦問わず敵を一方的に拘束しつつ削るなど、チームを戦術的優位に導く事が出来るコマンダー的存在である。
一方魔法キャラにもかかわらず通常攻撃が近接型で、スキルの基本ダメージが虚弱なのが弱点。
アリ爆破を利用すれば火力も大分マシになるが、そうすると今度は視界確保が疎かになるというジレンマに悩まされるキャラである。
アントセントリーはミグローブのジェリーフィッシュと似た部分があり、ミグローブをサポートクラス化したキャラとも言える。
一見弱そうに見えるが、サポートの中では終盤戦に強い部類であり、また高い状況判断力があれば化けるため、上級者向きのヒーローである。
因みにアップデートにより、アリ爆破のスロー時間が短すぎるバグが修正され、きっちり2秒足止めできるようになった。そしてアリが異常にでかくなった。

自分で使う場合

マップはアンダーレルムの遺跡に適正有り。

スローやスタンを活かすためにも、やはりサポートらしく味方ヒーローの近くで行動するのが基本である。
各種攻撃は基本威力が低いだけで低燃費・短CT・広範囲・長射程・状態異常付のものばかりであるため、基本的にバンバン使っていくのが重要。

またアリ爆破は基本ダメージこそ低いものの、なんと魔法攻撃力の9割ほどがダメージに加算されるため、魔攻が高ければ案外メイジ級の範囲殲滅力を発揮する。
1箇所にアリを固めて置いて爆破することにより、そこに足を踏み入れた相手に致命的なダメージを与える事も出来る。
互いに攻めきれず膠着状態となっているルートでは、ヒット&アウェイによって堅実に敵を削ることが出来るだろう。

パピーアントをどう使うかが本キャラの攻略ポイントである。これは爆破したくないアリまで爆発してしまうなど扱いにくい。
この課題をどう克服するかがクリップ使いの腕の見せ所となるだろう。
初心者で使い慣れていない内は、アリの爆破は封印しよう。攻撃ばかりしていても低火力メイジにしかならないヒーローであり、視界確保サポートに徹する方が仲間の役に立てる。
プレイヤースキルのテレポートをパピーアントを媒体に発動するのは現在出来なくなっている。

スキル振りはレベル1でセントリー、2でハム、3でべノム、他はテリトリー>セントリー>べノム>ハムの優先順で振るのが良いと思われる。

  • オススメ装備
テンペストブーツ…ヒット&アウェイのお供に。
サイシオンのキャンディー…上に同じ。
ボーンフレームワンド…敵が嫌がるスキルを連発。
狂信者のホーン…防御確保とサポートを両立。
蜘蛛の女王の抱擁…防御と攻撃を両立。
傲慢のマント…ハムでべノムと合わせて魔防をスッカラカン、アントリー×2で範囲減少もでき、サポート要素もアリと相性は抜群。
しっかりとクリアリングできる腕があるのなら、序盤は移動速度と魔攻を優先的に強化して構わない。防具は後回しにしよう。

敵として登場した場合

単体としての戦力はそこまで脅威ではないのだが、遠距離からスキルでチクリチクリと削ってくるのでイヤな相手となる。
また足止め技を複数持っているため、無理するとアリの移動速度や魔攻によっては逃げ切れずに倒される可能性も出てくる。
魔法防御・HP回復・HP(魔)吸収が高いキャラクターが主に対応しよう。
アントセントリーは優秀な探知&視界確保スキルであり、奇襲を仕掛けてもバレバレな場合がある。
もっとひどい場合、アリを固めて置いてあるところに足を踏み入れ瞬殺されてしまう事も。
そのため相手にアントガードがいる場合、預言者の水を飲んでおくのも対策になる(死なない自信があるのなら)。
アントテリトリーは初弾後にスロー・スタン・探知効果が残っているが、脱出しようとすると追加のスタンを受けてしまうので注意。
最小限のスタン&ダメージ回数で脱出するために、テリトリーから抜ける際は効果範囲の円周に垂直な方向に移動するようにしよう。
こいつがいる限り、潜伏スキル持ちは潜伏を過信しないようにしよう。

ステータス

   HP MP 攻撃 攻速 移動 防御 魔防 HP回復 MP回復
初期 549 373 49.00 0.71 4.30 19.00 16.00 1.27/s 1.24/s
成長 +82 +42 +2.80 +0.01 - +2.40 +2.59 +0.25/s +0.25/s
2013/11/2泥確認

スキル

名前 レベル1での効果
ハムストラング 敵単体に必中の槍を投げ、55/85/115/145+魔55%ダメージと2.5秒間30%スローを与える。射程10m。CT6/6/6/6秒。消費MP45/55/65/75。
アントセントリー パピーアントを召喚する。このスキルで出しておけるアリの数は一度に最高2/4/6/8体まで(アントテリトリーは別)。レベルはスキルランクと同じ、HPは全て150、MPは0/1。敵からは目に見えず、スキルの影響を受けず、ステルス看破デバフを与える10mの視界を提供する。移動や攻撃は行わない。一定時間(2分?)経つか通常攻撃で倒される(3Gを獲得される)か爆発させると消滅する。べノムフォークで爆発させると5m以内の全ての敵に40/70/100/130+魔90%ダメージ(タワーにも効く)、2秒間60%のスロー。射程12m、CT14/14/14/14秒、消費MP25/50/75/100。
べノムフォーク パッシブ:通常攻撃とハムストラングで敵の魔防を3秒間10/15/20/25%減らす(効果は重複しないが更新はされる)。アクティブ:全てのアントセントリーを爆発させる。消費MP・CTともに0。
アントテリトリー 指定地点を中心に半径5mのアリの巣を数秒間生成する。発動時、範囲内の全ての敵に100/200/300+魔31%ダメージと1秒間のスタン効果を与え、同時に効果範囲内に4体のパピーアントが召喚されて付近の敵にステルス看破デバフを与える。更に巣の残留時間中、効果範囲の円周上を通過しようとした相手(ワープ含む)には追加のダメージと1秒間のスタンを与え続ける。巣消滅後、このスキルによって召喚されたパピーアントのみが自動で爆発攻撃を行いスロー効果と微弱なダメージを与える。CT70/60/50。射程8m。消費MP150/170/190。

他のヒーローとの相性

相性が良いヒーロー(戦いやすいヒーロー)
ヒーロー 概要
流浪のダークエルフ ステルス関連技を持った相手にとって大きな脅威となる
変色迷彩
エレメンタルロード
ガイアの番人
ブラッドレター

相性が悪いヒーロー(戦いにくいヒーロー)
ヒーロー 概要
ゴブリンスカウト 蟻vs罠だと蟻が一方的に探知されてしまう
パラディングランドマスター トゥルーで強スキルを無効化される上、突撃技で詰められる
死の預言者 チャージで防御網を突破され、ストンプ(沈黙)→アーマーの流れで何もできず轢き殺される


添付ファイル