チンゲン菜で始まるちょっと泣けるいい話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

12話の出撃時にバク丸が話そうとしたものである。
出撃前にオーラ姫から「いつもより大きな邪霊エネルギーを感じる」「良くないことが起こる前兆かもしれない」などの言われたり、出撃時にノベルワールドの名前と内容がわからないなど不安要素がいくつかあった。

出撃しないメンバーは露骨にホッとし選ばれなくて一安心など発言している。

バク丸が、メンバーに対して「お前たちは自分だけがよければそれでいいのか情けないぜ、全く。そんな君たちには、オレがちょっと泣ける教訓めいたイイ話をしてやるから」と前置きし、メンバーの注目を集めた後一呼吸おいて語り始めようとした。

そして「チンゲン菜」と言った途端カプセルがとじ話を語ることなく出撃してしまったのである。


バク丸が出撃したあと残ったメンバーをチンゲン菜の話について頭を悩ますのであった。

13話でノベルワールドの件が解決したとき
スフレ「チンゲンサイで始まる話とはなんだったのです?」
パカラッチ「そんな一週間も前みたいな話持ち出して」
バク丸「忘れた」



スフレに至っては最終回まで頭を気にしていた